2021年9月アーカイブ

2021年9月30日

ミョウガ三昧。

コウノトリの坂口の先生から、ミョウガをもらった。
 
ミョウガ_E1533.jpg
 
結構大好き。しかもプリップリ。
 
ミョウガ_1535.jpg
 
庭のバジルとドッサリ。しかし子どもの頃、

ミョウガはたくさん食べると、アホになると言われたような。

はるせん_E1534.jpg
 
いつものはるせんのラインナップ。滅多にないチンジャオロースが。
 
ウララ_E1601.jpg
 
ウララとfuの特集が、見事にカブっている。面白い。
 
チルチンびとという、ナチュラル生活雑誌は前からあったけど。
 
岩井_1536.jpg
 
駅東の岩井病院がやってる、介護老人保健施設ヴィラ岩井は 
 
街中なのに、たっぷりとした植栽で、なかなかチルしてる?と思う。
 
 
 

2021年9月26日

誤報道と、新ファンタ。

文化や経済では互いに不可欠なほどなのに、
 
政治上の関係は、あまり良好とは言えない日本と中国、そして韓国。
 
台湾_1500.jpg 

そして台湾はかなりの親日国で、中国は台湾を国とは認めていない。
 
そんな微妙な国際関係なのに、NHKのニュースで
 
よく登場する頭脳の切れそうな、眼光鋭い中国の報道官を
 
事もあろうに、台湾の通商広報担当と間違えてしまった。
 
台湾_1501.jpg
 
自分のような一般視聴者でさえ思ったのだから、

ヒヤリとした関係者は、相当いるに違いない。
 
案の定、NHKは修正し全く同じニュースを、番組の最後に再度放送。
 
台湾2021-09-25.jpg
 
以外とネットでも、そのことに触れたニュースは1件だけだった。
 
たいていのニュースを見てると、中国がイヤ〜な印象になるのだが
 
福大時代に、中国からきてる同僚の先生は、熱心で控えめな勉強家だったし、

中国からきていた留学生も、デザイン志望だったので指導教官だったけど
 
やはり真面目で穏やかで(多分裕福だったせいもあるだろうけど)
 
福大_0383.jpg
 
帰国時には泣いて泣いて、同級生からも親しまれていた。(向かって左隣)
 
ファンタ_1459.jpg
 
あれこれ言いながら、新学期が月曜から始まる。
 
金曜は卒業研究の中間発表会で、この土日は入試。出だしは低調。

合間の休憩で買ったプレミアム・ファンタがなかなかイケル。
 
時々喉乾いて、炭酸がキューっと飲みたくなった時に最適。
 
昔の安っぽいのもうまかったけど。ゴールデングレープとか。

ファンタ0cfc.jpg

お〜検索したら、出てきたな、昔のファンタ。
 
部活の帰りに、裏の大判でよく買ったもんだ。
 
輸入車_1504.jpg
 
12年ほど前に仁短きた頃は、輸入車は自分一人だけで、
 
なんとなく壁を感じていたが、世代もガラリと変わって
 
若い先生や職員さんは、自由に好きな自動車に乗っている。
 
コロナ_1498.jpg
 
これは福井のデータで、最初の1,000人までが1年2ヶ月かかったのに
 
次の1,000人は3か月、そして次の1,000人は1か月と拡大のスピードを象徴。
 
東京も10万人、20万人、30万人でほぼこのままの比率が当てはまる。
 
だからワクチンが普及しても、全く収束モードにはならない現状。
 
 
 

2021年9月25日

福井市美術館・ミッフィー展。

福井市美術館で始まった、ミッフィーの展覧会。
 
ミッフィー_1419.jpg
 
運営委員会の会長さんが所用で、副会長の自分が開場式に。
 
10時開館というのに、8時半に行列が。なんで?
 
後で聞いたら、ショップの限定グッズがミッフィーファンには稀少らしい。
 
ミッフィー_7376.jpg
 
今回はFBCが共催で、池内社長が挨拶。

池内さんは昔PRセンター時代に担当営業やった人。
 
ミッフィー_7400.jpg
 
テープカット。なんか、なくてもいいような形式的な儀式。
 
ミッフィー_1420.jpg
 
撮影は禁止なのだが、了解を得て1枚だけ撮らせてもらった。
 
ミッフィー_1421.jpg
 
降りるときにビックリ。10時15分前でこの行列。
 
ミッフィー_1422.jpg
 
2か月近くやってるのに、初日に来るのが大事なんか?
 
ミッフィー_1423.jpg
 
並んでるとこから出にくいので、職員用の裏口から。
 
そしたら常設の高田博厚の彫刻の庭が。知らんかった。
 
ミッフィー_1424.jpg
 
ミッフィー_1425.jpg
 
おぉ〜、秋晴れのもと並んでる。あと5分くらいで開場か。
 
ミッフィー_1426.jpg
 
美術館での展示なので、歴史や作品ができる手法や工程が中心で

正直、子どもたちにはちょっと小さくて見づらいかも。
 
コロナ 2021-09-25.jpg

お出かけモードも、ここんとこの感染者減少の安心感か。

コロナ2021-09-25*.jpg
 
福井に限らずひとケタが多くなってきたし、岩手や鳥取がゼロの日も。
 
コロナ 2021-09-24.jpg
 
しかし昨日の朝の全国ニュースで、福井のクラスターが。
 
2回接種でもこんなことがある!と。用心を呼びかけている。
 
ワクチン広がった秋には収束と思っていたが、

やはり決定的な治療薬ができないと、社会は回復しなさそうや。

 
 
 


 

2021年9月21日

敬老の日、高齢者の境界。

日に日に学校の用事が増えて気ぜわしくなってきてるが、
 
コロナでこもってた反作用で、なかなか心身が重たい。
 
萩_1372.jpg
 
萩_1457.jpg
 
秋の象徴とばかりに、萩が一斉に咲き始めた。
 
高齢者 2021-09-20.jpg
 
敬老の日に、『65歳以上の高齢者』の数値が。
 
あと2年で、そちら側にカウントされる。

なんか信じがたいが確実。そうなるのは間違いない。
 
コロナ2021-09-20.jpg
 
緊急事態宣言か、ワクチンが効いているのか確実に減っている感染者。
 
これで効く薬ができたら、世間も一斉に落ち着いて
 
リベンジ消費の大波がやってくるとの予想。
 
高齢者は楽しみながら、消費して協力する側にならないと。
 
はやし_E1464.jpg

自分の展覧会にも来てくれた、武生と福井にあるいい酒屋さんが

両店舗を閉めて、新しく飲食できる酒屋を開店するとの案内が。
 
このご時世にでも、新店舗をオープンするんやで
 
すでにコロナ後の、大復活を見込んでのことだろう。
 
はてさて、この先はどうなるか。 
 
もっと時間が経ってから、このフムフムを見直すのが楽しみ。
 
 

  
 
 
 

2021年9月20日

西長田 ゆりの里駅〜肉研。

3月に閉店した近所の小春日和。広沢が斉藤といったカフェ。
 
テンド_1374.jpg
 
今度はフレンチのお店ができるらしい。
 
小春閉店_n.jpg
 
フェイスブックによると、7年もやってたんか〜。

ランチが中心だったので、コロナの影響が大きかったのか。
 
いつも混んでたので、(何度か満席やったし)近所でも常連ではなかった。
 
西長田_1363.jpg
 
数学の巨田先生が住んでる、西長田のえち鉄の駅舎。
 
西長田_1364.jpg
 
駅名にゆりの里がついて、リニューアルしたというので視察に。
 
ホントにキレイになっていた。幾つかの駅がリニューアルしているらしいが
 
昔ながらの古い駅も、壊さずに残しておいて欲しいものだ。
 
肉研_1368.jpg
 
肉研_0.jpg
 
西長田から近くの肉研に、メンチカツを買いに。
 
肉研_1367.jpg
 
さすがに平日は空いている。好きなのを買えた。
 
肉研_1369.jpg
 
というのも休みに電話したら、お目当てのメンチカツもコロッケも完売で。
 
こんな面白い看板も空いてるのに置いてあるし。
 
肉研_1366.jpg
 
肉件_029.JPG

田んぼの中にポツンと、やたら広い駐車場と。評判の店。
 
はるせん_E1332.jpg
 
そして飽きることなく、はるせんランチも続く。
 
はるせん_E1336.jpg
 
この日なんかはコーディネイトがボリュームすぎ。

タイの刺身にうなぎの蒲焼、ビーフシチューにおはぎ。おかしいやろ。
 
野菜ランチ_1337.jpg
 
バジル_1456.jpg
 
かく言うワタクシは花壇のバジル最大活用で、健康野菜ランチも継続中。
 
コロナ後、と言いながら、何を持ってコロナ収束となるのだろうか。
 
 
 

コウノトリの里、坂口。

展覧会の会期がまだまだと思って、行きそびれることがままある。
 
時空_509_n.jpg
 
前に紹介した、仁短の同僚の先生が企画した

56年前の子どもの絵の展覧会も、今月中。
 
ソバ畑_1379.jpg
 
坂口公民館は、武生と河野村の中間くらいの山の中。

向かう途中のソバ畑。臭いが実にのどかな風景。
 
坂口_1380.jpg
 
清水町〜村田製作所を通って、坂口公民館に到着。
 
坂口_1382.jpg
 
平日なので誰もいない。ゆっくり楽しめた。
 
坂口_1383.jpg
 
テレビでも紹介されていたが、やはり絵は実物を見ると違う。
 
坂口_1385.jpg
 
坂口_1386.jpg
 
一般的な上手な絵とは別次元の、魅力ある絵の数々。
 
坂口_1389.jpg
 
坂口_1390.jpg
 
写真では表せない情感が、これでもかと詰まっている。
 
坂口_1387.jpg
 
坂口_1388.jpg
 
しかし絵の授業に、カタチとか奥行きとかのデッサンは必要ない気がする。
 
多分そういう指導をしてる。観察して描写することを重視して。
 
坂口_1391.jpg
 
だから、誰もがこんな心に響く絵が描けるのだと思う。
 
坂口_1392.jpg
 
坂口_1393.jpg
 
コウノトリの営巣地近くを通って、山を降りて8号に抜ける。
 
たけふ_1395.jpg
 
武生インターに向かう途中、コウノトリをイメージしたという
 
巨大な新幹線の「越前たけふ駅」を通った。新幹線も、もうすぐって感じ。
 
 
 

 

2021年9月18日

絶妙カレー、三好楼ランチ。

スタッフの一人が誕生日というので、少し遠出のランチへ。
 
三好_1347.jpg
 
好天の秋晴れの日に、三国の三好楼へ。
 
電話したらコロナ対策で、4組までしか入れないので
 
12時以降は満席だと。へ〜、では11時半にと連絡。
 
三好_1351.jpg
 
コロナで客が激減して、始めたランチのみのカレーが抜群。
 
前回も報告してるが、去年の4月!すぐまた来ると思ってたのに。
 
三好_699169.jpg
 
スタッフの新しいiPhoneは、一眼レフカメラのように撮れる。
 
三好15.37.19.jpg

三好_9171.jpg

海鮮とステーキの二種類。カレーのみは1,600円(税別)
 
サラダとコーヒー・デザートのセットで2,000円(税別)
 
ランチ3人分でも、通常の三好楼のコース一人分。お得感あり。
 
三好_1356.jpg
 
三好_1358.jpg
 
自分は海鮮、カレー前と後。鉄板焼きのイカ・ホタテが抜群。
 
三好_B566.jpg
 
ステーキカレー。普通のビーフカレーとは別物。
 
三好_9174.jpg
 
三好_9175.jpg
 
一眼レフモード?で撮った写真を、その場で転送。iPhone便利すぎ。
 
後は別室でデザート・コーヒー。そのうちに予約客で満席に。
 
平日でも、来るとこには人が絶えない。
 
 
 

2021年9月17日

後期授業の準備期間。

24日から後期授業が始まり、月末には早くも入試。
 
zoom 2021-09-15.jpg
 
久々の会議の水曜日は、朝からzoomで四タテ。 

効率が良い分、次々と予定が組まれて進行する。なんとも疲労。
 
しかし前日は福井市の、セミナーがらみの審査会で。
 
コロナでずっと順延になっていたのが、いよいよ間に合わずオンラインで。
 
それはそれで参加者も慣れてなくて、5時間くらいかかって。
 
都会の学生が、ずっとパソコンの前の授業が辛い気持ちがよくわかった。
 
アルバム_1343.jpg
 
学内にいてもzoomの会議。途中休憩時間に集まって
 
これもまた、早くも卒業アルバムの教員写真撮影。
 
今度の卒業生はホントに可哀相やなぁ。短大時代の思い出はコロナだけ。
 
ケヤキ_1339.jpg
 
庭の一番大きなケヤキが、不恰好に伸びた枝や、枯れ枝が目立って
 
綺麗に剪定してもらった。だいぶケヤキらしくなった。
 
ケヤキ_1340.jpg
 
庭師さんに、いつでもいいので〜と頼んだら
 
すぐ来てやってくれて、ビフォーの写真を撮れんかった。しまったなー。
 
ケヤキ_1341.jpg
 
ジンタンでは学生・教職員は90%がワクチン接種済みとの報告。
 
後期授業が始まる。そういえば、63歳定年の辞令がまだ来ないな。

 
 

2021年9月12日

対照的な色彩、映え。

はるせんには、相変わらず週2回は世話になる。 

はるせん_1223.jpg
 
ホントにこれだけ通っても、いつも新作がある。
 
毎回ちゃんと撮って記録してたら、リストできたやろな。
 
しかしまぁ、どれも茶系で大量に作って小分けしてるのがわかる。
 
ツクル_1258.jpg
 
かたや。スタッフがインスタですごく良さそう!と近所のツクルへ。
 
ツクル_1257.jpg
 
ピンクはまだわかるが、水色かい!確かに赤系の食材は際立つが。
 
ツクル_1254.jpg
 
店では、女性客が2人ほど並んで待ってた。

キッチンカーで出張もしてるらしい。
 
はるせんも代替わりして、売り方まで工夫したら大化けするか。
 
いや、しかしメインターゲットの高齢者優先やろな。
 
タイトルの「映え」とか「推し」とかは今の若者用語で
 
実際のところ、自分たちが使うことはないなぁ。
 
  

 
 

2021年9月10日

いすゞ117クーペ_メモ。

天気がいい日に三国まで走ったついでに、ジャガーやスポーツカーのZ3同様
 
117クーペの細部をスマホで記録した。
 
117_1194.jpg
 
時を経て、ここまで薄っぺらくてよかったのかと思う部分もいくつか。
 
117_1188.jpg
 
先端がほんの少しだけ尖っている。矢印のように。気づかないくらい。
 
バンパーも少し錆びてるので、予備のに付け替えなかんなぁ。
 
117_1187.jpg
 
デビュー当時の丸型ランプの方が、クラシックでいいけど
 
この通称角目ヘッドランプも、当時の未来感があって洗練されている。
 
デロリアンe5d.jpg
 
117クーペをデザインしたイタリアのジウジアーロは、

バックトゥー・ザ・フューチャーの、あのデロリアンもデザインしている。
 
117_1186.jpg
 
フロントグリルの中央に117の象徴・唐獅子のエンブレム。

これにあまり意味はなく、いすゞ社員がイタリアに日本からの手土産品として

持参した唐獅子の置物をネタに、東洋っぽいからとデザインしたという逸話。
 
117_1185.jpg
 
オリジナルのアルミホイールにも唐獅子。
 
117_1180.jpg
 
当時はまだフェンダーミラー。今となってはとても使いにくい。危険なほど。
 
117_1181.jpg
 
三角窓。開けたら走行中に風が入ってくる仕組み。
 
完全に壊れてたのを、移植して直した。もう開けられない。
 
117_1183.jpg
 
後ろも三角窓。ボコッと浮き上がって換気ができる。
 
117_1182.jpg
 
握って親指で押して開けるドアハンドル。メッキが少し錆びてきてる。
 
117_1184.jpg
 
後ろの反射板。この117coupeがずっと羨望だった。
 
117_1193.jpg
 
いわゆるツインカムという、当時の高性能エンジンの証、DOHC。

今は軽自動車もほとんどがこのタイプ。これも技術の進化。
 
117_1199.jpg
 
昔のいすゞのエンブレム。このリアの各パーツは

予備で保管してある方が綺麗なので、後日付け替える予定。
 
117_1173.jpg
 
さて、内装に。ハンドルの中央にも唐獅子エンブレム。
 
117_1174.jpg
 
ハンドルが細身の木。操作する触感がなんとも言えずいいわ。
 
117_1175.jpg
 
ギーッって引っ張るハンドブレーキ。90度回して解除。
 
今の若者はこんな操作を知らず、新鮮やろなー。
 
117_1178.jpg
 
ごくノーマルでシンプルなアナログメーター。

初期のモデルは、本物の楠(クスノキ)のパネルだったらしい。
 
117_1189.jpg

アナログメーター類。時計も針なのが非常に気に入っている。
 
117_1176.jpg
 
5速のギアシフト。ユーノスロードスターもギアだったので抵抗なし。
 
117_1179.jpg
 
三角窓の内側。マメに油をささないと折れそう。
 
117_1190.jpg
 
やたらとデカいドアロック。左下がドアハンドル。初めてだと間違えやすい。
 
117_1191.jpg
 
当時は最高ランクの装備だったろう、パワーウインドウ。
 
かなりモーターがくたびれて、閉まる間際ではゆっくり。
 
117_1192.jpg
 
なんとも無骨なと言うか、洗練されていない室内ランプ。
 
117_1196.jpg
 
シートやドアの内貼りは、動かなかった自分の車からほとんど移植。
 
117_1197.jpg
 
グローブボックスにも、羨望のロゴ。
 
117_1198.jpg
 
リアシートにも一応シートベルト。
 
カタログには前席に3点式シートベルト採用!と大きく載せている。
 
117図面.jpg

またコツコツと磨いて、修繕しながら。あと10年くらいの楽しみ。
 
 
 
 

 
 

 

2021年9月 9日

活況・三国の道の駅。

このご時世で、県外からの客が相当減っているだろうに。 
 
三国道_1166.jpg
 
三国の道の駅は、中高年が押し寄せて
 
地元の野菜や魚をどんどん消費している。
 
三国道_1167.jpg
 
これは週末。バイカーには格好の休憩地点なのか。
 
三国道_1168.jpg
 
ちょっと涼しくなって、やっとクーペを動かせる。
 
三国あたりまでは、ちょうど良いツーリングコース。
 
三国道_1256.jpg
 
今日の海鮮弁当には刺身がなかったなぁ。
 
三国道_1259.jpg
 
イカの炭火焼は最後の一つやったし。
 
三国道_1260.jpg
 
揚げ物もアジしかなかった。まぁそれも愛嬌。
 
何があるかはその日次第、ってのもローカルならではのお楽しみ。

 
 
 

咳止め・市販薬。

別に2回目のワクチンの影響でもないだろうけど。
 
ここ1ヶ月ほど咳が収まらない。かといってずっと苦しいわけでもなく
 
朝晩とか、出始めるとしばらく止まらなくてつらい。
 
咳止め_1248.jpg
 
キムクリニックで処方してもらった、喘息用?の吸引薬もイマイチ効かない。
 
週刊現代のコロナ関連記事で、市販の咳止め「アネトン」を紹介。
 
咳止め_1249.jpg
 
アオキに行ったらちゃんとあって、早速昨日から試運転開始。

市販薬_1253.jpg
 
自分には 傷にはオロナイン軟膏。花粉にはアルガード。
 
唇のカゼネツには テラ・コートリル という即効の市販薬がある。
 
アネトン効くといいけどな。


 

2021年9月 8日

広告産業の様変わり。

毎朝新聞を見ていて、お、と気付いたら。
 
テレビ面_1231.jpg
 
通称ラテ面(ラジオ・テレビ番組面、実際はテレビだけ)の広告の現状。
 
かつては1番人気の場所で、料金が通常の2割増。金土は3割増の紙面。
 
ところが今はほとんどが、地元ではない年間契約のフリー広告。
 
これらは空いたスペースに、安価でいつでも載せていいという契約。
 
つまりもう福井の店舗や企業での需要が、なくなってる証。
 
かつては制作する側にも、新聞広告の花形だったラテ面。
 
依頼があれば、最高にプレッシャーとやりがいを感じたもの。
 
時代の移ろいを感じる。
 
秋晴れ_1226.jpg
 
東京の最高気温が22度だった日、福井は最高の秋晴れ。
 
秋気温_1232.jpg
 
その福井もここんとこ朝晩は肌寒い。最低が20度を切ってる。
 
世間がコロナで、オリンピックで、政界再編で大騒ぎしてても
 
季節は黙って過ぎていくなぁ。当たり前やけど。
 
 

 
 

2021年9月 7日

秋空の大野・勝山。

大野のギャラリーでトークがあって、秋晴れの日に。
 
大野_1206.jpg
 
このギャラリーはグッドデザインを受賞している。
 
大野_1204.jpg
 
やはり作品については、わからんかったが。

大野_1207.jpg

大野_89236.jpg

観光名所の御清水もだいぶキレイに整備。駐車場から大野城。
 
大野_1209.jpg
 
目の前の呉服屋だったところが、休憩所になっていた。
 
大野_1210.jpg
 
大野_1212.jpg
 
トイレもあって、御清水に来た観光客にはちょっといいかも。
 
大野_89238.jpg
 
前からいっぺんは行っとかなかんと思てた博物館。
 
大野_1213.jpg
 
驚くほど内容はショボかった。急成長の大野の割に手付かず。
 
周辺の公園や環境は、なかなかいい。
 
大野_89237.jpg
 
市役所目の前のまちなかにあるので、今後改装が期待できる。
 
勝山_1215.jpg
 
勝山_1216.jpg
 
帰りに勝山の道の駅に。
 
勝山_89239.jpg
 
いろいろ拡張していて、よくなりそう。
 
大野の道の駅がかなりいいので、頑張らないと。
 
勝山_89242.jpg
 
勝山_89244.jpg
 
大野ではまだセミが鳴いていた。
 
キレイな秋の雲が広がる空。
 
 
 

 

2021年9月 6日

爽やか秋晴れ、天日干し。

一雨過ぎるたびに、秋が近づいているような気配。
 
天日_1163.jpg
 
週末、あまりに爽やかでいい天気だったので、

家から布団持ってきて、日中天日干し。なんか気持ちいい。
 
カエル_1162.jpg
 
カエルもそんな日向にいたら、カラカラにならんのか。
 
奥井_E1153.jpg
 
文春に日本料理の特集として「昆布」が題材に。
 
ほぼ唯一として、奥井海生堂が紹介されている。内容は濃い。
 
馬場_1148.jpg

夏休みとはいえ、たまに卒業研究ゼミのミーティングも。
 
たぶん自分らでは、まず行かない馬場でランチ。
 
この二人は、福井市の新しい野菜・カーボロネロを担当してるので

本当は豆とくるみの野菜蒸しに連れて行きたかったのだが、
 
コロナでしばらくランチは、お休みしてるらしい。残念。
  
馬場_1149.jpg
 
馬場は家族だけでやってるので、皆安心して常連さんが来るらしい。
 
  
 

 

2021年9月 5日

少しやみつき・真竜チンにん。

こないだ、久しぶりに食べた真竜が印象深く。
 
真竜_1144.jpg
 
またしても真竜で、チンにんラーメンを求めて。
 
やっぱいいわぁ。前はチンゲン菜をキレイに並べてた気もするが。
 
さっぱり塩の春菊も、やはり絶妙なのが改めてわかる。
 
真竜_1145.jpg
 
普通の醤油がえらく太麺に感じる。
 
玄関_1146.jpg
 
エアコン入替のついでに、玄関のシートも新しく。
 
心機一転気持ちいい。
 
 
 

2021年9月 3日

北ノ庄・まちなかのギャラリー。

福井の文化度の低さを、少しでもなんとかしようと

新しい知事の元、交流文化部という部署が頑張っている。
 
ハーモニーホールの文化振興事業弾は、これまで音楽一辺倒だったのを
 
スポーツやアートにも舵を切るような動きも。
 
北ノ庄_1108.jpg 

それと直接は関係ないが、村井さんから駅前のギャラリーについて
 
今後の相談があると呼び出し。久しぶりに駅前に。
 
北ノ庄_1112.jpg
 
元の勝木書店があった辺りが、激変。正面にハピリン。
 
北ノ庄_1113.jpg
 
西武あたりから西側は、まだまだこれからってとこ。
 
北ノ庄_1119.jpg
 
西武の隣に、福井駅前横丁って。
 
北ノ庄_1120.jpg
 
新栄商店街の広場。このあたりはなかなかローカルでいい。
 
北ノ庄_1127.jpg
 
椿宗善の隣の三井ビル。昔E&Cギャラリーはここの3階に。
 
その1階が改修されて、北ノ荘(北ノ庄の間違いではなく)アートスペースに。
 
北ノ庄_1128.jpg
 
福大を退任した工芸の先生も一緒に。
 
北ノ庄_1129.jpg
 
奥に北倉の元社長の村井さん。ビルのオーナー。
 
北ノ庄_1122.jpg
 
小さなキッチンや冷蔵庫もある地下のスペース。
 
北ノ庄_1126.jpg
 
金沢や銀座には、ゴロゴロとあるまちなかのギャラリーが
 
福井ではほぼなし。アーティストたちの発表の場がない。
 
北ノ庄_1125.jpg
 
福井市とか県とかに、事あるごとに訴えても、専用スペースでは難しいと。
 
いろいろ使える多目的用と出ないと(幅広い県民・市民が利用出来る)
 
予算がつく事はまずない、という回答。
 
このスペースを営利目的が主ではない、支援活動にどう活かせるか。
 
そんな話を延々夜まで続けた。もちろん会食はなし。
 
新しい駅前のアートの拠点になれるだろうか。
 
 

2021年9月 2日

三国・道の駅の定番。

少し涼しくなってきたので、1か月ぶりにバッテリーを繋ぐ。
 
117_1136.jpg
 
エアコンが効かない旧車。
 
Z3_1137.jpg
 
直射日光で、幌が暑いスポーツカー。オイル交換してから。
 
これからやっと走れるシーズンがやってくる。
 
三国道_1103.jpg
 
三国道_1106.jpg
 
ちょっと走って、三国の道の駅まで。

煮たり焼いたり、揚げたりしてるのは(多分)日にちが経った魚。
 
それでも相当うまい。スーパーみたいに普通に売ってるけど品薄。
 
他にもイワシやアジもあったが、お目当てのイカがなかった。
 
三国道_1105.jpg
 
これもたまにしか置いてない、うまいもずく。食感が別物。 
 
いや、おそらくこれが普通なんだろうけど。
 
三国道_1104.jpg
 
週末には並んで買えない定番の練り物。揚げたては熱くて持てないほど。
 
ちょっと走って、と言っても20分くらいで着いてしまうけど。
 
ガレージで眠ってた旧車には、程よいツーリング。
 
オレボ_1089.jpg
 
毎度毎度、いつも同じだが、オレボの自由詰め合わせ弁当。
 
子どもの頃、運動会に好きなもの詰めていい、と言われたような弁当。
 
しつこいようだが、満足度が高い。
 
豆や芋類、根菜がかなり好きになってきたが、こうゆうのもたまには抜群。
 
 
 

2021年9月 1日

9月、ナイター陸上 後日談。

気がつけば9月、時間だけは何があっても過ぎてゆく。
 
ANG_1143.jpg
 
ナイター陸上のクラウドファンディングに協力した返礼品。ロゴ入りマスク。
 
福井のマスクではないが、スポーツ用と軽くて息がしやすい。
 
この時期のイベント開催で、やはりいろんな意見があったようだが.
 


ANF 2021-09プレジ.jpg
 
ビジネス雑誌のサイトには、こんな記事もあったと紹介。

ANF_1698.jpg

いつも福井贔屓の月刊陸上にも、好意的な記事も。
 
しかしジンタンに行った時に、陸上ファンの職員さんに

ロゴマークを適当にSNSにアップしたら、先生に怒られた、って載ってましたね。
 
とウレシそうに。え?なんじゃそれ。
 
ANG 9.33.23.jpg
 
ANG9.33.42.jpg
 
まさかホントに怒ったはずもなく、使用基準も渡したのに

ちょっとデカすぎと 修正版を事務局に送った。
 
ツイッターにも連動して載っていた。面白い反応。
 
来年の盛り上がりがホント楽しみ。
 
 
 

吉田食堂、ブレーク。

昨日また吉田食堂がテレビ番組に登場、との情報が。
 
吉田002l.jpg
 
前回番組のコーナーで紹介されて、相当好評だったに違いない。
 
吉田003l.jpg
 
吉田006l.jpg
 
チラッと見るつもりが、驚いたことに1時間番組全部が吉田食堂だった。 
 
予想通り、あれから行列ができるほどの盛況のよう。
 
また今日からさらに人が押し寄せるんやろ。

アイス_1141.jpg
 
アイス_1142.jpg
 
やっぱこれを見たらアイスやろ、とアトリエの冷凍庫を探ったら
 
シャトレーゼのカップが。スタッフがアイス好きでよかった。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年8月です。

次のアーカイブは2021年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。