2017年11月アーカイブ

2017年11月30日

寛山。

勝木書店で一緒にお仕事していた人が退職するので、
久々に駅前へランチに行きました。

どこにしようか悩んだのですが、落ち着いた所のほうがと思い、
以前から行ってみたかった「サロンドシェフナカヲ」へ。
時間も午後1時からだったので、ほぼ貸切状態でした。
残念ながらランチの写真はありません。
久々の外食に、撮り忘れて、すぐ食べちゃったからです。

その後、「寛山」へ。
寛山入口.JPG
入口こんなだったかな?あまりに久しぶりだった。

30代3名と辛うじて50代の私、60代が1名の5人グループなのですが、
書店勤務時には仲良くしてました。
寛山1.JPG
純喫茶王道のミックスジュースは、なみなみとジョッキで。

寛山2.JPG
私は、これまた懐かしいウインナー珈琲をオーダー。

トイレは高齢者用に手すりが沢山設置されてて、
常連さんの高齢化が進んでるんだろうと。

来年の国体以降にユアーズホテルは取り壊されるようです。
勝木書店駅前本店もそのうち閉鎖するのかもしれません。

よっこ

小村屋

何度か行った。 高い、量が少ないという印象。
ところが最近、大きく値下げしたと聞いていた。
流行らんのかもな。
味は悪くないと思うけど。

2017年11月29日

ラーメン・小村屋。

広沢んちの近くのラーメン屋。初めて行った。
 
小村屋_4603.jpg
 
中華そばが380円!大丈夫か。
 
小村屋_4602.jpg
 
連れは福井ネギのトッピング。170円、ラーメンの半分くらい。
 
小村屋_4601.jpg
 
自分はチャーシューと煮卵。
 
麺が透き通ってシコシコ感がなかなかいい。
 
小村屋_4597.jpg
 
隣が贔屓にしてるアミの風林亭の本店やったか。
 
さっぱり中華そば。
 
 
 

桐生・県営陸上競技場。

日本初の9秒台を記念する何かを考えて、と商工会議所からの依頼。
 
桐生_4576.jpg
 
視察の予定が絶好の秋晴れ?小春日和の日。
 
桐生_6720.jpg
 
今回も河和田の若者デザイナーと組む予定。
 
桐生_4573.jpg
 
これがそのトラック。野球場と違って競技場内はかなりサッパリ。
 
桐生_6711.jpg
 
アマチュアスポーツということもあるが、看板や広告はない。
 
桐生_6676.jpg
 
桐生_6677.jpg
 
ささやかながら、中には少しだけ桐生コーナーが。
 
桐生_6717.jpg
 
屋内トラックも初めて見た。
 
桐生_4578.jpg

桐生006.jpg

隣の県営野球場は昔よく来た。40年前の写真。
 
桐生_4577.jpg
 
県営体育館もリニューアル。
 
桐生_4581.jpg
 
桐生_4582.jpg
 
国体に向けて、着々と準備が進んでいるみたい。
 
桐生_6745.jpg
 
ホントにいい天気だった。
 
帰り道、ジャムも白山もよく見えた。
 
 
 

2017年11月28日

卒業生、さまざま

いいの~、西畑。 卒業生とランチ。
そうやって訪ねてもらえると、この仕事やっててよかったと思うやろ。
俺もたま~にはある。

今朝、新聞を見ていてびっくり。
卒業生がわいせつ行為で捕まってた(T_T)
わいせつはあかんな。 相手もいることやし、格好も悪い。
でも20代の失敗はなんとか挽回できるはず。
パンツ大臣もいるくらいやから。
何か言ってやりたいけど、そんなこともできんわ。

新聞でこれもたまにあること。

同業者が悪いことして、ちゃまってることも~(--〆)
へろさわ

創作の森、河口龍夫展。

福大の卒業生たちと一緒に、金津創作の森へ。
 
創作_4595.jpg
 
河口龍夫さんという、金沢美大の先生。
 
作品そのものは難解、いわゆるコンセプチュアルアートというか

展示そのものというより、作品の考え方=作品という...難しい。

今回は解説マップが準備されていて、非常にわかりやすかった。
 
創作_4544.jpg

4年間、毎日闇を鉛の箱に閉じ込めた作品。
 
創作_4545.jpg
 
電球を鉛で閉じ込める。光と闇がテーマになってるのがわかると
 
解説を読んでも、なるほど、とわかったような気になる。
 
創作_4547.jpg
 
完全に真っ暗な部屋で撮った写真。当然何も写ってない。
 
しかし完全な闇が映ってるんだと。なるほど。
 
創作_4551.jpg
 
創作_4552.jpg
 
創作_4555.jpg
 
創作_4557.jpg
 
やはり創作の森の展覧会は、公共の美術館と違って、わからんけど面白い。
 
創作_4558.jpg
 
創作_4559.jpg
 
屋外の作品。巣箱があちこちに。森はもう深い秋。
 
創作_4560.jpg
 
池にも黄色の浮遊作品が。
 
先日の奥能登でも、あの黄色一色の部屋で出展していた。
 
創作_4562.jpg
 
創作_4563.jpg
 
どの季節に来ても、創作の森はいいわ。
 
創作_4594.jpg
 
その日の帰りの新幹線から、

久々の福井、最高に楽しかったです!と送ってくれた写真。
 
何年経っても卒業生やな、と実感する。
 
 
 
 

 

10年前の卒業生。

実際に卒業したのは7〜8年前だが、

10年前に持っていた福大生たちが遊びに来た。
 
ウールー_4593.jpg

そのうち一人が東京にいて、来年結婚するらしく報告を兼ねて。
 
ウールー_4532.jpg
 
ほぼ10年近く経っても、同じように美術の番組見て楽しんでいる。
 
ウールー_4524.jpg
 
ウールー_4525.jpg
 
お昼は近所のビストロ・ウールーへ。
 
ウールー_4526.jpg
 
ウールー_4528.jpg
 
ランチコースは、このサワラのソテーまででギブアップ。
 
鶏肉料理とご飯は分けて食べてもらった。
 
ウールー_4592.jpg
 
ウールー_4529.jpg
 
この店の名物のデザート、7種類くらい選べる。
 
この卒業生はウララに行ってるので、ランランと撮影。
 
ウールー_4530.jpg
 
懐かしの卒業生たちと、久々のいい時間。
 
さすがに仁短生と違って大人だと思ったのは

皆コーヒーを普通に選んだ時。皆もう30くらいやで。
 
 


 
 
 

2017年11月25日

豆とくるみランチ。

今日は土曜日だったが、台風の休講の補講があって。
 
豆_4498.jpg
 
お昼に坂井市の打ち合わせをした後、空いてる若鶏を連れてランチに。
 
豆_4497.jpg
 
いつものイタリアンやカフェではないおこわランチに大喜び。
 
豆_4500.jpg
 
豆_4502.jpg
 
食後の抹茶と生菓子も。

ランチはこれだけなので、しょっちゅう来ないけど。たまにはいい。
 
豆_4503.jpg
 
アトリエ2階のホットカーペットを敷く手伝いして。

アートのアニメを1時間ほど楽しんで、一人があわら温泉の仲居のバイトに。
 
豆_4505.jpg
 
あとの二人を連れて雑貨屋のベント行って。

二人とも住宅メーカーに就職が決まってるので、

豆とくるみも含め、リノベーションの店舗をあちこち教える。
 
豆_4506.jpg

豆_5150.jpg

そのあとはギャラリーへ。

今日から丸岡高校の美術教師の先生の展覧会。
 
昔自分が福大にいた頃、夜間部で大学院に来ていた熱心な先生。
 
豆_4507.jpg
 
豆_4508.jpg
 
豆_4510.jpg
 
豆_4511.jpg
 
この大きな頭像は100kgもあるらしい。
 
豆_4513.jpg
 
前回いけなくて悔しがってたトンヤカフェでケーキ。
 
この二人は卒業制作で、森田を取材して、福井人のような本を編集している。
 
出来上がりが楽しみ。
 
 

20年目の車検。

さすがに今回はどうしようかと迷ったが

結局もう一度だけ車検を受けることにした。
 
プジョー_4495.jpg

あちこち細かい不備はいくつもあるが、

よく走って空調がちゃんとしていれば問題ない。

ガレージ奥のクルマも19年目。これもよく走る。
 
プジョー_4439.jpg

240,000kmの時も掲載したが。最近ちょうど4が並んだ。

250,000km過ぎたら次を考えるかな。
 
これだけ乗ってるとやはり愛着は深い。
 
初雪_4492.jpg
 
休み明けの昨日は、白いのがうっすらと。
 
初雪_4493.jpg
 
おかげで朝は、天池橋の随分手前から渋滞。
 
仁短行くのに、裏道をかなり回り道して行った。
 
 
 

 
 
 

ひとりカニまつり。

まさにシーズンでニュースでもカニイベントが多い。
 
かにまつり_4422.jpg
 
ここんとこ週末はかなり天気悪いのに、7万人が来るんか。すごい。
 
かに_4429.jpg
 
ハーツのノリパパ行った時に、店頭で茹でてた。

三国やというんで思わず買ってみたが。

やはりスーパーに回ってくるのは内子も小ぶり。

近所のはるせんには、小売のカニがあるらしい。
 
馬面_4490.jpg
 
馬面_4491.jpg
 
金津の卒業生が遊びに来て、持ってきた水ようかん。
 
大野とはかなり違う。ほぼ餡子の甘み。島田好みやろ。

秋の味覚のシーズンも終わってしまうなぁ。
 
 
 

2017年11月24日

撮影の舞台裏。

撮影中に記録を撮ってた別のカメラの画像から。
 
撮影_4076.jpg
 
準備を率先して手伝って働くのは、やはりいつものメンバー。

全員が坂井市のキャラクター会合に参加してる若鶏たち。
 
撮影_4078.jpg
 
ステージの広さとカメラの画角のチェック。
 
撮影_4083.jpg
 
精一杯コスプレしてモデルに扮した2年生たち。
 
撮影_4102.jpg
 
撮影_4135.jpg
 
撮影_4141.jpg
 
本番では、こうして脚立に登って紙吹雪を散らす役。
 
撮影_4152.jpg
 
撮影_4166.jpg
 
4〜5回繰り返して、結構汗だくになってくたびれた。
 
撮影_4188.jpg
 
若鶏たちが自分で考えた企画。
 
出来上がりが楽しみ。
 
 
 

2017年11月23日

早くも卒業制作展。

もう12月がそこまで。
 
デビュー_4442.jpg
 
仁短生が選んだ今年のテーマは『デビュ=』。

少女から女性に、学生から社会人にスタートする意味で。
 
デビュー_4448.jpg
 
各自ドレスアップして、元音楽科のホールで撮影。
 
デビュー_4444.jpg
 
デビュー_4446.jpg
 
まだ若鶏とも言えない、見学する1年生たち。カワイイやつら。
 
デビュー_4450.jpg
 
今回は新しくなった仁短で展覧会がある。
 
準備も設営も何かと大変な予感。
 
早いもんや、もうすぐ今年も終わる。
 
 
 

大野・でっちようかん。

大野では、水ようかんをでっちようかんとして売ってる。
 
八田屋_4432.jpg
 
八田屋_4433.jpg
 
今週の奥越明成高校の帰りに寄ったのだが、

火曜日は伊藤順和堂も含め、あちこちが休みでカステラの八田屋へ。
 
八田屋_4434.jpg
 
箱は皆同じで、シールだけ差し替えてるみたい。
 
八田屋_4437.jpg
 
この倍の厚さが特徴。黒糖の甘さではなくホロッと崩れる。
 
八田屋_4435.jpg
 
他にも和菓子をいくつか買ってみたが、

やはり毎朝作りたてを届けに来る、森八のとはちょっと違う。
 
いもきんもそうだが、売れるからいつも出来たて、

だから美味しいから売れる、という好循環はなかなかできない。

 
 
 

 

2017年11月20日

アミの風林亭。

今日は冬みたいに冷たかったので、あったかいランチへ。
 
風林亭_4359.jpg

一人は野菜天丼のランチに、熱いうどんのセット。
 
風林亭_4358.jpg
 
もう一人は、ソースではなく玉子カツ丼を。
 
風林亭_4300.jpg
 
自分もあったかいうどんセットと思ったが、やはり定番のおろし。
 
ショッピングセンターなのに、ここの蕎麦もなかなか。
 
もともと広澤ん家の近くでやってた蕎麦屋。
 
年寄りのじいさんが、黙々と蕎麦を作ってくれる。
 
ちょっとカメラは向けられんかった。次回。
 
 
 

 

公開・日華化学。

土曜日は日華化学新社屋の一般公開。この日だけ。
 
日華_4404.jpg
 
日華_4402.jpg
 
ほとんど広報とかはしてないのに、SNSで拡がって

建築の学生とか、建築関係者とか、事前申込だけで500人も。
 
日華_4410.jpg
 
日華_4408.jpg
 
建築家の小堀さんの講演が魅力なんだろうけど。
 
これは2回目で席に少し余裕。1回目は席は満杯状態。

日華_4407.jpg
 
日華マークのソファも見える。
 
日華_4409.jpg
 
この日は大津屋が出前で出店。
 
県外からが半分ほどいるので、福井の特産品を販売。
 
日華_4333.jpg
 
普段はこんな感じの社員食堂。
 
日華_4334.jpg
 
河和田の若者たちと手がけたエントランス。
 
日華_4335.jpg
 
日華の技術をアニメーションで仕上げたのも。
 
日華_4337.jpg
 
越前和紙とアートギャラリー。
 
日華_4338.jpg
 
日華ソファーも福井の繊維技術で加工。
 
しかし驚いた。関係者たちへの公開かと思いきや、

業界では、相当注目されていたらしい。

しかし投資した甲斐があったかはこれから。
 
 
 


紅葉ライトアップ。

トイヤカフェの帰りにグリーンセンターへ。 

グリーン_4383.jpg
 
ずいぶん前の新聞にライトアップの記事が。
 
グリーン_4385.jpg
 
今にして思えば、もうギリギリ冬前のタイミングだったかも。
 
グリーン_4386.jpg
 
グリーン_4387.jpg
 
ライトアップ紅葉もまぁまぁよかったけど。
 
人もいなくて風が猛烈に冷たく感じた。ギャーギャー大騒ぎ。
 
グリーン_4391.jpg

さぶ〜!とい言いながらも、携帯向けるとすぐポーズ。
 
カゼ引かんかったやろか。
 
 
 

2017年11月19日

ギャラリー・トンヤカフェ。

E&Cギャラリーではデッサンの浅野先生の展覧会中。
 
浅野先生 記事.jpg

金沢21世紀美術館であるような難解な現代アート。

東京藝術大学の博士号を修得している若手の才媛。
 
ギャラリー浅野_4146.jpg
 
ギャラリー浅野_4145.jpg
 
仁短からお花。福井大学美術科の非常勤講師でもあり

1年間だけ仁短でデッサンの授業をお願いしている。
 
ギャラリー浅野_4140.jpg
 
ギャラリー浅野_4142.jpg
 
説明はちょっとできん。なんと床のカーペットを剥がして。

作品は床に置いてある。綺麗なカーペットでは合わないんだと。
 
ギャラリー浅野_4141.jpg
 
剥がしたカーペットは別の場所に展示。わからん。
 
ギャラリー浅野_4143.jpg
 
メインの作品。耐水ペーパーに色々落書きしてあるような。わからん。
 
ギャラリー浅野_4144.jpg
 
キャンプサイトとか赤いランドセルとか。タイトル見てもわからん。
 
ギャラリー_4362.jpg
 
金曜の夜にパーティがあって、ほとんど福大生。
 
ギャラリー_4360.jpg
 
ギャラリー_4361.jpg
 
ギャラリー_4368.jpg
 
授業終わって空いていた仁短生を二人連れてった。
 
福大生といえども、説明を聞いても理解はできんやろなぁ。
 
トンヤ_4381.jpg
 
そのあと若鶏連れて、近所のトンヤカフェに。
 
トンヤ_4369.jpg
 
トンヤ_4372.jpg
 
オムライスが苦手という若者はあんまりいないやろ。
 
トンヤ_4370.jpg
 
エビとアボガド。上は牛肉とキノコ。
 
トンヤ_4373.jpg

イカとアスパラのトマトソース。
 
トンヤ_4375.jpg
 
トンヤ_4376.jpg

ステーキをサイドメニューで。
 
若鶏たちはそりゃ大喜び。
 
トンヤ_4377.jpg
 
トンヤ_4378.jpg
 
おまけのデザート。しかしやっぱ最近は和菓子に惹かれるな。
 
 

 

移転〜旧店舗武生JUN。

先週の奥越明成高校は雨で福井らしい風景。
 
雨_4320.jpg
 
雨_4321.jpg
 
でも開通した高速のおかげで、大野も1時間で余裕で行ける。
 
武生_JUN4306.jpg
 
さて場所は飛んで武生。

蔵の辻の前で流行ってたケーキ屋JUNが移転。
 
武生JUN_4307.jpg
 
流行ってたんで、大きくなって移転かと思いきや

入ってたテナントビルが取り壊しで、

ずっと昔の昭和の店舗に戻ったというから驚き。
 
武生JUN_4308.jpg
 
さらに驚き。フルーツパフェが1,200円?そんなにしたっけ?
 
武生JUN_4312.jpg

ものすごいタワーのパフェがやってきた。
 
携帯で写真撮ってたら、オーナーがこっちが正面、と直しに来た。

いわゆるインスタ映えというのを意識してるのか。
 
武生JUN_4313.jpg
 
武生JUN_4315.jpg
 
このままでは食べられない、皿に分解したら11種のフルーツ。
 
武生JUN_4317.jpg
 
相対的に武生には、良い意味でヘンな店の率が圧倒的に高い。
 
武生はやし_4305.jpg
 
先に用事があったのは、仁愛大学の帰りに酒販店のはやしに。

こういう本格的な良い店も武生には多い。

大野といい武生といい、金沢と勝負できる小さな福井のまち。
 
 
 
 


うな信で、カニせいろ。

仕事仲間から、うな信でセイコガニのせいろ始めたの知ってるか、

とお誘いの連絡があり。
 
うな信_4351.jpg
 
うな信_4350.jpg
 
その日は6時半から約束があったので、開店5時に店へ。
 
もちろん一番客だが、座敷はほとんど予約だった。
 
うな信_4347.jpg
 
うな信_4348.jpg
 
これか、ウワサのセイコガニせいろ。二杯分だと。
 
うな信_4345.jpg
 
うな信_4349.jpg
 
うな信の定番、せいろ蒸し。
 
うな信_4346.jpg
 
意外と一番美味かったのが白焼き。

カリカリのふわふわをワサビで食べる。

しかしふた切れで1,600円。安くはない。
 
虹_4340.jpg
 
虹_4343.jpg
 
この日も夕方に虹。最近天気の変化が激しい。
 
おかげで時折ビックリするような虹が現れる。
 
一眼レフ持ってたら、田んぼ道で半円形のを撮ったけどなぁ。
 

 

2017年11月18日

大野食堂。

なんともストレートすぎるほどの名称。
 
大野食堂_6524-2.jpg
 
大野食堂_6523.jpg
 
以前審査をしたふるさと福井景観広告賞で、

その大野食堂が景観改善部門で受賞。
 
奥越明成高校のついででは時間がなくて外観だけ。
 
大野食堂_4201.jpg
 
そこで夕方から若鶏たちと大野へ。まずは七間。
 
大野食堂_4202.jpg
 
大野食堂_4204.jpg
 
まずは去年の景観賞のエジソンカフェへ。
 
大野にこんなおシャレカフェがあるなんて!といつも通り喜ぶ。
 
大野食堂_4206.jpg
 
メニューはもちろん、細かいとこまで好みが行き届く。
 
大野食堂_4208.jpg
 
大野食堂_4207.jpg
 
もちろんいもきんも行ったが夕方では完売で、
 
ヴィオ店でも販売中と貼り紙があったので

すぐに向かったが、やはりこちらも完売。
 
大野食堂_4210.jpg
 
大野食堂_4213.jpg
 
大野食堂_4218.jpg
 
まだ少し時間があったので、春日神社の良縁の樹へ。
 
神社のライトアップにそれはもう大喜び。
 
大野食堂_4221.jpg
 
大野食堂_4229.jpg
 
良縁の願い事をさんざんお願いして、はしゃぐ若鶏たち。
 
大野食堂_4233.jpg
 
そして念願の大野食堂へ。
 
大野食堂_4234.jpg
 
大野食堂_4254.jpg
 
大野食堂_4251.jpg
 
ビフォーアフターの番組みたいに、昔の看板や写真を展示。
 
大野食堂_4235.jpg
 
店内も常連客が入りにくくならない程度に刷新。
 
大野食堂_4241.jpg
 
大野食堂_4245.jpg
 
この店の名物、天下統一丼。
 
玉子カツ丼とエビ天丼の合体。そりゃうまいわ。
 
大野食堂_4247.jpg
 
普通の生姜焼きや親子丼、エビフライを堪能する若鶏たち。
 
大野食堂_4248.jpg

さすがに最近は1人前以上は食べられんわ。
 
大野食堂_4250.jpg
 
大野食堂_6524.jpg
 
80年以上昔から地元で親しまれてるのもよくわかる。

大野の景観賞でもノミネートされている。
 
 
 


 

2017年11月14日

虹とファンタ。

仁短に来てから9年になる。
 
会議_4190.jpg
 
年配の先生方は次々と退職されて、

気がつけば、会議も若い人たちが中心になっている。
 
そりゃそうや、一般企業や役所ではもうすぐ定年。
 
虹_4256.jpg
 
虹_4257.jpg
 
虹_4258.jpg
 
土曜日に美浜に向かう時に、見事な虹。久々にクッキリと。
 
ファンタ_4180.jpg
 
全く虹と関係ないが、無性に炭酸が飲みたくなって

コンビニでそそられたのが、大人のファンタ。

今の若者はそそられたりせんのやろなぁ。
 
 


美浜イベント盛況。

ついこないだの新聞記事。
 
サクラサク受賞.jpg
 
前述の記事でも紹介したが、3年前のサクラサクがアジア国際映画祭で

監督賞、主演女優賞(南果歩)、音楽賞(さだまさし)を受賞。

しかも美浜町が姉妹都市で交流している、台湾で表彰式があったという。
 
美浜_4259.jpg
 
美浜_4262.jpg
 
そこで11月11日に前から取り組んでいた、

台湾旅行者が美浜を訪れるプロモーションムービーの完成試写会で

サクラサク受賞の報告会も兼ねた、大掛かりなイベントに。
 
自分も推薦入試が済んでから美浜に駆けつけたら、スタッフがリハーサル中。
 
美浜_4263.jpg
 
田中監督の楽屋には、ムービーで登場するだるま絵の和尚さんも。 

美浜_4268.jpg

美浜_4270.jpg
 
美浜_4271.jpg
 
福井の文化会館より立派なホールに、地元住民が続々と。
 
美浜_4260.jpg

2年間の撮影の後、リアルな美浜旅ムービーの完成報告会。
 
南果歩とさだまさしのビデオメッセージも流れた。
 
美浜_6607.jpg
 
最後にスタッフと町長で、さだまさしへの返信メッセージを撮影。
 
美浜さだ.jpg
 
さだまさしは、自分のテレビ番組でもそれを広報してたらしい。
 
美浜_4274.jpg
 
美浜_4273.jpg
 
美浜_4277.jpg
 
夜は敦賀の駅前でもつ鍋で打ち上げ。
 
美浜はどこも空いてなく、敦賀でも10時からはここしか空いてなかったらしい。
 
夏に撮影した女子旅編はこちら。
 
これから美浜との付き合いがしばらく続きそう。
 
 


 

2017年11月12日

奥能登国際芸術祭02。

お昼はガイドブックを頼りに、地元の食堂レストラン。
 
奥能登_3833.jpg
 
奥能登_3831.jpg
 
このローストビーフ丼が、イベント参加ランチということ。
 
奥能登_3829.jpg

芸術祭スペシャルランチ。一見豪勢だが、実はそれなりに普通。
 
奥能登N4876.jpg
 
奥能登N4861.jpg
 
二階が宴会場になっている元銭湯。時代を感じる。
 
奥能登N4895.jpg
 
奥能登N4948.jpg
 
これも廃線の駅。黄色い部屋。
 
奥能登N4961.jpg
 
奥能登N4957.jpg
 
これも廃線のコンテナが、自由に落書きできる部屋になってたり。
 
奥能登N5044.jpg
 
奥能登N5048.jpg
 
この家まるごとが地元の塩田の塩でいっぱいに。
 
奥能登N5038.jpg
 
奥能登N5056.jpg
 
最終日前日だったので、どの会場も結構な人出。
 
奥能登N5060.jpg
 
相変わらずどこへ連れてってもよく食べる。
 
奥能登N5068.jpg
 
奥能登N5076.jpg
 
ほぼ能登半島の先端。流れ着いたゴミで作った鳥居。
 
こういう考え方の作品は最近増えてきた。
 
奥能登N5085.jpg
 
公民館では、昔の舟から張り巡らされた

巨大なあやとりのような作品。インパクトがある。
 
この日23か所くらいをめぐり、最後の作品。
 
奥能登N5095.jpg

夕暮れ、重い雲が反射して、見たことないような海の色。
 
奥能登N5098.jpg

さいはての芸術祭、のキャッチフレーズが合う深い海。 
 
奥能登_3837.jpg
 
一気に福井まで戻って、丸岡インター降りたとこの大宮亭で夕飯。 

奥能登_3835.jpg

海老大好きが選んだジャンボエビ天うどん。
 
奥能登_3839.jpg
 
朝6時半から夜の9時半まで、ずっと運転してさすがにくたびれた。
 
しかし可愛い若鶏たちが、楽しんで喜んでるのは教師の愉しみ。
 
 
 

大野・奥越明成で授業。

今後の少子化で坂井市もあ春江工業が統合されたし、

鯖江武生も二つ高校が減ることになっている。
 
大野_4182.jpg
 
先週から毎週火曜の午後は、奥越の勝山南と大野東が

一つになった奥越明成高校で授業。
 
大野_4184.jpg
 
総合高校なので、観光を授業の一つとして取り上げ、

デザインのアプリを甲種して欲しいと、昨年に続いての依頼。
 
大野_4185.jpg
 
野球もちょっと強くなって、最近少し話題になっている。
 
先生も生徒もいい感じ。火曜はいもきん休みでガッカリ。
 
 
 

2017年11月 8日

奥能登国際芸術祭01。

これもだいぶ前の話題になるが。
 
奥能登_4195.jpg
 
今年から能登半島の先端で、新潟や瀬戸内のようなアートイベントが開催。
 
奥能登_4194.jpg
 
かなりの準備期間があったようで、ガイドブックやマップも充実して本格的。

奥能登_3819.jpg

奥能登_3817.jpg

3時間以上かかると聞いてたので、朝6時半にいつもの若鶏たちと出発。
 
最初に尼午前でトイレ休憩と朝飯。
 
奥能登N4834.jpg

奥能登_3824.jpg
 
次は千里浜で一息。朝から元気なヤツら。
 
奥能登N4844.jpg
 
奥能登N4849.jpg
 
観光名所の見附島もアート作品の会場。
 
奥能登N4898.jpg
 
奥能登N4913.jpg
 
奥能登N4928.jpg
 
日帰りの限られた時間の中で、キビキビと作品会場を回る。

これはスズ〜と言うてる。チューではない。
 
奥能登N4931.jpg
 
奥能登N4933.jpg
 
奥能登N4968.jpg
 
奥能登N4972.jpg
 
なんでもありの現代アートなので、そこらじゅうなんでも作品に見えてくる。
 
奥能登N4990.jpg
 
奥能登N4993.jpg
 
奥能登N4997.jpg
 
奥能登N4999.jpg
 
奥能登N5007.jpg
 
鯖江でもあった、ひびのこづえの着る作品。
 
奥能登N5014.jpg
 
奥能登N5016.jpg
 
奥能登N5019.jpg
 
奥能登N5028.jpg
 
使われなくなった校舎、廃線になった電車の駅やバス停、

銭湯なんかが会場になっている。
 
しかしこれを運営して行くのもかなり大変や。
 
 
 

打ち上げ・日本料理 瀬名。

いろいろやっかいな仕事がヤマを越えてひと段落。
 
瀬名_6.jpg
 
浜町ではなく、宝永の住宅街にある瀬名で会食。
 
この写真はホームページより。福井市の景観賞を受賞したことがある外観。
 
瀬名_4068.jpg
 
予約の時間には、おんちゃんが出迎えに出てきてた。

携帯向けたら隠れてしまったけど。
 
瀬名_4070.jpg
 
瀬名_4071.jpg
 
お品書きがなかったのが残念。

秋の風物詩がいろいろだけど、細かい説明ができない。
 
瀬名_4074.jpg
 
瀬名_4075.jpg
 
造りに海鮮のシューマイ。

瀬名_4077.jpg
 
先に撮るのを忘れた。熱いのが美味しかった豚と牛蒡の鍋。
 
瀬名_4079.jpg
 
エビとエビイモの天ぷら。衣の食感がプチプチ。
 
瀬名_4080.jpg
 
サーモンの炙り。ミョウガの酢漬けが絶妙。
 
瀬名_4081.jpg

カニの蒸し物、あんかけ。まだズワイは解禁前。
 
瀬名_4084.jpg
 
ここでまたサーモンのマリネ。菊の花と食べる。
 
瀬名_4086.jpg
 
瀬名_4087.jpg
 
おひつで炊いたさつまいものご飯。
 
瀬名_4090.jpg
 
デザートは洋ナシのコンポート。
 
瀬名_4093.jpg
 
瀬名_4095.jpg
 
50人くらいの宴会でも対応出来る、

思ってたより大きな料理屋だった。

この2〜3週間は、最高潮に毎日追われていた気がする。

とりあえずひと段落。

 
 
 


 

 

2017年11月 6日

西畑へ

忙しそうやな、お疲れさん。
夕焼けに飛行機雲の2枚の写真、面白かった。
写したのが先生と生徒というのもいいな。
へろさわ

完成・日華化学の新社屋。

これもずいぶん前から経過を載せてはいたが

11月1日に日華化学の新社屋がお披露目になった。
 
日華_3934.jpg
 
職人さんが作った、オリジナルの和紙を持ってきてくれた杉原さん。
 
日華_4049.jpg
 
エントランスにこのように展示されて好評。
 
日華_3946.jpg
 
隣にはE&Cギャラリーより、福井の若手作家の萬未来子さんの作品。
 
日華_3935.jpg
 
社員の皆さんに、引き出し型のショーケースを説明。
 
日華_3944.jpg

日華_3914.jpg
 
標本箱をテーマに、河和田の若者たちが必死で完成してくれた。
 
日華_3939.jpg
 
日華_3942.jpg

エレベーターホールの大きなタッチパネルも彼らに依頼。
 
ウェブサイトやパンフレットなど、ものすごい仕事量だったはず。
 
日華_4048.jpg

日華_3795.jpg

日華_3908.jpg

外の看板や館内のサイン表示などは自分が担当。
 
1年がかりで取り組んだ大きな仕事がヤマを越えた。
 
 
 
 
 

美浜が一気にインバウンド。

先日の新聞で、ここに来て映画『サクラサク』が

アジア国際映画祭で賞をとったとの記事が。
 
アジア-1.jpg
 
すでに内定の連絡はあったので、

美浜では着々と台湾での映画祭に向けての準備。
 
美浜_4054.jpg
 
美浜_4053.jpg
 
ポスターもいろいろ作って、田中監督たちとミーティング。
 
美浜_4056.jpg

夕食は地元の民宿がやってる料理屋。
 
美浜_4057.jpg
 
多分選択の余地がない刺身定食。
 
フライはアジではなくカマスなんだと。
 
ソースを頼んだら、執拗に醤油がいいと勧められた。
 
美浜_4058.jpg
 
ウワサを聞いた瑞林寺(サクラサクの舞台)の奥さんが駆けつけてお祝いを。
 
現地には田中監督と助演女優賞の南果歩も行くらしい。
 
ちょうど闘病中で何かと話題になっていることだし。

音楽賞のさだまさしはビデオメッセージだけとのこと。
 
美浜_4060.jpg
 
美浜_4169.jpg
 
夜は町民の人たちも交えてミーティング。
 
映画が現地で公開されたら、美浜ツアーが一気に盛り上がるかもしれない。
 

 
 

御大の講演会、無事終了。

8月から準備してきた松山名誉会長の講演会が

県美展に合せて無事終了した。
 
ニホ_4157.jpg
 
ニホ_4158.jpg
 
何と言っても88歳になったというのに、矍鑠(かくしゃく)と、冗談もキレがある。
 
松山さん_3991.jpg
 
松山さん_3990.jpg
 
打ち合わせには、よく森八のお菓子を持って行くのだが

いつもお抹茶とお干菓子を出してくれた。
 
ニホ_4152.jpg
 
午前中から準備していたので、お昼は一人で美術館のカフェに。
 
ニホ_4153.jpg
 
展覧会に合わせたランチもなくて、カレーだけ。
 
ニホ_4155.jpg
 
デザートのケーキは抜群に美味しいけど。
 
聴衆もほとんどが高齢者だったけど、まぁみなさん喜んでいただけた。
 
いくら仕事が混んでいても、これだけは遂行せな感と思ってたので

やっとまた一つ荷が下りた。よかった。


 

2017年11月 5日

香港の情報誌。

ずいぶん前に、わにぶちさんと香港から来た

雑誌記者の取材に付き合った話題を載せたが。
 
香港01.jpg
 
香港02.jpg

へしこの部分と三方五湖山頂公園のところで

わにぶちさんと載っていると校正原稿を送ってきた。

福井〜富山までを30ページ以上特集して、

上海や台湾にも配布されるらしい。
 
雲_4067.jpg
 
おとといくらい、飛行機雲と夕焼けがキレイだったので

写真で卒業制作をやってる学生に送ったら。
 
雲_4174.jpg
 
ワタシも今森田で撮ってます!と返信が来た。
 
鯖江と森田で方向が違う。楽しみな作品である。
 

 
 

ウララのイタリアン特集。

毎号いろんな特集を考える雑誌編集も大変や。
 
カピタ_4175.jpg
 
福井のイタリアンはどこも美味しい。

蕎麦屋と同じで、ヒトが少ない福井ではダメやったらすぐ消滅。
 
カピタ_4148.jpg
 
先々週くらいにランチで行った森田のカピターノ。
 
カピタ_3891.jpg
 
この前菜のサラダがとにかく美味しい。
 
カピタ_3452.jpg
 
カピタ_3453.jpg
 
カピタ_3893.jpg
 
濃厚で後を引くんだけど、ウララでも初めて大きく紹介されていた。
 
カピタ_3454.jpg
 
森田の辺ぴなとこにあるんだけど、美味しかったら人は来る。
 
ランチはいつもほぼいっぱい。
 
オレボ_4096.jpg
 
鯖江北のPAがオレボになって福井商品が充実。
 
もう水ようかんもポツポツ。
 
パンテス_4046.jpg
 
マルサやオーカワパンより、パンテスが幅を利かしてる。
 
パンテス_4047.jpg
 
久しぶりに名物あん食パンを買ってみる。
 
舟橋の店の頃は行列で、パンがもっと美味しかったような。
 
焼き菓子なんかと違って、焼きたてがベストのパンは

多店舗展開すると、なかなか難しいのかもしれない。
 
 
 
 

2017年11月 4日

恒例・土産菓子。

会議のたびに出張や旅先でのお土産が回る。
 
トラン_3808.jpg
 
トラン_3807.jpg
 
驚いたのは、ずいぶん前に木田のレサンシエルの原点

高山のトランブルーの話を覚えていて、英語の先生が行ってきました!と。
 
さすがにクロワッサンは、タイミング合わなくて買えなかったらしいけど。
 
ななや_3812.jpg
 
静岡のななやという、カカオのように抹茶の濃度で打てるチョコ。
 
バナナ_3809.jpg
 
東京バナナは常に新作を出し続けている。 

鯖江コスモス_3805.jpg
 
鯖江コスモス_3806.jpg
 
ちょっと前の鯖江のメガネ会館近くのコスモス。
 
あんまり祭りとかでなくて、こんな自然な感じのがいい。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。