2019年2月アーカイブ

2019年2月27日

久しぶりの大宮亭。

丸岡インター降りてすぐの立地もあるのか。 
 
大宮亭_3916.jpg
 
いつ行っても混んでる大宮亭。
 
大宮亭_3917.jpg
 
12時前でほとんど席が埋まる。
 
県外のサラリーマンや、仕事中の軽い接客昼食も
 
中高年も家族連れも、あらゆる客層に人気の蕎麦屋。
 
大宮亭_3922.jpg
 
大宮亭_3920.jpg

サービスランチ(と言っても1,000円以上)の天おろしと
 
ミニソースカツ丼の最強福井セット。竹田の揚げおろしの時も。
 
大宮亭_3918.jpg
 
玉子上カツ丼とおろし蕎麦のセットも甲乙つけがたし。
 
大宮亭_3921.jpg
 
建築デザイナーが設計したインテリアは、ガラスが多用されてて
 
カップルでもビジネスでも、観光客でも作業着のまんまでも違和感がない。
 
大宮亭_3923.jpg
 
注文して5分で出てくるから、天ぷらとかは揚げたてではないが
 
手際よくキビキビと客が流れていく。
 
福井の定番の一つ。
 
 
 

2019年2月26日

ドミノ倒しのように、加賀散策。

大きな行事が次々とすんで、ちょっと余裕の平日。
 
メランジュ_3837.jpg
 
話題の丸岡の新しいパン屋。

金曜に行ったのに臨時休業やった。
 
ラクラルテ_3838.jpg
 
ネットのカレンダー情報見たらやってたので

竹田のラ・クラルテまで行ったのだが、研修で予約のみ営業。

残念。やっぱ電話で確認せなかんな。
 
山中_8716.jpg
 
竹田まで来たついでに、ゆげ街道の視察も兼ねて山中まで。
 
山中_8717.jpg
 
山中_8718.jpg
 
山中_8719.jpg
 
次の景観セミナーにも活用できそうな、町並み再編のいい事例。
 
山中_8720.jpg
 
西洋菓子の高乃倉跡は、漆の資料館になってた。
 
もともとの構想通り。
 
山中_8722.jpg
 
せっかく茶色にした自販機も、中の商品がどぎついし

ついつい悪気なく目立とうと、いろいろ貼り紙するのも仕方ないか。
 
百万石_3855.jpg
 
百万石_3841.jpg
 
その足で今度は山代温泉へ。有名なあのホテル百万石の経営が破綻し
 
大阪のホテル経営会社が『加賀百万石』として再生オープンしたのを視察。
 
百万石_3842.jpg
 
百万石_3844.jpg
 
加賀文化の象徴らしく、豪勢で華やか。

いくら投資したんやろか、芦原の温泉とは規模が違う。
 
百万石_3845.jpg

百万石_3849.jpg
 
庭もすごいし3階分の広大な吹き抜け空間。
 
百万石_3854.jpg
 
玄関周りもピカピカに掃除していたし。

べんがら_3866.jpg
 
結局竹田から流れ流れて、山代のべんがらやでお昼。
 
べんがら_3861.jpg
 
温泉街らしいいい雰囲気。
 
べんがら_3862.jpg
 
べんがら_3863.jpg
 
べんがら_3864.jpg
 
五目と明太子のこんなお膳。最後はお茶漬けでいただく。
 
べんがら_3870.jpg
 
後でよく見たら、古い雑居ビルみたいなのを改装したようだ。
 
山代_3871.jpg
 
周辺はこんなもともとの温泉情緒ある建物が多いが。
 
とてもよく出来ている改装デザイン。
 
山代_3873.jpg
 
山代のローソン。また景観セミナーのいいネタができた。
 
平日の日中に時間ができると、いろいろ勉強できて楽しい。
 
 
 
 
 

 

2019年2月25日

恒例、打上げパンパーティ。

卒業研究も終了して、あとは卒業式を待つのみの2年生。
 
打上げ_3879.jpg
 
毎年恒例、最後にアトリエに集まって本や番組を楽しむ。
 
打上げ_3881.jpg
 
そして前のパン屋で好きなだけ買ってきて、
 
今年はビッグベリーで若者オードブルも注文して。
 
打上げ_3889.jpg
 
乾杯も、もちろんアルコールはなし。
 
打上げ_3891.jpg
 
アトリエにある、いろんなデザイン用品を使って

楽しみながら楽しい時間を過ごした。

打上げ_3892.jpg

宴の後の片付けを、少しずつするのもゆとりの時間かも。
 
 
 

 
 

若狭歴史博物館〜千鳥苑。

小浜からの帰り道、年縞博物館に隠れて

やや影が薄い感じの若狭歴史博物館へ。
 
若狭歴博_8694.jpg
 
若狭歴博_8695.jpg
 
建物は結構いいと思う。しかし閑散。今何やってるかも不明。 
 
若狭歴博_8705.jpg
 
この辺りは歴史的な寺社仏閣が多いからか。
 
一度山形の意見を聞かないと。同じ県の歴史博物館やで。
 
結局中には入らずに入り口だけ見て戻った。
 
千鳥_3783.jpg
 
便のいいバイパスができて、ルートから外れた千鳥苑。
 
千鳥_3784.jpg
 
なんと!五木ひろしミュージアムが閉館。
 
まぁあの展示内容では逆にイメージダウンかも。
 
しかし今回の情報誌の表紙を飾った佐竹さんの作品展。
 
千鳥_3791.jpg
 
千鳥_3790.jpg
 
千鳥_3789.jpg
 
一応地ビールと海鮮バーベキューは頑張ってる。
 
美浜で数少ない団体で飲食できるとこなので。
 
しかし平日の現実はキビしい。
 
 
 

年縞博物館〜小浜チーズ工房。

新聞にも載っていたが、美浜の情報誌3号が完成。
 
すみずみ3号 2019-02-21*.jpg
 
視察の記事の時も書いたが、

今回は新しくなったレインボーライン特集。
 
部数が多いので、直接美浜納品のため、出来上がりを役場に取りに行く。
 
年縞_8614.jpg

今回は若狭町の話題の年縞博物館視察のついで。
 
はじめて。天皇の視察より行くのが遅くなってしまった。
 
年縞_8615.jpg
 
年縞_8616.jpg
 
年縞_8617.jpg
 
富山県美術館と同じ建築家のデザインらしい。
 
年縞_8625.jpg
 
年縞_8629.jpg
 
7万年分の地層が展示。ニュースでよく見た。
 
正直あまり見ても興味は持てなかったが、展示はキレイやった。
 
年縞_8636.jpg

年縞_8637.jpg
 
年縞_8647.jpg
 
こじんまりとして簡潔な展示は、余計リアリティがあ感じられる。
 
年縞_8649.jpg
 
珈琲が美味しいと評判のミュージアムカフェ。
 
縞_3797.jpg
 
年縞_8655.jpg
 
『縞』という名前もカップの縞もなかなかいい。

珈琲も年縞をイメージさせるプレス式。
 
年縞_8663*.jpg
 
望遠で見るとレインボーラインの山頂公園が見える。
 
年縞_8680.jpg

三方湖沿いに建てられ、水月湖を臨む。この柱が何なのか。
 
年縞_8681.jpg
 
せっかくの広大なロケーションなのに、

こんな看板ができてしまうのも、日本の気配りしすぎとの説も。
 
ラヴェ_3815.jpg
 
そして高速で小浜まで走ってランチに。
 
ここは一部屋一組のみ。ランチだけカウンターも3人だけ座れる。
 
雑誌のクレアの取材記事。
 
ラヴェ3.14.jpg
 
ラヴェ 903.jpg
 
ラヴェ410.jpg
 
ただし今回座ったカウンターは、台所の一角のような
 
玄関入ってすぐ!のところで、またビックリ。
 
しかしチーズ職人とシェフの二刀流を目指してるという

杉崎シェフの話を色々聞くことができて、実に楽しかった。
 
ラヴェ_3807.jpg
 
小浜のシメ鯖のカルパッチョ?身がブリンブリン。
 
ラヴェ_3808.jpg
 
一番ウリのフレッシュチーズ。

こればっかりは、豆腐の方が味がある気がする。

カマンベールとかは大好きやけど。
 
ラヴェ_3809.jpg
 
白子と大根葉の、濃厚で滋味深いパスタ。
 
ラヴェ_3810.jpg
 
イノシシのハム?と里芋のオリーブオイル揚げ。ほくほく。
 
ラヴェ_3811.jpg

生ハムと燻製チーズの炙り。はんぺんみたい。塩味が美味。
 
ラヴェ_3812.jpg
 
パスタで結構お腹いっぱいだったが、それでも美味しかったメインの肉。
 
ソースではなく、オレンジのような国産レモンと塩だけであっさり。
 
これはパスタより先に食べたかったわ。極旨。
 
ラヴェ_3814.jpg

デザートもチーズ系のプリントアイスが、やはり激旨。
 
淡々と、気負ってなくて勉強熱心で。地元の食材を常に考えてるみたい。
 
店は決して格式があったりオシャレとも言えないが、

職人気質のプロらしさを味わえた気がする。
 
なかなか行けるチャンスがなかったが、やっと制覇。
 
 
ぷぅあ_3782.jpg
 
夜のザウルスでは、ぷぅあぶうのシェフが。

流行ってる永平寺のら・ポストの支障になるんかな。

同じように地の食材を大切にしてるという。
 
 
 

 

 

 

 

2019年2月24日

西洋菓子の原点。

丸岡の8号沿いに、西洋菓子の最初の店がある。
 
NY_3607.jpg
 
34年前に、この手前の小さい小屋みたいな店から始まった。
 
NY_3608.jpg
 
今はNYブランシェというフレンチの店。

ニューヨークかと思いきや、そうではないらしい。
 
NY_3596.jpg
 
こんなに小さかったっけ、というくらいこじんまり。
 
NY_3598.jpg
 
この辺りで1500くらいのケースから始めた。
 
NY_3597.jpg
 
ここも手作り感のある店。オープンキッチン型だともっといいのに。
 
NY_3599.jpg
 
NY_3600.jpg
 
1,400円と1,800円のランチの前菜。
 
NY_3601.jpg
 
NY_3602.jpg
 
メインは魚と豚。
 
NY_3605.jpg
 
デザートまで付いてくる。
 
NY_3612.jpg
 
仲間なのか、ドマーニのショップカードも置いてあった。
 
小さくてもいい店は、常連客がいてそこそこ安泰。
 
ここから大きくなった西洋菓子の原点だから縁起もいいし。
 
 

 
 

また次の世代。

いつものことだが、早くも次の入学の準備。
 
入学前_3744.jpg
 
今度入学してくる高校生の入学前セミナー。
 
卒展は終了したが、そこまで会場を片付けずに待機。
 
入学前_3746.jpg
 
発表練習を重ねてきた、卒業生たちが迎える。
 
入学前_3749.jpg
 
入学前_3753.jpg
 
入学前_3757.jpg
 
人前で発表するっていうのは、誰しも苦手な部分はあるだろうけど

やはり練習すると、ちゃんと成長するなぁ、と学んだ1年。
 
入学前_3750.jpg
 
グランプリの積み木も好評。

高校生はレポートを書かなかんので、聞くのも見るのも真剣。
 
入学前_3759.jpg
 
入学前_3763.jpg
 
お金もかけずに(美術館でなくなって、会場費や印刷屋

写真撮影や、展示設営費など100万円近く予算減)地味な展示だが
 
学生の社会人に向けたトレーニングとしては上々。
 
すかーい_3740.jpg
 
卒展は済んでも、まだ実際に企業に納品の政策が残ってるメンバー。
 
すかーいにランチに連れてって、もう一踏ん張りを約束。
 
 
 

 

旬が過ぎれば。

最近はイベントや、季節の行事が次々と過ぎてゆく。
 
チョコ_3741.jpg
 
チョコ_E3738.jpg
 
いかにも!ってキレイなチョコレートは、

バレンタインが過ぎたらワゴンで半額セールやってるらしい。

スタッフが待ち構えて何個か買ってきたという。
 
スパー_3781.jpg
 
先週はスーパームーンで、通常より14〜17%も明るく大きくなるって。

ちなみに9月14日は母親と長男の誕生日や。関係ないけど。
 
はるせん_3779.jpg
 
久々にはるせんに寄ったら相変わらずの人気ぶり。
 
レジに行列。99歳のオジジは見かけんかった。
 
はるせん_3780.jpg
 
たまにハッシュドビーフ丼とか酢豚丼とか、年寄りも食べるんかな。

不死鳥記事*2019-02-22.jpg

卒展で紙芝居やって、子どもたちに披露した学生たちの記事。
 
何のために、誰のためにデザインするか〜から始めた成果かも。
 
卒展_3739.jpg
 
そういえば卒展の日は屋内だけで結構歩いた記録。
 

 

2019年2月20日

Mac三昧。

アトリエの倉庫にずっとあった古いマックを

ジンタンのコンピュータ室を改装した時に引っ越し。
 
Mac_3561.jpg
 
歴代のMacをコレクションというわけでもないが、ズラッと一堂に。
 
Mac_3563.jpg
 
もちろん全部あるわけでもないが、好きな人には懐かしいだろう。
 
手前の初期のノートブックは、マウスの代わりにボールで操作するタイプ。
 
Mac_3564.jpg
 
昔のロゴは虹色のリンゴマーク。
 
Mac_3565.jpg
 
パソコンをマッキントッシュっていうのが、なんとも誇らしかった。
 
アップルま0く.jpg
 
Macリンゴ.jpg
 
マッキントッシュってのは、リンゴの品種なんだと。
 
今ではアップルはアマゾンやフェイスブック、グーグルと並んで

データで世界を支配する、アメリカの脅威とまで言われてる。
 
 
 
 

2019年2月19日

鯖江のパン屋と、雪なし大野。

月曜日、鯖江のパン屋は皆休み。
 
上坂_3545.jpg
 
鯖江高校近くの先生が、大好きだったという上坂のパン。残念。

近くのキムラヤのヨーロッパンも休み。
 
琥八_3546.jpg
 
レサンシエルと並んで好きな琥八も休み。残念。
 
吉川_3548.jpg
 
ちょっとアウトローな(組合に入ってない?)吉川製パンはあいてた。
 
吉川_3551.jpg
 
吉川_3552.jpg
 
普通のサンドイッチとかはなく、ちょっと凝ってるパンばっか。
 
オレボ_E3557.jpg
 
帰り道の高速で買ったオレボの定番品。
 
大したもんでないけど、なんか非常にうまいわ。
 
大野_3643.jpg
 
前回チラッと触れたが、福井市から大野に行く時

これまで右折して左折して街中に入った道が

まっすぐ大野城に向かって伸びてアクセスが良くなった。
 
大野_3644.jpg
 
左上が大野城。山は少し雪が積もってる。
 
大野_3645.jpg
 
結の郷は閉まってるんではなく、雪囲い。
 
この日は奥越明成高校でガイダンス。
 
大野も相変わらず雪がない。
 
 
 

今年の卒展も終了。

ジンタンでこじんまりと開催した卒展。
 
卒展_3709.jpg
 
グランプリの積み木のデザイン。
 
卒展_3722.jpg
 
附属幼稚園で検証を重ねているため、小さい子どもも普通に遊ぶ。
 
卒展_3718.jpg
 
卒展_3719.jpg
 
卒展_3708.jpg
 
今年は発表の練習もなんどもやってるので

来客に臆することなくちゃんと解説できる。演習授業の成果。
 
卒展_3679.jpg
 
卒展_3675.jpg
 
卒展_3676.jpg
 
午後から和紙の杉原さんが来て、近所の馬場で昼食。
 
卒展_3681.jpg
 
越前和紙1300年の講演をしてもらった。
 
卒展_3650.jpg
 
ゴミ分別を扱ったキャラクターの依頼主、

福井市の担当の人たちが来場。
 
卒展_6228.jpg
 
卒業生もいっぱいきた。去年の若鶏たちは3時間もいた。
 
卒展_3685.jpg
 
卒展_3683.jpg
 
卒展_3682.jpg
 
卒展_3688.jpg
 
夜は学校のカフェテリアで打ち上げパーティ。

なんか料理はかなりショボかった。
 
卒展_3705.jpg
 
ジャニーズの指ハートらしい。ゴミ拾いか!
 
卒展_3699.jpg
 
卒展_3701.jpg
 
担当した10人から、楽しい花束ももらった。
 
卒展_3702.jpg
 
毎年中学生のように手紙を書いてくる。
 
ちょっと泣かされる。
 
今年も大きなイベントがまた一つすんだ。
 
卒展_3729.jpg
 
卒展_3730.jpg
 
差し入れのヒット。不二家ってまだ福井にあるんか。
 
 
 

 
 
 

 

 

卒展と美術館。

事前に予告してなかったが、

先週末は卒展と同僚が市美術館で展覧会。
 
レサン_3626.jpg
 
レサン_3627.jpg
 
美術館近くのレサンシエルで、差し入れを。

クロワッサンが売ってたのと、あまり買ったことない惣菜パン。
 
レサン_3641.jpg
 
自分用のカツサンド。450円くらいする。
 
食パンはまだ一度も買えたことがないが、

このサンドイッチは当然同じ食パンなんだろう。
 
レサン_3642.jpg
 
県立図書館にドリンクを買いに。いろんな人がお昼を食べていた。
 
市美_3628.jpg
 
市美_3629.jpg
 
市美_3633.jpg
 
事後報告になってしまったが、市美術館で日曜まで

ファッション担当の同僚が、布をテーマにした個展を開催。
 
市美_3631.jpg
 
市美_3630.jpg
 
還暦祝いの時にもらった例の赤いちゃんちゃんこも展示。
 
市美_3632.jpg
 
一つ一つにメッセージが添えられている。
 
市美_3637.jpg
 
中学校の時の美術の先生と再会。
 
市美_3638.jpg
 
市美のカフェは去年7月に業者さんが変わったらしいが

開店休業?状態。
 
卒展_3569.jpg
 
同時期にジンタンでは卒業研究展(今年から制作展とは言わなくなった)。
 
卒展_3580.jpg
 
卒展_3582.jpg
 
卒展_3584.jpg

今年からはグループで、社会性のある目的に関してデザインして

より深く検証と実験を重ねるという研究報告に変更。
 
卒展_3586.jpg
 
卒展_3585.jpg
 
非常勤の先生たちと、学食のお弁当を食べてから再会。
 
卒展_3594.jpg
 
今回はグループ研究だったので、学生同士の連帯感も高く、

発表が終わってもなかなか解散せず、余韻に浸ってた。
 
派手な作品は少なくなったが、より内容の濃い発表会だった。
 
 
 

2019年2月18日

忌明けに波屋。

簡単なお返し用に、日持ちする乾物を波屋で。
 
波屋_3573.jpg
 
波屋_3574.jpg
 
なかなかいいロゴと店構え。
 
波屋_3576.jpg
 
かがみやで足りなかった分を波屋で。ローカル感がいい。
 
波屋_3616.jpg

自分が食べても美味しいご飯のお供。
 
 

2019年2月15日

落ち着いたバレンタイン。

去年のバレンタインは大雪で大不況だったらしいが。
 
バレン_3614.jpg
 
バレン_3613.jpg
 
もうすでに世間では、そうバレンタインだからといって騒がない。
 
西洋菓子の生チョコ。さすがに美味しい。
 
バレン_3625.jpg
 
横井のチョコ。こうして社交辞令で持ってきてくれるのも

ほぼ40以降の方々。仁短の若鶏たちはほとんど静かなもの。
 
バレン_3615.jpg
 
田中餅屋のイチゴチョコ大福。ちょっとやりすぎ感。
 
川島_3550.jpg
 
みなさん色々変わったのを見つけてはくれるのだが。
 
一番驚いたのは、この川島ごぼう?!
 
川島_3554.jpg

川島_3553.jpg

オレンジの皮のチョコとかはあるけど、ごぼうとは!
 
川島_3556.jpg
 
そしたら『花びら餅』って知らないですか!
 
え〜西畑先生でも知らない?って喜ばれた。
 
花びら.jpg
 
調べたところによると、お茶の世界では平安時代から続く
 
甘くごぼうを煮て、餡と包んだのが花びら餅らしい。
 
近所の森八では見たことないが、たねややとらやにはあるようだ。
 
だからごぼうにチョコでも、全く変なわけではないということか。
 
和菓子の世界は奥深いようだ。
 
 
 

2019年2月12日

また近所のドマーニ。

最近は時間がなく、外で食べるのも近所が多い。
 
ドマーニ_3379.jpg
 
春江のドマーニ。自撮りで肩越しに撮る。 
 
ドマーニ_3380.jpg
 
いつもの人参ドレッシング。ホントにうまい。
 
ドマーニ_3381.jpg
 
明太子とネギのペペロンチーニ。
 
ドマーニ_3382.jpg
 
エビとブロッコリーのレモンクリーム。

なんの変哲もないこういう普通のランチがとにかくうまい。 
 
しかもサッと行って、40分ぐらいで帰れる。福井のいいところ。
 
簡単に済ませてもちゃんと満足度が高い。
 
ドマーニ_3384.jpg 

水もコーヒーも器も。これだから福井はやめられない。
 
やめんけど。
 
 
 

2019年2月11日

2月雑談。

母親が週イチでデイサービスに行くようになった。
 
カルミア_3385.jpg
 
まるで幼稚園児のように、連絡帳でその日の様子を書いてくれる。

誤字脱字も何やらカワイイ。
 
八日餅_3387.jpg
 
こないだの八日餅は午前中で売り切れ。
 
一つは予約してあったが、来客があったのでお土産にあげた。
 
農協_3386.jpg
 
父親の書棚とかを少しずつ片付けているのだが

昭和62年に頼まれて作った農協の通帳が。
 
100円だけ預金して、一度も使ってない。

明美姐さんに、どうすれば聞けばいいか。
 
大吉_3513.jpg
 
大吉餅のあべかわをもろた。相変わらずうまい。

店で作ってもらって車中で食べるともっとうまい。
 
今日の雑談でした。
 
 
 

2019年2月10日

Apple漬け。

そもそもAppleのMacintosh(今はMacとしか言わないが)は

使い方が単純で簡単だったので、自然に使うようになった。
 
通常のパソコンはPCと言うが、アップルは皆Macと言う。
 
iPhone_3515.jpg
 
もう4年近く使ってるiPhoneの電池がおかしくなり

充電しなくなったので、慌ててドコモに何とかしてと行ったら

一番早いのは、補償交換サービスってのに入ってるので、

8,000円で翌日に全く同じ型のが届くと。
 
Pod_2822.jpg

本当に新品が届いた。少しだけ再設定が面倒だったが

Macでバックアップしていたのでほとんど前と変わらず。
 
2日ほど携帯のない日々は綱渡りしてるかのよう。依存してる。
 
一番右端の音楽専用のiPodはケーブルの方が旧く

だんだん新しいアプリに合わなくなってきてる。
 
そこで容量が16倍にもなった、今のiPodを(真ん中の白いの)

車で聴く音楽専用に購入。見た目はiPhoneとおんなじ。
 
iPhoneが優れてるので、iPod自体がもうアップルは生産中止とも言われてる。
 
Pod_3276.jpg
 
Pod_3277.jpg
 
なんて鮮やかな画面かと思ったら、シールのパッケージだった。
 
相変わらずアップルのパッケージは面白い。
 
CG室_1688.jpg
 
ずっとMacしか使ってない、というよりMacしか使えない。
 
iPadも仕事用で1枚、授業や講演用で1枚、

映画やWOWOW用に1枚、写真用に2枚と手放せない。 

仕事も学校でも日常でも。支配されているかも。
 
 
 

 

新聞報道0210。

昨日駆け足で回った3件のイベントが今朝の新聞の2〜3面に。
 
Xstudio.jpg
 
予想以上に若者の熱気がいっぱいの日華化学でのイベント。
 
これは福井市主催だが、新聞社も関係しているので記事の扱いが大きい。

日華_3503.jpg

日華化学は直接関係なく、会場を提供してるだけなのだが

自社技術のプレゼンブースを展開。このサイン関係を手伝った。
 
科技工大*.jpg
 
科学技術高と福井工大の卒業制作展の記事。
 
ジンタンは去年から美術館でやらなくなったので少し寂しいが。
 
三連休だからイベントがあちこちで。

  

大野の視察・散策02。

ザウルスのニュースで見た水ようかんパンを探しに。
 
大野_3422.jpg
 
大野_3421.jpg
 
平日夕方だったのに、200円のパンが完売。
 
なんとなくおばちゃんが得意そうやった。
 
大野_3511.jpg
 
同じく番組で出てたチョコ風味の水ようかんを。
 
やっぱ普通のでっちようかんが美味いかな。
 
大野_3512.jpg
 
同じくコルネ。まぁ普通。流行ってるんかな。
 
コルネ_3514.jpg
 
ウララでもマルキのコルネをわざわざ紹介。
 
コルネ_3340.jpg
 
マルキのは確かにサクサクで抜群に美味しい。
 
大野_3426.jpg
 
大野_3427.jpg
 
まだ入ったことのない、女学校を改装したイタリアン水本。
 
大野_3428.jpg
 
この日はまだ準備中なので視察のみ。大野らしい外観。
 
大野_3437.jpg
 
大野らしい外観といえば、景観賞をとった大野食堂。
 
大野_3436.jpg
 
つばめ食堂で軽食ができす、おまけにレモネードの甘さが残ってて。
 
大野_3430.jpg
 
これぞ食堂の中華そば。レモネードを中和する美味。
 
大野_3432.jpg
 
食堂といえど、おろし蕎麦もうまい。まいたけ天ぷらのセット。
 
大野_3429.jpg
 
ちゃんと地元の酒がずらり。後からさぶいさぶい!

と入ってきた仕事帰り風のおんちゃんらは、ヒレカツ!と注文しながら

いつものように?熱燗を飲み始めていた。大野の日常の風景。
 
大野_3435.jpg
 
ビフォーアフターみたいに昔の写真が玄関に。
 
80年以上続いてるそうなので、昔を懐かしむ常連客のためにか。
 
大野_3496.jpg
 
iPhoneではうまく写らないが、冬空に大野城のライトアップが映える。
 
また新しい幹線道路ができて六間通りに行きやすくなってた。
 
市長も新しくなって、ますます良くなる予感の大野。
 
 
 

 

 

2019年2月 9日

大野の視察・散策01。

忌明けして少し落ち着いたので、松山名誉会長を

大野に連れてくるために事前に視察。
 
大野_3400.jpg
 
駐車場を出たらいきなり、周辺の人たちもJアラートでびっくり。
 
大野_3497.jpg
 
大野_3498.jpg
 
夜のザウルスでもピックアップされたニュース。
 
大野_3392.jpg
 
企画展は大野出身の、前田吉彦さんという人の「ムスンデヒライテン」。

ちょっと前に新聞にも載った毛糸の土俵?
 
大野_3402.jpg
 
大野_3499.jpg
 
ここはショップもカフェもいい。
 
勧められて花垣のパウンドケーキと生チョコを。
 
大野_3401.jpg
 
大野_3407.jpg
 
大野は来るたびに少しずつだが、とてもいい街になってる感じ。
 
大野_3413.jpg
 
大野_3414.jpg
 
次も近所のポポロ5と言う、商店街を再開発した新しいエリア。
 
本来なら駐車スペースを広場に。これは地方都市では新しい。
 
大野_3416.jpg
 
大野_3412.jpg
 
その中のツバメ食堂で、軽くなんか食べようかと。
 
大野_3410.jpg
 
奥越には少なかったこんな店舗が次々と。
 
大野_3417.jpg
 
食堂というわりには、メニューはちょっと変わっていて。
 
むせかえるほど甘いホットレモネード。
 
大野_3418.jpg
 
すりおろしたリンゴと生姜のホットジンジャエール。
 
大野_3419.jpg
 
ゆずのチーズケーキ。食事は発酵がベースになっているらしい。
 
大野_3420.jpg
 
最初にお湯が出てきた。これは大野らしくていい。
 
外はすごく冷たい風だったので、最初のあったかい一杯はウレシイ。
 
大野_3408.jpg
 
融雪も今んとこヒマそう。去年とは行って帰るほど違う。
 
 
 

 

垢抜けた日華化学。

もともとは繊維をベースにした化学会社なので

社屋もユニフォームも福井の機屋さん、って感じだったが。
 
日華_3370.jpg
 
これはまだ旧工場の方。朝8時半に行ったらラジオ体操が始まった。
 
こういう昭和の雰囲気はなかなかいい。
 
日華_3330.jpg
 
2月になった時にギャラリーの展示を入れ替え。
 
日華_3332.jpg
 
日華_3333.jpg
 
次の作家は現役の名古屋芸大の院生で、華やかな日本画。
 
日華_3336.jpg
 
日華_3339.jpg
 
福井大学の先生と学生たちで展示・設営。
 
日華_3372.jpg
 
別の日にはカメラマンと社内の撮影。

1階から4階の吹き抜けで、社員があちこちで自由に仕事をしている。
 
日華_3374.jpg
 
日華_3375.jpg
 
新社屋の一番のウリ。自由に部署を越えて人が混ざり合う。
 
この働き方の改革も含め、建築家がいろいろ受賞している。
 
日華_3376.jpg
 
役員会議室のモニターは100インチ以上。
 
日華_3378.jpg
 
トイレやエレベーター、階段などのサインを担当した。
 
スタッフが若い。若者が中心になって運営してる感じがいい。
 
今日は若者がどっと集まって福井の繊維を考える

X-STUDIOと言うイベントがここで開催。
 
かくも30代の若者は活気に満ちているかを体感できるはず。
 
楽しみ。
 
 
 

 


2019年2月 8日

繰り返す、風りん亭。

たいていの店は、視察も兼ねて1度きりで終わるのも多いが。
 
風りん亭_3368.jpg
 
前回の真竜のように、近場で間が空くとまた行きたくなる店が定番化している。
 
風りん亭_3369.jpg
 
アミの風りん亭もその一つ。

キレのいいおろしと丼。この日は野菜天丼やった。
 
普通のレベルが高い福井の幸せ。
 
 
 

2019年2月 7日

熱燗の季節。知らんけど。

ニュースザウルスで、えち鉄の熱燗電車。
 
熱燗_3344.jpg
 
黒龍の広報担当が同乗して振舞ってたらしい。
 
熱燗_3345.jpg
 
寒い季節には熱燗がたまらんのやろなぁ。知らんけど。
 
手前の錫の燗用の徳利は黒龍のオリジナル。
 
熱燗2626.jpg
 
これもまたトップブランドの、高岡の能作とのコラボレーション。
 
熱燗完成.jpg
 
仁短の春の遠足で行ったばっかり。
 
次の黒龍の情報誌でも特集しているが
 
一つ一つが職人さんの手作りの工芸品。
 
これで燗酒を飲むと、きっと美味いんやろな。知らんけど。
 
 
 

無性に恋しい、真竜の塩。

今年になって初めての真竜。
 
真竜_3365.jpg
 
真竜_3363.jpg
 
福井信用金庫の跡地を店にしてるので
 
いまだに銀行っぽい部分が残ってて、ラーメン屋っぽくない。 
 
真竜_3362.jpg
 
極細麺に春菊。薄いのにコクのある塩味はクセになる。
 
時々無性に食べたくなる。今回はバターをトッピング。
 
高齢者も多く、禁煙のラーメン屋。相変わらず◎。
 
 

忌明けの法要。

父親が亡くなって早くも四十九日の法要。
 
雪_3342.jpg
 
2月になってから少しだけ雪が降り、
 
火事_3343.jpg
 
150mくらいの近所で夜中に火事があって、幸い誰もケガはなかったとのこと。
 
やすたけ_E3348.jpg
 
この法事の段取りや仕事や学校の卒業研究で

なかなか夜にフムフムを書く時間が取れなかった。
 
自宅での法要が済んでから、親戚一同をやすたけに。
 
到着した時にはまだ店を開けてなくて、準備と段取りしてたらしい。
 
やすたけ_E3349.jpg
 
蕎麦屋でもなかなかの料理で、親戚みな大満足。 
 
前菜もローストビーフやししゃもがうまかった。
  
やすたけ_3351.jpg
 
鴨汁と蕎麦サラダと二つ飛ばしてすき焼き。

出汁がうまくて卵とじしてるおんさんも。
 
やすたけ_3352.jpg
 
ここでお造り。懐石のように小ぶりに食べやすく。
 
やすたけ_3354.jpg
 
牡蠣のグラタン。意外と小さい子どもらも喜んで食べてた。
 
やすたけ_3355.jpg
 
ふきのとうやタラの芽の春野菜の天ぷら。
 
やすたけ_3356.jpg
 
やすたけ_3357.jpg
 
まだ出てくる、カニの酢の物と白子の茶碗蒸し。
 
やすたけ_3358.jpg
 
やっとここで〆の十割蕎麦。抜群に美味しかった。
 
やすたけ_3359.jpg
 
いつもは2合でやめてるおんちゃんが、
 
今日はうまかったで4合も飲んでもた、といい調子に酔っ払って。
 
やっと四十九日もすんでひと段落。
 
 
 

 

2019年2月 6日

坂井市キャラ続編。

2月に入って最初のフムフム。
 
何度か途中報告をしていた坂井市の事業がやっと終了。
 
坂井市キャラ 新聞 .jpg

坂井市N2736.jpg
 
1日の新聞にも掲載。
 
坂井市_0003.jpg
 
発表会の会場は坂井市役所の会議室。
 
坂井市_0008.jpg
 
坂井市_0011.jpg
 
簡単なリハーサルと打ち合わせをして、担当の小谷部長の挨拶で始まる。
 
坂井市_0026.jpg
 
坂井市_0066.jpg
 
昨年度の継続事業で、未参加だった地域の残り3つを完成させた。
 
坂井市_0090.jpg
 
坂井市_0099.jpg
 
小谷は3月で定年を迎える。
 
天下りはしないで、ボランティアや社会活動をするという。
 
立派や。経済的にゆとりがないとできんことやけど。
 
坂井市_0114.jpg
 
公民館のおじさんたちからお礼を言われて無事事業は完了した。
 
風月亭.jpg
 
坂井市_3313.jpg

市役所に行く前に、若鶏たちと寄った春江の風月亭。
 
坂井市_3309.jpg
 
坂井市_3315.jpg
 
平たいアイスクリームスプーンみたいなので、混ぜて焼いてくれる。
 
坂井市_3316.jpg
 
水をジョッキでグイグイ飲みながら。
 
坂井市_3320.jpg
 
坂井市_3321.jpg
 
炒め物も一緒にガンガン食べる若鶏たち。
 
坂井市_3322.jpg
 
この季節、牡蠣も入ってるフルセットの炒め物。
 
坂井市_3323.jpg
 
坂井市_3325.jpg
 
ヨーロッパ軒とどっちがいい?と聞いたら、全員がお好み焼きを選択。
 
確かにみんなよく食べた。気持ちいいくらい。
 
若者をメシに連れてくと、これだから楽しい。 
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。