2019年9月アーカイブ

2019年9月29日

後期授業開始、懇親会・ラジット。

先週末から後期授業が始まった。
 
とはいえ、夏休み中もずっと卒業研究で2年生は短大に来ていたが。
 
発表会_9540.jpg
 
後期の初日は、ガイダンスと発表会。
 
今年は何度も練習して、前日もリハーサルして準備万端。
 
その成果か、これまでで最高に面白い卒業研究と評してくれた講師もいた。
 
ラジット_9542.jpg
 
夜は非常勤の先生たちとの懇親会。
 
今回はジャルダンから独立したという、高木のラジット。
 
ラジット_9543.jpg
 
ちょうど30年前、広告会社から独立して会社を構えたのが隣のビル。

その頃は、バレジーナというパスタ屋だった。週2回は来ていた。

そしてついこないだまでは、クローバーという洋食屋。
 
この日は11人だったので、奥をロールカーテンで仕切ってくれた。
 
ラジット_9544.jpg
 
広くゆったりしたスペースで、後期に向けての親睦を深める。
 
ラジット_9548.jpg
 
ラジット_9549.jpg
 
ラジット_9550.jpg
 
料理は飲み放題のパーティプランだったので、

フランス料理のジャルダンの印象とはちょっと違う。
 
ラジット_9552.jpg
 
ラジット_9553.jpg
 
ラジット_9554.jpg
 
例によって、先に出てくるパスタのボリュームが多かった。
 
ラジット_9555.jpg
 
なのでメインの、栗を食べて育ったというスペインの
 
「ガルシア栗豚」が結構満腹で、あまり楽しめなかった。
 
和食みたいに、炭水化物をシメにすればいいのに。
 
ラジット_9556.jpg
 
デザートの紅茶のプリンもまあまあ。
 
ラジット_9558.jpg
 
デザートになっても、お肉やパスタがまだ残ってる。
 
飲み放題で、皆さんかなり飲んだから。
 
今年も秋の季節が始まった!って感じ。
 
 
 

秋の気配・萩。

9月も終盤、ますます秋になってきた感じ。 

庭_9588.jpg
 
庭_9589.jpg
 
アトリエの庭は萩が花盛り。
 
萩は根本から刈ってしまうのに、毎年1.5mほど伸びる。
 
庭_9590.jpg
 
庭_9591.jpg
 
今はさほど目ぼしい花も咲いてないので、よく映える。
 
庭_9592.jpg
 
ムラサキシキブも名の通り、鮮やかな実をつける。
 
庭_9593.jpg
 
去年植えた還暦記念樹のサルスベリは、結局今年は咲かなかったが
 
30cmくらいの小さなサルスベリは次々と開花。
 
来年は咲くかなぁ。
 
 
 

2019年9月27日

福大、パエリヤ・トルティーヤ。

福大でE&Cギャラリーの理事会。
 
福大_9480.jpg

終わってからいつものメンバーで懇親会。
 
福大_9482.jpg
 
福大_9481.jpg
 
近くのどこかに行くのかと思ったら、教室で準備が。
 
福大_9485.jpg
 
福大_9487.jpg
 
海外生活が長く、普段からホームパーティが大好きな湊先生。
 
福大_9484.jpg
 
なんと!パエリヤと、メキシコ料理のトルティーヤでもてなし。
 
福大_9489.jpg
 
福大_9490.jpg
 
大ぶりのレモンを乗せて。美術好きのメンバーと
 
楽しい時間を、学生の打ち上げのように教室で過ごした。
 
 
 
 

繊協ビル、経済同友会。

繊協ビルで、いつもの経済同友会の会合。
 
同友会_9505.jpg
 
今時、レトロな案内看板。
 
同友会_9506.jpg
 
同友会_9507.jpg
 
誰もいないが、8階はまだレストランやホールがあるので明るい。 
 
同友会_9508.jpg
 
玄関ホール。かつてはポストもほぼ埋まってたんだろう。
 
銅像は細井順子さんといって、明治の初めに京都から

「バッタン機」による手織り技術を習得。

その後福井で織物の技術革新に勤め、

世界に広まる繊維王国とよばれる功労者、だそうだ。
 
同友会_9509.jpg
 
耐震に問題があって、取り壊して建て直しが決まっている。
 
同友会_9510.jpg
 
同友会_9511.jpg
 
高校の頃はバスターミナルがあって、賑わっていた1階。
 
8番ラーメンやエトワールがあった頃もあったかな。
 
同友会_9512.jpg
 
バスの発着場は、駐車場とテナントの塾の駐輪場に。
 
45年くらい前になるんか。
 
高志高の合格発表を見に行った帰りもここから乗った。 
 
 
 

2019年9月26日

文京の、はるせん。

福大に行く時に、いつも見かける看板。
 
はるせん_9479.jpg
 
お菓子の泰鳳堂の跡にできたのは聞いていたが。

講習F4529.jpg
 
はるせん_9492.jpg
 
ちょうど文京の研修会館で屋外広告のセミナーを依頼されて

その帰りに初めて、はるせん文京店に。
 
はるせん_9493.jpg

泰鳳堂と同じく店の両側から入れる店舗。これはいい物件やろ。
 
はるせん_9494.jpg
 
はるせん_9495.jpg
 
店内は春江の3倍くらい。魚の陳列もちょっとキレイ。
 
ほとんど商品は同じだが、バリエーションは多いかも。
 
同じように混んでる。ここは高齢者より主婦層が多い。
 
はるせん_9497.jpg
 
春江ではあまり見ない、ちょっと豪華版の造り。
 
ウニの殻入りまで入って、トレーも柄の装飾。
 
はるせん_9478.jpg
 
別の日に行った春江のはるせん。土砂降りや強風の日で

お昼なのに、初めて誰もいない店舗で悠々とお買い物。
 
 

2019年9月23日

市役所近く、レストラン・オオツカ。

夜に駅前に行く用事があって、知り合いから

「ちょっといいよ」と聞いた煙やに行ってみた。
 
煙や0n7v.jpg
 
これはサイトの写真。モダン和風の照明が効いている。
 
しかも、玄関をくぐったら満席とのこと。ビックリ、断られた。
 
店長?らしきスタッフが、申し訳なさそうに玄関まで詫びに来たけど。
 
煙や0n72.jpg
 
煙や0n82.jpg

ネットで検索してみたら、中はこんないい感じ。
 
駅前の「らでん」みたいな雰囲気。
 
前はユアーズの並びにあって、もっと大衆居酒屋風だった気がする。
 
オオツカ_9418.jpg
 
少し歩いて、市役所近くのオオツカに。ここも初めて。
 
東京の老舗洋食店『レストラン 七條』という、

ミシュランにも載った店から独立したシェフらしい。
 
オオツカ_9411.jpg
 
普通に外国語ではなく、シェ・サカイみたいに自分の名を店につけるのは自信か。
 
オオツカ_9413.jpg
 
生ハムとチーズのサラダ。
 
オオツカ_9414.jpg
 
オオツカ_9415.jpg
 
若狭牛ランプのステーキち付け合せ野菜。
 
オオツカ_9416.jpg
 
シラスとトマトのリゾット。
 
あとタコとキノコのアヒージョも頼んだが撮り忘れ。
 
確かに美味しかったが、とにかく出てくるまでに時間がかかった。
 
メンツは二人だけだったが、他のテーブルのように

お酒を楽しみながら、というのではないので余計長く感じた。
 
オオツカ815.jpg
 
これは別のサイトの店内写真。
 
なかなかカジュアルで、美味しいんだけど。
 
ランチ営業が好調なんかな。
 
 
 
 

 

2019年9月22日

大野、法恩寺山林道。

七間本陣で蕎麦を食べた後、六呂師に向かう。
 
大野_0127.jpg

ヒマワリで話題になる阪谷あたりも、稲穂が倒れるほどの実り。
 
大野_0140.jpg
 
大野_0139.jpg
 
大野_0141.jpg
 
途中で右に分かれる道に入り、法恩寺山線に。
 
しばらく登りを走ると、眼下に六呂師高原や大野市内が見渡せる。
 
ススキの穂が開いて、山はもう秋。
 
大野_0149.jpg
 
ここから登山する人たちもいるのだろう。2台停まっていた。
 
大野_0159.jpg
 
紅葉にはまだまだ早いが、最近は木の実が不作で

熊が下界に降りてくるニュースがいくつも。
 
大野_0160.jpg
 
そのまま勝山に向かうと、スキージャムの上の方。
 
大野_0191.jpg
 
ここは九頭竜川の撮影ポイント。下流に蛇行しながら流れるのがわかる。
 
勝山市内も恐竜博物館も一望。
 
平日だったので、ほとんど対向車とは出会わなかった。
 
秋晴れのいいドライブコース。
 
 
 

2019年9月21日

ショッピングセンターの蕎麦屋。

いつも定番のアミの風りん亭。
 
風りん_9408.jpg
 
野菜天ぷらおろし蕎麦。ショッピンセンターらしく大衆蕎麦。
 
しかし天ぷらも蕎麦もなかなかのレベル。安い。
 
大野の七間本陣は観光地だが、それでも竹人形の里や

一乗谷朝倉氏遺跡のレストランなど、3,000円ランチで撤退した事例も。
 
成功の方程式があるようで、やはりケースバイケースなのが面白い。
 
福井の名店、繁盛店の視察検証はまだまだ続く。
 
 
 

大野蕎麦、七間本陣。

台風の前に、澄み切った秋晴れの日。
 
七間_9396.jpg
 
大野の七間通りにある蕎麦屋。昼しかやってない。
 
20年くらい前に、吉村おかきの社長に連れてってもらって
 
その後何度か、久しぶりに。若鶏たちとは来たことがない。
 
七間_9386.jpg
 
何しろ蕎麦しかない。しかもちょっと高いし。

この日も五間盛り(2.5人前)で3,250円。くどいが蕎麦だけ。
 
七間_9387.jpg
 
七間_9388.jpg
 
天ぷらもサイドメニューもなし。2時まで、なくなったら閉店。
 
これでも休日はいっぱいで入れない。
 
七間_9392.jpg
 
七間_9391.jpg
 
七間_9389.jpg
 
つゆはおろしともう一種類だけ選べる。
 
胡麻を選択して先に自分でする。香ばしい。
 
七間_9393.jpg
 
待ち時間も少なく、程よく茹でて締めた蕎麦が。
 
七間_9395.jpg
 
おろしを自分で盛って、胡麻つゆと交互に楽しむ。
 
板取蕎麦のように細身で食べやすい。
 
七間_9379.jpg
 
平日だったが、ポツポツと県外客?が入ってきた。
 
大野蕎麦_9403.jpg
 
大野蕎麦_9404.jpg
 
大野蕎麦_9405.jpg
 
大野蕎麦_9406.jpg
 
郊外にはちょうど蕎麦の花が広がって秋の風景。
 
一番手前はサトイモかな。
 
福井らしい情景だが、近くにいるとなんとも臭い。
 
一度蕎麦畑のハチミツを三国で買ったことがあるが

ちょっと臭くてアカンかった。納豆みたいにクセになるらしいが。

  
 
 
 

防災訓練・研修。

短大の夏休みも今週で終わり。
 
防災_9353.jpg
 
防災_9354.jpg
 
この夏休み期間中に、教職員のセミナーや研修がいくつも。
 
防災_9355.jpg
 
防災_9356.jpg
 
この日は胸骨圧迫マッサージの研修。
 
防災_9359.jpg
 
それとAEDを使用した心肺蘇生の救命処置の練習。
 
防災_9360.jpg
 
停止した心臓を、電気ショックで蘇生させると思ってたが違うらしい。
 
心臓が痙攣を起こした、心室細動の時に効果があるのだと。

それらはAEDが自動解析して判断し、音声で教えてくれる。
 
防災_9357.jpg
 
仁短の丸い体育館は古いが、天井の構造体はとてもよくできている。
 
セミナー_9367.jpg
 
午後からは、自分の教育活動を振り返り

教育理念や方針を高める、というセミナー。

学生にやってるようにワークショップ形式で、話し合いながら。
 
はるせん_9365.jpg
 
11時半頃のはるせんは、いつもいっぱい。
 
はるせん_9364.jpg
 
公然のように停める、向かいの郵便局もいっぱい。
 
はるせん_9366.jpg
 
12時前には高齢者だけでなく、若い世代も多い。
 
デイ_9348.jpg
 
先週の母親の誕生日に、デイサービスでもらった手土産。

建物は旧いが、春江病院のスタッフは感じいいらしい。それが一番。
 
レモン_9148.jpg
 
夏は柑橘系のスィーツが美味しい。エスポワール。
 
マルサ_9235.jpg
 
鯖江のSAオレボでマルサのパン。懐かしく美味。
 
黒龍_8614.jpg
 
黒龍の新しい企画マーケティングの担当。
 
酒蔵というと高齢の職人さんのイメージだが

黒龍は若い。ここ10年でちゃんと会社らしくなってきた。
 
余ってた小ネタも一挙掲載しました。
 
 
 

 
 

勝山・続き。

大野も勝山も、中部縦貫道が解放されて一気に近くなった。
 
勝山_0115.jpg
 
インター降りたところの看板は青を基調にシンプル。
 
来週の屋外広告セミナーのいい材料。
 
勝山_0197.jpg
 
のどかな鹿谷地区にそびえる巨大な陸橋。
 
いずれ新幹線がこうして、あちこちの街の風景を一変させるのだろう。
 
勝山_0096.jpg
 
イソザキホール目の前のサンプラザは無法地帯。
 
ちよ鶴_9174.jpg
 
ちよ鶴_9175.jpg
 
商店街入り口にある、ちよ鶴でランチ。
 
ちよ鶴_9173.jpg
 
カフェでも食堂でも和食屋でもない、地元の店。
 
ちよ鶴_9164.jpg
 
でも日替わりランチは、そこそこいい感じ。
 
ちよ鶴_9172.jpg
 
雪室で寝かせて、夏に新そばを味わうという勝山企画。
 
ちよ鶴_9167.jpg
 
ちよ鶴_9168.jpg
 
勝山や大野は、食堂で食べても蕎麦は美味しい。
 
ちよ鶴_9169.jpg
 
ちよ鶴_9171.jpg
 
しっかりした手打ちの蕎麦やった。
 
勝山_0121.jpg
 
恐竜博物館への利用はもちろんだが、
 
まだ無料開放の間は、奥越市民の貴重な生活道路で活用。
 
ヘタに岐阜まで開通して、有料になったら結構困るやろなぁ。
 
  

2019年9月16日

勝山・中上邸イソザキホール。

11日の新聞記事。
 
イソザキ2019-09-11*.jpg
 
かつて大野・勝山で若手の現代美術作家を

支援する活動があった、ウソのような歴史証拠の一つ。
 
イソザキ 2019-09-14.jpg
 
イソザキ_0097.jpg
 
イソザキ越山若水 2019-09-15 .jpg
 
14日にも15日の越山若水にも、記事が掲載されるほどの話題性。
 
イソザキ_0099.jpg
 
初日にイソザキホールを訪ねる。
 
イソザキ_0103.jpg
 
イソザキ_0101.jpg
 
イソザキ_0102.jpg
 
35年以上経った住宅とは思えない重厚感。
 
今は住んでなくて、初めて住居だったスペースも視察できた。
 
イソザキ_0104.jpg
 
アートフルの会会長の荒井さんは、ケイテーの会長でもある。
 
イソザキ_0105.jpg
 
すぐ近所の斎藤さんの住宅。これも磯崎建築。
 
イソザキ_0106.jpg
 
ここも住んでなくて、倉庫代わりになってるとか。
 
イソザキ_0108.jpg
 
イソザキ_0109.jpg
 
売却しないで市に寄贈するんかな。
 
大野みたいに、ギャラリーや小さな美術館にするといいかも。
 
昔から地方の名士は、単純に損得だけで動かない。

地域のことを考えて、伝承していく志が尊敬される。

お金を持っている人の、使い方がカッコいいわ。
 
勝山_E9204.jpg
 
約25年くらい前にケイテーの社長時代の広告。
 
スキージャムの上の方から勝山を見下ろした

勝山愛がいっぱいの求人広告。懐かしい。
 
勝山_9136.jpg
 
北陸銀行は、大野も勝山も地域らしさに貢献している。
 
勝山_9137.jpg
 
銀行向かいの、いちご餅で知られる丸屋松月堂。
 
勝山_9138.jpg
 
今はこしあん入りのわらび餅が人気と聞いたが、この日は完売。
 
ちよ鶴_9176.jpg
 
ちよ鶴_9177.jpg
 
後日すぐまた行って入手。いちご餅と同じパッケージ。
 
勝山_9180.jpg
 
勝山_9179.jpg
 
水まんじゅうとわらび餅が、一体化したような夏の菓子。イケる。
 
愛想のなさは中村屋と双璧。そういえば中村屋も元は勝山か。
 
イソザキ_9302.jpg
 
イソザキ_9305.jpg
 
イソザキホールの出口で、NHKから感想を聞かれた。
 
ニュースザウルスで2秒ほど、一般の来館者として流れた。
 
 
 
 

Mac総入れ替え。

仁短のコンピュータ室を刷新してから、5年以上が過ぎたので
 
この夏休みに全面的にリニューアル工事中。
 
Mac_9163.jpg
 
50台くらいを一斉処分。もったいないとは思うが、

残しておいてもバージョンが古くて、もう日常の授業では使えない。
 
左上のはもっと古い、自分の歴代のコレクションを展示。
 
Mac_9161.jpg
 
マウスも次はコードレスで、ボタン一つさえない。
 
Mac_9162.jpg
 
Macは歴代モデルチェンジの度に、新しいデザインになったのだが、
 
今回初めて、ほとんど見た目は変わらないデザイン。もう完成型なのか。
 
しかしアプリが『購入』ではなく、使ってる期間『払い続ける』システムに。
 
なので今後5年間は、これまでの1.5倍くらい経費がかさむ。
 
定員減もあって、経理から50台から30台に縮小してと要望。

Mac_9313.jpg
 
これに合わせてアトリエのMacも入れ替えないと、

新しいアプリが使用できない。なんか不条理やけど仕方ない。
 
別にバージョンアップしないで、今のままでも問題ないのに
 
学校や一般社会で、環境が進化していくと変えざるをえない。

スマホを手放せなくなるのと同じ。
 
 
 
 

武生でトークショー。

わにぶちさんより連絡があって、武生のアクシーズがスポンサーで
 
田中監督のトークショーがあるので、とチケットを購入。
 
aカフェ_9312.jpg
 
サクラサクが5年経ってからアジア映画祭で賞をとり

この夏から台湾で字幕スーパーで上映されている。
 
そこで改めて、福井とサクラサクのエピソードと面白い話を。
 
aカフェ_9228.jpg
 
ほんの武生駅前のビルに、カフェとショップが。

ここの3階の社員用ホールで。美浜の人やべにや夫妻や知った顔がいっぱい。
 
aカフェ_9229.jpg
 
すぐ隣では、越前市役所の新しい庁舎工事がかなり進行中。
 
aカフェ_9234.jpg
 
aカフェ_9232.jpg
 
aカフェ_9230.jpg
 
少し早めに着いたので、1階でコーヒーゼリーを。
 
田中監督とは久しぶりだったが、14日は地元の祭りで

先方のスポンサーと、会食も予定してたらしいので先に戻った。
 
表児の米 2019-09-16*.jpg
 
毎年新聞にも出る伝統行事。若いときに2度ほど褌姿になった。
 
祭り_9267.jpg
 
祭り_9268.jpg
 
春江でも秋祭り。子どもの頃は祭りが楽しみでしょうがなかった。
 
祭りを運営し続けるのも、なかなか大変な時代。
 
 
 

2019年9月15日

蕎麦の中村屋で、ラーメン。

清水町方面に行って、帰りに小腹がすいたので中華系を求めて放浪。
 
ワッセ_9066.jpg
 
ワッセに久々に来たが、なんか寂れてる。
 
中村屋_9079.jpg
 
中村屋_9068.jpg
 
蜂屋は定休日で、中村屋まで。
 
中村屋_9071.jpg
 
中村屋_9069.jpg
 
中途半端な5時過ぎで、誰もいない。
 
自分は五食限定、これやね。
 
中村屋_9074.jpg
 
中村屋_9075.jpg
 
とろろにオクラになめこにもずく、夏のスタミナですね。
 
中村屋_E9073.jpg
 
いつも客の半数以上はラーメンを頼む蕎麦屋。
 
新作のエビ天入りを頼んだが、やっぱ天婦羅はうどんやろ。
 
中村屋_9072.jpg
 
余計な愛想は全くない、創業100年の蕎麦屋。
 
でもラーメンが美味しい。
 
宝くじ_9065.jpg
 
いつも換金に行くアミの売り場で、6億円が出たらしい。
 
けなるいな。
 
  
 


 
 

地域活動と新幹線。

あまり実感がないのだが、少しづつ新幹線が来るまでに

なんかせなかん!とあちらこちらで動き始めているようだ。
 
ビアンモア_9047.jpg

ビアンモア_9048.jpg
 
駅前のビアンモアで、美めぐりふくいという

『美』をテーマにした、イベントやツアーを計画するワークショップを

月イチで開催して、合同で魅力ある駅前を作ろうと活動していたり。
 
ふくい_9132.jpg
 
ふくい_9133.jpg
 
経済同友会の担当委員(コマツ福井と大電産業の社長さん)も

委員会前に福井の本を研鑽しながら、福井らしさの基準を定義しようと

アトリエに来て一緒に勉強会。

DMOとは.jpg

このDMOという観光支援組織がないのは福井県だけらしい。
 
知事が新しくなって、10月設立のために経済人も協力する構図。
 
福井_9134.jpg
 
福井出身の声優さんらしい。マニアには当然の情報とか。
 
そういえば街なかを走ってると、突然巨大な陸橋に出くわす。

新幹線_0110.jpg

新幹線_0111.jpg
 
いたるところで道路をまたぐ新幹線の高架が完成している。
 
玄関_9063.jpg
 
夜玄関の照明をつけてると、集まる虫を狙ってカエルが。
 
まるでロゴの一部のように。
 
ヤモリ_9099.jpg
 
尻尾の切れたヤモリも時折。武生のゲッコーカフェのロゴみたいや。
 
 
 

2019年9月13日

冷製パスタ、再び。

冷製パスタは、季節限定なので再度ジョリーパスタへ。
 
ジョリパ_9113.jpg
 
のぼり旗でも、カニと明太子の冷製パスタをアピール。
 
ジョリパ_9108.jpg
 
ジョリパ_9109.jpg
 
前菜を二つ、ほうれん草とイカの炒め物、

シーフードのガーリック炒め。まるで中華のよう。
 
ジョリパ_9110.jpg
 
500円くらいなのだが、これが結構うまい。
 
ジョリパ_9111.jpg
 
ボンゴレのペペロンチーノ。
 
ジョリパ_9112.jpg
 
自分はシーフードのカッペリーニ。冷製パスタ。うまい。
 
一般のイタリアンでは、トマトとバジルくらい。
 
冷やし中華大好きには、なかなかウレシイ。

そういえば、もう冷やし中華もほぼ終わり。
 
まほろば_9045.jpg
 
金曜の掘らナイトで、福井の行列のできる店を紹介。

そこでこないだ入れなかった、ラーメン『まほろば』が紹介。
 
田嶋_9046.jpg
 
あわらの田嶋牧場のソフトクリームも。
 
朝倉氏移籍もブラタモリ効果で、観光客が相当増えたらしいが。
 
 
 

2019年9月11日

カラフル。

先日のAO入試で、自由に使っていい色鉛筆。
 
色鉛筆_8860.jpg
 
色鉛筆_8862.jpg
 
240色の限定版、シリアルナンバー入り。
 
買って10年経つのにほとんど減っていない。
 
まぁ使うのがおとましい気持ちはわかる。
 
DIC_7155.jpg
 
こちらも大日本インキ社の色見本帳。
 
確かに見てるだけでも楽しい。色鉛筆も同様。
 
瀬戸内_4116.jpg
 
瀬戸内N9589.jpg
 
自分が写ってる瀬戸内の写真が2枚。

1枚目はバーベキューの時。
 
2枚目はギブアップして休憩所でダウンしてるとこ。
 
来週で1か月か、早いなぁ。
 
 
 

2019年9月 8日

リベンジランチ・畝来(うら)。

旧河野村の、山形副館長の写真が展示してある右近家。
 
畝来_8975.jpg
 
そこにできた民家フレンチ?の畝来には
 
何度か出かけたが、タイミングが合わずに入れたことがなかった。
 
畝来_0898.jpg
 
武生よりもなかり南に向かうので、なかなか行くことが少ない。
 
途中、山間のあぜ道にはもう彼岸花が列をなしている。
 
畝来_0915.jpg
 
自然ではないだろうけど、放置されて自生したようなサルスベリがいい。
 
畝来_0927.jpg
 
畝来_0929.jpg
 
糠あたりの海岸線。敦賀はもちろん、京都の丹後半島あたりまで見える。
 
畝来_0930.jpg
 
目の前が敦賀半島。波頭がキラキラと。
 
畝来_0934.jpg
 
ダイバーパークやったかな、知らんかった。小さな公園。
 
畝来_8946.jpg
 
途中行程の時間が不明だったので、電話もしなかったが

到着したら、良かった、営業中の看板。
 
畝来_8974.jpg
 
う〜む。観光案内所と一緒になってるこの玄関はちょっと...。
 
畝来_8947.jpg
 
畝来_8951.jpg
 
畝来_8953.jpg
 
中入ったら、結構お座敷テーブルの感じがいいだけに
 
玄関とのギャップを、もう少しなんとかすればいいのに。
 
畝来_8955.jpg
 
天井の低いお座敷もいい感じ。
 
畝来_8956.jpg
 
豆にこだわった美味しいコーヒーも飲めると。
 
畝来_8958.jpg
 
水曜日のニュースザウルスで、サワラ特集で紹介されたので
 
もしかすると混んでて入れん...心配は全くなかった。
 
畝来_8965.jpg
 
畝来_8966.jpg
 
前菜〜早速サワラのたたき。無農薬の地元の野菜を強調。

さっそくサワラのタタキに水ダコ。ゴーヤのピクルス、いいね。
 
畝来に行くので、サカナのシャツを着て行った。
 
畝来_8967.jpg
 
カボチャのスープ。え?本当にゆっくりコースで出てくるんか?と驚く。
 
畝来_8968.jpg
 
ピクルスのフォカッチャ。まぁ時間がゆっくりと流れる。
 
畝来_8970.jpg
 
テレビでも紹介された、サワラと大葉のリゾット。
 
チーズが濃厚に効いていて、確かにかなり美味しい。
 
畝来_8973.jpg
 
もう一品は鯛のポアレやったかな。揚げた野菜と。ソースが美味しい。
 
この後にオプションでもらったプリンと珈琲が抜群に美味しかった。
 
しかし一人でやってるとはいえ、ちょっとゆっくり。90分くらいかかった。
 
客は結局我々だけ。
 
畝来_8960.jpg
 
2回には室料が別途かかる眺めのいい小部屋が。
 
畝来_8961.jpg
 
畝来_8962.jpg
 
停めたプジョーに何やら文字が...と思ったら水平線の案内が窓に。
 
畝来_8963.jpg
 
什器にも色々備品シールが、オモシロイ。
 
依託でやってるんか。土日には人が入るのだろうか。
 
食事はまぁまぁなのに、少しズレててうまくいかなかった
 
前の一乗谷レストラントを想起させる。
 
大丈夫かなぁ。美味しい店だけど。
 
畝来_9043.jpg
 
しかし月イチのこの企画には、4,000円ランチにもかかわらず

10月分もほぼ完売になっているそうだ。やるな。
 
 

 
 
 

 

平日の金沢。

先週土曜日に金沢に行って、大変な人出だったので

木曜日に21世紀美術館に、やっと行くことができた。
 
金沢_0709.jpg
 
行くまでの途中に金沢市民芸術村。

1997年に日本のグッドデザインの最高賞を受賞した、

旧い公共建築を壊さないで、改築して価値を高めるという先駆け。
 
金沢_0710.jpg
 
以前にも何度か載せているが、元は繊維会社のダイワボウ。
 
金沢_0738.jpg
 
かつては金沢遠足で立ち寄っていたのだが、鈴木大拙館を優先。
 
金沢_0760.jpg
 
職人大学校と広大な公園が街のすぐ近く。 
 
金沢_0794.jpg
 
金沢に到着してまずはランチ。

これまでも土曜日には、何度も満席だった『石亭」。
 
金沢_0787.jpg

金沢_8923.jpg

金沢_0778.jpg

片町の鐡船のように、中に通されると静かな別世界。
 
中庭に面した大正ロマン風の部屋。
 
郡上_5474*.jpg

ちょうどフムフムで郡上八幡に行った雀の庵みたいな感じ。

金沢_8911.jpg

金沢_8913.jpg

金沢_8916.jpg

食事は加賀料理と言ってるものの、出される時の五段弁当と

いわゆる加賀野菜の治部煮くらいが特長か。

金沢_01.jpg
 
他ではこんな漆の箱もあるらしい。観光客は喜ぶやろな。
 
金沢_8917.jpg
 
金沢_8918.jpg
 
金沢_8921.jpg
 
メインの治部煮。結構濃い味付けだった。
 
金沢_8926.jpg
 
金沢_8925.jpg
 
洗面所にもやはり金箔。箔も金沢の象徴。
 
金沢_8922.jpg
 
一度行きたかったので、いい気分で満足。
 
金沢_8929.jpg
 
すぐ近くの21世紀美術館へ。午後ではすでにこの通り、驚き。
 
金沢_0816.jpg
 
金沢_0811.jpg
 
招待チケットを持っていたので、行列には加わらず。
 
金沢_0817.jpg
 
しかしちょっと異常なくらいの金沢人気。
 
金沢_0839.jpg

泉鏡花記念館でスタッフが突然、昔ここは森八の本店やった!

と思い出して、調べたらまさに10年くらい前にはその通りで。驚いた。
 
金沢_0857.jpg
 
金沢_0868.jpg

茶屋街の裏通りも、平日はさすがに人影も少なく
 
本来の風情ある街並みが見られた。これは良かった。
 
金沢tp_kv.jpg
 
今回の一番の目的は、7月にオープンしたという

谷口吉生の金沢建築館だったが、駐車場はなく

話題通り人でいっぱいだったので今回は断念。
 
金沢_0891.jpg
 
高速に乗る前に、つのパンで有名なパン屋(前はジョアンというた)に。
 
金沢1871725.jpg
 
金沢_610767.jpg
 
検索したら出てきた。今はフレッシュベイクというのか。
 
平日でも金沢は盛況。これはもう新幹線効果とかではないと思う。
 
福井駅前もJRも、新幹線開業に向けて色々画策をしてるけど。
 
イベントではなくて、街そのものに特色がないと

こんな金沢みたいにはなれんやろなぁ。
 
 
 

2019年9月 7日

丹南方面へ、地元視察研修。

仁短生は地元福井のことをさほど知らない、というのは毎年のこと。

高校からすぐ毎日授業のある短大に来て、

アッと言う間に月日が過ぎてしまうので、仕方ないのかもしれないが。
 
丹南_8855.jpg
 
河和田でボランティアの説明を聞きに、若鶏2名を連れて行った。

県警の委嘱の後、豆とくるみでランチ。
 
丹南_8856.jpg
 
本来ならルート途中の、一乗谷レストランに連れて行きたかったのだが
 
電話したら、団体客で席の余裕がないと。

そこで小学校以来行ったことないという一乗滝に。
 
丹南_8858.jpg
 
丹南_8859.jpg
 
河和田の若者たちが、リノベーションして話題になった

デザイン事務所と観光案内セレクトショップをたずねる。
 
その後駆け足で丹南エリアを案内して、高速で仁短に戻った。

せわしなかったので、通過しただけの場所が多くて

写真はあまり撮らなかったが。
 
その日の行程のメモ。豆とくるみ(ランチ)~一乗谷(朝倉氏移籍)
~利休庵(白い犬実家)~一乗滝~Hacoa(木工デザイン雑貨)
~漆琳堂(漆デザイン雑貨)~うるしの里会館~TSUGI(打ち合わせ)
~ツーリストア(セレクトショップ)、錦古里漆器~
ataW(雑貨)~スィートスポット(クレープ)和紙の里~
大瀧(岡本)神社~タケフナイフビレッジ~
味真野苑、スピーカ~オーエドプラス 

あとは寄らなかったけど 味真野小学校の桜 花筐公園 継体天皇 
森六(蕎麦)うるしや(蕎麦)も福井(丹南)ならではのキーワード

何もないと思ってた、福井ならではの濃さを少しは実感したみたい。 
 


明智_8863.jpg
 
明智_8864.jpg
 
その日のザウルスで、以前に紹介したショぼい

明智神社をブームに乗って?少し改修するというニュース。
 
明智*_46072.jpg
 
明智*_46122.jpg

あまりホンモノ感がしないのがネックやと思うけど。
 
 
 

 

2019年9月 2日

侮れない、ジョリパ。

時間がない時に重宝する近所のジョリーパスタ。
 
ジョリ_8730.jpg
 
いわゆるファミレスなのだが、以外と安くない。
 
しかしカレーやオムライスみたいに、庶民的なスパゲティ。
 
ジョリ_8731.jpg
 
冷製のウニスパゲティ。
 
ジョリパ_8732.jpg
 
海の幸のペペロンチーニ。
 
ファミレスなのに1,000円以上するし、結構うまい。
 
パンケ_8727.jpg
 
パンケ_8729.jpg
 
スタッフの手作りのカップケーキ。

ちょっと飲み物なしでは喉が詰まる。
 
プロ仕様とはなんかが違う。仕方ないけど。
 
 
 

2019年9月 1日

文春のロングセラー企画。

週刊文春は女性のヌードは載せない。

ここんとこ政治経済や芸能界でのスクープが続く。
 
相似_8100.jpg
 
以前にも載せたが、恒例の年末の定番企画。

今年は父親の件もあって、忘れていたが先般の資源回収で出てきた。
 
相似_8101.jpg
 
相似_8102.jpg
 
相似_8103.jpg
 
相似_8104.jpg
 
お笑い芸人が、あえて真似してるのもあるのだが

それは省いて、自然体のオモシロイものだけを紹介。
 
相似_8105.jpg
 
相似_8106.jpg
 
相似_8107.jpg
 
相似_8108.jpg
 
ベースは読者投稿なので、その年に話題になった人物が多い。
 
相似_8109.jpg
 
相似_8110.jpg
 
相似_8111.jpg
 
相似_8112.jpg
 
しかし毎年感心するのだが、よく見つけてくる。

さすが編集のプロやと思うわ。
 
相似_8113.jpg
 
相似_8114.jpg
 
相似_8227.jpg
 
もう感動的。政治家もいつ撮られてることやら。大変や。
 
相似_8228.jpg
 
相似_8229.jpg
 
相似_8230.jpg
 
相似_8231.jpg
 
相似_8232.jpg
 
似てるってなんやろ、と考えてしまうほどオモシロイ。
 
 
 

ノラカフェ、貸切。

創作の森からノラカフェに。
 
ノラ_8683.jpg
 
店内には誰もいなくて貸切状態。
 
ノラ_8684.jpg
 
スタッフの一人が指差してるのは、ヤギの小屋。
 
この日は大雨が、何度も夕立みたいに繰り返していたが、ヤギは外にいた。
 
ノラ_8685.jpg
 
ノラ_8686.jpg
 
ノラ_8687.jpg
 
ノラ_8688.jpg
 
この店は紙コップ・紙皿、もしくはプラ容器で

洗い物をしない仕組み。スプーンもプラで使い捨て。

今時ちょっと...って感じだけど。
 
ノラ_8693.jpg
 
カモやヤギがウロウロ。エサやりの自販機も。
 
ノラ_8695.jpg
 
帰り道、ユリームのゆりいちへ。あまり品数がなかった。
 
ノラ_8696.jpg
 
今は百合の後にポーチュラカが一面、とニュースでやってたが

やはり大雨の影響か、イマイチやった。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。