2019年5月アーカイブ

2019年5月31日

いまいち、快気祝い。

腰痛がかなり良くなった。

わずかなしこりがあるので、まだコルセットはしている。
 
興龍_6058.jpg
 
祝いと言いながらも、いつものただの昼飯。

気分を変えて、何年も通ってるのに初めて入った店。
 
興龍_6057.jpg
 
メニューのバリエーションや組み合わせが多くて、なかなか選べず。
 
興龍_6055.jpg
 
興龍_6056.jpg
 
安いのかと思いきや、冷やし中華と小籠包定食で2,000円くらい。
 
四川と言いながらもそう辛くもなく、

今時珍しく喫煙フリーの店は居心地悪かったわ。
 
もうちょっと大衆食堂の味わいを期待したが、う〜む...。
 
 
 

2019年5月30日

高級コンビニスイーツ。

腰が一気に楽になって、はやり久々のはるせん。
 
はるせん_6031.jpg
 
午前中の授業がすんで、12時半くらいでもいっぱい。

手前の駐車場は、ホントは郵便局の駐車場。
 
はるせん_6032.jpg
 
いつもと違うバリエーションにしよう、と思たら

ちょっと買いすぎてしまったかもしれない。
 
一番左上が、出るそばから売れる、切り落としのいろいろ刺身。
 
タコやイカが入ってる時も。280円、安い。
 
ローソン_6039.jpg
 
コンビニマニアのスタッフが、喜んで見つけてきた

なんと税込648円のスィートポテト!
 
ローソン_6037.jpg
 
ローソン_6038.jpg
 
あの武生のパン屋グラトンのヒット商品と同じ、

サツマイモの皮がそのまま!北海道産。
 
ローソン_6040.jpg
 
しかも断面は下半分がサツマイモそのまま。
 
う〜む、なかなか頑張ってるし、皆は感動していたが、

グラトンに勝るのは価格だけかな。
 
大野の伊藤順和堂のイモキンと双璧の、ハードルは相当高いと思うわ。
 
 
 

5月終盤〜雨上がり。

異常に暑い日が続いたかと思いきや、火曜日は冷たい雨。
 
庭木_6033.jpg
 
庭木_6036.jpg
 
久々の恵みの雨で、庭の花木もまた生き生き。
 
庭木_6034.jpg
 
還暦記念樹のサルスベリ。開花が楽しみ。
 
庭木_6050.jpg
 
庭木_6042.jpg
 
春江のバラ園もむせかえるような花盛り。
 
近所のおばちゃんたちも、スマホ片手に楽しんでいる。
 
加藤_0064.jpg

最近仕事で行ってる春江の繊維会社も、工場脇にバラ園。
 
加藤_0065.jpg
 
社長の奥さんの趣味が高じて、結構大掛かりに。
 
加藤_0066.jpg
 
思ったより費用がかかって...と社長は渋い顔だったが。
 
無機質な工場にはいいと思うけど。
 
 


2019年5月28日

久々に、外食・新富。

既報のように、火曜日は一転調子よく、

ここ2〜3日四苦八苦して履いてた靴下もすんなり。
 
新富_6021.jpg
 
コルセットも苦しく、毎日サンドイッチなどを買ってきてもらってたが、
 
今日は久しぶりに新富に出かけた。
 
アツアツの湯気があまり写ってないけど。

意外とアッサリした肉うどん。
 
新富_6022.jpg
 
定番の天ぷらうどん。もう何度も載せてるが、やはり王道。
 
新富_6023.jpg
 
ラーメンライスと同じ感覚の、炭水化物セットのおにぎり。
 
結構みなさん頼んでいる。
 
駐車場には、いつものように石川ナンバーや富山ナンバーが。
 
カラダが自由なありがたみを、しみじみと感じる美味しいうどん。
 
 
 

腰痛継続〜整形外科。

土曜日あたりで、かなり沈静化していた腰痛が
 
日曜の朝から復活。立って歩けないくらい。(10分ほどでおさまるが)
 
腰痛_5991.jpg
 
金曜日のイベントでも満足に活動できず、
 
土曜日も静かにしていて、そろそろ終わりかなと思いきや。
 
腰痛_E5992.jpg
 
80%以上、たいていの腰痛はこれで治る、という体操も効かない。
 
参った。日曜には最終日の山形の博物館や、

ジャクエツから案内をもらってた県立図書館のイラスト展も最終日。

さらに市美術館では福大の湊先生の講演もあって、予定が詰まってたのに。

身動きできんかっった。
 
腰痛_5996.jpg
 
一度だけ行った近所の整形外科に再度月曜日に。
 
いかにも治りそうな名前だが、やはりしばらくやってないらしい。
 
腰痛_5997.jpg
 
一週間前にやってなかったので、キムクリニックに行ったのだが。
 
植木も枯れていたし、結構重い病気なのかも。
 
腰痛_5999.jpg
 
川を渡ってちょっと大きな吉水整形外科へ。
 
レントゲンまで30分、それから70分、待ち時間は長い。
 
しかし専門医なので、体をひねったり曲げたりして痛みを確認。
 
お尻に注射打ちます、と待機してたら

いきなり尾てい骨あたりにアルコール塗られて
 
ウソッ!と思う間もなく、5センチくらいのを

ブスッ!と刺されてチカラ入った。10分このままにしてて、と脂汗。
 
先生はすぐ別の患者さんの治療で、隣であれこれやってた。

診察も治療も先生一人みたいなので、そりゃ時間もかかるなと思った。
 
腰痛_6027.jpg
 
炎症や痛みを抑える薬、骨格筋の緊張を緩和する薬、中枢性の鎮痛剤、
 
それに胃薬と湿布を処方された。多いな。
 
キム先生はできるだけジェネリックだし、

治ってきたらなるべく薬は飲まないように、と良心的だが。
 
しかし、今朝から調子がいい。庭に水まいた土曜日くらいに回復。
 
朝イチの授業も順調。広沢が言うように薬をいっぱい出すのは...と思うが。
 
これだけ明らかに良くなるんなら、仕方ないか。
 
 
 

2019年5月23日

春から夏へ、開花好調。

最近は暑いんだか、涼しいんだか。
 
エゴ_9864.jpg
 
ちょっと気がつかないだけで、あっという間に咲いて散る。
 
エゴ_9863.jpg
 
エゴ_9865.jpg
 
エゴノキはこれまで最高の咲きっぷり。
 
エリゲ_9870.jpg
 
エリゲロン。これも白とピンクが混ざり合って次々と。
 
記念樹_5839.jpg
 
還暦記念樹の根元で、生き生きと。
 
コデマリ_9855.jpg
 
もう終わってしまったコデマリ。
 
オルレ_9879.jpg
 
種がこぼれて、あちこちで咲いているオルレア。
 
シラン_9848.jpg
 
シラン_9872.jpg
 
一般的には赤紫のシラン。
 
セキショウ_9858.jpg
 
ニワセキショウも芝生に一面に。いい季節。
 
バイカ_9875.jpg
 
梅花(バイカ)ウツギ。
 
新緑_9861.jpg
 
緑もかなり濃くなってきた。
 
アッツ_9850.jpg
 
アッツザクラ。アトリエではほとんどが白い花なので目立つ.

エリゲ_9847.jpg
 
今年は花苗は、ほとんど植えていない。

上記はこれまでのが根付いて自然に咲くように。喜ばしい.
 
何度でも言うけど、いい季節です。
 
 
 

2019年5月21日

池河内、再度カキツバタ。

もちろん腰痛の前のことだが。 

先週のカキツバタの状況が気になり、平日金曜の午後から敦賀に向かう。
 
池河内_9880.jpg
 
池河内_0032.jpg
 
午後だったので、途中の森に差し込む光が気持ちいい。
 
池河内_9888.jpg
 
池河内_9909.jpg
 
池河内_9910.jpg
 
さすがに平日は誰もいない。一週間で緑が大分濃くなってる。
 
池河内_9930.jpg
 
予想通り、カキツバタは一度に咲いていた。素晴らしい。
 
池河内_9950.jpg
 
池河内_9962*.jpg
 
池河内_9947.jpg
 
ほとんど知られていない、この風景も小川印刷正月広告の候補。
 
池河内_9980*.jpg
 
池河内_9992*.jpg
 
人が入れない湿原の奥の方にも、自然に自生している。
 
池河内_9996.jpg
 
もともとは人が植えたのかもしれないが、広がっている。
 
南条ピザ_0034.jpg
 
非常に満足して、前回とは逆のルートで

今庄経由で南条のピザ屋に、遅いランチに行ったのだが。
 
南条ピザ_0035.jpg
 
調べて金曜日に行ったのに、お昼時は相当混み合うとのことで

だいぶスラして2時くらいに行ったのに、この日は臨時休業。ショック。
 
南条ピザ_0036.jpg 
 
近くの山が削られてた。これも新幹線絡みか。
 
南条_5894.jpg
 
南条_5893.jpg
 
南条のサービスエリアのレストランに。 

そういえば地元民なのにほぼ記憶にない。試しに行ってみるか。
 
南条_5892.jpg
 
2時半を過ぎていたので、従業員の皆さんは賄いの準備中。
 
「え?今から食べるの?」とは言われんかったが...。
 
南条_5895.jpg
 
ショーケースにあった二番人気の定食。
 
南条_5901.jpg
 
相方は一番人気の、はすうどんの定食。
 
南条_5898.jpg
 
食べ終わるまで、客は誰も入ってはこなかったが。
 
南条_5903.jpg
 
観光客が楽しそうに撮っていたので、
 
同じように観光客のフリして恐竜博士と記念撮影。
 
思惑通りカキツバタが撮れたので、いい気分で満足。
 
 

魔女の一撃。

よく言うぎっくり腰、急に襲われるガツン!とした腰痛を

ドイツでは魔女の一撃、というそうだ。
 
腰痛_5961.jpg
 
朝、普通にシャワーをしていて突然やってきた。
 
なんとか午前中は授業ができたが、午後から悪化。
 
腰痛_E5960.jpg
 
予防や簡単な治療に、という体操をやったが効かず、キムクリニックへ。
 
腰痛_5962.jpg
 
腰痛_5964.jpg
 
仰向けになって、このマシンで腰を引っ張ってくれる
 
なんと気持ちいいこと。さすがグッドデザイン。
 
この後電気マッサージもしてもらって、二日目もなんとかクリア。
 
腰痛_5966.jpg
 
今日も行ってきたが、火曜午後、先生は往診に行ってるとのことで
 
ガラガラに空いていて、リハビリは楽チン。
 
腰痛_5967.jpg
 
帰りにアオキでコルセットを購入。
 
楽なんだか、苦しいんだか。
 
金曜にイベントがあるので、なんとか日常に戻らないと。
 
運動不足と歳やろなぁ。
 
  

2019年5月16日

むらかみ食堂〜うさぎや。

食堂といっても一般のカレーやうどんがあるとこと違う。
 
むらかみ_5846.jpg
 
昼しかやってない、足羽高校近くの食堂。
 
できて何年も経ってるが、過去いっつも混んでいる。
 
むらかみ_5847.jpg
 
平日の1時過ぎに行ったのに、それでも1台分しか空いてない。
 
むらかみ_5848.jpg
 
おにぎりがメイン。ここは米を食べさす食堂みたい。
 
むらかみ_5850.jpg
 
一応魚とかハンバーグとかの定食もあるが、わずか。 
 
むらかみ_5852.jpg
 
店内はいっぱいだったので、自撮りのカメラで後ろを撮影。
 
すっきりと実にシンプルな店内。
 
むらかみ084.jpg
 
それもそのはず。ここは春江の伊藤瑞貴さんという建築家がデザイン。
 
日本のグッドデザインも、福井建築賞も受賞している店舗。
 
むらかみ03.jpg
 
むらかみ04.jpg
 
むらかみ06.jpg
 
ちょっと写真は撮れなかったので、伊藤さんのサイトから拝借。

このカウンターに座れた。なんとか。
 
むらかみ02.jpg
 
むらかみ05.jpg
 
カウンターや棚も、よくイベントで一緒になる

木工職人さんが、伊藤さんのオーダーで作成したらしい。
 
むらかみ_5853.jpg
 
アジフライの魚定食。
 
むらかみ_5854.jpg
 
人気のおにぎり定食。だし巻きと漬物と味噌汁。シンプル。
 
むらかみ_5855.jpg
 
選んだのは、かつおクリームチーズと胡桃味噌。確かにうまい。
 
むらかみ_5856.jpg
 
むらかみ_5857.jpg
 
看板ものぼり旗もなし。農村の風景に溶け込んでいる。
 
なのにこの盛況ぶり。見事。
 
しかし、在所の人は、近所の農家の人たちは
 
米がうまいからといって、何度も来ないやろ。
 
確かに誰かを連れて行きたくなるが、同じ客人とは2回は来ないわ。
 
う〜む。不思議や。

でもすごくいい店。念願のむらかみ食堂。
 
うさぎや_5860.jpg
 
うさぎや_5862.jpg
 
うさぎや_5863.jpg
 
この後、鯖江方面に向かったので、これもまた久々にうさぎやへ。
 
うさぎや_5866.jpg
 
定番のもちパイや黒糖のプリンとか買ったのだが
 
手土産だったので撮れんかった。
 
訪問先で一緒に食べたが、相変わらず美味しかった。
 
 
 

 
 
 

富山で結婚式。

富山の従兄弟の結婚式に出席。

と言っても2度目で、歳は45くらいかな。
 
富山_5807.jpg
 
富山_5808.jpg

好天の日曜、7時前に出て8時20分には、すぐ手前の呉羽。
 
せっかくの立山連峰の展望台なのに、春霞で何も見えず。残念。
 
富山_5813.jpg
 
富山駅、さほど駅前は大した景観ではない。
 
富山_5814.jpg
 
福井と同じように路面電車が走るが、街中の回遊性が違う。
 
富山_5815.jpg
 
富山は競争がさほど激しくないのか、

駅前のホテルで、昔ながらの披露宴やった。
 
富山_5817.jpg
 
富山_5821.jpg
 
フカヒレとカニのスープ。メニューの豪華さの割に...。
 
まぁ仕方ないか、ホテルの披露宴やし。
 
富山_5822.jpg
 
金津の叔父さんは、乾杯から終わるまで熱燗。
 
富山の風物詩の地酒。
 
富山_5823.jpg
 
同じく富山の従姉妹。まだ48くらいなのに貫禄。
 
一番右は叔母さんだが同い年。やはり貫禄。
 
富山_5824.jpg
 
二種類の魚料理...。まぁ仕方ないか、ホテルの披露宴やし。
 
富山_5828.jpg
 
メインのお肉。野菜はしっかり冷えていた。
 
まぁ仕方ないか、ホテルの披露宴やし。
 
富山_5829.jpg
 
手まり寿司のご飯。イカがかなり硬かった。

高齢者の参列者は大丈夫やったんかな。
 
富山_5833.jpg
 
富山_5834.jpg
 
デザートとウェディングケーキ。

ここで皆さん、美味しいの、と言うたかも。
 
富山_5842.jpg
 
引き出物のかまぼこ。富山と言えば。
 
富山_5837.jpg
 
富山_5838.jpg
 
駅前のレンタサイクルがシャレていた。
 
これもどこかの国のヒットシステムを導入したんかな。

親戚連中は、一晩ホテル泊まって観光して帰るらしいが
 
美術館でなんども訪れている富山なので
 
どこにも寄らずに直行で福井に。ひと仕事すんだ。
 
 
 

 

濃厚トマトパスタ。

別に変わり映えはしないのだが、近所のドマーニ。
 
ドマーニ_5778.jpg
 
人気の人参ドレッシングのサラダ。

かなりわかりにくい春江の住宅街だが、それなりに流行ってる。
 
ドマーニ_5779.jpg
 
ドマーニ_5780.jpg
 
ドマーニ_5781.jpg
 
前菜もピザもパスタも。平均点以上に美味しい。
 
こんな店が近所だと、ちょっとした卒業生や客人とのランチで

とっても重宝する。なのでついつい載せたくなる。 
 
変わり映えしないけど。
 
 
 

目的地・中池見湿地。

湿地の保存に関する国際条約『ラムサール条約』に登録されてるというので

県内では存在感のある、敦賀の中池見湿地。
 
ラムサール.jpg
 
とは言っても日本だけでも相当数の登録があるみたい。

中池見湿地にはトンボだけでも70種類以上

野鳥も50種以上生息してるという。
 
敦賀-05-10.jpg

敦賀_5844.jpg

敦賀_5845.jpg

で、新聞もテレビも中池見湿地のサワオグルマが真っ盛り!と報道。
 
こりゃ早々に行かなかん、と向かったのである。
 
敦賀_9846.jpg
 
敦賀_9792.jpg
 
敦賀_9793.jpg
 
中池見の難点?は駐車場からちょっと登らないと行けないことと、
 
せっかくの風景に、高速道路が走ってたり送電の鉄塔が見えること。
 
しかしこのマップを見ると別の入り口もあるみたい。
 
敦賀_9796.jpg
 
敦賀_9797.jpg
 
少々息を切らせて、やっと広がった風景は、想像してたのと違う。
 
敦賀_9806.jpg
 
一面黄色の花畑かと思いきや、ポツポツ。
 
敦賀_9808.jpg
 
枯れた葦がなびいてるのは、それはそれで綺麗だが。
 
敦賀_9810*.jpg
 
敦賀_9820*.jpg
 
ここらかな、ニュースでやってたのは。しかし反則やな。
 
敦賀_9837.jpg
 
ちょっと絵にならんな。今度来た時にもっと奥に行ってみよう。
 
敦賀_9788.jpg
 
敦賀_9789.jpg
 
そこから車で5分くらい、フェリー乗り場に。
 
いい天気で皆さん、のんびりと釣りしてる人たちも大勢。
 
敦賀_9776.jpg
 
敦賀_9786.jpg
 
敦賀_9787.jpg
 
敦賀港の対岸にある、巨大な都市空間。
 
敦賀_9775*.jpg
 
敦賀_9770.jpg
 
ここにカフェがあると聞いてやってきたのだが、

11時半から1時半まで?ギリギリなんとかセーフ。
 
敦賀_9769.jpg
 
敦賀_9766.jpg
 
前述の大自然とは別の意味で、ここは福井?って景観。
 
敦賀_9768.jpg
 
河野村の方が霞んで見える。
 
お店の人によると、この日はとても良く見える方だったらしい。
 
敦賀_9765*.jpg
 
フェリーが着くと駐車場いっぱいになるんやろか。
 
敦賀_9767.jpg
 
おや、これはナンバーのない車両。積み込み用か。
 
敦賀_9785.jpg
 
港は深く濃く、美浜みたいに澄んではいないけど。
 
敦賀_9771.jpg
 
トンビがなんども旋回。広沢の写真みたいになった。
 
敦賀_9759.jpg
 
フェリーが着く時間でなく、ランチタイムに開けてるんか、あのカフェは。
 
ほとんど紹介されない、敦賀港のフェリー乗り場も
 
知られてなくて、なかなかいい撮影スポットかもしれない。
  
福井の、ちょっといいとこ探訪はまだまだ続く。
 
 
 
 

 

2019年5月15日

今庄・いたどり蕎麦〜池河内。

ガイドブックに載ってるような福井の蕎麦屋は
 
たいてい行ってるつもりだが、それでも時々新しい大物に出会う。
 
敦賀_5788*.jpg
 
今庄から木ノ芽峠越えで敦賀に向かう途中(目的は次で紹介)
 
本日営業の十割蕎麦の看板が。5〜6年ぶりに通るが知らんぞ。
 
ちょうど昔の人が、歩いて山越えした木ノ芽峠への入り口。
 
敦賀_5789*.jpg

おろしもザルも1,050円!1,000円を超えた蕎麦は初めてかも。
 
しかもこんな山奥の一軒屋で。
 
敦賀_5790.jpg
 
怪しい店なのか、こだわりの蕎麦屋か、紙一重でわからん。
 
だって、カメムシ太郎指名手配!って...。
 
敦賀_5796.jpg

敦賀-板_5796.jpg
 
敦賀_5798.jpg
 
いやいや、なかなかまっとうそうだし。
 
敦賀_5799.jpg
 
ギャグっぽくもあるし。

敦賀_5791.jpg

先客の若いニイチャンらがいた。バイクツアー中か。
 
敦賀_5800*.jpg
 
敦賀_5801*.jpg
 
十割のおろしとザル。細麺でキリリとしてる。
 
通常の田舎蕎麦の太麺とは違うで!と貼り紙でも強調。
 
メニューはたくさんあるように見えて、基本は蕎麦だけ。
 
敦賀_5802.jpg
 
途中でまるで小さなビストロのシェフのように、
 
どちらから?いかがですか?というふうに店主が顔を見せる。
 
ちょっと上品な十割蕎麦に驚いて、あれこれ質問。
 
リタイア後の田舎暮らしが夢で

週末の金・土・日・月だけ神戸から、3時間クラウンを飛ばして通う。
 
蕎麦は北海道をはじめ、全国各地のをブレンドして

十割の細麺でも腰のある切れない蕎麦に仕上げるという。
 
敦賀_5805.jpg
 
古民家というほどでもない、この民家で5,000円の山盛りも出す。
 
う〜む。ここにきてまだこんな蕎麦屋と出会うとは。恐るべし。
 
敦賀_9675*.jpg
 
山には所々、山フジが鮮やかな薄紫の花を見せる。
 
敦賀_9688*.jpg
 
そして敦賀に行く途中で立ち寄った池河内。

久しぶり。7〜8年ぶりか。(fumfumで検索したらやはり2011年)
 
敦賀_9694.jpg

敦賀_9697.jpg

敦賀_9705.jpg

何度きてもいい。ここは福井か?と思えるほど
 
7年ぶりなのに相変わらず手垢の付いてない豊かな自然。
 
敦賀_9716.jpg
 
でも手入れされてるのか、木道も新しくなってる。

しかし惜しい、カキツバタがもう少し。
 
敦賀_9726.jpg
 
敦賀_9739.jpg
 
敦賀_9741.jpg
 
GW明けで人がほとんどいない。いやGW中もいなかったろうけど。
 
敦賀_9745.jpg
 
敦賀_9744*.jpg
 
湿原の湧き水や山から流れる川がそりゃもうキレイ。
 
敦賀_9746*.jpg
 
いろんな鳥の声がいっぱい聞こえていたし。自然そのもの。

敦賀_9747*.jpg
 
敦賀_9748*.jpg
 
敦賀_9749*.jpg
 
結果的には目的地よりも、風景と緑を堪能した。
 
目的地とは、次回に解説。
 
  


 

2019年5月12日

お好み焼き・風月亭。

スタッフの一人が、連休中に体調不良になったというので、
 
スタミナつけるか、と久しぶりに近所の風月亭へ。
 
風月_5767.jpg
 
鉄板塩焼き。冬場はこれに牡蠣が入る。
 
風の_5765.jpg
 
忍者(ネギ)チーズ焼き。
 
風月_5768.jpg
 
フルセット(牛・豚、イカ・エビ)の焼きそば。

卵を混ぜたので、ぐちゃぐちゃになってしまった。
 
風月_5769.jpg
 
これもフルセットのお好み焼き。
 
10数年前から食べてるが、なんか昔はもっと感動したらしい。

ソースとマヨネーズの味で全部同じやわ、と。
 
やっぱ吉野家の牛丼や、ファミレスのセットメニューも。 

若い時と相対的な経験値が違うので、うまいもんの評価も変化する。
 
八重巻_5775.jpg
 
最近祝い事があると、お酒を頼む森田の酒屋、八重巻さん。
 
八重巻_5776.jpg
 
もちろん黒龍友の会で、福千歳や梵も扱っている。
 
全国の地酒を、いろいろ勉強してるいい酒屋さん。
 
八重巻_5843.jpg

黒龍の3,800円もするグラスも、丁寧に越前和紙でラッピングしてくれるのだが
 
シールとリボンがちょっと合わないかなぁ...。熱心なのはわかるけど。
 
庭_5777.jpg

庭_5783.jpg
 
アトリエの庭も、令和になって緑がぐんぐん伸びてきた。

電線がどうしようもないくらい、ガッカリ。
 
庭_5771.jpg
 
庭009.jpg
 
現在と15年前のパンフレット用の写真。電線も消している。
 
早いもんや。60まではなんとかやってるやろ、

と思ってた先の未来になってしまった。
 
 
 

2019年5月10日

河川敷のおんちゃん

その河川敷のおんさん?は俺ではないと思う。
スポーツウェアは夜の散歩の時しか着ないし。
西畑広告賞033ccc.jpg
4月の終わりに、テレビ見てたらドアップで西畑が。
あわててスマホで写したけど、ドアップにはもうならんかった。
広告賞の審査で真剣な表情やった。 
山形しぇーIMG_2494.JPG
もう何べんも見た歴博昭和の街でふざけてる山形。
嫁に「これ山形やよ」と言って見せたら「ぷぷっ」と笑っていた。
山形と嫁は面識がある。
久々津さんIMG_2262cccvv.jpg
4月の初めにはたがたみまつりに訪れた時に会った久々津さん。
きれいに撮れなかったのでアップしなかった。
まつりのその場の責任者やと言ってた。
久しぶりに会ったからなんか緊張したわ。

同窓会どうする? GW終わってもたな。 もうお盆しかないやろ。
どうも俺が幹事というわけでもないらしい。
とりあえずライングループを作って輪を拡げたらと思うけど。
へろさわ


母の日テスト。

去年話題になったという『母の日テスト』を

仁短生でやってほしい、と西武から依頼があって。
 
母の日_5733.jpg
 
母の日_5732.jpg
 
そしたら県内マスコミが、ほぼ全部押し寄せてきた。
 
そりゃ確かに明るくて、いい話題だとは思うけど。
 
母の日_5734.jpg
 
母の日FTV.jpg
 
福井テレビは夕方に放送。
 
母の日NHK.jpg
 
NHKは6時と9時前のザウルスで放送。
 
この女子はPRセンターの営業の娘。送ってあげたら大喜び。
 
母の日新聞0078.jpg
 
母の日-県民_5772.jpg
 
母の日_毎日新聞.jpg
 
新聞も県内2社と毎日新聞まで。
 
確かに最近は、暗く辛い事故の報道とかが多いので
 
こんな心温まる報道はいいかもしれない。
 
母の日_5736.jpg
 
FBCは金曜の夕方に放送すると聞いている。
 
母の日_5739.jpg
 
母の日_5744.jpg
 
参加した学生たちには、令和のファイルとどら焼きを進呈。
 
母の日_5763.jpg
 
広沢がよく撮る桜並木も、今はこんなに緑がキレイ。
 
 
 


 

2019年5月 9日

河原をカメラ持って散歩とは。

今朝の越山若水。
 
越山.jpg
 
これは広沢でないんやろか。

鳥を撮っていた、なら間違いないのに。
 
 
 

2019年5月 6日

宮崎村・江波地区の景観。

こどもの日が最終日の陶芸村でのイベント。
 
陶芸村_9619.jpg
 
陶芸村_9658.jpg
 
陶芸村の古窯博物館にクルマを停める。
 
陶芸村_9653.jpg
 
二日に渡って子どもたちの手形を集め、この日は似顔絵描き。

陶芸村_5721.jpg

一応試作として自分も子どものように描かれていたが。
 
陶芸村_9627.jpg
 
陶芸村_9635.jpg
 
陶芸村_9644.jpg
 
可哀想なくらいこどもの日は炎天下で、翌日真っ赤に焼けてた学生もいた。
 
陶芸村_9652.jpg
 
残念ながら来場者は多いとは言えなかった。
 
陶芸村_9633.jpg

陶芸村_9655.jpg
 
遅い八重の桜吹雪が舞っていて、天気も良く心地よい陽気。

陶芸村_5730.jpg

最終的に手の込んだ、いい作品が出来上がった。
 
陶芸村_9659.jpg
 
陶芸村のモニュメント。雰囲気からして岡本太郎っぽいけど。
 
検索しても出てこない。今度ちゃんと確認しておこう。
 
江波_9618.jpg
 
素晴らしい陽光の下、スポーツカーで越前町まで気持ち良く走った。
 
江波 00.jpg
 
江波_on.jpg
 
上記2点は資料写真。旧宮崎村の江波地区は福井百景にも選択されている
 
福井を代表する切妻屋根、白壁の民家の街並み。
 
江波_9666.jpg
 
7〜8年前にこの地域の高台に、普段自分が県の景観委員会等で
 
まさしくこれがこれからの福井が目指すべき街並み!として意見をした

信じられない集落?地域があった。
 
江波_9668.jpg
 
江波_9671.jpg
 
何年かぶりに立ち寄ったが、驚くべきバージョンアップしていた。
 
江波_5713.jpg
 
江波_9660.jpg
 
江波_9662.jpg
 
まるでCGで合成したかのような街並み。道路中央に水路を設けて一方通行に。
 
前回あまりにも驚いたので、県の方で成り立ちを調べてもらった。
 
江波_9665.jpg
 
江波_9669.jpg
 
思った通り、いろんな制約や条件付きでの分譲だったらしい。
 
しかしこれこそデザインが先にあって、時間とともに人の手が入ってできた街並み。
 
これは素晴らしい。次の機会に県や景観関連のセミナーでも紹介したい。
 
さらに驚いたことに、仁短生でここの住人がいることが判明。オモシロイ。
 
江波_9674.jpg
 
この集落を少し上がるとこのような広々とした農地。
 
江波_5717.jpg
 
江波_5714.jpg
 
別のブロックが売地に。一瞬考えてしまった。
 
 
 


 

 

年寄りの散歩、清水植物園。

近所で筍ご飯をいただいて、母親がお返しに何かを
 
というので、一緒に三国方面に向かう。

清水_5693.jpg

ちょうど週刊誌で、歩かないと認知症になる、という特集があり。
 
清水_5677.jpg
 
ものごいなぁ、というのを散歩せなかんのや、と清水植物園へ。
 
清水_5678.jpg
 
清水_5681.jpg
 
名物のシャクナゲはだいぶ終わりがけだったが
 
それでもただ歩くより、花を見ながらなので飽きない。
 
清水_5680.jpg
 
なんども休憩しながら。上り下りがあって結構キツかったかも。
 
清水_5683.jpg
 
海も見えるマレットゴルフコースにもなっているので気持ちいい。
 
清水_5684.jpg

小山屋_5742.jpg
 
清水_5686.jpg
 
清水_5690.jpg
 
三国の小山屋でホカホカの酒饅頭を買う。
 
清水_5689.jpg
 
天気が良かったのでオープンカーで走る。
 
坂井市内・金津方面の新幹線工事が進んでいる。
 
清水_5692.jpg
 
帰ってから近所2〜3軒に酒饅頭を分けて回る。
 
これも年寄りの楽しみ。
 
 
 

2019年5月 5日

ゴールデンウィーク、群生。

今年のGW後半は本当にいい陽気だった。
 
少しだけ暑くなったくらいで。

アトリエの花木も次々と群生して最盛期かもしれない。
 
エニシダ_9595.jpg
 
花は明るい曇りが撮りやすいが、光の加減によっては

またいい感じに写ることがある。エニシダ。
 
エリゲロ_9529.jpg
 
エリゲロン、ホントに次々と咲く。
 
クローバー_9590.jpg
 
ブラッククローバーのシロツメ草。今年初めてこんなに咲いた。
 
コデマリ_9533.jpg
 
コデマリ_9602.jpg
 
ちょっと群生してる感じがないけど。
 
シャクナゲ_9611.jpg
 
シャクナゲ、逆光が神々しい。
 
スズラン_9525.jpg
 
スズラン_9597.jpg
 
スズラン。こないだの花のアップもカワイイが、

やはり群生してる野性味がいい。バックの黒いのは前出のクローバー。
 
ツツジ_9592.jpg
 
ツツジ_9593.jpg
 
サバエのツツジのように全面花とはいかないが、自然でいい感じ。
 
ツルニチ_9607.jpg
 
ツルニチニチソウ。たくましい、野生児。
 
ハーブマット_9534.jpg
 
ハーブタイム。コブシの根元に広がる。
 
ミヤコ_9527.jpg
 
ミヤコワスレ。野草のように素朴で清楚で。
 
藤_9614.jpg
 
玄関脇の鉢植えの藤。下まで咲くのに時間がかかる。
 
まだまだこれから、待機中の花木もいっぱい。
 
アトリエの庭で楽しめる、15年目の季節の移り変わり。
 
 
 

2019年5月 4日

連休中のイベント、県立美術館。

4日は朝から県立美術館へ。
 
県美_5668.jpg
 
例の松山名誉会長が参加してるカカ斜展と
 
藤島と足羽で美術の先生をしていた、阪本先生の定年後の展覧会。
 
県美_5666.jpg
 
県美_5661.jpg
 
41回という歴史がすごい。毎年でないので相当続いてる。
 
参加者のほとんどが知らない作家さん。皆高齢の方か。
 
県美_5662.jpg
 
県美_5663.jpg
 
今回自分が探してきた用紙を使った、松山名誉会長の作品。
 
他の作品が大きいので、4枚合わせても普通の大きさに感じる。
 
今回が最後の作品発表になるかも...というてた。
 
県美_5665.jpg
 
現代アートなんて言葉もなかった時代から、

それぞれ皆さんが独自の表現を続けてきたのだろう。
 
阪本_5667.jpg
 
隣には阪本先生の作品。
 
阪本_5669.jpg
 
阪本_5670.jpg
 
阪本_5671.jpg
 
雪による環境造形作品を写真に撮って、和紙や用紙にプリントしている。
 
阪本_5674.jpg
 
これまで絵は何度か見たことがあったが、この手法は

平成の間、30年くらい続けているという。面白い。
 
10連休の展覧会って、人が来そうでこないらしい。
 
天気に大きく左右される。なるほど。
 
 
 

連休中のイベント、越前和紙。

連休中のいろんなイベントの案内をもらってて、あちこちへ。
 
陶芸村_9573.jpg
 
陶芸村_9575.jpg
 
3日には宮崎村の陶芸村で、仁短生が参加してるイベントに。
 
しかしまだ参加者はまばら。広報用ににぎわってる写真が撮れない。
 
陶芸村_9549.jpg

陶芸村_9586.jpg
 
5日の子どもの日が本番ということで、もう一度行かないと。
 
和紙_5643.jpg
 
その足で今立の芸術館へ。和紙の里周辺はお祭りで混雑だが
 
こちらは空いていた。隣にあいパークといういい施設ができてた。
 
和紙_5660.jpg
 
仁短の和紙の先生が担当している。
 
和紙_5644.jpg
 
和紙_5645.jpg
 
ちょっと参加してみた。好きな禅の『浮浪雲』の一言。
 
和紙_5646.jpg
 
和紙_5647.jpg
 
和紙_5650.jpg
 
応募してきた作家が、一週間ほど今立に滞在して
 
紙すきして仕上げた作品だという。
 
和紙_5651.jpg
 
和紙_5653.jpg
 
和紙_5654.jpg
 
今回のチケットで、秋の展覧会も入れるらしい。



 

連休中のいねす、盛況。

連休中は腰が痛くなるほど草取りをした。
 
草取り_5538.jpg
 
このデカバケツに3杯分ほど。ビフォーアフター撮っとけばよかった。
 
いねす_5637.jpg
 
昼の母親との食材は何時もはるせんなので、たまには別のいねすへ。
 
いねす_5635.jpg
 
山口・富山・湘南と県外ナンバーばかり。
 
いねす_5636.jpg
 
こちらは多摩と滋賀。
 
いねす_5518.jpg
 
お目当はこれだが、県外の人見てもわからんやろな。
 
いねす_5639.jpg
 
これこれ。ネギ乗せてチンするだけ。
 
竹田にも負けない、いねすの油揚げ、150円。
 
いねす_5638.jpg
 
他にも母親が好きそうなのがいっぱい。
 
いつも意識してたんぱく質の肉魚を買ってるので、

たまには田舎のおばちゃんらの料理も喜ぶ。
 
藤_5632.jpg
 
復活した玄関の藤も絶好調。
 
 
 

若者たちの九谷。

河和田の若者たちから聞いて、九谷の上出長右衛門釜へ。
 
上出_5627.jpg

以前にも載せたことがあるが、去年仁短の公開講座にも来てもらった。
 
加賀棒茶の丸八製茶場のパッケージなんかも仕事。
 
上出_5597.jpg
 
上出_5621.jpg
 
河和田よりも何でもないところに工場がある。
 
上出_5599.jpg
 
上出_5603.jpg
 
上出_5612.jpg
 
で、こんなところ・で・も・若者たちがいっぱい。
 
上出_5600.jpg
 
河和田の山うにのたこ焼きにも行列。
 
上出_5610.jpg
 
上出_5604.jpg
 
上出_5605.jpg
 
越前焼の陶器まつりと客層も違うが、売ってるモノも違う。
 
普段なら5,000円の湯呑みを、限定で3,000円!
 
上出_5609.jpg
 
上出_5608.jpg
 
こんなのも1,000円、2,000円で叩き売り!?
 
越前焼なら100円〜200円のお買い得品か。
 
上出_5607.jpg
 
それでもレジに並ぶ。ワタシも並びましたが。
 
上出_5606.jpg
 
上出_5613.jpg
 
屋台もいろいろ出てるし、工房の中では音楽イベントも。
 
上出_5614.jpg
 
白山もくっきり。
 
上出_5619.jpg
 
上出_5628.jpg
 
マルキパンや滋賀のつるやパンみたいな小松版みたいらしい。

思わず買ってしまう。わざとレトロなデザインなのか。
 
上出_5616.jpg
 
細部のデザインがまたいい。河和田と雰囲気が似てる。
 
上出_5631.jpg
 
上出_5629.jpg
 
幾つか購入。伝統工芸なのに、売れる。みなが目指すところ。
 
上出_5641.jpg
 
さっそく翌日の打ち合わせで活用。話題ごと。
 
コマツ福井の社長も、娘連れて行ってこようと。
 
楽しみながら、学園祭の勢いで盛り上がるイベントは
 
これまでの広告会社主体の、マス広告で宣伝して集客する手法とは
 
全く違うし、新しい人の流れになっていくはず。
 
 
 

鯖江の精肉店・つちだ。

河和田で持ち寄りの集まりがあったのだが。
 
土田_5569.jpg
 
最近肉ネタが多いので、そんなことを話題にしたら

鯖江におシャレないい肉屋ありますよ、と言われ。
 
そういえばだいぶ前に行ったことがある、土田精肉店。
 
土田_5570.jpg
 
都会の住宅地にあるような店舗。
 
土田_5571.jpg
 
前に来た時より植栽も大きくなって、ますますいい感じ。
 
土田_5577.jpg
 
土田_5579.jpg
 
土田_5580.jpg
 
手作りのローストビーフ、豚角煮、ミートボールを買って持参した。
 
土田_5572.jpg
 
偶然写ってたが、明美姐さんみたいに

赤いスカートで肉買いに来る客層もいるんかぁ。
 
いい肉で勝負してる、ミートショップ高島に機会があれば教えてあげよう。
 
当然知ってるかもしれないけど。景観セミナーのいい素材。
 
 
 

2019年5月 2日

山形のイチョウ。

去年、鉢から地面に植えた。
 
イチョウ_5589.jpg
 
遅まきながら、葉っぱが出てきた。
 
まだ50cmくらい。今年はどこまで成長するかな。
 
記念_5568.jpg
 
還暦記念樹の前で。こちらも葉っぱが広がってきた。
 
夏に花が咲くのが楽しみ。

 
 

連休中のショッピングモール。

まだ平成のネタが少々。
 
連休が始まって、母親のデイサービスがない日に昼ご飯。
 
谷口_5554.jpg
 
ダメ元で試しに竹人形の谷口屋に行ってみたが、

12時前だったが観光バスが2台、県外ナンバーいっぱいで

入り口にも観光客がたまっていた。予想はしていたが盛況。
 
谷口_5556.jpg
 
曇りでオープンカーにしていたら、風邪ひいてまうが!と閉める。
 
風りん_5566.jpg
 
風りん_5563.jpg
 
風りん_5564.jpg
 
春江の役場に停めて、やはりダメ元でアミへ。
 
そしたら意外にガラガラ。いつもの高齢者たちも少ない。
 
風りん_5562.jpg
 
いつもより空いてる風りん亭に。意外な展開。
 
風りん_5561.jpg
 
風りん_5560.jpg
 
幸いなことに、母親はまだ食欲はそこそこある。
 
風りん_5567.jpg
 
父親が食べられなくなってから、一気に衰弱して行ったので
 
まだまだ安心か。アトリエのシャクナゲに大喜び。
 
はるせん_5519.jpg
 
これは別の日。贔屓のはるせんも、ほぼカレンダー通りで助かる。
 
はるせん_5520.jpg
 
年寄りが好きそうな惣菜が多いが、ちゃんと肉魚を食べないと
 
たんぱく質が足りなくて、高齢者の栄養失調が多いそうだ。
 
エルパは賑わっているだろうに。ショッピングセンターも明暗。
 
ココナッツ_5326.jpg
 
ココナッツサブレのバリエーション。
 
トリプルナッツと発酵バター。珍しく原本に負けてない。
 
ブッセ_5396.jpg
 
フルーツの高井屋が出してる、ふわとろブッセシリーズ。

アップルパイ_5455.jpg
 
勝山のスタッフが持ってきた、勝山サンプラザのパン屋のらしい。
 
これが意外とまたうまい。こぼれた平成のスィーツネタ。
 
 
 

 
 
 

 

2019年5月 1日

令和元年、始まる。

夜中にあんな大晦日のようなカウントダウンの

イベントが国内のあちこちでやってるとは驚いた。
 
県民_5582.jpg
 
新天皇が特に好まれているのが、石田屋だという。
 
これは県民福井。福井新聞も梵とページを分けていい編集をしていた。
 
山形天皇記事 05-01.jpg
 
福井新聞には山形の記事が。誇らしいの。
 
山形2019-05-01.jpg
 
相変わらず、ものごそうな、照れくさそうな写真で

コメントも載っていたけど。
 
ともあれ、新しい時代が始まった。
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年4月です。

次のアーカイブは2019年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。