« ミニと、大野と。 | ホーム | 12月近し、今年も終盤。 »

2021年11月24日

大野・福そば新装。

久しぶりに蕎麦!と思って近所の風りん亭に。
 
風りん亭_2360.jpg
 
ざるとおろしと生醤油という三味蕎麦。

ずっと三昧(ざんまい)蕎麦やと思てた。
 
福そば_2397.jpg
 
大野に行ったもう一つの目的が、新しくなった福そば。
 
福そば2021-11-19.jpg
 
福そば_2411.jpg
 
劇的ビフォーアフターもいいとこ。

ちなみにアフターは店が閉まって暖簾が片付いている。
 
福そば_2399.jpg
 
こんなに小さな看板がスッキリとあるだけ。思い切ったな〜。
 
先ほどの入り口も、相当なスペースを狭くしてでも設けたあしらい。
 
福そば_2392.jpg
 
オープン以来すごく流行ってると聞いてはいたが。
 
平日の1時40分(2時閉店)くらいに行ったが、

8割は席が埋まってて、3人でカウンターに。
 
福そば_E2381.jpg
 
平日なのに、カツ丼や天丼等の飯ものは完売で
 
セットメニューはなし。蕎麦だけのメニューから。
 
福そば_2382.jpg
 
福そば_2383.jpg
 
福そば_2385.jpg
 
上げ底の小鉢に、山菜ととろろ、おろし。
 
自家製粉という蕎麦は、この時期緑がかっている。
 
福そば_2384.jpg
 
天ぷらは九頭竜の舞茸。いいねぇ。観光客でなくともソソられる。
 
福そば_2387.jpg
 
入ったのが閉店間際だったので、途中で誰もいなくなった。
 
福そば_2389.jpg
 
うまい具合に店内の写真も撮れた。
 
福そば_2391.jpg
 
壁の丸いのは、コートかけらしい。モダンな内装になってる。
 
福そば_2394.jpg
 
昔のままを残してるのもいい。
 
福そば_2395.jpg
 
でもこうゆうのは昔のままでは、ちょっと...。
 
福そば_2396.jpg
 
店内に貼り紙したり、生ビール、とかのスタンドPOPを置いてしまうと
 
せっかくのいい感じが、専門店から食堂路線に戻ってしまうかも。
 
やす竹は、それを意識して守っている。そのせいかは確定できないが
 
客が増えているのは事実。多分値上げしても離れない上客。
 
大野にはまだまだ足りないので、こんな店舗が増えるのはいい。
 
箱根_E2422.jpg
 
文春で始まった、池井戸潤の連載が、なかなか面白い。

  
 


 

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、西畑が2021年11月24日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミニと、大野と。」です。

次のブログ記事は「12月近し、今年も終盤。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。