2021年6月アーカイブ

2021年6月30日

地元定番の一つ、真竜。

仁短でも気がついたら古株。あたりまえか。
 
マツダ_0236.jpg
 
事務職員さんも含め、車も入れ替わる。
 
新しいマツダ車に挟まれて。どっちが輸入車かわからんくらい。 
 
真竜_0462.jpg
 
春菊が多くなったような、真竜の塩ラーメン。相変わらず美味。
 
真竜_0464.jpg
 
醤油バター、アップにしすぎてチャーシュー麺みたい。
 
真竜_0465.jpg
 
チャーシュー飯と餃子。前日のやせなわで
 
ガツン、とスイッチが入ったかのように。
 
真竜_0463.jpg
 
真竜_0466.jpg
 
うまいもんは、カラダに悪いのは自然の摂理か。
 
庭_0467.jpg
 
今年も半分が過ぎる。緑も生い茂って、夏本番ももう直ぐ。
 
  

2021年6月29日

がっつりと、やせなわ。

越前打刃物に、再就職した卒業生が報告に来て。
 
打ち刃物_0378.jpg
 
増谷というまだ地味なとこなので、いろいろチャレンジしたいと。
 
デザインセンターの職人塾にも通っているという。
 
ミラドール769.jpg
 
トモダ_0266.jpg
 
こちらは現役の仁短生。授業で取り組んだミラドールトモダ(靴屋)の
 
ショピングバッグが採用になった。ミラドールとは展望台のことらしい。
 
やせなわ_0446.jpg
 
授業が軒並み中止で、お昼の時間ができたのであわらのやせなわまで。
 
現場仕事のトラックが停まっている。いいねぇ、さすがガッツリ系。
 
やせなわ_0445.jpg
 
12時前だったが、そこそこ客がいて。半分はオムライス。
 
やせなわ_0442.jpg
 
野菜炒め単品。う〜む、白菜とニラ、タマネギか。
 
やせなわ_0443.jpg
 
生姜焼き単品。念のため飯は控える。量がドカンとあるので。
 
モスバーガーのテリヤキみたいで、猛烈にうまい。キャベツが足りん。
 
さっきの野菜炒めをメシ代わりにバクバク。
 
やせなわ_0444.jpg
 
スタッフはラーメン。太麺の昭和ラーメン。
 
後継のマスターは柔道部らしい。みんなあれこれ投稿している。
 
肉体労働系には、たまらんガッツリボリュームの食堂やろなぁ。
 
 
 

2021年6月28日

ゆりの里公園。

梅雨入りしてもさほど雨も降らず。
 
ゆり_0410.jpg
 
週末は母親と二人だけだったので、ゆりの里公園へ。
 
ゆり_0413.jpg
 
新聞に載ってからだいぶ経つが、少しずつズレて咲くみたいで
 
全くなくなってる花壇もあったが、なかなか華やかで人もそこそこ。
 
ゆり_0416.jpg
 
ゆり_0419.jpg
 
途中でマスクしてないのに気づいて(あまり外に出ないので)
 
慌てて車中の置きマスクを持ってきた。今時大人でマスクなしはゼロ。
 
ゆり_0420.jpg
 
父親の形見のジャガーで。懐かしがっていたが
 
ほとんど日常は軽で、ゴルフにしか乗っていかなかったので
 
あまり乗ったことはなかったらしい。
 
ゆり_0425.jpg
 
日曜もいつもの風りん亭でお昼。

80すぎまでカーブスで体を動かしていたのだが
 
父親が亡くなってからは、ほとんどで歩かなくなった。
 
さてワクチン副反応の疼痛は、土曜夜にはすっきり解消。
 
次回は7月30日の予定。
 
 
 
 

2021年6月27日

青紫の季節。

勝山からのもどり道で、竹田まで足を延ばす。
 
千古_0343.jpg
 
千古_0346.jpg
 
やはり時期的にピークは過ぎていたか。
 
しかし今年は珍しく、新聞に載らなかったな。
 
千古_0347.jpg
 
離れてるとそれなりの風景だが、近くで見ると終わりがけ。
 
北潟湖のショウブは広沢のブログで、時すでに遅いことがわかってた。
 
アジサイ_0361.jpg
 
アジサイ_0362.jpg
 
アジサイ_0364.jpg
 
この時期、花菖蒲といい紫陽花といい青紫が美しい。
 
キキョウ_0363.jpg
 
キキョウも咲き始めたし。
 
トネリコ_0360.jpg
 
青紫ではないが、トネリコも花が咲きそう。

仁短感染2021-06-26.jpg

仁短もここに来てついに感染者が。ワクチン接種始まったのに、惜しい。

福大感染2021-06-27.jpg
 
福大生も感染者がさらに出たので、8日の緊急事態宣言中は登校禁止。
 
またいろんな予定がかなりズレこむ。これはもうしょうがない。
 
 
 

2021年6月26日

大野・おがまち、とねき沢公園。

大野の道の駅に行った時に戻って、お昼は市内の「おがまち」へ。
 
おがまち_0331.jpg
 
おがまち_0312.jpg
 
市の助成金あったのか、民家を再生した街中のいい立地環境。
 
おがまち_0315.jpg
 
おがまち_0329.jpg
 
お座敷をうまいこと改修している。椅子とテーブルがちょっと...な。
 
どっか閉めた昔の喫茶店か、ファミレスのを流用してるんかな。
 
おがまち_0314.jpg
 
庭に向かう席はなかなかいい。
 
おがまち_0320.jpg
 
天おろし蕎麦の大盛り。
 
おがまち_0322.jpg
 
店の名を冠した おがまち御膳。サイコロステーキ、刺身、天ぷらのフル装備。
 
おがまち_0326.jpg
 
おがまち_0323.jpg
 
蕎麦はまぁまぁいい感じ。料理屋っぽくはないけど。
 
おがまち_0328.jpg
 
季節限定、モモンガコーヒーのコーヒーゼリーにアイス。
 
これは抜群、一番うまかった。
 
おがまち_0333.jpg
 
女学校を改修した、イタリアンの水本と似た感じ。
 
店の印象や雰囲気は、お!大野らしくていいかも。と思えるが
 
メニューが負けてる感じ。地元の人たちが日常で通いたくなるかがポイント。
 
大野右近次郎ショウブ*.jpg
 
この記事を見て場所を検索し、時期は過ぎたが寄ってみた。
 
とねき_0335.jpg
 
花菖蒲はピークを過ぎてたが、のぼりとかなくて素朴でいい。
 
とねき_0336.jpg
 
とねき_0340.jpg
 
地味だけどなかなかいい。これはモデル撮影ポイント。
 
すぐ近くにも大きな公園があるのだが、住宅街にひっそりと。
 
30年以上の樹木が実に趣のある自然観を作ってる。
 
わらび餅_0342.jpg
 
勝山わらび_0351.jpg
 
勝山経由でイチゴ大福の松月堂で、わらび餅を買ってった。
 
パッケージも素朴で飾り気もなく、接客も愛想も何もないけど
 
商品力は圧倒的に強い。こうゆう店もあるしなぁ。

 
 
 

武田・モデルナ製ワクチン接種。

福大からも感染者が出て、当面休校措置。
 
予定では福大の授業後、単独で医療大学にワクチン接種に行くはずだった。
 
ワクチン_0381.jpg
 
他の先生同様、仁短の体育館に集合して出発。
 
ワクチン_0394.jpg
 
ワクチン_0393.jpg
 
福井医療短大までは15分くらい。地域の接種会場にもなっている。
 
ワクチン_0382.jpg
 
母親の時もそうだったが、一見、うわ〜並んでて混雑、と思うが
 
実は8割くらいは接種後に、座って待機してる人。
 
ワクチン_0384.jpg
 
ワクチン_0390.jpg
 
接種する側の担当者の人たちも、手際よく次々と案内。
 
ワクチン_0391.jpg
 
ワクチン_0392.jpg
 
あとは30分、じ〜っと待機してるだけ。ヒマや。
 
次はiPadとイヤホン持参でWOWOWでも観ていよう。
 
あまりにもすんなりと運ばれて、仁短に戻ってきた。
 
出発も会場でも仁短の職員さんたちが、キビキビと対応。
 
とても見事だったので、事務長さんに感謝のメールをしたところ
 
実は2週間前くらいから、シュミレーションしながら段取りを準備してたとのこと。
 
さすが、いい仕事でした。
 
コロナ_0376.jpg
 
感染防止対策が緩んだ、というわけでもないだろうが
 
このとこの福井の広がり方は急激。
 
コロナ_0399.jpg
 
ずっと少なかった山梨でも、同じ状況なのだろう。

コロナ_0403.jpg
 
緊急事態宣言で、また授業も中止。予定も次々変わる。 
 
それも慣れたということでもないが、ちゃんと対処できることが大切。

コロナ_0402.jpg

注射の跡が打ち身したように痛い。学生たちの中にはキーボード打てない!
 
というのもいるし、熱が出て休んでるのもいるようだ。
 
ちなみに体温はオッケー。痛みも副反応、というほどのことでもない。
 
週刊文春によると、ファイザー製よりモデルナの方が痛いらしい。
 
早くワクチンが一般社会にもゆき届けば、自然に日常が戻るはず。
 
もう少しや。
 
 
 

2021年6月24日

荒島の郷_続報。

いいタイミングで福井テレビのニュース。
 
荒島_0395.jpg
 
荒島_0396.jpg
 
荒島の郷を例にしながら、道の駅の役割をレポート。
 
かつては観光や旅行のついでに寄る、便利な道の駅が
 
特別な魅力を深め、道の駅に行くことが目的となり

(サカナ目当ての三国の道の駅や、油あげや野菜のさかいの道の駅とか)
 
そして地域再生の拠点となる道の駅〜荒島の郷という解説。
 
荒島_0300.jpg

荒島_0301.jpg
 
全体を見てから、施設の中を視察。テナントもかなり選抜されたはず。
 
荒島_0302.jpg
 
イベント広場は雪も考慮してのことだろう。ハピテラスみたいな役割か。
 
荒島_0308.jpg
 
内装は勝山もそうだが、非常にいい感じで明るい。
 
三国に比べると、格段に垢抜けている。
 
荒島_0307.jpg
 
地元よしむらおかきが山積み。
 
荒島_0310.jpg
 
地元の酒蔵も。花垣は荒島の郷専用銘柄まで出している。

荒島_0305.jpg

弁当も手頃。鯖江の一乃松やし。
 
荒島_0306.jpg
 
お惣菜や菓子も地元色を徹底して強調している。いいね。
 
荒島_0304.jpg
 
フードコートも、ショッピングセンターやSAみたいに安っぽくないし。
 
荒島_0311.jpg
 
大野のあの1,400円バーガーも、店をたたんでここで勝負に出たか。
 
フードコートでラーメンやうどんと戦うのは、かなり厳しいやろなぁ。
 
荒島_0400.jpg
 
大野がらみをいろいろ買って帰った。
 
スタッフもフキやらしいたけやら地元産の野菜を。
 
荒島_0401.jpg
 
このピクルスは、わざと間違えた商品名にしてるんやろなぁ。

荒島_0367.jpg

水を食べるレストラン。大野らしい素晴らしい商品コンセプト。
 
荒島の郷、人出が落ち着いてからの展開が楽しみである。
 
 
 

大野・道の駅_荒島の郷。

後発で規模も大きく、かなり考えられてできたという大野の道の駅。
 
荒島_0291.jpg
 
荒島_0297.jpg
 
景観委員会でも説明があったが、奥越の自然になじむように。
 
駐車場をなんとかしたら、という意見は除雪を理由に却下された。
 
荒島_0278.jpg
 
建設中の大野東インター近くで、かなり郊外にもかかわらず

オープン当初は連日満員との報道が。さすがに平日は少し空いてたが
 
それでも4割くらいは県外ナンバーの車両が。
 
荒島_0279.jpg
 
建物だけでなく、周辺の環境も整備。
 
越前おおの 荒島の郷_logo.jpg
 
う〜む、相談を受けた時のロゴの方が良かったのに。
 
マークも文字も丸くなっているな。
 
荒島_0281.jpg
 
周辺を視察。カヌー体験の人工池。子どもらが少し。
 
荒島_0280.jpg
 
鳴り物入りでモンベルが出店してるので、アウトドア関連の外構が。
 
キャンプブームらしいので、この店を目当てに来る客も多いのだろう。
 
荒島_0282.jpg
 
大きな空間が大野らしくていい。緊急時にはヘリポートになるという。
 
荒島_0283.jpg
 
一角には墓地もあるのだが、さりげなく目隠し。互いにいいと思う。
 
荒島_0284.jpg
 
インターとともに建設が進む中部縦貫道路。
 
荒島_0286.jpg
 
九頭竜湖に向かって進捗している。来年には和泉村まで開通とか。
 
26年には油坂峠までつながり、有料化となる。名古屋が近くなる。
 
荒島_0287.jpg
 
お〜、そしてこの標識。
 
荒島_0288.jpg
 
福井初、と思いきや嶺北初の環状交差点。検索したら美浜にあるらしい。
 
荒島_0290.jpg
 
荒島交差点.jpg
 
左折だけの信号のない交差点。いろいろ利点があるという。

環状交差点-1.jpg

美浜は分譲住宅地の中にあるみたい。
 
荒島_0292.jpg
 
荒島岳はネーミングの由来にもなっている地域のシンボル。
 
荒島_0294.jpg
 
南北のイメージがちょっとズレていた。あら?こっちが北か、と。
 
荒島_0295.jpg
 
荒島_0296.jpg
 
そしてこれもウリの一つ。RV車のオートキャンプスペース。
 
ちょっと道路に近い気もするけど。なんか理由があるんやろな。
 
混んでるというウワサもあり、なかなか来れなかったが
 
評判通りちょっとランクアップした道の駅。
 
 
 

2021年6月23日

オープンキャンパス続報。

ジンタンから写真が送られてきた。
 
オープン6327.jpg
 
自分は体験授業を担当していたので、見に行けなかったが。
 
オープン6324.jpg
 
オープン6330.jpg
 
西洋菓子のオリジナルカップケーキ配布の様子。
 
若い職員さんに頼まれて、西洋菓子に参加してもらった。
 
オープン6329.jpg
 
中途半端に大量に安いお菓子とかで、ゴマかすより余程いい。
 
テレビや新聞広告をやめて、経費のいい使い方を模索している。
 
動画も職員さんが自分たちで作成しているし。たいしたもんだ。
 
 
 

さわやか自然百景_雄島。

梅雨入りしてから天気予報の迷走が続く。
 
週間天気予報はまっったくアテにならない。
 
天気_0275.jpg
 
前日の予報でさえ、15時以降は雨か〜と予定していたのに。
 
天気_0350.jpg
 
翌日その時間帯までずっと快晴で、西日がさんさんと。
 
ふるさと_0252.jpg
 
日曜の朝、いつも何気なく見ているNHKのさわやか自然百景が雄島。
 
ふるさと_0253.jpg
 
ふるさと_0254.jpg
 
数多くの鳥が見られる、とまるで広沢のためのような特集。
 
ふるさと_0256.jpg
 
ふるさと_0257.jpg
 
県境の鹿島の森もそうだが、すぐ近くにあるのに自然のままで神々しい。
 
天気良くないと不気味なほど。
 
 
 

2021年6月22日

コロナ拡大、オープンキャンパス。

福井はもう収まってきた、と感じていただけに。
 
コロナ_0276.jpg
 
周辺はほぼ一桁になってるのに、福井だけ20人越えとは。
 
コロナ_0354.jpg
 
鳥取や島根と並んで、安全圏だったはずがワースト5に迫る勢い。
 
コロナ_E0273.jpg
 
数字では警報レベルでも、片町周辺に特定されてるからと
 
一律的ではなく臨機応変な対応。新しい知事が評価されてる。
 
オープン_0237.jpg
 
オープン_0238.jpg
 
そんな中、日曜日は高校生を集めたオープンキャンパス。
 
完全予約制で、必要以上の感染対策。規模も縮小して
 
手伝いの若鶏も4人だけ。高校生との飲食はもちろんなし。
 
オープン_0243.jpg
 
オープン_0245.jpg
 
それでもMacの授業は人気で、唯一の満員御礼。
 
オープン_0247.jpg
 
やっぱiPhoneが普及してるせいか、AppleのMacを使ってみたいのだろう。
 
オープン_0248.jpg
 
個別相談会もカフェテリアで離れて、アクリル越しで。
 
オープン81EB.jpg
 
オープンCC80.jpg
 
去年中止になった西洋菓子の出張カップケーキも実現。
 
大好評やったらしい。そらそやろ。

オープン_0267.jpg

日中停めてあった車内は猛暑。梅雨入りしたはずが。
 
 
 

 

2021年6月20日

夏のパスタ・ドマーニ。

春江の集落にあるドマーニは、いつもそこそこ流行ってる。
 
ドマーニ_0216.jpg
 
冷静パスタが始まった。好物。サラダうどんみたいなもんやけど。
 
バジルがもっとふんだんに乗ってるとウレシイが。
 
ドマーニ_0215.jpg
 
夏野菜とイカのペペローンチーノ。オリーブオイルたっぷり。
 
パンで綺麗にすくってまでも美味しい。
 
福大_0218.jpg
 
福大は一時期教員養成を減らすために教育学部を縮小し、自分が在籍してた頃は
 
教育地域科学部、とややこしく教員免許を取らない学科もあった。
 
福大_0217.jpg
 
今はそこが国際地域学部として独立して、教育学部は元に戻したとのこと。
 
福大_0219.jpg
 
美術科前の、木陰が爽やかだった大きな紅葉が枯れていた。除草剤やろか。
 
福大_0220.jpg
 
美術の先生も3人しかいない。学生も2人って学年さえある。
 
仁短生_0225.jpg
 
今年の西畑ゼミの学生たちともライングループ。
 
仁短生_0226.jpg
 
これまでのただデザインするだけでなく、社会性を重視した問題解決を話し合う。
 
そこから何のために、誰のためにデザインが必要か、を学ぶ。
 
めんどくさいが、SDG'sなど世界的な潮流を感じていないと
 
社会人になってから、職場環境についていけない。
 
バナナ_0221.jpg
 
バナナ_0222.jpg
 
バナナの葉から、越前和紙に仕上げた紙のバッグ。
 
福井大学の先生と共同開発していて、デザインの相談を受けた。

まさしく、学生たちが話し合っているテーマそのもの。

ミツロウ_0213.jpg

ちょっと話題になっている、ミチバチのロウから

再生可能なミツロウラップにとりくんでる学生もいる。オモシロイ。
 
坂井_0223.jpg
 
坂井平野は、夜の7時を過ぎても夕日が明るい。
 
 

2021年6月19日

北陸地方、梅雨入り。

もしかして今年は梅雨がないのでは、とも思っていたが。
 
ゆり_0211.jpg
 
春江ゆり .jpg
 
テレビや新聞でも、近所の春江ゆりの里公園が見頃との報道。
 
広沢のブログにはよく登場しているが。
 
そろそろ行ってみようか、の矢先に梅雨入りで残念。
 
宝亭_0193.jpg
 
宝亭の新作、天津飯。オッ!と思って買ったが卵だけ。当たり前か。
 
いつものオムライスの方が楽しめた。

玉村初勝利.jpg

広島に行った玉村選手が初勝利。

前夜のNHKや報道ステーションのスポーツニュースでは

全く報道されんかったが、まさに 地味にすごい、福井 の真骨頂。
 
あの競争が激しいとされる広島で、一軍に上がってきただけでも
 
よくやってると評価されるのに。
 
日本代表 2021.jpg
 
そしてこの代表の二人と。レギュラーどころか、

日本代表外野手5人のうち二人が福井産。栗原が森田中で吉田は足羽中。
 
福井工大や敦賀気比高校出身で、福井ゆかりの選手は

西川とか内海、増田とか他にもいるが、この3人は地元産。
 
日ハムの平沼(社中)やヤクルトの中村(大野・陽明中)も

レギュラー確定ではないが、頑張っている。
 
福井県勢全盛期やね。
 
 
 

 

2021年6月18日

敦賀気比・敦賀海上保安庁。

去年はほぼ中止だった高校への出前授業とガイダンス。
 
久しぶりに敦賀気比高校で開催。
 
高速もんじゅ_0194.jpg
 
スポーツカーのリハビリも兼ねて、敦賀に向かう。
 
文殊山手前で新幹線が横切る。
 
高速武生_0198.jpg
 
次は武生インター。交差角が少ないので橋脚の場所がかなり難しいはず。
 
高速敦賀_0200.jpg
 
敦賀手前でまた横切る。また左側からなので

トンネル内できっともう一回交差してたのだろう。
 
こうしてみると新幹線がぐねぐね曲がってるように感じるが
 
実は高速道路の方が曲がりながら、新幹線と交差してるはず。
 
敦賀気比_0201.jpg
 
敦賀気比_0202.jpg
 
甲子園常連の、敦賀気比高校には初めて入った。
 
最近仁愛高校や北陸高校は、新装したばかりなので
 
私学はみんなキレイ、というイメージがあったが意外と古い。
 
新しい印象があるが35年も経ってるのだから仕方ないか。 
 
敦賀気比_0204.jpg
 
案内された教室もAV室なのに、プロジェクターが壊れてて
 
iPadだけで苦労しながら説明した。まいったわ。
 
海上保安_0207.jpg
 
帰りに敦賀海上保安庁へ。一般のボート用のフラッグを頼まれる。
 
海上保安you.jpg

海での事故や救助を受け持ち、118番で助けを呼べるらしい。
 
密漁とか不法入国なども取り締まってるとのこと。
 
海上保安_0206.jpg
 
同じフロアに取調室、とか留置場とかあって納得。

海上保安0950.jpg

役所のこじんまりしたテーブルで、打ち合わせ。

先方の記録用の写真を送ってもらった。
 
海上保安_0205.jpg
 
港の前の赤レンガ倉庫の近くにあった。これも知らんかった。
 
コロナ_0210.jpg
 
コロナ_0209.jpg
 
仁短は来週からワクチン接種が始まるが、
 
64歳以下の一般でもどんどん進んでいきそう。
 
長いトンネルの出口が見えてきた。
 
 

2021年6月15日

マイナンバーカード、酒饅頭。

日曜日に坂井市役所に、マイナンバーカードを取りに行った。
 
坂井市_0150.jpg
 
坂井市_0147.jpg
 
新しく建った市役所に初めて行ったが、なかなかいい。
 
坂井市_0149.jpg
 
坂井市_0151.jpg
 
坂井市_0153.jpg
 
車を元の庁舎のとこに停めて、誰もいなくて開いてなくて。
 
坂井市_0152.jpg
 
普通にこっちだと思ったのだが、裏口みたいになっていた。
 
Z3_0115.jpg
 
午後から命日が過ぎた松山さんとこに行くので、

その足で三国に酒まんじゅうを買いに。117を撮った堤防。
 
小山屋_0154.jpg
 
小山屋_0156.jpg
 
にしさかではなく、いつもの小山屋。
 
小山屋_0155.jpg
 
焼き型かな。
 
小山屋_0158.jpg
 
小山屋_0159.jpg

正しくは小山扇子堂だから、焼印が「扇」なのか。なるほど。
 
小山屋_0160.jpg
 
いつも開いてるんかどうか、わからんような店構え。
 
小山屋_0161.jpg
 
小山屋_0162.jpg
 
頼んでから少し時間がかかるので、無人の店内をあれこれ。
 
小山屋_0157.jpg
 
昭和のまんま時間が止まってるかのよう。
 
小山屋_E0176.jpg
 
今時、竹の皮で包んでやはり昭和の包装のまんまで。
 
焦げ目の皮も美味しい。これ持って松山さんを訪ねた。
 
この素朴な味わいを、パッケージデザインの授業で解説した。
 
マイナンバー_0192.jpg
 
笑った写真はアカンというので、なんか不機嫌な写真になった。
 
アジサイ_0105.jpg
 
紫陽花ももう直ぐ。しかし梅雨はまだらしい。
 
 
 

2021年6月14日

三国・おおとくランチ。

三国方面に行く予定があったので、お昼におおとくへ。
 
平日とはいえ、一応その日に電話したら大丈夫とのこと。
 
おおとく_0088.jpg
 
コロナでどうせ空いてるやろ、なんてタカをくくってはイカン。
 
人気のある店は、わざわざ出かけてまでやってくる。
 
おおとく_0089.jpg
 
初めて入った手前の部屋。照明がいい。
 
おおとく_0090.jpg
 
これが基本プレート。ワンプレートでなく、小皿に盛ってあるだけで違う。
 
おおとく_0091.jpg
 
おおとく_0092.jpg
 
選べる魚メインと肉メイン。どちらもいい感じ。
 
おおとく_0093.jpg
 
この部屋からは雄島もくっきり。
 
おおとくをおススメすると、結構みなさん行ったことあると。
 
場所は雄島駐車場からすぐなので、わかりやすい。
 
おおとく_0094.jpg
 
夜のメニューを一度試したいと思ってるのだが、
 
さすがにもうタイミングが難しい。カニの時期は断られたし。
 
コロナ_0128.jpg
 
コロナ_0182.jpg
 
ここんとこ福井の感染者はゼロか一桁。
 
これでワクチン接種が若者や一般にも広がれば、

福井は対策優良のモデルケースになるかもしれない。

やまない雨はない。もう少しや。
 
 
 
 
 

2021年6月12日

1回目、ワクチン接種。

とは言っても、後期高齢の母親のワクチン接種。
 
ワクチン_0098.jpg
 
ワクチン_0099.jpg
 
すでに報道があったが、大学は今月終盤から一気に開始。
 
ワクチン_0116.jpg
 
ワクチン_0117.jpg
 
母親の集団接種は、自分の小学校の跡地、コミュニティセンター。
 
いわゆる公民館。すごくキレイになっていて驚いた。

ワクチン_0118.jpg
 
ワクチン_0122.jpg
 
一見会場はいっぱいだったが、1時間に5人程度の予約で
 
ほとんど待ち時間もなく、接種後待機の15分が長く感じられたほど。
 
ワクチン_0123.jpg
 
トータル30分くらい。始まってだいぶ経っているせいもあるのだろう。
 
職員さんたちの段取りも、高齢者への対応もほぼ完璧。
 
さて、広沢からのコメント〜 
  
(カーボロネロの)白方は自分の出身地区の棗やよ。
そういえば、前の校章の写真に棗小中学校のがなかったな。
正しくは棗幼小中学校で(今は幼稚園は別棟になってるが)、
教育実習に行った時に自分も習った国語の先生がまだいらして、
電話をとるときに「棗の学校でございます」と言ってたのが印象に残ってる。

確かに西畑の生徒達はおぼこいな。
うちの塾生たちとそんな変わらんように見える。
男子の生徒がいないというのもあるんかもな。

野菜作り。自分も今キュウりを1株だけ育ててる。
かわいくてむちゃくちゃ過保護に育ててる。
食べるのかわいそうやったりして。
 
アジサイ_0101.jpg
 
そぉかぁ。南越前町の新しい中学校の交渉選定委員会やったので
 
中学校のだけは全部撮ったつもりやったが。小中一体校もあったか。
 
近所なのですぐ確認してくるかな。
 
仁短生_0095.jpg
 
仁短生_0096.jpg
 
デザイン専門の若鶏たちは今年が最後。
 
来年からは、どんなゼミ生たちが来るのか不明。
 
アトリエでワイワイ、ということも無くなるかもしれん。
 
これも時代の流れ。
 
キョウチクトウ_0104.jpg
 
春の花から入れ替わり。キョウチクトウ。
 
ナツツバキ_0100.jpg
 
ナツツバキ。毎日咲いて1日でポトリと落ちる。 
 
ユリ_0102.jpg
 
春江の花、ゆり。だいぶ暑くなってきて、今はこんな花たち。
 
  


 

 
 

2021年6月11日

ワクチンの学校・職域集団接種。

仁短も(幼稚園や仁愛高校も含め)ワクチン接種が今月から始まる。
 
もちろん希望者だけだが。
 
コロナ_0041.jpg
 
つい最近、福井が全国で最初に医療従事者の

ワクチン接種が完了したとの全国ニュースがあったとこで。
 
東京でも高齢者から、と力んで始めてるのに予約が相当余ってる現状。
 
福井は感染者が少ないうちに、できるとこから完了すればいい。
 
レインボー_0056.jpg
 
ザウルスでもレインボーラインのバラ園のニュース。今月いっぱいか。
 
トリセツ_E0042.jpg
 
福井ネタの本が地図の出版社から。なるほど、ちょっと面白いが、
 
こうゆうのは地元でしかウケないやろ。多分これまでの情報を生かして

全国各地の同様のトリセツを、編集しているのだろうけど。
 
トネリコ_0028.jpg
 
玄関の大きくなったトネリコは、うまいこと建物に沿うように
 
しかしこんもりと茂っている。どこかに成長を判断するセンサーがあるのか。
 
土曜日は母親の1回目のワクチン接種。
 
 
 

2021年6月10日

カーボロネロ、始動。

以前に福井市から依頼が来てたという、新たな野菜への取り組み。
 
カーボロ_0938.jpg
 
カーボロ_0940.jpg
 
今年、西畑研究室に配属された若鶏たちと園芸センターへ。
 
まず収穫についての注意事項を確認。
 
カーボロ_0945.jpg
 
ハウスの中は結構暑く。葉っぱも思ったよりデカい。
 
カーボロ_0948.jpg
 
カーボロ_0950.jpg
 
カーボロ_0951.jpg
 
30cmより大きいのは、硬くて煮ないと食べられないかもと。
 
カーボロ_0954.jpg
 
収穫といっても手でちぎる。パキッ!と小気味良い音で。
 
カーボロ_0963.jpg
 
確かに恐竜っぽいが(あくまでもイメージで)美味しそうではないな。
 
カーボロ_0973.jpg
 
隣にはキュウリと越のルビーも。
 
カーボロ_0979.jpg
 
カーボロ_0980.jpg
 
ハウス内は完全無農薬なので、安心安全。

野菜苦手でない方は、採ってそのまま食べてください、と。
 
確かにキャベツっぽい。青汁のイメージみたいに苦くもない。
 
カーボロ_0984.jpg
 
福井市の広報課の若者たちが、広報誌に載せるので撮影に。
 
カーボロ_0981.jpg
 
しかしそういえば、去年入学してからマスクなしはほぼ見たことない。
 
最近はちゃんと目と眉をメイクしてるので、それなりに大人の印象だったが。
 
まぁマスク外したら、なんというガキんちょ。思えばこれまで通りだが。
 
不思議や。よぉ〜く知ってるのに、初対面みたいな感じ。
 
カーボロ_0990.jpg
 
館内でも幾つか取材を受けて。担当の若者も新卒で福井をあまり知らない。
 
カーボロ_0991.jpg 
 
園芸センターでは野菜だけではなく、いろいろ取り組んでいるという。
 
カーボロ_0992.jpg
 
玄関先の手入れも行き届いていていい感じ。
 
カーボロ_0038.jpg
 
カーボロ_0039.jpg
 
帰り道、ちょっとだけアトリエによって森八のアイスを。
 
カーボロ_0054.jpg
 
カーボロ_0055.jpg
 
翌日、啓新高校の生徒たちが収穫のニュースが。
 
啓新収穫 2021-06-10.jpg

高校生たちは、美味しい食べ方の提案を依頼されてるらしい。
 
カーボロ共立 06-04.jpg

先週はやはり包括連携している、東京の女子大への依頼も。
 
でもまずは地元のイタリアンやいい店で、評判高く扱われてからやろなぁ。
 
 

 

2021年6月 8日

嶺南見頃か、県外植物園か。

今朝の新聞、レインボーラインのバラ園。
 
レインボーライン*2021-06-08.jpg
 
天気がいいと、越前海岸や京都の丹後半島あたりまで見渡せて気持ちいい。
 
瓜割_0014.jpg
 
先週の週刊現代には、瓜割の滝の紫陽花が。
 
確か去年は鹿にやられて全滅やったのに。全国誌で名所と紹介されてる。
 
今月は22日がスカッと予定が空いてるので、スタッフの都合がつけば。
 
白山高山のコピー.jpg
 
白山高山植物園も14日に始まるというし。
 
でも一応県外やでなぁ。
 
zoom会議_9960.jpg
 
話は変わるが、先日若者たちのアート系の会合にzoomで参加中
 
マイクから離れた人の声が聞き取りにくい、と確認したら
 
リアルタイムで議事録アップしてますから、とホントに話してる内容が画面に。
 
Googleのツールらしい。若者たちはなんか我々とは違うわ。あたりまえやけど。
 
ジャガー_9957.jpg
 
話は変わるが、先週はジャガーで。駐車場では笑えるほど長くてもてあます。
 
なぜか、マルキパンではいつものおばちゃんが、嬉しそうに話しかけてきて。
 
若い頃にジャガーの思い出があるんやろなぁ。知らんけど。
 
 
 

 
 

 

 

2021年6月 7日

迷走する気象情報。

あんなに降ったのに、なんで北陸は梅雨入りでないんかと思ってたが。
 
予報_0010.jpg
 
ホラ見よ、と言わんばかりの今後の晴れ予報。
 
予報_0013.jpg
 
この週末などは日本海側と太平洋側は逆の陽気。どうなってる。
 
予報_9983.jpg
 
かと思えば、春江の最高気温が夜中の1時40分!で
 
最低気温は夕方の5時頃だって。寒くてパーカー着たこともある。
 
予報_0026.jpg
 
日曜〜月曜と30度近くなるというのに、ジメジメしてないので風は爽やか。
 
なんか季節感が、まるでおかしくなっている気がする。
 
南条_9978.jpg
 
金曜の夜は南条でまた会合。夜の7時だというのに不気味に明るく
 
写真ではうまく写ってないが、沈んだ夕陽が高い雲に反射して

これから何か、天変地異が起こるの前触れのよう。
 
南条_99792.jpg
 
帰りの鯖江PAで、大野の夢助団子がこんなとこまで進出。
 
南条_99802.jpg
 
竹田の油揚げは随分前からだけど。たくさん作れるようになって
 
販路を拡げる、というのが常套なんだろうけど、価値は下がると思う。
 
売上げを向上させるためには、それも選択肢なんだろうけど。

和紙組合_9981.jpg
 
和紙組合も厄介なことに。理事長の石川さんは真面目でまっとうな人だけど。
 
やはり売上げと支払いのバランスが、どこかで崩れて甘えてしまったのか。
 
今のところは詐欺とか犯罪とかではないので、ちゃんと支払って(できるんかな)
 
なんとか正常に戻してもらいたいものだ。苦しいのは皆同じだと思うので。
 
 
 

 

2021年6月 5日

久々、名物ラーメン。

福井銀行本店の展示替え。早いもんでもう半年。
 
銀行_9961.jpg
 
銀行_9962.jpg
 
駅前に行ったついでに。大名町交差点なのに駐車場があって便利。
 
銀行_9963.jpg
 
銀行_9964.jpg
 
今回の作家、寺根さんは福大美術科の卒業生で
 
以前日華化学のギャラリーでも好評で、自分も何点か作品を購入している。
 
銀行_9965.jpg
 
銀行_9966.jpg
 
銀行_9967.jpg
 
毎回動物を題材にしながら、なんとも独特の世界を造り出す。
 
作家の飛鳥休暇という人、のポエムとコラボレーションした作品。
 
博物館_9969.jpg
 
しとしと雨の中、次の予定まで1時間あったので博物館へ。
 
博物館_9970.jpg
 
あら〜、金曜日なのに休み。なかなか来るタイミングがなかったのに。
 
鉢屋_9977.jpg
 
次の予定は11時半の鉢屋。待ってたら20分に開けてくれた。
 
鉢屋_9971.jpg
 
鉢屋_9972.jpg
 
大抵いつも満席なんだけど、この日は一番の客。
 
極上!ということでもないのだが、懐かしくうまい。
 
鉢屋_9973.jpg
 
限定の冷やし中華。料亭の主人らしく、こじんまりと上品に。
 
鉢屋_9974.jpg
 
定番の餃子は同行のスタッフが、5つでは物足りないというので10個を2皿。
 
鉢屋_9975.jpg
 
小ぶりで具も詰まってないので、女性でも軽くイケル。
 
鉢屋_9976.jpg
 
満足の証として、スープも完食。
 
まぁ若者には、ちょっと物足りんかもしれんけどね。
 
 
 

2021年6月 4日

福井県人・油揚げ。

たまに発症者が出るが、福井はそれでも一桁。
 
コロナ_9877.jpg
 
地方は、特に人口の少ない地域は、

発症してもその周辺を管理しやすいのだろう。
 
でもゼロの時は、さすが、となんとなく誇らしい。
 
いねす_9793.jpg
 
坂井町の道の駅「いねす」。油揚げが人気。
 
油揚げ_9943.jpg
 
福井の県民性の一つ、油揚げがメインの食事になるという。
 
油揚げ_9945.jpg
 
昼間っから、たっぷりの大根おろしと。
 
薬味_9942.jpg
 
ネギ、生姜、ミョウガを添えて、大野の醤油で食べる。
 
揚げたてのタイミングだと、レンジもいらない。
 
これは飽きることなく、うまい。
 
いねすでも、近所の森田の谷口屋でも。
 
宝亭_9873.jpg
 
週に一度は近江牛の宝亭に。
 
宝亭_9872.jpg
 
まだ11時半。一切宣伝してないのに、最近ジワジワと。
 
宝亭_9875.jpg
 
人気の焼肉は20もないので、すぐ完売になる。
 
サラダ_9944.jpg 

炭火焼には山盛りの生野菜を。キャベツに生ハム、カマンベール。これも飽きない。
 
シモツケ_9946.jpg
 
だいぶ花は少なくなってきたが、今はシモツケが盛り。
 
春から夏へ。
 
  

2021年6月 3日

近くの教育博物館。

ちょうど今、南条の中学校合併で校章選定の最中。
 
教育博物館_9898.jpg
 
教育博物館_9897.jpg
 
ソフトバンクの主軸で活躍してる、栗原選手の春江工業高校跡地が
 
県の教育研究所と教育博物館になっている。

教育博物館_9899.jpg
 
いいタイミングで県内学校の校章展をやってたので、初めて行った。
 
開館が平成29年というから、近くにできたのに3年以上行ったことがなかったのか。
 
教育博物館_9934.jpg
 
教育博物館_9921.jpg
 
校章展と言っても、廊下にタペストリーが並んでるだけだが。
 
教育博物館_9901.jpg
 
教育博物館_9905.jpg
 
みんなの母校もあるやろ。
 
教育博物館_9902.jpg
 
新しくできた丸岡南などは、ちょっと雰囲気が違う。
 
教育博物館_9919.jpg
 
坂井高校も先日の武生商工も。奥越明成がないな。
 
教育博物館_9918.jpg
 
新しい学校のカラーのは、なぜか安っぽく見えるな。
 
教育博物館_9922.jpg
 
校章展だけ見て、サッと帰るつもりがなかなか面白い。
 
教育博物館_9923.jpg
 
教育博物館_9924.jpg
 
こうゆうのは、もともと山形んとこにあったのではないか。
 
教育博物館_9925.jpg
 
教育博物館_9926.jpg
 
保健体育のエリア?に握力計があって。46kgやった。
 
教育博物館_9928.jpg
 
教育博物館_9927.jpg
 
教育博物館_9929.jpg
 
山形んとこの昭和のコーナーから、学校関係だけ集めた感じ。
 
懐かしいガリ版。のちにシルクスクリーンやって同じ原理だと知る。
 
教育博物館_9930.jpg
 
教育博物館_9931.jpg
 
教育博物館_9932.jpg
 
これは若者が見ても、さほど楽しくはないかも。
 
教育博物館_9933.jpg
 
しかし中高年は、昔を思い出しては懐かしいやろな。
 
教育博物館_9900.jpg
 
禿さんは仁愛の創業者。
 
教育博物館_9935.jpg
 
縁とは不思議なもんで、福井とのゆかりも何も知らなかったのに

結果的に、岡倉天心が創立した大学に行くことになる。
 
教育博物館_9936.jpg
 
高校の跡地を利用したのはいいけど、ちょっと中途半端やな〜。
 
もっと古い校舎なら活かせるが、新しいならもう少し経費をかけないと。
 
同じ博物館でも 恐竜 と 教育 で多分100倍くらい予算が違うのではないか。

教育博物館_9938.jpg
 
小学校の初めは、こんなストーブだった。コークスを毎日運んで。
 
教育博物館_9939.jpg
 
教育博物館_9896.jpg
 
今は無くなった春江工業の校訓の後が。

栗原選手も里帰りして、友達と来たりするんやろ。
 
教育博物館_9940.jpg
 
平日の午前中で、客は自分一人。ゆっくりと回れた。
 
そういえば国体の時に、天皇が訪れたはず。
 
内容はそこそこいいと思うけど。ちょっと惜しい。
 

 
 

 


 

 

2021年6月 1日

五月晴れの、6月がスタート。

早いなんてもんじゃない。もう6月。あと1か月で半年が終わる。
 
北面_9862.jpg
 
そういえば、朝の8時過ぎには南面が日陰に。
 
北面_9864.jpg
 
ということは北面に陽が射しているということ。
 
だんだん陽が高くなる、ということは南に向かって立った場合

背中の方から陽が昇るってことか。理屈ではわかるが不思議な感じ。
 
聖火_9859.jpg
 
仁短では勝山の職員さんが、聖火ランナーで走って
 
トーチを学校に持ってきて大いに盛り上がっていた。
 
聖火_9858.jpg
 
学生たちもウレしそうに、聖火ランナー体験。
 
50年後にまた日本で開催されたら、昔話で自慢できる。
 
今は19歳やで、それでも70歳にはなってないんか。
 
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年5月です。

次のアーカイブは2021年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。