2018年6月アーカイブ

2018年6月30日

毎年恒例の集い・卯京。

県のデザインセンターでは、企業向けのデザインセミナーを開催され

海外向けの情報や、販路開拓の女性アドバイザーが、

13年前のイタリアデザインセミナーのコーディネイターの人。
 
ドムス_8717.jpg
 
ドムス_8722.jpg

その人が福井に来るたびに、当時一緒に受講した仲間が集まる。 
 
ドムス_8712.jpg

今回はお勧めした、羽水高校近くの卯京。

広沢一家も親族行事で利用したとこ。

カニ身の煮こごりや野菜。手前のは醤油ではなくブドウジュース。
 
ドムス_8723.jpg
 
ドムス_8724.jpg

えんどう豆のスープ。

造りはポン酢と醤油と。あ
 
ドムス_8726.jpg
 
胡麻豆腐。
 
ドムス_8728.jpg
 
魚やもずくやすり身など、日本酒に合うらしく

みなさんいろんな地酒を次々に頼んでは満喫。
 
ドムス_8729.jpg
 
上品で美味しい炊きもの。
 
ドムス_8730.jpg
 
いつものシメの手打ち蕎麦も、透き通る出汁がまた美味しい。
 
この日は話がいろいろ満載で、食べるのが追いつかないくらい。
 
ドムス_8737.jpg
 
いろいろ楽しめるデザート。
 
実はこれで4,000円の料理、と耳打ちされた東京の客人はまた感激。
 
普段の食事も、ちょっとした食事も当たり前に美味しいのが

幸福度日本一の福井らしさ、とちょっとみんなで自慢。
 
 
 

暑い、春江と美浜。

6時のニュースではいつも県内の気象情報が出る。
 
春江_8692.jpg
 
なぜかいつも春江と美浜は暑い。春江は山も大きな河もないから暑いのか。
 
美浜_8697.jpg
 
水曜には月に一度の美浜町民会議。次のタブロイド新聞の打ち合わせ。
 
映画監督の田中さんが、美浜と関わって随分になる。
 
3日(水)にアオッサで、高齢者対象のフェニックス学級という講座をする。

ヨソモノ、ワカモノ、バカモノという地方を変えるキーワードについて

田中監督と河和田の新山クンたちの活動について話す予定。
 
 
 
 

熱中症注意報。

NHKで案内をしてるスマホ用の防災アプリは何かと便利。
 
携帯にNHKのニュースや警報、臨時ニュースがリアルタイムに来る。
 
ライブでテレビのニュースも見られる。
 
天気予報も現在地の30分後とか。
 
今日はやたら熱中症の警告が。外出を控えよ、外で運動するなと。
 
ネジバナ_8750.jpg
 
暑い庭はネジバナが真っ盛り。今年は試しに除草しなかった。
 
キキョウ_8749.jpg
 
秋の七草なのに、6月に最盛期のキキョウ。 

クチナシ_8782.jpg
 
ユリと同じくらい芳香が強いクチナシ。あたり一面に甘い香り。
 
創作_8645.jpg
 
創作の森のサポート会員になったら、年間パスポートと

近隣で栽培を始めたオリーブオイルをくれた。
 
最近野菜生活になったので、オリーブオイルがかなり好きに。 
 
 
 

社会福祉のデザイン。

障害を持った人たちの仕事を支援する団体が幾つかある。
 
コミュニティネットワークふくいという所から

販売しているクッキーのパッケージや包装デザインの依頼。
 
Cネット_8671.jpg
 
Cネット_8675.jpg
 
現地を視察見学に行く前に、担当の二人をランチに連れてく。
 
Cネット_8672.jpg
 
Cネット_8676.jpg
 
またカピターノに行こうとしたが、平日火曜なのに満席で入れず。
 
近くのガレットロゼルも満席。ともに辺鄙な場所なのに流行ってるし。
 
そこで少し戻って春江のドマーニで。
 
Cネット_8677.jpg
 
Cネット_8678.jpg
 
高速を飛ばして武生の楽市1Fにあるパン屋、クリエイトへ。
 
Cネット_8680.jpg
 
Cネット_8682.jpg
 
ここでも軽い障害を持った人たちが、製造販売を手伝っている。

Cネット_8684.jpg
 
商品パッケージは素人の職員さんたちが、作ってるという。
 
ショッピングセンターの一番いい場所を提供してるのがいい。
 
Cネット_8689.jpg
 
Cネット_8686.jpg
 
Cネット_8688.jpg
 
健康の森にある丹南事業所に戻って、現実的なギフト箱や

包装紙、パッケージの状況、商品の内容について話を聞く。
 
担当の学生は、成績優秀ですでに就職も決まってるので安心。
 
しかしどうも女子大生には見えん。中学生みたいな若鶏。
 
この仕事は当然ボランティア。

なんとかしたい、しかしお金がないから自前で余計にうまくいかない。

そこをデザインでなんとかできるかもしれない。

それも非常に大事。
 
 
 

 
 
 

 

サッカーと自動車。

W杯が面白い。前回優勝のドイツが敗退。
 
VW_7183.jpg

ホントは一番興味があったVWの車。端正でスッキリしてる。
 
しかし何よりも、かつてはドイツの自動車は明らかに優秀だったと思う。
 
同じ昔の117クーペは、見た目はもう抜群にカッコいいが

乗ってみるとクナクナのユルユルって感じ。

高速では100km/hでもうホワホワでビビる。

国の基準が違ってたからしょうがないのだろうけど、

ドイツの自動車は、車体、骨格が昔から作りが根本的に違ってたという。
 
BMW_8502.jpg
 
BMW_8505.jpg
 
ガソリン漏れの修理が済んだという連絡があり、あおい商事に取りに行く。
 
整備工場が盆休み?と思うほど綺麗な工場。
 
ウチの旧い23〜4年前の型と同じ車も整備中で置いてある。
 
もちろん現代ではトヨタもマツダもホンダも世界基準なので

ほとんどドイツ車と遜色ないくらい、車体がしっかりしているという。
 
先日の小浜撮影も、スタッフのヴィッツで行ったが、高速でもビクともしない。
 
W杯ドイツ.jpg
 
W杯01.jpg
 
多分昔は欧州から見れば、子どもだましのようだった日本のサッカーも

今ではアジア・アフリカ勢で唯一決勝トーナメントへ、ドイツは敗退と。
 
ちょっとダブって感じるような。
 
ジャガー_8694.jpg
 
ジャガー_8695.jpg
 
こちらは先述のジャガー。長くて車両感覚がつかめず。
 
ちゃんと停められなくて笑た。
 
バックセンサーもなく、昔のようにドア開けて後ろ見て。
 
便利で使いやすいデザインは、人の能力を退化させるのかも。
 
 
 

 

春江のユリ公園。

ゲリラ豪雨のニュースの後にはなんだが。
 
ゆり_8656.jpg
 
ゆりの里公園に新しい看板。
 
仁短生がデザインしたピクトグラムを使ってるが、

この看板はアカンなぁ。なんの悪気がないのもわかるけど。
 
ゆり_8657.jpg
 
平日のゆり公園は高齢者がいっぱい。

ケアハウスから、バスでお年寄りを連れて来てるみたい。
 
ゆり_8658.jpg
 
ゆり_8662.jpg
 
なんかなぁ、と思いながらも

こうして使われて喜ばれてるならいいかも。
 
ゆり_8659.jpg
 
ゆり_8660.jpg
 
ゆり_8661.jpg
 
やはり咲きそろうとなかなかいいが、前はもっと壮観だったような気がする。
 
喜びそうな造作をなんでも作りすぎて、本来のユリ畑がますます人工的に見えてくる。
 
ゆり_8781.jpg
 
今玄関には蕾で買ってきたユリが開いて、

アトリエ中にユリの香りでいっぱい。
 
白い恋人_8647.jpg
 
ここのピクトグラムを作成した卒業生が

オープンキャンパスに社員旅行のお土産と持ってきた『白い恋人』。
 
学校みたいに夏休みもないし、毎日の仕事がキツく感じる頃。
 
ちょうど今日で1年の折り返し。早いわ。
 
 
 

 

2018年6月29日

ゲリラ豪雨

FBを見てたらこんな記事が。

ゲリラ豪雨34775C21-3210-49AF-AE36-6A84D0D72FDE.jpeg

大丈夫やったか、粟田部。

歩数10,000歩はヒマ人にしかできんよ。
へろさわ

今年も夏のオープンキャンパス。

早いもので来年の受験生の囲い込みもピーク。
 
オープン_8608.jpg
 
オープン_8609.jpg
 
近年は教員より学生が主体となって運営する方が

高校生たちの好感度が高く、仁短でも少しずつ学生のアイデアを生かしている。
 
オープン_8611.jpg
 
オープン_8612.jpg
 
ソックスで作ったマスコットや、物語のペン画挿絵。
 
オープン_8613.jpg
 
オープン_8628.jpg
 
オープン_8629.jpg
 
絵の具の作品は味がある。Macで水玉塗り絵やミッフィーもカラフル。
 
オープン_8616.jpg
 
今年からピンクのポロシャツユニフォームで一体感。
 
オープン_8617.jpg
 
オープン_8620.jpg
 
午前中の準備が済んでお昼。
 
かつてはカントリーママだったが、今は480円のお弁当。
 
まぁ本人たちはそんなことな知らないから、喜んで食べてる。
 
オープン_8621.jpg
 
先生たちは自腹ではるせんの弁当。
 
相変わらず1,000円で刺身まで付いてくる。しかも出前付き。
 
オープン_8622.jpg
 
オープン_8623.jpg
 
製品デザインの先生の部屋には、カラフルなキッチン用品がいろいろ。
 
無印みたいにシンプルでシックなのもいいが、色とりどりも楽しい。
 
オープン_8624.jpg
 
オープン_8625.jpg
 
オープン_8626.jpg
 
午後からは高校生がやってきて、それなりに賑わっていた。
 
2年くらい前からテレビも新聞も広告をやめてSNS活用に。

100万円以上広告費を削減しても、来場者が減ることはない。 

そりゃみんな広告を出さなくなるはずや。
 
オープン_8631.jpg
 
湯型の終了後には、おやつを配布してご苦労さん。
 
オープン_8654.png
 
日常の生活よりは劇的に歩数が増える。 

毎日1万歩を目指してる広沢は大したもんやけど。
 
 
 

2018年6月28日

ぼた餅、喜ね舎。

母親が、もらい物ばっかしてるでお返しに

ぼた餅がいいというので、土曜の朝に喜ね舎へ。
 
ぼた餅_8538.jpg
 
ぼた餅_8546.jpg
 
ぼた餅_8540.jpg
 
開店の5分前で駐車場も結構埋まってるし、すでに少し行列。

なんかすぐなくなるお目当があるんやろか。
 
ぼた餅_8541.jpg
 
地元の農家が次々と野菜を運んでくる。
 
ぼた餅_8543.jpg
 
11軒分くらいのぼた餅を買い込む。
 
ぼた餅_8545.jpg

レジで綺麗に積み直すとスッキリ収まる。
 
ぼた餅_8549.jpg
 
そのまま大野の朝市まで。
 
ぼた餅_8552.jpg
 
そんなに店も出てなくて閑散としてたが、一部では賑わい。
 
ぼた餅_8551.jpg
 
ぼた餅_8553.jpg
 
ひ孫を抱えたおばちゃんから、朝採ってきたというワラビを買う。
 
ぼた餅_8555.jpg
 
お昼は喜ね舎で買ったバジルと越のルビー。美味。
 
家に帰ってから、ご近所4軒は母親が歩いて。

坂井町〜春江〜森田と親戚5軒は両親を乗せて、ぼた餅を配布。
 
田舎の人はぼた餅をえらく喜んで、野菜やら漬物やら

行った先で、ぼた餅以上にもらって帰ってきた。
 
 
 

 

2018年6月25日

河和田のトップランナー、ハコア。

全国公募していた米袋の審査会が、明美姐さんち近くの福井精米で。
 
精米_8494.jpg
 
精米_8496.jpg
 
採用賞金10万円で、全国から800近い作品が集まる。
 
新聞やテレビなど一切使用しなくても。

それでプロも含め、かなりいいのが集まるだけに、デザイナーも受難の時代。
 
ハコア_8497.jpg
 
久々に鯖江近辺に行ったので、河和田まで支払いに。

先日の広告賞の副賞は、いつもハコアの名前入り木製時計。
 
ハコア_8498.jpg
 
ハコア_8499.jpg
 
県の景観賞も受賞した社屋の看板。
 
東京青山の住宅街にあってもいいような会社と店舗。
 
ハコア_8500.jpg
 
いろんなショップから、扱いたいと依頼があるらしいが

全部断って、定価で直接販売か、自社の店舗でしか売らないらしい。
 
ちゃんとオリジナルの『らしさ』を保って行けたら

いいブランドとして、さらに存在感を増すと思う。
 
 
 
 

6月の庭状況。

博物館は再雇用せんのかな。
 
福井市の自然史博物館は、70をとうに過ぎた吉澤先生がずっと館長してるし。
 
昨日深夜のW杯で、世間は寝不足やろな。目が辛いわ。
 
イチョウ_8664.jpg
 
山形のイチョウも鉢から地植えして一週間。根がついたかな。
 
ムクゲ_8667.jpg

久しぶりに庭ネタ。初夏の花が次々。ムクゲ。早速バッタが。
 
若狭_8409.jpg
 
秋の花でないんか、桔梗はもう咲き始めてる。
 
ユリ_8312.jpg
 
今年はユリも何本か。春江のユリの里公園も新聞やニュースに。
 
キョウチクトウ_8169.jpg
 
アベリア_8665.jpg
 
キョウチクトウとアベリア。公園や民家によくある強い樹木。
 
あじさい0613_8170.jpg
 
アジサイ617_8338.jpg
 
アジサイしおれ_8411.jpg
 
アジサイ0623_8501.jpg
 
アジサイ0625_8666.jpg
 
ここ一週間ほどの紫陽花。梅雨でも晴れ間が続くと花がすぐしおれる。
 
正しくはガクなんやけど。
 
庭_0465.jpg
 
庭_8650.jpg
 
2010年頃の写真が出てきた。ほぼ同じような場所から撮ってみた。
 
花木は成長しながら、全体の景色を作って行くのが楽しめる。
 
 
 


2018年6月24日

山形

若狭彦神社と若狭姫神社やったかな、そこは去年行ったわ。
嫁が神社好きやから。  犬も連れてった。

この前 嫁と歴史博物へ。 震災70年展を見ようと思って。

とうちゃんIMG_7007ccc.jpg
山形の後ろ姿が見えた。
入場してみたら、震災展はまだやってなかった。
二階で常設展を見て帰ろうとしていたら、山形が階段を昇って来た。
震災展は来週や、ごめん、と言ってた。 俺が間違えただけやけど。
山形もいよいよ定年やな。
来年から何するんやろ。
ヒマになって俺と遊んでくれるかな。
へろさわ

2018年6月23日

喜ね舎と、はるせん。

先週末、両親を連れて野菜を買いに喜ね舎へ。
 
喜ね舎_8242.jpg
 
特に父親は糖尿病から、徹底して野菜中心の食生活に改善して
 
インスリンを打たなくて良くなり、ゴルフに通うまで回復した。
 
喜ね舎_8244.jpg
 
それだけに毎週のように野菜を買いに出てる。
 
病院_8245.jpg
 
とはいえもう84なので、できるだけ車に乗らないように

週末に空いた時間があれば、乗せていくことにしてる。
 
この日も途中で母親と春江病院で薬をもらいに。
 
はるせん_8246.jpg
 
はるせん_8249.jpg
 
帰り道、行きつけのはるせんによったら、またあれこれ惣菜を。
 
はるせん_8250.jpg
 
はるせん_8252.jpg
 
連れてくと気分が大きくなるのか、

孫にも買おうと山のように買い物。
 
まぁいい気分転換かもしれんけど。
 
 

社会人の卒業生たち。

1年間ベルギーに行ってた、福大の湊先生のデッサン。
 
デッサン_8469.jpg
 
デッサン_8470.jpg
 
デッサン_8471.jpg
 
外で自由に写生。先生も一緒になって描く。
 
デッサン_8472.jpg
 
デッサン_8473.jpg
 
受験用とかでなく、自由にのびのびと指導する

欧州の子どもたちを指導するようないい授業。
 
卒業_8475.jpg
 
2年くらい前の卒業生が訪ねてきて、次の進路の相談。
 
卒業生_8481.jpg
 
卒業生_8478.jpg
 
卒業生_8480.jpg
 
帰り道に二人を連れて、近所のカピーターノに。

卒業生_8482.jpg

卒業生_8483.jpg
 
ほとんど二人に食べてもらったのだが、

黒板メニューに、大好きなトマトとバジルの冷製パスタがあって、注文。

もちろん半分は二人に食べてもらった。
 
卒業生_8484.jpg
 
結構お腹がいっぱいになってから出てくるメインのお肉。
 
卒業生_8485.jpg
 
卒業生_8486.jpg
 
粒マスタードソース炒めと、ワイン煮込みみローストビーフ。
 
卒業生_8487.jpg
 
お腹いっぱいでもうダメ!と言いながらもアイスは別。
 
卒業して社会人になっても、元気に美味しそうに

たらふく食べるのはカワイイもんやで。
 
二人ともとっても優秀で、それだけにちゃんとした一般企業に就職したものの

やはりデザインの仕事がしたいと悶々として相談に来た。 
 
難しいもんや。
 
卒業生_5735.jpg
 
オモシロイことに、翌日別の学年の卒業生が来たらしく

ファッションの先生が、やはり同じカピターノに連れてったみたい。
 
わろた。

 
 
 
 

 

旧車の宿命。

久しぶりにスポーツカーを動かしたら、猛烈にガソリン臭い。
 
Z3_8257.jpg
 
覗き込んだら、エンジンをかけてるとガゾリンがポタポタ。
 
Z3_8259.jpg
 
車高が低いのでよくコスるが、打ち所が悪かったみたい。
 
これもまた修理に。長く乗ってると痛んでくるのも仕方ないけど。
 
ガマンして付き合っていかないと。
 
まさかどれもこれも、20年以上乗るとは思ってもいなかったので。

20年_8599.jpg

まぁカバンとかペンとかノートとか。
 
使い慣れて馴染んでしまうと、どれも25年以上は使ってるし。

20年以上着てるシャツもいくつか。
 
ピッタリと気に入ったものは多分一生使うかな。

もちろん最初はそんなことは思ってもいないが。
 
  

ケンミンショーと、鶴瓶。

演出上ちょっと極端だが、美浜にとってはウレシイへしこ企画。
 
ケンミン_8515.jpg

ケンミン_8516.jpg

先日行ったばっかの小浜の田村長。
 
ケンミン_8518.jpg
 
ケンミン_8517.jpg
 
美浜のオーロラのおばちゃん。
 
番組では福井県民には、へしこはなくてはならんモノ!みたいに

どこ行ってもへしこ!って演出やったけど。そこまでは...。
 
ケンミン_8218.jpg
 
鶴瓶の番組では越前市が。
 
ケンミン_8220.jpg
 
ケンミン_8221.jpg
 
この老舗の和菓子屋『野木』の子供が仁短にいる。 
 
ケンミン_8224.jpg
 
野木のカアちゃんらしい。当然我々よりぐっと若い。
 
本人は、坂井市の、次のキャラクターデザインのリーダーの一人。
 
 

 

竹人形の竹田の油揚げ。

去年の8月に、3,500円のビッフェで県外客だけで

続けていたら大したもんや!と書いていたが。
 
やはり1年経たずして大きな変更となった谷口屋。
 
竹人形_8225.jpg
 
竹人形_8226.jpg
 
平日ランチで視察。観光バスは1台。
 
竹人形_8234.jpg
 
団体客なのでそれでも席はそこそこ埋まった感じ。
 
竹人形_8227.jpg
 
竹人形_8228.jpg
 
メニューはごくシンプルに。いい価格に。

ほぼ2種類で、ご飯か蕎麦かという編成。
 
油揚げも1枚〜1/4サイズを選択できる。これはいい。
 
しかし当時の60種類以上の県内産惣菜はそんなに企画倒れか。
 
竹人形_8229.jpg
 
竹人形_8232.jpg
 
仕事を見せるのはいい。職人の違いが価格に反映。
 
竹人形_8233.jpg
 
これがじっくり揚げられるタネか。いいね。
 
竹人形_8239.jpg
 
実に単純明快なセット。前の3,500円を知ってると1,580円が安く感じる。
 
やはり揚げたては、何と言っても違う。ヤケドしそうなほど熱いし。
 
竹人形_8240.jpg
 
連れのスタッフは1枚も食べられんと1/4で1,500円。いいんでない。これも。
 
竹人形_8237.jpg
 
それでも高齢の団体さんでは、残してる人もちらほら。
 
竹人形_8241.jpg
 
レジで油揚げのタレを買ったら、前日の余った分という

油揚げ1枚をサービスでくれた。
 
これは今度両親を連れてくるのもいいかなと。 
 
 

 

 

2018年6月22日

若狭撮影ツアー02。

小浜も少しづつ街並みが整備されている。
 
若狭_1456.jpg
 
先日のケンミンショーでも出ていた田村長。
 
若狭_8310.jpg
 
のどぐろと生姜のフレークは抜群のご飯の友。
 
若狭_1477.jpg

若狭_1475.jpg
 
京都ナンバーのクラウンが、美味しかったのでまた来ました〜だって。
 
京都は一番パン屋が多い?のに。そこまでか?とは思うが。
 
若狭_1463.jpg
 
若狭_1468.jpg
 
パン屋の二階・屋根裏でお茶を飲む。
 
若狭_1466.jpg
 
若狭_1472.jpg
 
レトロとかアンティークとかを超えて、博物館のよう。
 
若狭_1494.jpg
 
次の撮影目標池は常高寺。大河ドラマの『江』で一躍有名に。
 
若狭_1493.jpg
 
しかし参道途中に小浜線が通ってるので、線路をくぐって境内に。
 
線路が透けて?ほぼむき出しの状態。これでも大丈夫なんか。
 
若狭_1492.jpg
 
ここも何組か観光客が。関西方面ばっかり。
 
若狭_7756.jpg
 
若狭_1479.jpg
 
ちょっと前に新聞に載ってた花菖蒲園。200円。
 
まあまあいい感じ。広告には使いにくいかな。
 
若狭_1480.jpg
 
若狭_1487.jpg
 
若狭_1489.jpg
 
お寺の庭もなかなか良かった。

人がいないので観光地の寺とはまるで違う静かな雰囲気。
 
若狭_1496.jpg

若狭_1500.jpg
 
小浜の道の駅でイチジクソフト。喉渇く〜。
 
若狭_8302.jpg
 
若狭_8301.jpg
 
寄る時間はなかったが、新しい若狭歴史博物館の場所を確認。 

県が力を入れてるだけに、いい建物。
 
若狭_1501.jpg
 
若狭_8304.jpg
 
次の目標は熊川宿にできた美術館。
 
若狭_8303.jpg
 
ここは撮影不可だったので、具体的な写真はないが、

古い蔵を再生した小さな美術館。
 
若狭_8305.jpg
 
やはりまばらだが観光客はそこそこ歩いていた。
 
若狭_8307.jpg
 
若狭_8306.jpg
 
道の駅もショボかった印象があるのだが、結構良くなっていた。
 
若狭_8309.jpg
 
名田庄漬けはあちこちで売ってるけど。パッケージが良くなった。
 
若狭_1505.jpg
 
若狭_1511.jpg
 
三方五湖SAで最後の休憩。
 
普段はまず食べないソフトやつまみが、長いドライブではやっぱうまい。
  
千古_7768.jpg
 
千古_7784.jpg
 
後日、テレビや新聞に載ってから、朝9時に千古の家を撮りに。 

素朴な良い雰囲気。すぐ大きなカメラを抱えた中高年の

おんちゃんやおばちゃんが続々とやってきた。
 
最近は情報が早いのと、天気と時間のタイミングがなかなか難しいわ。
 
 
 
 

 

2018年6月20日

若狭撮影ツアー01。

大安禅寺の紫陽花も、狐川の紫陽花も、千古の家の花菖蒲も

今季はことごとく外れたので、あまり知られてない嶺南の方へ。

若狭_8262.jpg

若狭町の瓜割名水公園に、紫陽花がいっぱい咲いているはず。
 
若狭_1447.jpg
 
瓜割_7728.jpg
 
一瞬、お!と思ったが、まだまだ3分咲きか。

ほとんど咲いてない。ここも残念か。
 
若狭_8263.jpg
 
ここが前面に紫陽花花畑になったら壮観なのに、と思いきや。
 
紫陽花記事.jpg
 
今朝の新聞で、鹿の被害で今年は咲かないとか。

そういうことか、まいった。
 
若狭_8265.jpg
 
若狭_1451.jpg
 
瓜割の名水には県外ナンバーの車がいっぱい。
 
若狭_8410.jpg
 
お昼はfuのカフェ特集に載っていた、神宮寺近くの

古民家カフェに、スタッフが行ってみたいというので探索。
 
若狭_8270.jpg
 
若狭_8269.jpg
 
まさかの日曜休みやった。ちゃんと確認せんかった。
 
若狭_8275.jpg
 
通り道の若狭彦神社。ここは山形の守備範囲やな。
 
若狭_8299.jpg
 
若狭_8300.jpg
 
次の目標は小浜市内のグリーンカフェ。しかし...また休業。
 
ここは火曜休みのはずなのに。3度目の挑戦も未だ入れず。
 
若狭_8296.jpg
 
若狭_8297.jpg
 
街中のアーケードはゴーストタウンのシャッター街。
 
若狭_1454.jpg
 
魚屋が一軒、静かに営業していたが。
 
若狭_8295.jpg
 
次のプランはこの商店街のアンティークカフェ。大丈夫やろかと不安。
 
若狭_8289.jpg
 
若狭_8290.jpg
 
ところが入ってびっくり。思ったよりも中は広々。
 
お客さんもほぼ埋まっていて、スマホで撮影もできない。
 
若狭_8287.jpg
 
若狭_8277.jpg
 
若狭_8278.jpg

調度品もさすがにアンティーク。椅子も新しいんだろうけど浮いてない。
 
若狭_1455.jpg
 
カフェランチらしい、体に優しい系。揚げ物も高野豆腐。
 
お盆も田舎の家で使い込んだアンティーク品。
 
若狭_8284.jpg
 
ランチメニューはこれだけ。でも奥さん仲間でほぼいっぱい。
 
若狭_8279.jpg
 
若狭_8280.jpg
 
トイレや洗面所も渋い。もちろんトイレの中は最新機器。
 
若狭_8281.jpg
 
この緑の中庭に向かって座る席が人気のよう。
 
若狭_8292.jpg
 
店内では山形が好きそうな食器や雑貨を販売している。
 
若狭_8294.jpg
 
若狭_8293.jpg
 
出た時にはランチも完売。
 
若狭_8276.jpg
 
若狭_8298.jpg
 
こんな誰も歩いていないような商店街で、

カフェだけが賑わってる。いい店がもっとあれば賑わうという証。
 
 
 


暑い!春江。

昨日は暑かったけど。
 
春江_8425.jpg
 
ニュースザウルスで、春江が沖縄と同じくらい暑かったと。
 
春江記事0620.jpg
 
今朝の新聞でも。
 
なんか確かに暑かったわ。

なぜか春江と美浜は気温ネタが多い。
 
  

保育園の槌音。

エンゼルランド目の前の田んぼで着々と工事が進行。
 
保育園_8215.jpg
 
引っ越してきた時は、目の前も緑いっぱいの田んぼやったけど。
 
保育園_8214.jpg
 
ちゃんと建築士が設計してるみたいなので、

カラフルなイメージだけど、なかなか良さそう。

この近所では2〜3年で4軒目の保育園。

空港予定地と森田周辺に、住宅地がどんどん増えている。


 

低く長いプロポーションの旧車ジャガー。

もう22年目になる父親の車が、足回りに不調あって修理に。
 
ジャガー_8195.jpg
 
ジャガー_8216.jpg
 
戻ってきて春江に置いてるのだが、現代の車と骨格がまるで違う。
 
ジャガー_7981.jpg
 
低く、長い。そして小さく見える。

これは前のプジョーもそうだったが、見た目はコンパクト。
 
ジャガー_8197.jpg
 
ずいぶん前に孫の修学旅行でもらったお守り。
 
一般的なおじいちゃんのイメージはこんな感じ。

でもこんな年寄りは、ほとんどいないけど。
 
ジャガー_8213.jpg
 
もう84を過ぎたので運転をやめたらとも思うし、

本人も寂しいけどどうしようか悩んでいるみたい。
 
ジャガー_7721.jpg
 
ジャガー_7722.jpg
 
こんなジイさんっぽい車は60過ぎんと乗られんわ、と思てたが

もうそんな歳になってしまう。
 
和菓子と同じく、こんなのがいいと思うように好みも変わってきてる。
 
この後ろが下がった車なんて、今時まずない。渋さが好みになってきた。
 
これも積み重なった年齢のせいか。
 
そろそろ継いで乗ろうかとも思う。
  
 


 
 
 
 

2018年6月18日

連日の撮影行脚。

まいったな、3日ほどで千古の家がニュースに。
 
千古_8397.jpg
 
人が来る前に撮りたかったのに。
 
あれからすぐ、いきなり見頃になってもたんか。
 
竹田_8184.jpg
 
千古の家から近くのメロディパーク。
 
竹田_8185.jpg
 
竹田_8186.jpg
 
一応道の駅のような立場なのだが、パッとしない。
 
竹田_8183.jpg
 
隣のラ・クラルテ。大雪で壊れてしばらく営業できなかったらしい。
 
まだここも行ってない。楽しみなところ。
 
布施田_8198.jpg
 
前にも載せた老朽化した布施田橋。
 
布施田_8199.jpg
 
布施田_8201.jpg
 
もうできたかと思いきや、まだ舗装ができてないみたい。
 
大安_8205.jpg

布施田橋を越えて大安禅寺へ。

花菖蒲は祭りで有名だが、参道の紫陽花を撮りに。しかし...
 
大安_8206.jpg
 
大安_8207.jpg
 
もっと参道にずっと奥まで咲き続いてた印象なのに。
 
大安_8209.jpg
 
部分的にはそれなりにいい紫陽花だが、群生エリアがない。
 
大安_8212.jpg
 
大安_8210.jpg
 
花菖蒲園には観光バスが来て、団体がゾロゾロ。
 
大安_8203.jpg
 
本来いい素材はたくさんあるのに。
 
商魂たくましいお寺は、やはり信用できんな。
 
はるせん_8134.jpg
 
少し前、はるせんで健康的な食材でランチタイム。
 
 
 

 

各地ロケハン、撮影。

広告賞の帰り際に、小川印刷の社長から

「だいぶ早いけど、今年もたのんますね!』とプレッシャーをかけられ。
 
千古_8171.jpg
 
千古_8172.jpg
 
この時期の花菖蒲と紫陽花を抑えておこうと千古の家に。
 
千古_8173.jpg
 
千古_8174.jpg
 
北潟湖などは真っ盛りというのに、ここはまだまだ。
 
山中_8177.jpg
 
その足で山中温泉へ。街並みはいいが観光客は少ない。
 
山中_8175.jpg
 
山中_8176.jpg
 
山中の西洋菓子倶楽部『高乃倉』が閉店した。
 
観光客の伸び悩みもあるが、

何よりも現地の人手不足で立ち行かなくなったという。

非常に残念で惜しい。
 
山中_8179.jpg
 
山中_8178.jpg
 
散髪屋も手土産屋も、山中の景観ルールはだいぶ行き届いてきた。
 
紫陽花_7692.jpg
 
紫陽花_8189.JPG
 
福井市内に戻って狐川の紫陽花ロード。ここも大きな候補の一つだが

一見綺麗だが紫陽花はまだ5分咲きくらい。青空で天気良かっただけに惜しい。
 
御素麺_8188.jpg
 
帰りに寄った堀ノ宮の御素麺屋。

銀行跡の店舗なのでちょっとヘンやけど。
 
御素麺_8190.jpg
 
かりんとう饅頭は相変わらずうまいし、

黒蜜かける羽二重餅もなかなかイケル。
 
さすがに最近はケーキには興味がわかない。
 
 
 

深刻な少子化。

大学説明会でどこの大学も必死になるように。
 
会議_7092.jpg
 
会議でもよくいろんなセミナーや資料が配付。
 
セミナー_8194.jpg

セミナー_8192.jpg
 
進研アドって塾の会社がセミナーでデータを教えてくれる。
 
ピンクの若者の比率が激減するのは、教育界だけの課題ではない。
 
セミナー_8193.jpg
 
面白いのは情報が広がるスピードの資料。

いかにネットでの拡散が早いかの、現実を知らされた。
 
そりゃ新聞やテレビで広告をしないはずや。
 
 
 


 
 

2018年6月14日

黒龍の試作イメージ。

黒龍が作業服やTシャツなどをリニューアルするので相談を受けた。
 
黒龍_8151.jpg
 
黒龍_8155.jpg

黒龍_8153.jpg

黒龍背_8154.jpg

単純にマークとかロゴを配置するだけなのだが、
 
実物に貼って着てみて、一応見た目の確認をする。
 
黒龍_8166.jpg
 
黒龍_8163.jpg
 
黒龍_8164.jpg
 
黒龍_8165.jpg
 
手ぬぐいも、使用するときのイメージを確認する。
 
なぜかデザインよりもこの写真の方が先方にはウケたのだが。
 
 
 

2018年6月12日

梅雨の6月らしくシトシト。

世間一般では、青紫の花が咲きているムラサキツユクサ。 
 
ムラサキツユクサ_8149.jpg
 
でも白。紫蘭と同じで、名前と花色があってない。
 
カエル_8158.jpg
 
カエル_8159.jpg
 
打ち合わせ中にアマガエルが迷い込んできた。
 
のどかでいいですね、と感心された。
 
広告賞_8146.jpg
 
いつもの小川印刷の広告で、新聞広告の賞をもらった。
 
たいそうな包みだが、2社で分けたので15,000円。
 
審査委員なので、なんともおもはゆいが、

1回目投票で半数以上が入ってすぐ決まった。

小川_8167.jpg

もう一つの、勝手に福井応援団シリーズも非常にいいと思う。
 
次の福井の風景をいつも探している。
 
こないだのシャクナゲ畑も候補。
 
 
 

 

2018年6月11日

新人アジサイとナツツバキ。

何年か前に父親がゴルフでもらってきたアジサイ。
 
アジサイ8141.jpg
 
庭に植えた当初は、すぐにも枯れそうで

やっぱ景品用の温室育ちやで軟弱やなぁ、と思てたけど。
 
アジサイ_8150.jpg
 
今では大雪にも負けず花を咲かせ、小さいながらもしっかり根付いたようだ。
 
アジサイ_8156.jpg
 
今年の景品も花が終わって、庭に地植えした。
 
新人クンもセンパイのように、たくましくなれるだろうか。
 
アジサイ_8157.jpg
 
今玄関には、最も頼もしいヤマアジサイが。

アジサイ_8160.jpg

庭の自然のアジサイは梅雨のこれからが本番。
 
ナツツバキ_8147.jpg
 
玄関のナツツバキも、この季節次々と花を咲かせるが。
 
ナツツバキ_8148.jpg
 
一日で花が落ちる。昨日掃除したのに今朝はこんな具合。
 
桜よりも儚い、日本人好みの潔い咲き方かも。
 
 
 

2018年6月10日

日華化学ギャラリー模様替え。

一般人は入れないのだが、問屋団地のギャラリーが閉鎖して

ここは数少ない現代アートの展示スペースになっている。
 
寺根_8034.jpg
 
現在展示してるのは、福大8年生?の学生。

寺根_8036.jpg
 
寺根_8038.jpg
 
寺根_8041.jpg
 
寺根_8042.jpg
 
学生とはいえ、名古屋や銀座でも展覧会を続けていて、

学校よりも作家活動を忙しくしているらしい。
 
寺根_8044.jpg
 
これまでのネコシリーズを片付けて。
 
猫コメント.jpg
 
アーティストをやってると作品のコメントも面白く魅力的。

よくはわからんけど。
 
寺根ギャラリー_8051.jpg
 
展示替えした次の作品。この3か月制作していた新作。
 
寺根_8054.jpg
 
寺根_8047.jpg
 
寺根_8049.jpg
 
寺根_8052.jpg
 
夏に向けてアイスクリームをテーマの作品。
 
アイスコメント.jpg
 
日華の若者にはウケているという。
 
研究者の人たちは、わからんの連続だという。その反応も面白い。
 
 
 

2018年6月 8日

蕎麦とクレープ。

蕎麦屋のやす竹が店舗を改装するに当たり
 
新しいロゴやマークにしたいと依頼があって。
 
やす竹_8113.jpg
 
やす竹_8116.jpg
 
かなりの規模での改修工事。休みは法事などの団体が多いので
 
専用のスペースを考えているらしい。
 
やす竹_8137.jpg
 
2か月も休みがあって、戸惑っているとのこと。
 
やすたけ_8124.jpg
 
初代の親父さんが、福井市の安竹町出身でこの店名なんだと。

何度も書いてるが、何を食べても美味しい、
 
日々の食事が豊か、という福井らしいいい蕎麦屋。

八日_8133.jpg

ちょうど今日は森八の八日餅で打ち合わせ。

七色紫陽花の上用まんじゅうと、粒あんのおちらし。
 
ロゼル_7992.jpg
 
そして蕎麦粉のクレープがガレット。
 
天気が良かったので、久しぶりの外食に、森田のガレット専門店『ロゼル』に。
 
もうだいぶ経つが、まだ行ったことがなかった。

近所のクレープ屋もそうだが、お好み焼きの半分くらいで

1,400〜1,500円というのがあまり食指が動かず。もしかして閉めてるかもと。
 
シャレた店なのに、こんなノボリ旗立てて、いよいよ苦しいんかな、とも。

しかし一度は視察も含めて行っとかなかんと。
 
ロゼル_7993.jpg
 
10席くらいの小さな店。二人で切り盛り。
 
ロゼル_7994.jpg
 
最初のサラダはどれもいい感じ。山形のアイスプラントもコリコリ。
 
ロゼル_7996.jpg
 
ロゼル_8003.jpg
 
生姜のスープと出てきた野菜ガレットは驚きのボリューム。
 
ホームページのランチと全く違うし!逆ならあるけど。
 
ロゼル_7998.jpg
 
スタッフ二人は、もう一つのエビとホタテ。
 
大盛りか?ってくらいの厚み。
 
ロゼル_8007.jpg
 
ガレットを開いてみたら、さらに野菜がいっぱい。
 
ロゼル_7999.jpg
 
これは野菜好きには楽しめる。
 
ロゼル_8008.jpg
 
自分はもらわなかったが、デザートのクレープは

はちみつレモンで、甘く酸味がたっぷりでこれも美味。
 
ロゼル_8010.jpg
 
はちみつレモンのゼリー。思い出すだけでヨダレが。
 
ロゼル_8011.jpg
 
ロゼル_8012.jpg
 
通るたびに、小さなシャレた店だと思ってたけど

ロゼルランチ.jpg

5時で閉まるし、webでは薄っぺらいのにちょっと高めで。

ここいらでは苦戦すると思ってたけど。結構良かった。 

ロゼル_8014.jpg
 
平日でも出る頃にはそこそこの来客。
 
ホームページの写真も差し替えるといいのに。
 
 
 


 

広告賞と高校生ガイダンス。

催しが二つ重なった。
 
広告賞_1102.jpg

広告賞0303.jpg
 
新聞にも載っていたが、今年はおおい町のオーイングが大賞を受賞。
 
オーイング広告.jpg
 
社員が登場してる2本の広告とCMが受賞したのだが

タイミング悪く、昨日残業未払いでもと社員から告訴されたのが報道。
 
広告賞0312.jpg
 
冒頭の挨拶でも通常ならそのことを賞賛するのだが、

皆ニュースは知ってることなので、内容には触れずに広報戦略をホメた。
 
梵_1121.jpg

デザイナー協会賞も、松山名誉会長が梵を選んだので、

誰も気づかないが、個人的に梵に賞状を渡すのは立場上複雑。

梵_8125.jpg

加藤さんはものすごく喜んで、蔵に遊びに来てください!と名刺くれたけど。
 
フェニックス_8119.jpg

この日は予定が重なってて、祝賀パーティもそこそこにフェニックスへ。
 
毎年恒例の高校生獲得のイベント。

相変わらず全国の国公立・私大・専門学校がいっぱいで賑わい。
 
フェニックス_8121.jpg
 
これも新聞社が窓口。全国どこもマスコミ各社は

多分野に進出して、業務を拡大せざるをえない現状。
 
 

2018年6月 6日

小話題つづき。

だいぶ前に書いた「生食パン」で全国展開している

『乃が美』がとうとう福井にもオープンした。
 
乃が美_7947.jpg

聞くところでは、予想通り行列でなかなか買えないとか。
 
のがみのコピー.jpg
 
なんでとうとう、なのかというと、ずっと福井と新潟は水色で

(しまった、以前の画面を撮っておけばよかった)取り残され感が強かった。
 
乃が美記事*.jpg

で、たかが?パン屋のオープンに新聞報道があるんやで。

お、この記事は粟田部姐さんの長男でないか。
 
内山先生_7948.jpg
 
話は変わります。ザウルスに出てた同僚の先生。
 
ちょうど福井市の財政に関する会議で、例の大雪で職員給与カットの話題もあり

普段なら地味な会議なのに、マスコミがどっときたとのこと。
 
奥田_7977.jpg
 
こちらも今年の卒業生。印刷会社に就職して、早くもいっぱしの担当として

アトリエまで、ジンタンの広報誌のデータを受け取りに来た。
 
なかなか、結構なもんや。
 
 


2018年6月 5日

黒龍あどそパーティ。

先日卒業した若鶏たちが、集まった一番の目的は黒龍のイベント。
 
黒龍_7844.jpg
 
黒龍_7846.jpg
 
フジタホテルの3Fに集合して、待っている間に満腹の1名はウトウト。
 
黒龍_7864.jpg
 
黒龍_7865.jpg
 
黒龍_7850.jpg
 
ありがとうプロジェクトとは、自分たちで田植えして稲刈りして

絞りと酒蔵を見学して勉強し、6月に出来たばかりの新酒が贈呈される。
 
参加したコメントを皆で寄せ書き。
 
黒龍_7867.jpg
 
県大や福大の学生たちも、会場に拍手で迎えられる。
 
黒龍_7873.jpg
 
黒龍_7875.jpg
 
企画のメインは黒龍有志の会という酒屋さんの集まり。
 
店頭に大きな黒龍ののれん旗が下がっているのは、黒龍と直接取引きしてる証。
 
今年の会長は鯖江駅前の久保田さん、そして武生の林さん。
 
両方とも、国内の地酒を丁寧に扱ってるいい酒屋さん。
 
黒龍_7876.jpg
 
黒龍_7889.jpg
 
大野の阿難祖で、稲作の指導をしてくれた農家の人たちや

もちろん黒龍の社長も、一人一人にできた酒を手渡し。

あどそ1145.jpg

この酒は福井の特約店でしか販売しない限定品。
 
大野で採れた福井の五百万石を限界まで磨いて、黒龍が大吟醸に仕上げた。
 
黒龍_7896.jpg
 
黒龍_7895.jpg
 
そして5時過ぎからは記念のパーティ。今年が5回目で一応最終回となる。
 
黒龍_7899.jpg
 
グランユアーズの料理長が最初に挨拶するほど、

ビッフェとはいえ地元の食材で、お酒に合う料理を作ったという。
 
黒龍_7903.jpg
 
せっかく黒龍が飲み放題なのに、いつもよく食べて寝る若鶏は

最初から白飯をパクついてる。さっきのうたた寝で回復したか。
 
黒龍_7906.jpg
 
黒龍の食事会では、ちゃんと瓶詰めされた仕込み水も出される。
 
黒龍_7909.jpg
 
東京へ行ってる1名だけが酒が好きで。美味しい美味しいと。
 
黒龍_7911.jpg
 
黒龍_7914.jpg
 
各テーブルごとにジャンケンして黒龍グッズのプレゼント。

もらってるのは、やはり何年か前の卒業生。
 
黒龍_7916.jpg
 
食事も終えて、デザートやフルーツもいただいて、大満足の若鶏たち。
 
黒龍_7925.jpg
 
黒龍_7935.jpg
 
黒龍_7937.jpg
 
パーティ後は、日本酒でいい感じで酔っ払った

大人の卒業生たちとも同窓会のように記念写真。
 
黒龍のおかげで、とても楽しい集まりだった。
 
 
 

 

 

梅雨間近。

庭の花木は次々と移り変わる。
 
カシワバアジサイ_7986.jpg
 
花は円すいで葉っぱは柏餅の葉のような、カシワバアジサイ。
 
カワラナデシコ_7985.jpg
 
どんどん増えてゆくカワラナデシコ。
 
シモツケ_7984.jpg
 
公園とかにもよく咲いているシモツケ。漢字では下野と書く。
 
バラ_7770.jpg
 
去年もう枯れてしまったと思ってたバラが復活。自然の力はあなどれん。
 
夕方_7962.jpg
 
夕方_7965.jpg
 
夕方、ヒザもだいぶ良くなってきたので、

時折少しでも歩くようにしている。
 
夕方_7964.jpg
 
週末はエンゼルランド周辺は、イベントで大変な賑わいだった。

エンゼル_8017.jpg

エンゼル_8019.jpg

エンゼル_8020.jpg

エンゼル_8021.jpg

銀行の移動ATM車。デザインだけしたけど実物は初めて見た。
 
ここんとこ爽やかないい天気が続いたけど、

梅雨も近くなってきたかな。
 
 

 
 

2018年6月 4日

fuのカフェブック。

毎月掲載してるのを、再編集するだけでいいガイドブックに。
 
カフェブック_7771.jpg
 
fuは無料で新聞についてくるけど、これは有料。

店ごとにいろんな特典も付いていて、

もう一つランチパスポートって本も売れ筋らしい。

これから衰退が予想されるため、新聞社の事業の一つか。
 
カフェブック_7772.jpg
 
さすがに取材が細かい。おかめまで載ってるし。
 
美浜_8027.jpg
 
先日の美浜のカフェも。fu見て行ったので当然だが。

エリアごとに編集してあるので、役にたつ。
 
知らないとこや、行ってないカフェもいくつかあるし。

ベルツ_7971.jpg

最新ネタ。新店舗にウルサイ仕事仲間から、

森田の新しい『ベルツ』ってパン屋行きましたか!と。

ベルツ_7969.jpg

検索しても、ほぼ新潟の情報。新潟の人気パン屋が実家の福井に移転したらしい。
 
ベルツ_7972.jpg
 
これはまだどこにも載ってない。

にもかかわらず、10時でほとんどパンがなくなってた。
 
ベルツ_7973.jpg
 
朝10時で焼きあがったばかりの食パンは、溶けるように柔らかく。
 
ベルツ_7974.jpg
 
ベルツ_7975.jpg
 
チーズトーストもメロンパンも最後の一つ。
 
パン激戦区の福井に、どこまで定着できるか。楽しみ。

ちなみにロゼルとは、オーナーの釣部さんの逆読みやって。

 

 

 

 

2018年6月 3日

美浜山中のカフェ。

先日の若者たちとのミーティングを企画にして美浜へ。

美浜_8028.jpg

例によってわにぶちさんや田中カントクたちと待ち合わせして

新しいfuに載っていた美浜のカフェを探しに。

美浜_7730.jpg

fuの地図では全く位置関係が不明で、なかなかわからず。

わにぶちさんが途中電話して、もっと山の中だとわかってやっと発見。
 
美浜_7745.jpg
 
山の集落のおばちゃんが、趣味で古い家を少し手直しして

近所の人たち相手に始めたんだろ、と思いきや、驚き。
 
美浜_7750.jpg
 
美浜_7733.jpg
 
建物も周辺外構もデザインも整備されたカフェで、森の中に静かに存在。
 
美浜_7736.jpg

美浜_7738.jpg

しかもほぼ満席。金曜日で、こんな山奥なのに。
 
美浜_7742.jpg
 
美浜_7743.jpg
 
カントクが注文した猪肉の坦々丼。ジビエがここの売り。
 
美浜_7739.jpg
 
自分は野菜プレートを。わにぶちさんは鹿肉のキーマカレー。
 
美浜_7747.jpg
 
この窓際の緑いっぱいの席で、ゆうに90分ゆっくりと事前打ち合わせ。
 
美浜_7746.jpg
 
美浜_7748.jpg

美浜_7744.jpg
 
周辺はちゃんと拓かれた緑でいっぱい。

離れて赤いプジョーを停めて、カフェまで少し歩く。
 
美浜_7749.jpg
 
藤棚にする計画もあるんだろうか。
 
美浜_7753.jpg
 
天気も良くて、打ち合わせ前に良い時間を過ごした。
 
美浜_7755.jpg
 
美浜_7756.jpg
 
午後からは、いつものように美浜の人たちと打ち合わせ。
 
へしこソフト記事2018-06-02*.jpg
 
へしこちゃんのカブリもんを作りましょう!という提案もあったのに、

昨日の新聞ですでにあるのがわかってビックリ。
 
このおばちゃんもメンバーも一人なのに。
 
美浜企画2018.jpg
 
若者たちと打ち合わせした提案の一覧。
 
一つでも実現できると面白いけど。
 
美浜詣ではまだまだ続く。
 
 
 
 

小話題いくつか。

仁短の90を過ぎた学園長は、ずっと月に一枚詩画を描いているらしい。
 
学長_7723.jpg
 
学長_7724.jpg
 
仁短の図書館で展示があったのだが、言葉自体はご自身のだけでなく

これまで気になった名句や格言が多い。
 
その中で、自分が大学3年くらいに「自分はこれや!」と

心に刺さった言葉と似たようなのがあった。
 
雲_8025.jpg
 
雲_8026.jpg
 
おそらく仏教つながりなんだろうけど、この言葉がいわゆる座右の銘かも。
 
マンガ『巨人の星』と『浮浪雲』は主義主張にまで影響されたと思う。
 
諸国を修行して歩く坊さんを『雲水』さんというのも同じらしい。
 
セキショウ_7674.jpg
 
セキショウ_7675.jpg
 
ニワセキショウ。これも雑草の一つなんだろうけど
 
陽が射すと一斉に咲く姿は、実に健気で清々しい。
 
山野草というほど希少でもなくあちこちに咲いている。

今アトリエの芝は伸び放題のこんな状態。わるくない。
 
プジョー_7728.jpg
 
プジョーはやっと1,000km。25万kmも乗った先代プジョーと比べると
 
明らかにペースが緩い。この上なく便利で簡単なんだけど。
 
土産_7720.jpg
 
土産_7721.jpg
 
土産_7722.jpg
 
いい土産はパッケージも記録している。 

美浜でも既存の土産品を、若手のデザイナーにリニューアルさせたい提案がある。
 
厨_7790.jpg
 
浜町の厨に、黒龍の水野さんと辰巳琢郎のポスター。
 
開花亭でイベントがあったみたい。
 
辰巳琢郎は今年還暦というから同級生や。
 
赤いプジョーは還暦だからですか?とよく聞かれる。
 
んなワケないわ。
 
 
 

公募作品の審査会。

明美姐さんち近くの福井精米が、米袋のデザインを募集。
 
審査募集-A4-1.jpg
 
いろんな業種がそうだが、ネット通販がかなり伸びてるようで

既存の米袋とは全く違う、贈ってもらって話題になる米袋を希望して。
 
審査会_7711.jpg
 
審査会_7710.jpg
 
賞金10万円が効いたか、全国それこそ北海道から沖縄まで。

プロのデザイナーも相当数応募。

500以上が集まって、掲示が会議室では足りずに食堂やら廊下まで。
 
審査会_7715.jpg
 
審査会_7717.jpg
 
社員投票でノミネートしたのを元に、メンバーでさらに絞り込む。
 
大阪からも米袋メーカーの専門家も参加。
 
審査会_7719.jpg
 
ここで最終16点をノミネート。

残念ながら仁短生のは残らなかったけど。県外作品がほとんど。

そして今さらにネットで投票を呼びかけて決める予定。
 
時間があれば ここから投票してみてください。

 
 

コッペパン専門店とクローネ。

羽水高校近くのコッペ亭は月〜木が休み。
 
コッペ_7768.jpg
 
ということは金土日の週末しかやってない。
 
しかもなくなり次第終了なので、3時頃には閉まってる。
 
コッペ_7761.jpg
 
そんな事情もあり、オープンして1年以上経ってやっと。
 
コッペ_7766.jpg
 
コッペ_7762.jpg
 
元の洋服屋やったか、1回では熱帯魚を売ってるおかしな店舗の2階。
 
コッペ_7767.jpg
 
秋吉を買いに行くみたいに、これに希望の商品を○つけて注文。
 
コッペ_7763.jpg
 
コッペ_7764.jpg
 
注文を受けてから作るのだから、時間もかかるわ。
 
しかしこのニイチャンら月〜木は何してるんやろ。
 
コッペ_7769.jpg
 
コッペ_2889.jpg
 
とりあえず2つを入手。
 
コッペ_2890.jpg
 
生物のような扱い。無添加はもちろんやろな。
 
コッペ_2892.jpg
 
Wを頼んだので、アンコのボリュームも相当。パンも柔らか。
 
コロネ_2888.jpg
 
この日はなかなか手に入らない、鯖江のラ・クローネのクローネも入手。
 
やっと2回目だが、さすがに驚くようなサクサク感。
 
福井でも、ちょっと買えないものは自然に価値が上がるわ。
 
 


2018年6月 2日

998スタジアム。

これももう一週間が過ぎてしまったネタだが。
 
998除幕式2018-05-27*.jpg
 
先週の日曜日に運動公園で除幕式。
 
バラ_7776.jpg
 
この日は色々とスケジュールがいっぱい。

朝から卒業した若鶏たちが久しぶりに集合。
 
東京から初めて帰ってきたのもいて、大騒ぎ。
 
バラ_7851.jpg
 
バラ_7852.jpg
 
バラ_7787.jpg
 
朝から麩市に連れてって、バラを見て辛子味噌買って。
 
福大__7799.jpg
 
福大_7791.jpg
 
次は福大へ行って、学校祭の美術科の展覧会。
 
福大__7793.jpg
 
福大__7796.jpg
 
福大__7795.jpg
 
若鶏たちは4月から社会人で働いてるが、まだ同級生は3年生。
 
こはく庵_7853.jpg
 
こはく庵_7809.jpg
 
ランチは運動公園近くのこはく庵。

最初は11時にマニマニへ行ったのだが、5分で満席。

さすがに11時では空いてると思ったのに、皆開店を待ってたみたい。

繁盛店の実力を見せられた。
 
こはく庵_7805.jpg
 
こはく庵_7803.jpg
 
きしめんみたいな平打ちの蕎麦が美味い。
 
自分は野菜天のおろし。
 
こはく庵_7806.jpg
 
運動公園に12時15分には行く事情があったので、急いでランチ。

出る頃には店もパニックなくらい満席。
 
トロン_7811.jpg
 
トロン_7856.jpg
 
しかし蕎麦ランチは30分以上早く済んだので

近所のベーグルカフェ『トロン』に。
 
トロン_7815.jpg
 
トロン_7855.jpg
 
どこ連れてっても、何を食べさせても大騒ぎで喜ぶ若鶏たち。
 
998_7819.jpg
 
998_7820.jpg
 
そして運動公園の陸上競技場へ。
 
この日は高校総体もやってて、知事も出る式典だったので大騒ぎ。
 
998_7823.jpg
 
一番右が、陸協会長のフクビの八木さん。県庁職員もたくさん。
 
998_7825.jpg
 
998_7827.jpg
 
除幕の瞬間。まともに始めてみた。
 
998_7862.jpg
 
998_7861.jpg
 
一番右がワタクシ。若鶏が撮ってくれた。
 
998_7829.jpg
 
この後、競技場に入って式典があり、桐生選手のビデオメッセージも。
 
998_7833.jpg
 
去年の12月頃に突然依頼があって、雪の中何度もフクビ化学で打ち合わせして。
 
やっとこれでひと段落。

 
 

 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。