2018年5月アーカイブ

2018年5月31日

道の駅めぐり。

また遅ればせながら、一週間ほど前のネタですが。
 
道の駅_7583.jpg
 
かなり老朽化してるが、趣のある布施田橋。
 
すぐ隣に開通間近の新しい橋がかかっている。
 
道の駅_7664.jpg
 
その橋を通って両親を乗せて三里浜の道の駅へ。
 
父親はまだ運転してるが、最近高齢者の事故が多いので

なるべく野菜買いに、みたいな時はできるだけ乗せていくことにしてる。
 
道の駅_7582.jpg
 
毎日のように食べている大根が盛りだくさん。
 
道の駅_7692.jpg
 
三国はこのもずくが抜群に美味しい。食感がまるで違う。
 
道の駅_7666.jpg
 
道の駅_7691.jpg
 
次にきっちょんどんで豆腐と油揚げを。
 
豆腐は坂井市内の道の駅とかで売ってるが、油揚げは初めて。
 
これも普通とは全く違う、中は絹ごし豆腐のような食感。
 
道の駅_7670.jpg
 
そして芦原のきららの丘に。
 
道の駅_7667.jpg
 
道の駅_7668.jpg
 
最近は近所のゲンキーで、ほとんど買い物を済ませてるらしいので、
 
こんなとこ来たら、あれこれと買い込んでた。
 
道の駅_7681.jpg
 
戻る途中でコスモスのような花畑が。
 
道の駅_7677.jpg
 
道の駅_7695.jpg
 
見事なシャクヤク畑。薬草?になるんやろか。
 
あまりに青空とキレイだったので、後で戻って一眼レフの広角で撮りなおした。
 
道の駅_7696.jpg
 
すぐ近くの田嶋牧場ソフトでは、相変わらず人が多かった。
 
道の駅_7683.jpg
 
道の駅_7685.jpg
 
帰り道に坂井町の道の駅で、また例の油揚げ。
 
父親は糖尿病の食事で、野菜には目がないのであちこちで購入。
 
これで土曜日の午前中。天気も良くて、近所を巡るだけでも年寄りには楽しかったみたいや。
 
 
 

 


 

2018年5月30日

駅前景観改善プラン。

商工会議所から頼まれたイメージ予想図。
 
駅前01原形_.jpg
 
現状の福井駅西口。こないだ天気のいい日に撮ってきた。
 
駅前01アース.jpg
 
外壁とか看板を、アースカラーという石や砂、

岩とか土の色だけで規制したら、という合成イメージ写真。
 
駅前01ジュラ_.jpg
 
どうせ恐竜を置くなら、ジュラ紀をテーマに建物・看板も緑に。

思い切った植栽で緑いっぱいの駅前にすれば話題になるし、

福井らしいかも、という提案。

川田会頭とか知事に提案するという。実現はまずしないだろうけど。
 
 
 

美浜企画アクティブ・ラーニング。

仕事と学校の行事が重なって、久々の投稿。

先週、美浜に企画を提案するのに、学生たちのように打ち合わせをした。
 
美浜会議_7633.jpg
 
美浜会議_7700.jpg
 
やはり若者とはいえ、いろんな仕事の経験をしてるので

アイデアはいつも面白い。

香港_7630.jpg

上の秋刀魚というのは、台湾で日本を紹介する雑誌らしい。

編集長が福井出身の若者で、下の青花魚(サバの事)という

福井だけを紹介する雑誌も発行したとのこと。
 
香港_7613.jpg
 
香港_7614.jpg
 
この日は来客も多くて、先日香港から取材に来た雑誌記者も。
 
今回はお母さんも連れて、取材兼観光だという。
 
香港_7697.jpg
 
中部特集の出来上がった本を持ってきてくれた。
 
香港_7699.jpg
 
案内したわにぶちさんと一緒に、何箇所か乗っている。 

読めないけど、漢字なので違和感がない。
 
この日は三国の荒磯亭に、取材を兼ねて宿泊したらしい。
 
  

2018年5月22日

久々のハーモニーホール。

新しく印刷が上がってきたジンタンの学校案内。
 
ジンタン_7419.jpg
 
卒業した若鶏たちがメインで載っている。

しかし今時毎年のようにパンフレットを作るのは学校くらい。
 
昔は当たり前のようにあった会社案内パンフレットも
 
今では簡単に内容を変更できる、ウェブサイトに替わられている。
 
広告もなくなったが、撮影も含め大きな仕事だった会社案内もなくなった。
 
散歩_7427.jpg
 
アトリエ前の交差点は、保育園の散歩ルート。
 
エンゼルランドに行く近所の保育園だろう。微笑ましい。
 
ハーモニー_7705.jpg
 
金曜の夜は、家族で1年間ベルギーに行ってた
 
福大の湊先生の奥さん、大宅さおりさんのソロコンサート。

案内していただいた名前間違えてるけど。
 
元音楽学科の先生たちと一緒に、久しぶりにハーモニーホールへ。
 
ハーモニー_7613.jpg
 
ハーモニー_7615.jpg
 
湊先生と同じくベルギー王立芸術学院の出身で
 
毎日8時間は練習しているというピアニスト。

まぁハーモニーホールでコンサートをするくらいだから。
 
終わってからは、たくさんの人がホールで談笑していた。
 
一福_7627.jpg
 
一福_7624.jpg
 
終わるのが9時ちょっと前という、ハーモニーホールのレストランも

閉まってしまう中途半端な時間。
 
帰り道に一福によって、軽く蕎麦を引っ掛けて帰る。
 
ワサビで食べる塩だし蕎麦はスキッと。 

酒飲んだ後は、きっとさらに美味いんだろうな。
 
 

2018年5月20日

アクティブ・ラーニング。

もうこれまでの、先生が板書して学生がノートをとる、

そんな講義形式の授業だけでは、能動的な社会人に育たない、という流れ。

アクティブ_7576.jpg

アクティブ_7577.jpg

もちろんすべての授業ではないが、こうしてグループで

自分の意見を言い、人の意見を聞きながら

一つのテーマについてキーワードを広げて、まとめて発表する。

こういうアクティブ・ラーニングというのが、随分前から推奨されている。
 
アクティブ_7579.jpg

指導する側も難しい。会議やこういうグループワークを

進行する人をファシリテーターと言って、また育成する。

普段からの知識や関心、経験によってどうしても発言は偏るのだが。
 
欧米では小さい頃からこんなスタイルの教育なので

コミュニケーション力が圧倒的に高いのだという。

英語教育も含め、日本の子どもたちも順応して行くんやろなぁ。
 
仁愛高_7430.jpg
 
関係ないけど、仁愛高校の玄関にある制服のミニチュア。
 
よくできてる。アート作品みたい。
 
 
 
 
 
 

 

春江のバラ園、絶好調。

例年、足羽山の麩市のバラ園と春江のが報道される。
 
春江_7590.jpg

春江_7591.jpg
 
春江_7592.jpg
 
おとといの金曜日、まだ咲き始めだから人工物のようにきれい。
 
春江_7593.jpg
 
地元の愛好家の人たちが、せっせと手入れをしてる。
 
バラだけでなく、いろんな花が生き生きしてる。
 
春江_7589.jpg
 
午前中にゆりドームのゆりいちに。
 
春江_7586.jpg
 
春江_7587.jpg
 
春江_7588.jpg
 
スタッフがお目当てだったというイチゴ。箱買い。
 
確かに、店にいる間に箱が全部なくなった。
 
春江_7584.jpg
 
自分のお目当てはこの豆腐。今度三国の店で買ってこよう。
 
 

2018年5月17日

金沢・北陸税理士会。

税理士という聞くからに堅くて真面目な仕事。
 
税務_7550.jpg
 
税務_7548.jpg
 
世話になっている村中会計は、税理士でもあり、

北陸税理士会の役員にもなっているらしい。
 
税務_7549.jpg
 
アトリエの造園屋さんも、ここの顧客を紹介してもらった。
 
税務_7554.jpg
 
北陸税理士会で、独自の中小企業事業継承のパンフレットを作ると

村中会計と金沢の税理士会へ。
 
税務_7553.jpg
 
アタマの堅い、というイメージだったが、金沢も富山の税理士さんも

結構穏やかで話のわかる、いい感じの役員さんたちだった。
 
むしろボランティア役員で、前向きな人しか集まらないんだと。
 
全国の税理士会もあって、企業のサポートでは弁護士も含め

1%の成功報酬でも何億ってお金が動くという。
 
ちょっと世界が違うわ。
 
 
 

春から初夏へ、花木が次々と。

昨日はいきなり夏の陽気だった。

温度_7567.jpg

福井では春江が一番、ほぼ30度。
 
エゴノキ_7398.jpg
 
エゴノキの小花がいっぱい。新緑と一緒なのがいい。
 
ヤマボウシ_7562.jpg
 
ヤマボウシも次々と開いてきてる。
 
シラン_7396.jpg
 
街中のあちこちでワンサと咲いてるシラン。
 
シラン_7393.jpg
 
シラン(紫蘭)なのに白いのも、いっぱい広がるとなかなかいい。
 
一輪挿し_7392.jpg
 
ミヤコワスレをコップに浮かべた一輪挿し。
 
来客に好評。
 
犬ふ_7569.jpg
 
コンクリのスキマにもあぜ道に咲いているイヌフグリ。
 
シャク_7566.jpg
 
シャクヤク_7572.jpg
 
前日には蕾だったシャクヤクも一気に開花。
 
シャクヤク_7575.jpg
 
今年花をつけたのは一輪だけ。
 
玄関で来客のお出迎えで活躍中。
 
 
 
 
 

宇宙からの写真やと。

2017年12月に打ち上げられたソユーズ宇宙船で

到着した国際宇宙センター(ISS)に長期滞在中の金井宣茂さんという

宇宙飛行士が投稿した日本列島の夜景が話題らしい。
 
宇宙PG.jpg

最初は関東方面だけかと思いきや、

多分福井も含まれてる。今更ながら影は薄いが、

地方は地方としてのらしさに磨きをかければいい。

金沢は最近観光客が多すぎて、暮らしづらい街になっているという。
 
しかし金井さんなんて宇宙飛行士も影が薄い。
 
毛利さんの時代は、報道がすごかったから。
 
 
 

2018年5月15日

雨の日曜、勝山・花月楼。

日曜だけ一日中本格的な雨。
 
花月_7517.jpg
 
少し時間があったので、最近めっきり腰が重くなって

引きこもり気味の両親を連れ出して、お昼に外食へ。
 
花月_7523.jpg
 
勝山の花月楼へ。二人とも84の高齢なので

ビッフェでは全く元も取れないのは承知で。
 
花月_7519.jpg
 
花月_7520.jpg
 
とはいえ年寄り向けの、いい惣菜がいろいろあって安心。
 
しかし二人とも9つの皿が埋まらなかったみたい。
 
花月_7524.jpg
 
花月_7525.jpg
 
いろいろと制約のある自分にもなかなかいいメニュー。
 
花月_7533.jpg
 
雨の日曜で割と空いていた。でも7割は客がいたけど。
 
花月_7535.jpg
 
花月_7539.jpg
 
なんだかんだと、昔の建物を懐かしんで楽しんでいた。
 
あれだけでよほどお腹がいっぱいになったと見えて
 
帰りに永平寺の道の駅にも寄ったのだが、全く買い物もしなかった。
 
天気だったら大野の朝市に行く予定だったけど。

 
  

山形の博物館〜創作の森。

土曜の天気のいいうちに、ヤナセに支払いついでに県立博物館へ。
 
博物館_7469.jpg
 
博物館_7470.jpg
 
この施設がこのまま県庁跡にあってもいい。
 
博物館_7472.jpg
 
博物館_7473.jpg
 
本当に緑が素晴らしく綺麗。
 
まさしく都会はこんな環境こそ駅前にある。惜しいわ。
 
博物館_7471.jpg
 
最近珍しく館内撮影禁止で、ここで撮っても注意された。
 
すいません。
 
創作_7484.jpg
 
その足で金津創作の森に。イベントですごく混んでる。
 
創作_7559.jpg

毎年人気のクラフトマーケット。出店も全国から。
 
創作_7485.jpg
 
創作_7486.jpg
 
先般の河和田の時のように、若者がいっぱい。
 
森のキッチンも夕方ではほとんどが完売。
 
創作_7502.jpg
 
創作_7488.jpg
 
創作_7490.jpg
 
創作_7491.jpg
 
こちらは展覧会。創作の森に住んで活動している作家さんたち。 

竹細工や木工、染色。陶芸。

創作_7493.jpg
 
創作_7495.jpg
 
創作_7497.jpg
 
ゲストで今立の和紙。先日日華化学のエントランスに

作品を作っていただいた長田さん。
 
創作_7504.jpg
 
創作_7505.jpg
 
森を背景にした贅沢な展示のガラス作品。キレイやった。
 
創作_7508.jpg
 
創作_7510.jpg
 
創作_7513.jpg
 
外も若者たちでいっぱい。お店もいっぱい。
 
日中は車も入りきれず、シャトルバスで輸送してたらしい。
 
創作_7557.jpg
 
創作_7558.jpg
 
アトリエの笏谷カラーで思わず買ってしまった皿。
 
後で信楽焼だとわかった。
 
創作_7509.jpg
 
ユニクロや100均とは真逆の商品に、これだけ人が集まるんだから
 
福井もまだまだヤルもんだと思うわ。
 
 
 

景観賞のハマナス。

4年くらい前の景観賞で、三里浜のハマナスがノミネートされたが

季節が全くズレていたので、本物を確認することはできんかった。
 
景観賞16.56.jpg
 
ハマナス012.jpg
 
どれくらいの群生かはわからんけど、タイミングみて撮りに行ってみよう。
 
ハマダイコンもチェックしてみるわ。
 
海_7474.jpg
 
この前に行った時、ゴミが大量に積んであった。
 
実際にはもっともっと浜辺には落ちていた。
 
海_7475.jpg
 
海_7476.jpg
 
浜辺の林にはハリエンジュがいっぱい咲いていた。別名ニセアカシア。
 
海_7482.jpg
 
最初はまさかこれ...?と不安に。でもあまり大差はないか。
 
海_7481.jpg
 
どこにでもありそうで、福井にしかない風景を探してる。
 
  

 
 
 

2018年5月14日

ハマダイコン

ハマナスの写真探したけど、見つからんかった。
そもそも、そんなに群生というほど咲き乱れてるのは見たことないわ。
それより越前休暇村あたりのハマダイコンはあかんの?
午前中は順光で撮れると思う。
自分がよく行く午後遅くやと、海が白くなってまう。
もしかするともっと遅ければ、夕日がらみで撮れるんかもしらん。
はまだいこんresize32591.jpg
これは携帯写真で5月3日に撮った。
へろさわ

2018年5月13日

キャラクターの田んぼアート。

坂井市コミュニティセンターのキャラクターの一つを

地元の子どもたちと、田んぼアートにするので開会式に呼ばれた。
 
たかむく_7439.jpg
 
たかむく_7443.jpg
 
石墨慶一郎という名前は聞いたことがあるだろう。

コシヒカリが生まれた発祥の地・舟寄で、まずは神事が執り行われる。
 
たかむく_7442.jpg
 
子どもたちにもキャラクターの説明。
 
たかむく_7576.jpg
 
手前は福大の留学生たちも参加。
 
たかむく_7578.jpg
 
地元の人たちが舟寄音頭を踊って。ほぼお祭り。
 
たかむく_7449.jpg
 
早乙女さんたちが記念の田植え。
 
たかむく_7581.jpg
 
たかむく_7456.jpg
 
田んぼアートの田んぼで子どもたちが田植え。
 
福井テレビもFBCもケーブルテレビも、マスコミが一斉に撮影取材。
 
たかむく_7433.jpg
 
たかむく_7462.jpg
 
キャラクターは、すでにTシャツやクリアファイルに活用。

担当した卒業生は、住宅メーカーに就職して土日は仕事で

出席できなくて残念がっていた。
 
散歩_7580.jpg
 
散歩_7584.jpg
 
帰り道に周辺を散歩しながら戻った。
 
この辺りもほとんど農家で、外構がしっかりした家が多い。
 
たかむく_7460.jpg
 
たかむく_7461.jpg
 
途中畔みちを近道したら、昔のようにタニシやカワニナが。
 
なつかしい。まだ生息してるとこもあるんか。
 
いい天気で、半日でも鼻の頭が赤く陽に灼けた。
 
 
 


 

評判倒れ。

いつも正月の小川印刷の素材を探している。

知られざる福井〜誰よりも地元福井を知って訪ね歩く企業、というテーマで。

今年狙ってたカタクリがアカンかった。
 
鷹巣_7606.jpg
 
昨日の新聞の1面記事を見て、鷹巣の海水浴場行ってきた。
 
え...ここ?って感じで。何人か来てたおばちゃんらと意気投合。

の〜、これはないわの!って。
 
鷹巣_7587.jpg
 
まだこのマメ科の群生の方が絵になる。
 
三里浜のハマナスの群生も撮ってみたいのだが、なかなかタイミングが合わない。
 
広沢が撮ったのないやろか。いつ頃かな。
 
 
 

2018年5月12日

健康と散歩。

普通に生活していると2,000歩ほどしか歩かない。

今年度の前期は、初めて福大も仁愛大学も開講授業がなく、

夕方に余裕があるので、時々広沢のように近所を歩くのだが。

散歩_7344.jpg
 
また景観のセミナーの資料になる、春江中学の前の道。
 
散歩_7346.jpg
 
近所の集落は日本の在所らしい、いい家が多い。

珍しいシラカシやヤツデ、コデマリ、レンギョウなど

いくつもの樹木で見事にできている生垣。これはすごい。
 
散歩_7348.jpg
 
けっこう目標にしてる雑草のように、いつもいろんな草花が

自然に家の周りに咲いている。
 
散歩_7349.jpg
 
家さえ取り囲んで森のようになってる風格のある家。
 
散歩_7350.jpg
 
エンゼルランドに戻る。連休中は県外ナンバーでいっぱいやった。
 
散歩_7421.jpg
 
iPhoneのカメラの実力はすごい。人の目のように見えたように映る。
 
フムフムでは今95%はiPhoneの写真。
 
撮って5秒くらいでAirDropというアプリでMacに転送できる。

記録やメモとしてもバツグン。

前述の新型プジョーの話題とは矛盾してるけど。
 
健康_7337.jpg

最近の健康ランチの一例。
 
豆腐はもちろん、もずくやおから、昆布巻きや海藻サラダ。
 
スタッフも付き合うとダイエットにいいわ、と今んとこ歓迎。
 
健康_7422.jpg
 
いねすの油揚げと煮豆。これがまたうまい。
 
しばらくカフェやランチのネタは、出ないかもしれんなぁ。
 
  


 
 
 


2018年5月11日

はぴりゅうがジンタンに。

福井市から、国体がらみのエプロンのデザインを依頼された。
 
はぴりゅう_7401.jpg
 
はぴりゅう_7402.jpg
 
その授業中にはぴりゅうが乱入。
 
若鶏たちは大喜び。
 
はぴりゅう_7403.jpg
 
はぴりゅう_7405.jpg
 
確かに原画よりもアタマのバランスが良くなってカワイクなってる。
 
しかしタレントじゃあるまいし。そんなにウレシイか。
 
はぴりゅう_7407.jpg
 
はぴりゅう_7408.jpg
 
実はあまりたいしてデザインできる要素は少なくて、
 
結局どんな方言を使ったかが、選考のポイントとなった。
 
はぴりゅう_7414.jpg
 
ノミネート案から学生たちで投票して決定。
 
国体がらみで新聞社が取材にやってきた。
 
国体エプロン記事*.jpg
 
県民エプロン記事*.jpg
 
今朝県民福井も買ってきた。えらくデカい扱い。
 
はぴりゅう_7418.jpg
 
若鶏たちは触りまくって抱きついて
 
中の人は複雑やろなぁ。一言も喋らんかったけど。
 
エラいわ。
 
 
 
 
 

2018年5月 9日

雑草ガーデン。

寒いくらいの日が続くせいか、庭の花の持ちがいい。
 
ミヤコ_7377.jpg
 
クローバー_7376.jpg
 
ほったらかしのミヤコワスレとブラッククローバー。
 
花はシロツメグサとおんなじ。
 
エリゲロ_7378.jpg
 
何年か前に植えたエリゲロン。どれもたくましく自生して毎年広がる。
 
こういう雑草や野草のようなのを目指していた。いい感じ。
 
プジョー_7372.jpg
 
やっと3008プジョーは555。

計算したら25万km走った前のプジョーのまだ450分の1!
 
いかによく走ったか。まだ未練がましく前のプジョーが懐かしい。
 
3008.jpg

これはカタログ写真。デジタル満載で、機能性バツグン。
 
なんの不満もない運転しやすい車だが、なんかなぁ。
 
デジカメが出た時に、やっぱフイルムカメラでないと!と拒んでた

年配の人らとおんなじや。

年寄りはなんでも、昔は良かったけどなぁ〜というらしい。 
 
 
 

 

夏の陽気から逆走。

昨日今日とやけに涼しい。
 
普段なら連休から半袖なのに、今日は長袖。
 
八日_7379.jpg
 
八日_7380.jpg
 
今月の八日餅は、わらび餅とお茶葉の上用まんじゅう。
 
八日_7381.jpg
 
八日_7382.jpg
 
わらび餅は上品なこしあんで、まんじゅうはつぶあん。
 
とはいえ、節制中なので半分づつ。
 
文春_7271.jpg
 
文春に全国の有名丼特集をしていて

蟹の坊の甘エビ丼が載っていた。ものすごくうまそうやけど、厳禁やろなぁ。
 
 
 

2018年5月 7日

べにや惨事。

授業やセミナー用に、新しいiPadを買った。
 
アップル_7366.jpg
 
アップルは本体だけでなく、ケースやペンなどの付属品まで

パッケージがこれでもかというくらい、すっきり。
 
べにや_7368.jpg
 
新しいiPadはこれまでのよりかなり大きく、

比較するのになんかハガキないかな、とたまたま手に取ったのが。
 
べにや_7361.jpg
 
福井ではもちろん、NHKの全国放送でも報道された大火事。
 
このfumfumでも、上の『過去の記事』をクリックして

『べにや』で検索すると、女将と女性起業のセミナーしたり

田中カントクと泊まったことが出てくる。
 
べにや_7370.jpg
 
益々幸多き一年であります事を...の一言が悲しい。
 
開花亭に続いて、芦原のワンツー旅館がこんな不幸に会うなんて。
 
周りの力を借りて、なんとか復活してほしいものだ。
 
 
 

2018年5月 4日

今立で、また蕎麦。

連休中はずっと祭事続きの和紙の里だが。
 
和紙_7325.jpg
 
2日(火)のザウルスでも神事のニュースを大々的に報道。
 
新聞でも連日大きく取り上げている。
 
和紙_7298.jpg
 
3日(木)は法華八講という法要があると、

杉原さんから案内があったので、母親を連れて今立へ。
 
着いたらビックリ。いつもはどこにでも停められる駐車場がほぼ満杯。
 
和紙_7299.jpg
 
前回は木陰を選んで停められたのに、こんなに人がいるとは。
 
和紙_7303.jpg
 
和紙_7302.jpg
 
車に乗らなくなって、最近家からあまり出ない両親を連れてこうとしたが
 
父親は今立まで遠いな、ものごい。と母親だけを連れて出た。
 
和紙_7304.jpg
 
あまり乗り気でなかったが、人が多い賑わいで元気が出てきて
 
あれたべよ、なんかないんかと歩くのも調子が出てきた。
 
和紙_7309.jpg
 
とみつの芋や団子や焼き鳥などを買い食い。
 
和紙_7306.jpg
 
和紙_7307.jpg
 
今は入場無料のせいもあるだろうけど、先日は一人でじっくり見られた

卯立の工芸館も次々と人が。
 
和紙_7308.jpg
 
即売所にも人の波が。和紙がいくら安くても買うんやろか。
 
和紙_7323.jpg
 
和紙_7322.jpg
 
あの静寂な大瀧神社にも大勢の人が。本物の伝統祭事ならでは。
 
海外の人にはたまらんやろ。これこそ日本だと。
 
和紙_7311.jpg
 
3時過ぎの中途半端な時間だったが、初めての蕎麦屋へ。
 
杉原さんが、マニアックすぎて客人を連れてくにはちょっと...という生蕎庵。
 
しかしネットでの評判は、蕎麦打歴30年の粉も店で挽いてるという

本格的な蕎麦屋だという声が多いので、

仁愛大学に来た時でも行こうと思ってたが、なかなか来れなかった。
 
和紙_7312.jpg
 
丁寧ないいメニュー。森六もすぐ近いのに。
 
和紙_7314.jpg
 
来ましたねぇ。平たい十割おろし。
 
和紙_7315.jpg
 
中途半端な時間だったので、客は自分と母親だけ。
 
なんた硬い蕎麦屋や!と言いながら、歯は全部自前の母親はモグモグ。
 
和紙_7316.jpg
 
もう一つは盛りそば。まず塩で食べてみてと。少しやさしい食感。
 
蕎麦によって粉の挽き方もアレンジしてるという。
 
鯖江の佐野蕎麦ほどではないにしろ、確かに越前そば初心者には強いかも。
 
この1週間で4軒も蕎麦屋を巡った。
 
いねす_7317.jpg
 
いねす_7318.jpg
 
帰り道にきねやによったら、意外とすいていた。
 
それもそのはず、めぼしい野菜はほとんどなくて、ぼた餅は完売。
 
いねす_7319.jpg
 
祭り気分もそのままに、下商店の人形焼を買って帰った。
 
帰ったらWOWOWを見ていた父親に、母親が、おもっせかったのに!

一緒に来れば良かったのに!と出歩いたことを自慢していた。
 
午後からはなんとか雨も上がって、イベントも少しは良かったかもしれない。
 
 
 

 

14年目の庭仕事。

今の春江に越してきたのが2004年なのでもう14年目。早いわ。
 
07.7garden.jpg
 
2007年7月という記録写真。芝が青々としている。
 
18-05garden_7550.jpg
 
今朝の写真。昔は超広角レンズがなかったので、縦で撮って合成している。
 
奥のモミの樹が倍くらいに成長している。
 
2009庭_0423.jpg
 
2009年の春先。スカスカで周辺が丸見え。
 
カタツムリ_7527.jpg
 
アマガエル_6959.jpg
 
カエル_7267.jpg
 
今はでかいカタツムリがいたり、カエルはあちこちに。 
 
イチョウ_7264.jpg
 
山形のイチョウもだいぶ大きくなったので

そろそろ地植えにしようかと思てる。
 
ミヤコワスレ_7339.jpg
雑草のようにミヤコワスレも、この季節に一斉に。
 
時間を経てからでないとわからないことは、やはり歳をとらないと。

外気温_7327.jpg

連休中だというのに、今朝の外気温は9〜10度。
 
長袖パーカーは、もう着ないと思ってたが重宝するほどヒンヤリ。
 
暑かったり寒かったり、連休中イベントがある人たちは大変。
 
 
 
 


 
 
 

2018年5月 3日

田中カントクと、また蕎麦。

別に痛風に効くわけではないけど、ここんとこ蕎麦が多い。
 
カントク_7273.jpg
 
連休の間に田中カントクが福井に来ていて、

美浜の今後の打ち合わせも兼ねて、飯でも。

と、わにぶちさんから連絡があり、やす竹へ。
 
カントク_7274.jpg
 
酒は飲まないのだが、蕎麦も料理も美味しいとこって意外とない。
 
蕎麦の専門店はいくつもあるけど。
 
カントク_7276.jpg
 
旬の山菜や舞茸の天ぷら。

竹田の油揚げやワラビのおひたしを、うまいうまいと喜んでた。
 
カントク_7277.jpg
 
シメはやはり蕎麦。ネギと桜海老のかき揚げ。
 
カントク_7278.jpg
 
わにぶちさんは、大好きだという揚げ餅おろし。
 
カントク_7281.jpg
 
カントク_7279.jpg
 
カントクは渋く、おろし三昧。食べ方の説明を受けて。
 
現在福井の仕事をしながら、映画も3本くらい企画が進行中らしい。
 
福井のメシに食べ慣れたら病みつきになるって。

ホテルの朝食が、どこよりも美味しいらしい。
 
 
 

カタクリと蕎麦。

いまだて芸術館に行った時に、八ツ杉のカタクリを撮りに。
 
前回雪で全く進めなかった、池田に向かう途中の山。
 
八ツ杉_7520.jpg
 
ところが新緑は素晴らしかったが、カタクリはすでに終わり。
 
八ツ杉_7194.jpg
 
山からは池田の集落が見える。
 
むさし_7201.jpg
 
降りてからお昼は粟田部のむさしや。
 
むさし_7202.jpg
 
ずいぶん前に合併協議会の時に来たことがある。
 
むさし_7203.jpg
 
白いベレーのおんちゃんは、おそらく地元の作家さんで

連れの客人に、和紙と蕎麦の自慢をしきりに説いていた。
 
むさし_7204.jpg
 
この早刈蕎麦をざるでもらった。
 
天ぷらうどんがあったので、天ざるは?と聞いたが

あっさり、ない!と拒否された。
 
むさし_7205.jpg
 
むさし_7208.jpg
 
すぐ近くに勘助という店も昔はよく言ったが

やはり粟田部では、食堂でも蕎麦はどこでもうまい。
 
地元の人のたちが求める、蕎麦の標準のレベルがかなり高いのだろう。
 
おそらくそんなことは意識もしてないだろうけど。
 
ちなみに粟田部の姐さんは、出かけていて不在だったらしい。
 
かくれ_7165.jpg

何日か前にもかくれ庵で蕎麦。

松山名誉会長と行けなかったのでスタッフとリベンジに。
 
やはり蕎麦三昧。おろしとざるとワサビ出汁。
 
かくれ_7162.jpg
 
痛風対策?で具なしの蕎麦と野菜ばっか。
 
こないだのうどんも美味かったが、やはり蕎麦はいい。
 
 
 

 

1300年の大きなイベント。

先日の新聞にも載っていたが、この連休中に和紙の里で大きな行事。
 
和紙2017-1.jpg
 
和紙の杉原さんから送られてきた。
 
しかし1.300年ってまるで実感もわかない長い年月。
 
大瀧_7465.jpg
 
大瀧_7466.jpg
 
先週末に準備ちゅの大瀧神社に行ってきた。

相変わらず荘厳。
 
大瀧_7469.jpg
 
地元の子どもが走ってきて、元気に挨拶して

神社に参ってまた走り去って行った。
 
野球かサッカーをやってるこ子だろうか。

映画の演出のようなシーン。手前は舞台の準備。
 
大瀧_7474.jpg
 
大瀧_7493.jpg
 
すぐ近くの味真野苑の牡丹。紙細工のように繊細。
 
和紙_7222.jpg
 
和紙_7223.jpg
 
紙の博物館。観光客が結構やってきた。
 
和紙_7229.jpg
 
木陰に新しいプジョーを停める。
 
和紙_7239.jpg
 
以前にみんなで飯田に行った時に歩いた和紙の里。
 
和紙_7231.jpg
 
和紙_7232.jpg
 
和紙_7233.jpg
 
和紙_7235.jpg
 
卯立の工芸館では田の字の座敷に襖絵の展示。
 
和紙_7237.jpg
 
何年か前の仁短卒業生が、観光客にガイドをしていた。
 
あまり話さない静かな子だったが、なかなか結構なもんや。
 
和紙_7242.jpg
 
和紙_7244.jpg
 
いまだて芸術館では、21世紀美術館の館長さんが来てギャラリートーク。
 
和紙の非常勤の先生から案内をもらって、前の方に座れた。
 
fuの編集長や、新聞社の文化生活部の記者とも会った。
 
和紙2017-2.jpg
 
連休後半のスタートは天気悪くて大変やろな。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年4月です。

次のアーカイブは2018年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。