2021年5月アーカイブ

2021年5月30日

5月の終わりに、5月らしく。

5月も終わるという頃に、やっと5月らしい陽気。
 
庭5月_9818.jpg
 
カラッと空が青く、窓を開けて少し肌寒いくらいが心地いい。
 
庭5月_9817.jpg
 
還暦記念樹の赤いサルスベリは、今年こそ花を咲かせるか。
 
庭5月_9820.jpg
 
緑も色濃くなってきた。見てるだけで空気が浄化されてる気がする。
 
庭5月_9830.jpg
 
陽が差すと一斉に花が咲くのはまだ続いてる。これも健気にカワイイ。

庭5月_9852.jpg

仕事場の窓が緑でいっぱいになる、という

この感じを目指していて、15年くらい経ってやっとイメージ通りに。
 
117_0880*.jpg
 
この爽やかな陽気に、カメラを持って還暦色のクーペで堤防に。
 
この斜め後ろからが抜群にカッコいい。自動車って感じがする。
 
117_0897*.jpg
 
コンピュータなどない時代の昔の職人は、

スケッチから手で図面を描いて、造形を考えたというのが驚き。
 
117_0925*.jpg
 
この自動車の生産は40年前くらいだが、設計は60年近く前。
 
それでも古く感じないのは美術品に近いのかもしれない。
 
117_9832.jpg
 
これは三国の道の駅でスマホで撮った。キレイなもんや。
 
117_9833.jpg
 
新しい布施田橋を渡りながら。フェンダーミラー見にくいわ。
 
117_9836*.jpg
 
移植して再生した内装。前のはパワステも付いてなかったので
 
フル装備のこの3台目は実に快調。エアコンなしで乗れるのもあと少しか。
 
時計はアナログ。カセットテープももちろん?動かないけど。
 
島耕作_E9828.jpg
 
リアルなビジネスコミック「島耕作」も相談役。
 
73歳でコロナに感染するという、また現実的な話。
 
実際の現場を取材したのだろう。隔離生活がリアルに描かれている。
 
コロナ_9853.jpg
 
福井のコロナはまたしてもゼロ。検査の少ないのせいもあるだろうけど。
 
ワクチンも進んで集団免疫ができて、このまま沈静化するといいけど。
 
 
 

 
 
  

福井市・園芸センターからの依頼。

以前福井市園芸センターが「きゃろふく」という

新しい人参の開発をして、そのネーミングとロゴを仁短生たちと。

03サラダニンジン_2688.jpg

学生が参加すると、マスコミも大いに盛り上がる。
 
カーボロ_9146.jpg
 
そして今年は、カーボロネロという寒いとこで育つケールの仲間、
 
イタリア野菜を、福井の特産にしようとの試み。そのパッケージの依頼。
 
カーボロ_s.jpg
 
恐竜の皮膚?(誰も見たこともないのに)に似てるからと
 
俗称ダイナソーケールとも言われることから、ディノケールと命名したらしい。
 
カーボロ_9810.jpg
 
カーボロ_9812.jpg
 
カーボロ_9813.jpg
 
担当の職員さんたちが、仁短にきて若鶏たちに説明。
 
採れたての野菜をみんな一束ずつもらって、まずは家で試食。
 
カーボロ.jpg
 
卒業研究として、じっくり取り組んでくれる学生が出てくるといいけど。
 
 
 

2021年5月29日

福井のアート事情、これから。

新しい知事の方針で、文化芸術・スポーツの振興に力を入れるという。
 
交流文化部 という部署があり、文化・スポーツ局文化課という職員さんらが
 
何かと相談や、審査関連の案件を依頼してくることが多くなった。
 
アートベース_9800.jpg
 
これまで福井大学の先生たちと、E&Cギャラリーとして活動してきたが
 
実際のギャラリー運営も滞って、E&Cアートベースと改称し新たなスタートに。
 
そして、やはり拠点が必要だろうと物件を視察。
 
アートベース_9801.jpg
 
元の大宮交番交差点近くの、福井オーディオがずっと売りに出ていて。
 
アートベース_9798.jpg
 
アートベース_9799.jpg
 
ギャラリーはもちろん、若手作家たちの貸しアトリエとして利用できないかと。
 
アートベース_9802.jpg
 
かつてはかなりマニアックなオーディオ専門店。
 
いわゆるステレオ、でレコードを聴く、カセットにダビングする時代。
 
なんと35年ほど前のPRセンター時代に、仕事でよく訪れていた。
 
そん時の担当が、広沢のコメントで一時登場してたが。
 
アートベース_9804.jpg
 
アートベース_9805.jpg
 
2階の屋上テラス。街中なのに隣がお寺で環境がいい。
 
アートベース_9806.jpg
 
3階の倉庫、ここを共同アトリエにできるんでないか、との構想。
 
さて、問題は資金。これからどうするか。NPOのメンバーで検討してゆく。
 
117_9814.jpg
 
この日は117クーペを動かしていった。
 
やはり年配のメンバーにはウケル。
 
夕方タイヤを交換するので置いといたスタンドによった。
 
117_9815.jpg
 
ついでにネジも新品に交換してもらった。
 
117_9816.jpg
 
なんと、福井オーディオの築41年は、このクルマとピッタリ同い歳だった。
 
福井の文化芸術活動、まだまだ道は険しい。
 
 
 

2021年5月27日

健診・宝亭。

去年はコロナの影響で、5月の定期健診が秋に延期に。
 
健診_9781.jpg
 
キムクリニックの先生に60過ぎて、痛風発作の間隔が短くなって

習慣になったらちょっとヤバいで、と言われずっと薬を飲んでいる。
 
おかげでここ2回の血液検査は、順調。前にも書いたが初めて基準値を下回っている。
 
宝_9779.jpg
 
宝_9780.jpg
 
午前の健診が済んだから、というわけでもないが、お昼は宝亭。
 
火曜日は弁当の日。今更ながら、という感じですき焼き丼が。いわゆる牛丼。
 
ナツツバキ_9791.jpg
 
トネリコ_9786.jpg
 
ここんとこ晴れと雨が交互で、庭木たちには絶好かも。
 
玄関先のナツツバキもトネリコも、こんもりと新緑。
 
14トネリコ_4367.jpg
 
2014年には左側に、こんなにちょこんとあっただけなのに。
 
トネリコ_7405.jpg
 
これは前のプジョーだから3年以上前か。だいぶ大きくなっている。
 
セキショウ_9783.jpg

雑草系のニワセキショウも、足を踏み入れる場もないほど一斉に。
 
晴れた時しか咲かない。だから晴れた日は、見るのが楽しみ。
 
コロナ_9782.jpg
 
コロナは石川でも富山でも最高をこ維新している。
 
コロナ_9797.jpg
 
福井は2ヶ月ぶりに感染ゼロ。このタイミングで聖火リレーか。
 
母親のワクチン予約がまだとれないが、順調に世間で進んで
 
気づかぬうちに、福井はコロナが収束という状況になるかも。
 
交流の少なさと、生真面目な県民性の賜物で。
 
もちろん隣県が勝手気ままということではなくて。
 
 
 


2021年5月25日

見頃、咲頃。

ずっと1輪しか咲かないシャクヤク。 
 
シャクヤク_9694.jpg
 
今年はちょうど咲いたタイミングが、先週の雨続きの日々。
 
ちゃんとお披露目することもなく終わってしまった。
 
粟田部_9778.jpg
 
昨日のザウルスの「ほやほや見つけ隊」は粟田部地区。
 
花筐公園の桜や紅葉の紹介や、地元の祭りやおおとのんの話題。
 
社会活動がいろいろあって、粟田部の姐さん出るかと待ってたが出んかったね。
 
世界の一部ではコロナ解禁したらしいが、日本ではまだまだ今年の催事は中止。
 
見頃、咲頃のイベントは、来年こそが期待できるはず。
 
コロナが物事の見直しのいいキッカケになった、なんて
 
悠長ことを言ってられない事業者もものすごく多いに違いないが。
 
自分たちはすでに、第一線からは退く年代に。
 
いやぁ、まだまだ!と次世代の障壁になってもアカンと思うし。
 
 
 

時節柄の、仕事。

コロナで営業できない店は、どうして維持していけるのか。

収入がないのに、家賃と人件費はかかる。1〜2ヶ月ならまだしも。
 
エコルセ1-1.jpg

反対にコロナの影響で、思わぬ需要で売上向上の会社も多いらしい。
 
日華化学から、介護の現場で使用していたアルコールが
 
急に売れ出して、自前で作っていたパッケージを刷新したいとの依頼。

消毒_9689.jpg
 
仁短の各教室にある手指消毒ポンプ。これも一時は品薄状態。
 
消毒福大_9695.jpg
 
福大は日華のエコルセだった。
 
クロネコ消毒_9700.jpg
 
クロネコヤマトにも。スーパーにも必ず置いてある。
 
やはり国産や中国産、アルコール度数で価格もいろいろあって激戦とか。
 
アクリルパネルやマスクも、世界中で特需だったろう。
 
江どめ_9698.jpg
 
江どめやの塩チャーシュー。健診を目前にしながらもいい刺激を。
 
江どめ_9699.jpg
 
黒醤油ラーメンと餃子。健康志向もいいが、たまにこう言うガツン!がうまい。
 
 
 

2021年5月22日

元駅裏、馴染みの薄い駅東。

県の特別警報の影響で、本来なら福井大学で開催予定の
 
E&Cの理事会が、アオッサの貸し会議室で。
 
アオッサ_9740.jpg
 
アオッサ_9741.jpg
 
春江駅から、1時間に1本の普通電車で福井駅に。
 
しばらく行かない間に、巨大な工事が進行している。
 
アオッサ_9745.jpg
 
アオッサ_9743.jpg
 
アオッサ_9744.jpg
 
1時間に1本では、ちょうど良い時間がなく50分前に到着。
 
車では何度も通っているが、歩くと風景がまるで違う。
 
アオッサ_9746.jpg
 
アオッサ_9748.jpg
 
アオッサ_9749.jpg
 
どこかで見たことあるような、それなりに整備はされているけど。
 
昔を知るものとすれば、なんともあまり馴染めないアウェー感が漂う。
 
アオッサ_9750.jpg 

4階の図書館ホールでは、何人かが熱心に勉強。
 
コロナ包囲網_9697.jpg
 
コロナ_9731.jpg

コロナ2021-05-22.jpg
 
コロナは相変わらず静まる気配を見せず、
 
福井県の周辺は大変なありさま。この状況下で福井はずっとひとケタ。
 
島根・鳥取・福井あたりは別世界。やはり暮らすには適しているのかも。

やすたけ_9754.jpg

昨日のミシュランに、上質な日常の食事 として
 
美味しい福井の象徴とも言える やすたけ がザウルスでちょっと登場。
 
マネージャーの仁短卒業生に知らせたら、ものすごく喜んでた。

 
 
 

2021年5月20日

やはりミシュランの扱いは別物。

いつものニュースザウルスで、ミシュラン北陸版のニュース。
 
レクゥ_9691.jpg
 
レクゥはゴエミヨでも最高評価されたので順当。
 
みや崎_9692.jpg
 
みや崎_9693.jpg
 
先日黒龍と一緒に打ち上げした、みや崎も紹介されてた。
 
ミシュラン2021-05-20.jpg
 
翌朝の新聞には詳しい内容が。
 
蕎麦の谷川や亀蔵も順当だろうけど、まほろば...かぁ。

まほろば_0043_2.jpg

この鶏出汁が濃厚やった、ちょっと変わったラーメン。
 
口コミから調査するらしいけど。
 
しかし天下のミシュランともなると、新聞でも一面の扱い。
 
載ったとこは、それなりに今後は大変だろう。
 
 
 

2021年5月18日

雨でたっぷり、庭の花木群生。

一時期は警報が出てたので、また学校も休校かと思いきや。
 
ヤマボウシ_0559.jpg
 
エゴP_0563.jpg
 
たっぷりの雨と生暖かさで、次々と庭の花木が咲いている。
 
エリゲ_0546.jpg
 
シロツメ_0536.jpg
 
ブラッククローバーも、咲くのはシロツメグサ。
 
セキショウ_0541.jpg
 
ミヤコ_0549.jpg
 
ツルニチニチソウ_0534.jpg
 
連なって重なって、自然に群生する具合がなんともいい。
 
サラダ_9633.jpg
 
宝亭の焼肉丼に、キャベツも山のように食べて。
 
一番心地よい季節が、少しでも戻ってくれればいいな。
 
 
 
 

2021年5月16日

いきなり近畿・東海は梅雨入り。

窓を開けて少し肌寒く心地よい〜季節のはずが。
 
予報05-16.jpg
 
月曜日は大雨の予報で、その後週間予報もずっと雨。
 
近畿・東海地方は早くも梅雨入りしたと。
 
庭_9635.jpg
 
次々と花が咲き始め、新緑のいい季節になってきたのに。
 
庭_9636.jpg
 
お隣まで咲いた花がはみ出して、花が済んだら散髪予定。
 
エゴノキ_E9632.jpg
 
去年少なめだったエゴノキも、今年は狂ったみたいに花を咲かせて。
 
1週間の雨で散ってしまうな。爽やかな5月は来ないまでに過ぎてしまうのか。
 
また半月は乗れないであろう、3台の旧車のバッテリーを切った。
 
明けてすぐ暑くなるんでないやろなぁ...。
 
 
 

2021年5月15日

県庁、朝8時。

木曜日の審査会は、県庁で9時スタート。
 
事前の準備、確認もあるので8時40分には着いてないと。
 
県庁_9642.jpg
 
去年の6月くらいの県の会議で、15分くらい前に到着予定が
 
天池橋が工事で20分くらい渋滞で動かず、5分遅刻したことがあった。
 
なので通勤時間帯に何時に出ればいいか、早めに7時半くらいに出た。
 
木曜だったせいか、意外に30分くらいで着いてしまい
 
県庁前の交差点は、見たことないくらいの通勤通学の人が歩いていた。
 
県庁_9643.jpg

地下駐車場も最初の来客。キレイにがらんどう。
 
県庁_9645.jpg
 
ロビーの椅子が座りごごちよくて、しばらく審査の予習。
 
ちょうど8時半に始業のチャイム。小学校と同じ。
 
県庁_9648.jpg
 
少ししてから所定の会議室に向かって、予定通り開始。
 
やはり県外の参加者が多く、審査委員も含めオンラインで。
 
自分がスクリーンに映ってる。先方ではこのように見えている。
 
県庁_9646.jpg

県庁_9647.jpg

この日も午前中では終わらず、お弁当が出た。
 
なんと日本料理まんもと のお弁当。
 
やはりこの日も最年長者に配慮した、非ガッツリ系か。
 
刺身はなかったものの、なかなかの上物。
 
さすがに県庁周辺は、テイクアウトのバリエーションが豊か。
 
そして金曜日からは、緊急事態宣言が解除され、大学も通常授業。
 
なんか休みすぎて、ずっしりと気分が重たい。
 
 
 

 

2021年5月14日

行政・審査会週間。

年度始めのこの時期は、予算を執行するための審査会が多い。
 
今週月曜には、JRの人たちが来て、また新幹線缶バッジの

コンクールがあり、新しい担当者が名刺持ってやってきた。
 
県庁_9626.jpg

県庁_9625.jpg
 
火曜日は国際交流会館近くの、宝永分庁ってとこで
 
新幹線広報がらみの審査会。いい天気やったけど。
 
県庁_9622.jpg
 
県外の参加社が多いので、最近はオンラインで。
 
外部の審査員は自分だけなので、お昼は一人で。
 
県庁_9620.jpg
 
県庁_9621.jpg
 
片町のミルヒビってカフェランチ弁当。なかなかいい。
 
そしたら若者向けではない、揚げ物はなくして、と頼んでくれたらしい。
 
確かに最近はどこ行っても、ほぼ自分が最年長の場合が多いわ。
 
テイクアウト弁当の営業が、県庁にはたくさん来てると。なるほど。
 
県庁_9627.jpg
 
かつてはこうゆう、街に近いところに事務所というのが普通だったけど。
 
恐竜_9624.jpg
 
庁舎内に貼ってあった恐竜博物館のポスター。リニューアルするんか。
 
恐竜_9615.jpg
 
連休中に、恐竜博物館の交通誘導の人で感染者が出たらしい。
 
勤務している知り合いもPCR検査で陰性だったと。
 
県外からの来場者から感染したのは、間違い無いだろうけど。
 
南条_9637.jpg
 
南条_9638.jpg
 
水曜日は南越前町の、新しい中学校の校章デザインの審査会。
 
久しぶりに南条に向かったが、異様に巨大な高架が
 
武生から敦賀に向かって、山を貫いていた。
 
南条_9639.jpg
 
今庄、南条、河野と合併する中学校の

校長や教頭先生たちと、あれこれ対話しながら審査会。
 
南条_9641.jpg

帰りの武生インター。新幹線の南越駅(仮称)もかなり出来ている。 
 
南越駅のコピー.jpg
 
そしたら今朝の新聞で、駅名が「越前たけふ」に決まったとの発表。
 
JR金沢支社長の前田氏は福井出身で、新幹線関係の会合でよく一緒になる。
 
ふるさと福井の開業だけに、力入ってると職員さんが力説していた。
 
 
 

2021年5月12日

べにや、再出発。

2018年に火事で焼けてしまった、あわらの老舗旅館べにやが

今年の春にオープンの予定だったが、準備が整わず夏にズレこんだらしい。
 
べにや_9616.jpg
 
ほぼ利用はしていないが、女将から延期になったお詫びの手紙と

改めてオープンが決まったとの報せが届いた。
 
特別室で一人88,000円(税込)ですか〜。
 
べにや 10.28.jpg
 
新しいべにやは、日華化学の新館を設計して
 
国内最高の建築賞を受賞した、小堀哲夫さんで
 
最近も志村けんが愛用してたことで、話題になったばかりだが。
 
旧べにや_5371.jpg
 
旧べにや_5388.jpg
 
これは以前に田中監督との集まりで、泊まった時の旧べにや。
 
日常ではなく特別な世界観で商売を続けるのも、相当な覚悟が要るやろなぁ。
 
 

 

2021年5月 9日

実用と愛着の、工業デザイン。

保険再開の段取りもすんで、やっと安心して乗れるようになった旧車。
 
117_9513.jpg
 
117_9520.jpg
 
仁短に行くまで、三国を経由して大幅に遠回りして。
 
117_9522.jpg
 
河口近くの広い堤防で、誰もいないのを見計らってスマホで撮影。
 
117_9524.jpg
 
仁短でもひときわ違和感のある、クラシックで小ぶりな造形。
 
帰りにスタンドで古いガゾリンを抜いて、新しいガソリンを満タンに。
 
スタンドではおんさんらが寄ってきて、まだ動いてるんけの!と嬉しそうに。
 
タイヤも溝はあっても、14年くらい経ってるので注文して。
 
今の軽自動車くらいのサイズ。
 
117_9528.jpg
 
オーディオはもちろん、エアコンも動かない。電動ミラーも×。
 
ワイパーやウインドーなど、必要不可欠な機能は動く。
 
走っててもガタピシ、キイキイと異音は鳴りっぱなし。
 
70kmも出すとヒュリ〜!と風切り音も激しいし。
 
自動車としての実用性はかなり乏しい。しかし人は目を輝かせて集まってくる。
 
工業製品というより、年季の入った工芸品という感じか。
 
アマダナmed.jpg
 
少し前に携帯についても、同じようなことを記載した。
 
若いデザイナーたちが企画したアマダナという銘柄の携帯。

スライド式で同じのを2台使い続けてiPhoneに変わった。
 
佐藤卓794.jpg
 
その前は佐藤卓さんという、日本グラフィックデザイナー協会の会長で

今黒龍にも関わってる人の携帯を長く使っていた。
 
こんな風に、いろんなデザイナーが携帯のデザインに関わっていたのだが。
 
佐藤可3id2.jpg
 
ユニクロや楽天のロゴを手がけた、佐藤可士和というデザイナーの携帯。
 
数字のフォントまでオリジナルで、プロフェッショナル仕事の流儀にも登場。
 
深澤img010.jpg
 
やはりauがデザインプロジェクトとして、多くのプロフェッショナルに

デザインを依頼したシリーズの影響は大きかったかも。
 
これも黒龍のグラスをデザインした深澤直人氏のインフォバー。
 
深澤003.jpg
 
このカメムシみたいなのもそう。
 
サイトウimg005.jpg
 
増永眼鏡のポスターをデザインした、サイトウマコトのデザイン。
 
吉岡006.jpg
 
東京オリンピックの聖火トーチをデザインした、吉岡徳仁のデザイン。
 
ジャスパー.jpg
 
あえて今、電話機能がメインのシンプルな携帯も出てるらしい。
 
無印なんかを手がけるジャスパーモリソンという人。

深澤直人A01.jpg

深澤直人氏の同じシリーズのスマホも、10年くらい前に登場してるが。
 
やはり何もないiPhoneがいいのは、考えなくても使える自然さと
 
単純なアプリの便利さが、どこまでも進化してるからだろう。

相手がいるスマホは、多少使いにくくても愛着があってこれがいい!

とはなかなかなりにくいと思われる。
 
 
 

 

連休明け・どんより黄砂。

晴れてるのに曇りのような。
 
黄砂_9590.jpg
 
黄砂で近くの山さえ見えない、不思議な風景。
 
真竜_9494.jpg
 
真竜_9495.jpg
 
連休前からダラダラした感じのまま、7日に仕事始め。
 
真竜の味噌バターラーメンと餃子、チャ飯(チャーシュー)でガツンと。
 
ドマーニ_9511.jpg
 
ドマーニ_9512.jpg
 
8日はドマーニで、菜の花のレモンクリーム。これはイケる。
 
そして定番の粉チーズたっぷりの、トマトのアマトリチャーナ。
 
アトリエ周辺は、近場だけでもいいランチが多い。

馬場_9555.jpg

馬場の弁当も相変わらず楽しめる。これがテイクアウトの
 
プラスチック容器だと、きっと味気ないに違いない。
 
しかし中華のままらんと、洋食のすかーいの閉店は未だに惜しまれる。
 
 
 

 

2021年5月 6日

大野・ギャラリーCOCONO。

連休中に大野のギャラリーへ。
 
大野_9465.jpg
 
福大の美術出身の先生で、現在仁愛大学の教員の彫刻家。
 
仁短_モニュ8838.jpg
 
仁短の正面玄関にある、巨大なモニュメントも伊藤さんの作品。
 
まぁほとんど先日偲ぶ会を行った、故・学園長の要望らしいけど。
 
大野_9437.jpg
 
大野_9438.jpg
 
地元の大野出身ということで、実現した展覧会ということ。
 
大野_9451.jpg
 
屋外のスペースにも展示できるいい作品。
 
大野_9456.jpg
 
夕方5時までで、カフェも空いていてぜんざいもうまかった。
 
連休中、どこも予定以上の人出でコロナが心配されているが
 
福井は大丈夫みたい。まぁ行き場所として選ばれてないだけだが。
 
 
 

2021年5月 2日

復活の名車、再稼働。

既報の通り、無事車検が通って、

大学3年から3台乗り継いでる昭和の車が戻ってきた。
 
117_9379.jpg
 
117_9378.jpg
 
117_9376.jpg
 
せっかく仕上がったのに、保険再開の手続きを忘れててしばし乗るのは保留。
 
夕方雨が上がって、ガレージ内を入れ替えるので外に出した。
 
後ろからもサイドも、相変わらず美しい。
 
117_9413.jpg
 
117_9414.jpg
 
学生時代に、草野球やってた知り合いから55万円で譲ってもらって
 
毎月バイト代から5万円ずつ11か月支払った。
 
117_9415.jpg
 
福井に持って帰ってから紺色に塗り替えて、場所は昔のPRセンター。
 
今は松本の折り込みセンターになっているとこ。懐かしい風景。
 
やはり雨の日に撮っている。当時よくモノクロで中古車の撮影に出ていた。
 
117_0353.jpg
 
117_0354.jpg
 
2台目に乗り換えた時。ヘッドランプが丸目から角目に変更。
 
生産終了までモデルチェンジはそれだけ。丸目はクラシックでいいな。
 
117_0352.jpg
 
PRセンター時代の中古車業車の顧客から購入し
 
やはり顧客の整備工場で同じ紺色に全塗装して納品。
 
117_0355.jpg
 
1998年か、そん時の写真も出てきた。
 
117_0351.jpg
 
117_0356.jpg
 
さらにバンパーや、フロントグリルのパーツを新品に替えて
 
ジャガーのグリーンにまた色を塗り替えた。
 
ナンバーが変わったのは、1年以上かかったので登録を一時抹消したため。
 
もちろん昔は、原則自由な番号は選べなかった。
 
117広告_9399.jpg
 
新聞の広告会社にいたので、福井新聞には載らない
 
全国紙の広告冊子から、117クーペの広告をコピーしてあったり。
 
117広告_9400.jpg
 
ちょっと恥ずかしい、時代を感じるキャッチコピーや。
 
117広告_9401.jpg
 
これはカーグラフィックの新車紹介のページ。

117広告_9402.jpg

当時のクラウンが330万円くらいらしい。
 
偲ぶ会_9405.jpg
 
2日は1年前に亡くなった、仁愛学園長の偲ぶ会が仁愛大学の体育館で。
 
偲ぶ会_9403.jpg
 
偲ぶ会_9404.jpg
 
明美姐さんや粟田部姐さんの時代には、学長だったはず。
 
一般的な私学の経営者のイメージとは、ちょっと違う高潔な印象だった。
 
偲ぶ会_9406.jpg
 
連休中何度も激しい雨が、次々と。出かけるなと言わんばかりに。
 
 
 

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年4月です。

次のアーカイブは2021年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。