2020年9月アーカイブ

2020年9月30日

秋晴れ、今年もあと3か月。

このところ朝晩の気温もグン!と下がって、

日中はホントに気持ちの良い晴れが続く。
 
大野_6255.jpg
 
そんな日に、大野で景観の委員会があって中部縦貫道を疾走。
 
大野_6259.jpg
 
サンルーフ付きのクルマだったので、途中手を伸ばして適当に写す。
 
運転には十分気を配りながら。恐竜博物館が写ってた。
 
大野_6263.jpg
 
この道路ができて、奥越方面がホントに楽になった。
 
大野_6264.jpg
 
やはりまだまだzoomで会議は行わず、(行えず)机1台に一人離れて着席。
 
オンラインだったら1時間以上前から、わざわざ出かけなくて済むはず。
 
大野_6265.jpg

大野_6266.jpg
 
市役所に隣接した会館は、なかなかいい建物。
 
新しい菅総理が、行政のデジタル化を進める!と宣言してるが
 
確かに民間ではすでに当たり前のことが、相当遅れている。
 
大野_6267.jpg
 
こういう施設は、市民の活動のためにどんどん利用するべき。
 
大野_6271.jpg
 
今年の県の景観セミナーで見せる予定の、統一されたタペストリーPOP。
 
大野_6273.jpg
 
帰り道もサンルーフからスマホで撮影。
 
秋晴れ_6242.jpg
 
最近は5時過ぎで夕暮れ。エンゼルランドウォークも、すぐ暗くなる。
 
夕暮れ_6243.jpg
 
6時ではすでに日没で暗い。今の時期は月がキレイ。
 
夕暮れ_6275.jpg
 
明日10月1日が中秋の名月だとか。

いよいよ10月か。
 
 


 

2020年9月29日

秋も本格化、萩が盛り。

しばらく雨が降ってから秋晴れが続く。
 
萩_6231.jpg
 
すでに足羽山の瑞源寺の萩は、ニュースにもなってるが
 
アトリエの萩もいい感じになってきた。まさに秋である。
 
桔梗_6233.jpg
 
初夏にいっぺんに咲いて、秋の花でないんか、と思った桔梗が
 
しばらくの休息の後、また蕾をつけて咲き始めた。いい感じ。
 
バジル_6221.jpg

バジル_6227.jpg

バジル_6240.jpg

そして秋の花に負けじと、毎日伸びてくバジルを
 
飽きもせず毎日毎日食べているが、追いつかないくらい。
 
しかし生ハムで、カマンベールとバジルを巻いて食べるサラダは最高にうまい。
 
種から育って、今年は見事に自給自足のバジル生活。
 
 
 

2020年9月27日

新しい専攻、新しい入試。

土日に今期初めての入試が行われた。
 
総合型選抜Aという、まぁこれまでのAO入試に近い。
 
今年から文科省が大学入試を、大幅に見直して
 
名称や日程が色々と変わった。
 
加えて仁短も、デザインと情報と専攻が合併し新しくなって
 
これまでの3倍くらいの書類審査とか、面接対応になった。
 
面接_6229.jpg
 
一時はオンライン面接も考えられたが、大きな会議室で

2m以上離れて、面接官も離れての対応。
 
最近耳が聞こえにくくなって、マスクしながらの面接は、ちょっと辛かったわ。
 
新米_6210.jpg
 
武生の山の中の先生に新米をもらった。
 
今日はひんやりと、いきなり秋が本格化した感じ。
 
 
 

2020年9月25日

新入生、スタートの秋。

いろんな準備もなんとかなった中、後期がいよいよスタート。
 
仁短_6223.jpg
 
玄関には不慣れな1年生たちがウロウロ。久しぶりの風景。
 
仁短_6224.jpg
 
仁短_6225.jpg
 
でも2年生たちは、いきなり卒業アルバムの撮影。
 
今後またいつコロナ禍の影響で、学校が登校禁止になるかわからんので
 
集まれる今のうちに撮っておこうという判断か。そやろな。

1年生は、学長挨拶のライブ配信もあって、やっと入学式気分。

季節感も時間の流れもごちゃまぜ感。
 
テレワーク_6216.jpg
 
通常の授業と、在宅の遠隔授業はこれまで通り混合であるらしい。
 
壁が白いアトリエのホールは、ZOOMにはうってつけの環境。
 
仕事での打ち合わせも、日程調整がホントに楽になった。
 
あと3か月で年が明けるんか...。まるでタイムスリップの感覚。
 
 
 

2020年9月24日

カマキリ乱入。

車に乗ろうとしたら、窓にカマキリ。
 
カマキリ_6185.jpg
 
カマキリ_E6187.jpg
 
まだそんなに大きくもないが、久しぶりに日常に突然現れた。 
 
かつてバッタやトンボは、多分もっとたくさんいたはずだし、

夏ラジオ体操に行く時の街灯の下には、クワガタやコガネムシが

たくさんの蛾と一緒に見つかって、カブトムシがいたらラッキーで。
 
昔は、と言っても、いつくらいからはわからないが。徐々に。
 
まだ福井にも、かつてのような自然が残ってるんか...と思ってしまうのが
 
ちょっと恐ろしい。もう自然が豊かな地方都市ではないのか。
 
 

 
 
 


 

2020年9月22日

野菜生活と、血液検査改善。

毎年行われている大学教職員の検診が、今年はコロナでまだ実施されていない。
 
検診_6135.jpg 

検診_6136.jpg
 
毎年このような報告書が送られてきて、色々チェックされる。
 
去年はコレステロール値が赤信号で、要再診と言われた。
 
検診_6137.jpg
 
痛風の元となる尿酸値も、7.0が上限に対して9を越えたこともあったが
 
発作が起きるのは稀で、発症しても1週間くらいの野菜生活で回復していた。
 
上の尿酸8.1はこないだ発症した時に、キムクリニックでの血液検査値。
 
年齢が高くなると、治りにくくなるし、再発を繰り返すと
 
いろんな合併症の可能性が高くなると脅され、野菜生活と共に薬も飲むことに。
 
バジル_5981.jpg
 
バジル_5982.jpg
 
何度も載せているが、この半年ほど野菜どっさりのランチがほとんど。
 
バジル_6196.jpg
 
庭の鉢植えはバジルで埋め尽くされ、毎日のように三昧。
 
はるせん_6091.jpg
 
そしてこれも定番の、はるせん惣菜。
 
検診_6138.jpg
 
そして先週の検査では、初めて悪玉コレステロールも尿酸値も基準値を下回った。

コレステロールは上限120のとこを99。240くらいの時期もあった。
 
尿酸値は上限7.0のとこを5.8。こんなの初めての数値や。
 
中性脂肪だけ異様に高いが、これはお昼の後に検査したせいでないかと。
 
通常の検査では、前日の夜から水分だけで臨むので。
 
もちろん専用の薬を飲んでる成果も大きいはず。
 
あれだけ脅されると?以前のように元に戻すこともできんやろなぁ。
 
 
 

2020年9月21日

ヤモリとアマガエル。

暗くなると、灯りに寄ってくる虫を捕食するために毎日現れる。
 
ヤモリ_6096.jpg
 
玄関のガラスの定位置で、まちかまえるヤモリ。
 
カエル_6133.jpg
 
やはり玄関の外灯の上で、待機のアマガエル。
 
どちらも、辛抱強く待って虫を捕まえる。
 
観察してると、夏休みの宿題のように感じるなぁ。
 
 
 

今立・現代美術紙展。

仁短の非常勤の先生が中心となって、30年以上続く展覧会。
 
今立_6167.jpg
 
青年団の活動から始まったというから、たいしたものだ。
 
今立_6148.jpg
 
今立_6149.jpg
 
今立_6150.jpg
 
去年も行った、地元の西野家という旧家の蔵が会場の一つ。
 
今立_6152.jpg
 
今立_6153.jpg
 
やや涼しくなった初秋とはいえ、まだ陽射しは暑いが、蔵はひんやり。
 
今立_6154.jpg
 
今立_6155.jpg
 
文明社会が急速に発展してここ200年くらいのうち、

3〜40年の時間がここで止まっている。
 
今立_6156.jpg
 
今立_6157.jpg
 
この日に行ったのは、公民館で行われた公開討論。
 
人間国宝の岩野市兵衛さんも、一般人としてきていた。(時計下)
 
ゲストの東京庭園美術館の館長さんの、「先端技術は次々と現れるが

数年で消滅か置き換えられるか。しかしこの伝統産業はなぜ1000年以上続いてるのか」
 
というコメントには、まさしく共感する。
 
高速_6147.jpg
 
高速_6160.jpg
 
久しぶりに高速に乗って行った。

往復で、知らん間に新幹線の巨大な高架が出来ていた。
 
こういう技術も、とんでもなくすごい。
 
  

 

2020年9月20日

後期授業開始の準備、シャルマン。

連休が明けて、24、25日と学生たちが登校して後期が始まる。
 
特に1回生は、まともに学校に来るのは初めてと言っていい。
 
カフェ_6129.jpg
 
カフェ_6130.jpg
 
今までは申請して登校で、午前と後をまたぐことは禁止。
 
つまり一番リスクのある、食事を学内ですることはなかった。
 
24日以降は、それに備えてカフェテリア(食堂)やランチスペースを
 
向かい合わせにならないよう座席を半分にして、さらにアクリル板で仕切る。
 
カフェ_6131.jpg
 
一人用のカウンター席も、倍の間隔に。
 
カフェ_6132.jpg
 
10日以上県内で感染者が出てない現状では、ほぼ大丈夫のはずだが。
 
この連休中の人の移動で、新たな感染者がでるかも。
 
消毒_6139.jpg
 
学内のいたるところには、消毒液が。もう日常社会での常識。
 
シャルマン_6105.jpg
 
教員も学生も全員配布の、フェイスガードはシャルマン製。
 
シャルマン_3211.jpg
 
今度ロゴを整備する打ち合わせで、シャルマンに行くことになってる。
 
会議の時に、いい話題提供になるわ。
 
 
 

2020年9月19日

旧車と、新型車。

スタッフのヴィッツが点検で、代車には新型のヤリスが。
 
ヤリス_6098.jpg
 
小さいがどっしりしていて、安定感がある。
 
スポイラーはオプションらしいが、色がビビッド。
 
今ちょうどジャガーも車検で、旧いBMWに乗っているのでいい比較。
 
ヤリス685.jpg
 
中は撮らなかったので、ネットから。大型モニターは標準らしい。
 
内部_6099.jpg
 
25年前の旧車は、カセットテープだし、無骨なたくましさがある。

旧車_6143.jpg

仁短の駐車場でも、今のクルマと比べるとやはり小さく見える。
 
ヤリス_021.jpg
 
これもネットの画像。代車はハイブリッドで、音もなくスタート。
 
完全自動での車庫入れも、実演で見せてくれた。

勤務先とか自宅とかを記憶して、運転者はギアを入れる操作だけ。
 
ガソリンの残量とかロックとかエアコンも、離れてスマホで操作できるって。
 
車は家電のようにどんどん進化して行くなぁ。
 
ゆりいち_6101.jpg
 
このヤリスで、梨を買いに春江のゆりいちまで。快走。
 
ゆりいち_6100.jpg
 
デジタル技術が進む中、こういうアナログ技術もいいねぇ。
 
 
 

2020年9月18日

うなぎ、玄白。

何日か前の好天の日、少し力つけようと、うなぎのお昼。
 
玄白_6006.jpg
 
二宮の玄白って、だいぶ前から出来てたが初めて行った。
 
一応予約しといてよかった。結構席が埋まってた。
 
玄白_6010.jpg
 
玄白_6009.jpg
 
自分は白焼きと蒲焼きの定食。パリッとして香ばしい。
 
玄白_6011.jpg
 
天丼とうな丼のゴージャスなコラボ。
 
玄白ひつま.jpg
 
定番のひつまぶし。どれもなかなか美味しかった。
  
以前はワケありうなぎで、1,000円のランチメニューもあったらしい。

玄白店内.jpg

店内は撮れなかったので、ホームページから。
 
玄白_6007.jpg
 
玄白とはやはり杉田玄白かららしい。

土用丑の日に鰻を食べるといい、と提唱したのが平賀源内で
 
杉田玄白と交流があって、滋養と健康の理由を聞いちゃのではないか、という
 
かなり無理クリのこじつけのような気もするが...。
 
 
 

2020年9月14日

丸岡城下町の、潜在力。

久々に丸岡インター近くの大宮亭に。
 
大宮_5994.jpg
 
相変わらずの人気。平日でも11時40分くらいで7〜8割方埋まる。
 
やすたけもそうだが、いつも混んでて、皆お昼を前倒しでやってくる。
 
大宮_5992.jpg 

テーブル席がいっぱいで、初めて法事とかで使う奥座敷の方に。
 
大宮_5988.jpg
 
大宮_5993.jpg
 
外せないランチメニュー。天おろしとソースカツ丼。鉄壁やね。
 
大宮_5989.jpg
 
ソースも玉子もヒレを選べる。
 
大宮_5990.jpg
 
感染対策で、席はゆったりと。ロールカーテンで仕切り。
 
大宮_5995.jpg
 
普通の福井の飯が、そこそこ美味いとこんなに人が入る。
 
丸岡_5996.jpg
 
所用でそのままコミュニティセンター(公民館)へ。
 
こないだの西側広場同様、なかなかいい建物。
 
丸岡_5997.jpg
 
近くを流れる川に、梅花藻が。驚いた。
 
城下町・丸岡も、三国や大野みたいに少しずつ整備すれば
 
結構いい町に再生できると思うのだが。
 
自分も住所は丸岡だが、子どもの頃から生活圏は春江と森田だったので
 
なかなか丸岡に思い入れが少ない。
 
 

2020年9月13日

手土産、大ヒット。

最近は集まって打ち合わせをする機会が、週に一度もない。
 
ほんのたまに集まると、皆さん何かしら持ってきてくれる。
 
ロイズ_5986.jpg
 
最近の大ヒットは、ロイズのポテチチョコレート。
 
ロイズ_6024.jpg

芋が北海道だから美味いのはわかるが、塩味とチョコが絶品。
 
しかも3種の味わい。ポテトチップスがここまでうまくなるとは。

ロイズ35.03.jpg

通販で買おうと検索したら、期間限定で新じゃがバージョンだと。 

北海道のお土産が、こんなにアッサリ手に入るのも、希少価値が...とも思うが。
 
加賀製粉_6023.jpg
 
使わなくなったMacを譲ったデザイン事務所から、

仕事で関わってるというロールケーキとチーズケーキを。
 
加賀製粉_6026.jpg
 
パッケージもいいが、グルテンフリーのそば粉のケーキもなかなか。
 
ネット通販の影響で、卸や商社に頼らない販売形態が
 
流通社会も激変させているのもうなずける。
 
能力や力のあるものには喜ばしいが、弱いものはどんどん淘汰される。
 
しかしながら、近所の美味しい大吉餅、はやはり素晴らしい手土産。
 
 
 

2020年9月11日

和洋折衷?イタリア食堂ウエルズ。

またしても村中会計に行ったついでに、蜂屋のラーメンに。
 
1時を過ぎてたが、もしやと思ってたらまさかの満席。
 
一応並んで10分以上待ったが、まだしばらくかかりそうだったので断念。
 
満車の駐車場を撮っておけばよかった。
 
ウエルズ_5957.jpg
 
ウエルズ_5945.jpg
 
プランBで向かったのが、田原町にできたイタリア食堂ウエルズ。
 
確かここは和食のくろ川とかいう小料理屋。
 
福大に転任になって、美術の先生たちに歓迎会をしてもらった。
 
ウエルズ_5954.jpg
 
う〜む、ネットで見てたんとはちょっとイメージが...。
 
ウエルズ8c665c6e.jpg
 
ウエルズ8d8a.jpg
 
こんな感じでグルメサイトには載ってたのに。
 
ウエルズ_5946.jpg
 
他に一組客がいたので撮れんかったが、なんか...
 
前の小料理屋そのまま。暖簾も寿司カウンターも。
 
リノベーションというより、できるだけ経費を抑えて、みたいな。
 
ウエルズ_5947.jpg
 
メインもついてるCランチを。肉と魚とそれぞれ。
 
ウエルズ_5948.jpg
 
前菜はまずまずなのだが、デザートも一緒に。なんで?
 
ウエルズ_5949.jpg
 
ウエルズ_5950.jpg
 
トマト系のタコとオリーブ、バジルはアトリエに山ほどあるのに。

オイル系のアサリとシシトウと、パスタはまずまずの美味しさ。
 
ウエルズ_5951.jpg
 
ヒレステーキもランチにしては上々。
 
ウエルズ_5952.jpg
 
しかしサーモンが、新巻シャケみたいに相当しょっぱかった。
 
何かの間違いか?と驚くほど。

自家製パンもスープもそこそこだったのに、惜しい。
 
ウエルズ_5953.jpg
 
食べてる間中、置きっぱなしのデザートは、やはりぬるくなって。
 
シェフの息子を、慣れない高齢のお母さんが手伝ってるみたい。
 
それなりに美味しかったが、何とも微妙なランチやった。
 
パンジィ_5961.jpg
 
帰りにスタッフが、パンジィに食パンを買いに行きたいと。
 
くじ引きで1等賞で、丸ごと1本当たって大騒ぎ。
 
金額的には大したことないはずなのに、相当トクした感。ナイス。

 
  
 

2020年9月10日

抜群の環境、エンゼルランド。

アトリエを建てる時に、もともとエンゼルランド周辺で場所を探していた。
 
エンゼル_5935.jpg
 
エンゼル_5936.jpg
 
コロナ禍のせいで、夕方に結構空き時間が増えたこともあって

広沢を習って、少し歩くことにしている。
 
今更ながらなのだが、散歩にも気分転換にも抜群の環境。
 
暑かった時期でも、夕方ならほぼ街路樹の木陰で1周することができる。
 
エンゼル_5937.jpg
 
エンゼル_5938.jpg
 
だからジョギングする人や、犬の散歩する人たちにもよく出会う。
 
エンゼル_5939.jpg
 
エンゼル_5940.jpg
 
隣接のハートピア春江にも、広大な広場があって、ほぼ日陰。
 
エンゼル_5942.jpg
 
芝生の広場で、サッカーやキャッチボールする人たちも多い。
 
土日は人でいっぱいになるが、平日は実に心地よい。
 
目の前にこんな絶好の環境がありながら、10年来さほど活用してなかったが
 
これからは、もうちょっと楽しませてもらおう。
 
 
 

2020年9月 9日

秋の気配、102歳の現役。

台風が過ぎて、久々に涼しく感じた朝方。
 
はるせん_5910.jpg
 
こんな風に明るい曇りだと、北向きの面もよく撮れる。
 
はるせん_5911.jpg
 
11時過ぎまでは、102歳?の現役のおじじが商品を並べてる。
 
「毎度ありぁとあんす...」と絞るようにつぶやいてる。
 
はるせん_5912.jpg
 
相変わらず新作がいくつも。もちろんひじきと大豆みたいな定番も。 
 
横文字の惣菜を、おじじは怪訝な顔で手にとって見ていることも。
 
「ウチは魚屋なんやけどなぁ...」とつぶやきが聞こえそう。
 
バジル_5865.jpg
 
鉢植えのバジルも絶好調。ほぼ毎日食べている。
 
この日は素麺に、バジルとオリーブオイルで。生ハムも入れればよかった。
 
アミ_5927.jpg
 
一番近くの北銀のATMはアミにある。
 
アミ_5928.jpg
 
平日の2時過ぎ、驚くほど人がいない。 
 
地震の震源地とは関係ないだろうけど。 
 
コロナ不況で、ショッピングセンターからテナントの撤退が
 
続いてるという記事が今朝の新聞にも。
 
同じ商売やってても、業種によって悲喜こもごも。
 
 
 

2020年9月 8日

ラーメンの中村屋。

斉藤の投稿、久々で面白いな。

コロナが少し落ち着いたら、どっかでメシもいいかもしれん。

さて、ホントは蕎麦の中村屋なのだが。
 
中村屋_5872.jpg
 
日華化学に行ったついでに、鉢屋のラーメンに行ったのだが臨時休業。
 
昔ながらの中華そばのイメージになってたので、ちょっと走って中村屋まで。
 
中村屋_5873.jpg
 
勝山時代、スキー客向けの貼り紙もこんな感じやった。
 
接客の愛想もないけど、貼り紙も高飛車な感じ。
 
中村屋_5875.jpg
 
かといって、蕎麦一徹の頑固職人ってわけでもなく、名物のラーメン。
 
中村屋_5874.jpg
 
劇的に美味い!というほどでもないが、スタッフはいつもこれ。
 
中村屋_5876.jpg
 
中村屋_5877.jpg
 
自分は天ザルを。相変わらず無愛想。
 
撮るのを忘れたが、おろし蕎麦単品は480円だが、

それしか頼まないなら580円になります。ってメニューに。 
 
大盛りもなし。原則2枚頼めってか。高飛車や〜。
 
 
 

 

斎藤とコーヒー

ブログには書いたんだけど、8/29に斉藤と会った。

アミのすぐ北西に団地ができて、長女夫婦がそこの土地を購入しようかどうか迷ってた。

そこで斉藤に相談したら、ほかにいいところがないかいっしょに探してくれることに。

待ち合わせしたんだけど、斉藤はご飯中だというので少し歩いてみた。

斉藤resize43689.jpg

娘が考えている土地のところから北の方に行ったら見覚えのある家と小屋が。

多分ここやな。 高校生の時に泊まらせてもらったことがあったし、車で来たこともあった。

小屋があったのをよく覚えている。

アミから歩いて10分もかからないくらい。

一度アミの駐車場に戻る。

付近をうろうろしてたら斉藤のオレンジの軽トラが来た。
軽トラresize43690.jpg

乗っけてもらう。

ナビやスピーカーを自分でつけたと言ってた。

軽トラresize43691.jpg

この軽トラ、西畑のブログで見た、と言ったら、余熱館の方に粗大ごみを捨てに行くときに会ったんや、と言ってた。

仕事の車だと思ってたのに違うみたい。 セカンドカーなんかも。

さいとうresize43692.jpg

10kgぐらい痩せたって。 

酒もやめてるみたい。

しばらく辺りを軽トラで周ってから「小春日和」というカフェに。

斉藤はホットコーヒーを飲んだんだけど、「おいしいコーヒー」としみじみ言ったのが印象的やった。

なんか斉藤らしくて。

その後斉藤の家に。

まだ時間がかかるけど、土地を売りに出すらしい。

斉藤んちresize43693.jpg

田んぼを売るのって大変なんやな。

なんか原状回復みたいな工事をしないと売れないらしいわ。

プリウスresize43694.jpg

このプリウスは斉藤のやろか。 聞かんかったけど。

あとで写真見ながら、似合わんな、と思った。 軽トラとプリウス。 うーむ。多分違うな。

まあ、車のことで人のことは言えんけど。

さいとうresize43695.jpg

また何人かで集まりたいわ。

女子は何かと忙しいやろうから、おっちゃんだけでもいい。

斉藤は酒やめてるからお茶会でもいいかな。

へろさわ

2020年9月 6日

雷鳴・みどり葉の展示替え。

金曜は猛烈な土砂降りと雷が、ほんの一瞬通過した。
 
雷鳴09-03.jpg
 
走行中に何度も稲妻を見たので、ドライブレコーダーの映像を
 
初めてパソコンに落として、映像を確かめてみた。
 
何度も光っているのだが、ちゃんと稲光が映ってたのは1回だけ。
 
日華_0605.jpg
 
日華_0614.jpg
 
コロナでほとんど訪問客がないという日華化学だが、
 
展示ギャラリーの交換のタイミング。
 
若林_0618.jpg
 
若林_0620.jpg
 
若林_0628.jpg
 
前回のみどり葉から、今回は葉脈というテーマに衣替え。
 
若林_0626.jpg
 
これなどは、みどり葉のニュアンスが濃く残っている。
 
今回の台風は、事前の警告が相当伝わったのではないか。
 
皆自分のところは...と思ってるだろうから(自分もこないだの地震の時ヒヤリ)
 
今回早めに避難した人はかなりいるだろう。
 
今朝もまた地震。天変地異が日常になりつつある。
 
 
  

陸上・続報。

ナイター陸上から1週間が過ぎた。
 
新聞記事 2020-09-03*.jpg
 
月刊陸上.jpg
 
福井新聞はもちろん、専門誌も福井の試みを賞賛。 
 
しかし現場では、成功を喜びながらも、2週間以内での感染をビビってる。
 
もし1名でも出たら、自分も含め来場者全員の連絡〜検査となるから大事。
 
998会場Fa.jpg
 
998RI_9301_.jpg
 
998100ze6T.jpg
 
そんな心配をよそに、SNSではファンが多いに盛り上がってる。
 
月刊陸上は、いい写真を次の広報に全部貸し出してくれる。
 
無事にあと1週間が過ぎてくれれば、観客入れても対策できた証になる。
 
知事も地域発のスポーツ文化の取り組みに
 
来年以降も支持を表明してくれたという。
 
 

AsC設立08-19*.jpg

若者たちによる、文化活動支援団体の設立会合でも検温・マスク。

真ん中のテーブルは、年配のオブザーバー席。当然自分はこっち側。
 
福井市_5735.jpg
 
市役所で行われた、新幹線開業に向けてのPRムービー審査会も
 
リモートでプレゼン動画を説明するという方式で。
 
まるで大学の遠隔授業のように。こうして社会全体が慣れてくる。
 
もちろん人が集まって、顔を合わせて話すことも重要。
 
その必要のある無しを、メリハリつけてオンラインは活用されていくだろう。
 
福井市_5733.jpg
 
福井市のキャッチフレーズ、福いいネ!はあちこちで活用。
 
福井市_5734.jpg
 
市役所の8階会議室から、ちょうど新しい銀行がよく見える。
 
壁面に対して看板が見えにくいなぁ。
 

 

 
 
 

2020年9月 5日

地震・続報。

震源地が春江の随応寺って、すぐ近所。アミあたり。
 
地震_5870.jpg
 
NHKでは番組を中断して、速報。すぐ中継車がやってきた。
 
地震_5880.jpg
 
地震4712.jpg
 
福井新聞では、すぐアミの天井が落ちたと報道。
 
最初はこんなに揺れたのは、阪神大震災みたいに

近隣で相当大きな地震があったのではないか、と思った。
 
地震_5868.jpg
 
地震_5869.jpg
 
机や戸棚の引き出しがザッと開いたり、物が落ちたり。
 
地震_5884.jpg
 
少しして震度3の余震があって、後で2階を見たら散乱。
 
地震_5886.jpg

地震_5885.jpg

マージナルで買うた、精密な青いインコが割れていた。無念。
 
地震_5883.jpg
 
幾つかモノが落ちていたが、大したことはなかった。
 
地震_5888.jpg
 
地震_5889.jpg
 
これが元の状態。一番右端に青いインコがいた。
 
黒いカラスが倒れて割れたんかも。
 
地震_5890.jpg
 
電子ローソクも落ちて砕けた。10年以上経ってもう点かなかったけど。
 
地震_5881.jpg
 
NHKの中継車が来ていた、随応寺の交差点。
 
午後から突然の暗雲と雷鳴で、土砂降り。
 
なんか天変地異が次々とやってくる。 

この後は台風で、月曜授業も早々と休校になった。
 
しかし被害状況も少なかったので、夜の全国ニュースでは
 
まったく報道されてなかった。しかし音がスゴかったなぁ。
 
 
 

2020年9月 4日

熱帯夜、嵐の前。

9月なのに、最低気温が(多分夜中)29度という。 
 
月夜_5863.jpg
 
風が強いせいか、大きな雲がどんどん動いて月夜なのに青空が見える。
 
iPhoneはこんな夜空でもなんとか写す。スゴいわ。
 
仁短_5834.jpg
 
日中も雲が動く。陽射しが切れると明るい曇り状態になり
 
青空なのに、北向きの面がキレイに撮れる。なかなかないタイミング。
 
はるせん_5837.jpg
 
通常晴れてると、北向きの面はこんな風に真っ黒い陰になる。
 
いつやったか、最近はるせんが、いっぱいで入れなかった日。
 
仁短_5835.jpg
 
学園長が亡くなって、一般のお葬式やお別れ会も結局できずに。
 
世の灯火に、という校訓から武生には世灯寮というのがあった。

仁短_5847.jpg

後期授業が始まるまで、登校が必要な授業だけ先行して開講中。
 
灼熱_5849.jpg
 
水曜の昼のプジョーの外気温。灼熱。
 
仁短_5864.jpg
 
仁短から幼稚園経由で、九頭竜川に流れる用水が干上がってる。
 
!今!春江が震源という地震!少し物が落ちて、引き出しが開いた。
 
久々にちょっとアセった。

ニュース.jpg

 
 

2020年9月 2日

収穫、バジル三昧ランチ。

鉢植えのバジルが、ここんとこグングン成長。
 
バジル_E5831.jpg
 
バジル_E5832.jpg
 
2週間前に植えた苗を、種植えのバジルが一気に追い抜いて収穫。
 
バジルランチ_E5830.jpg
 
バジル_5852.jpg
 
連日のバジルランチ。好きなものにはたまらない。
 
はるせん_5714.jpg
 
相変わらずのはるせんも、行くたびに新作が。
 
丸茄子のグラタンや、洋風肉じゃがとか。でも次はないのがほとんど。
 
はるせん_5850.jpg
 
ゴーヤのピーナッツ和えとか、赤エビの唐揚げは時々登場。
 
しかしいつもよく考えてるな、というくらい220円メニューが豊富。
 
はるせん_5309.jpg
 
変わりダネでは、このブリカマや鯛カマの炭火焼とか。
 
汁物の出汁をとるにはいいのだろう。身はあんまりないけど。
 
オレボ_5838.jpg
 
オレボも負けてられない。たいてい定番が決まってきたけど。
 
オレボ_5839.jpg
 
2買って時間以内に、というからやはりコンビニ弁当とは違う。
 
ランチ_5732.jpg
 
しばらくは野菜+バジルが続きそう。
 
採れ始めたら、食べるのが追いつかないほど増える。

それもまた充実。
 
 
 

 
 
 

2020年9月 1日

9月、消えた夏休み。

もう9月になってしまった。

8月はお盆明けから、学校に来ないとできない授業を優先。
 
和紙_5719.jpg
 
和紙_5720.jpg
 
越前和紙の授業。和紙の里で紙をすいて、仕上げを学校で。
 
和紙_5721.jpg
 
今立の紙の芸術祭の実行委員長でもある、作家の増田さんが何年も担当。
 
和紙_5723.jpg
 
来年度から新しい選考になるので、今度の2回生でこの授業も終了。
 
ジャガー_5396.jpg
 
駐車場のジャガーは、やっぱり小さく見える。
 
ミニ_5717.jpg
 
図書館の女性職員さんが乗ってる、同じ英国の旧いミニ。
 
これはホントに小さいが、偉大なクルマ。
 
すごくカッコいいとベタ誉めしたら、大事に乗ります!と
 
軽自動車と併用して、雨雪の日などには乗らないようにしてるらしい。
 
世界中の自動車ジャーナリストの投票で、20世紀最高のクルマと称賛。
 
ミニ_5724.jpg
 
おそらくそのミニを模倣した日本車。
 
中国のコピー文化を笑えない。
 
もちろん乗ってる人は、レトロさが気に入ってるだけなんだろうけど。
 
 
 

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2020年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年8月です。

次のアーカイブは2020年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。