2017年5月アーカイブ

2017年5月31日

俺も行った

風月亭、先日嫁と二人で行ったわ。 焼きそばとお好み焼き食べた~。

10年ぐらい前に、塾の生徒15人ぐらい連れて行ったこともあるでー。

自分で焼くのとは一味違うな。

文殊山、登ったことあるけど、急坂もあるからウチの犬はムリやわ。

ダックスは腰が弱いであかんの。村国山は平気やったけど。

あとね、家族写真はここに載せれば、っていうけど、

ほかに誰も(西畑は嫁以外の写真載せてるけど)家族の写真載せてないのに、

俺だけ載せたらなんかヘンな気がして、載せられんわ~。

前に載せたけどね~。 って、今日は何かヘンなテンションで書いてもた。

遠足せんのけ??  忙しいでむりか~?

へろさわ

お好み焼き、風月亭。

話題がまた前後するが、先日の春江コミュニティセンターの会合は

盛り上がって済んだのは9時半を過ぎていた。
 
風月_0466.jpg
 
いつもならどっか食事に連れてくのだが
遅い時間だったので、久しぶりに近所の風月亭へ。
 
風月_0472.jpg
 
ここは目の前でおばちゃんが、見事に焼き上げてくれる。
 
風月_0474.jpg
 
風月_0476.jpg
 
この日は5限目が体育だったので、えらく普段着。
 
いつもはもうちょっと女子らしいカッコしてると、オンちゃんらにも言い訳。
 
風月_0480.jpg
 
風月_0481.jpg
 
好きなだけ食べればいいと言うたが、意外と1枚づつ。
 
終始賑やかでやかましかった。やっぱ若鶏。
 
風月_0488.jpg
 
途中自撮りした写真を送ってくれと頼んだら
 
こんなにして送ってきた。オモシロイヤツら。

 
 

ニュースザウルスネタ。

情報誌だけではなく、ローカルの放送局も地元ネタが濃い。
 
百景_0270.jpg
 
百景_0271.jpg
 
先日福大生たちを連れてったばっかのいいタイミングで

平泉寺の福井百景の苔を特集してたり。

平泉寺_0482.jpg

平泉寺_0483.jpg

平泉寺_0484.jpg

平泉寺_0485.jpg

ほやほや見つけ隊で平泉寺のエリア情報をまとめてたり。
 
まさしく通った100選の参道を取材していた。
 
百景_0277.jpg
 
文殊山の頂上からの眺望が実に広々してるという映像とかも。
 
広沢は犬連れて登らんのかな。
 
田中さん_0594.jpg
 
田中さん_0595.jpg
 
昨日は料理家の田中佳子さんのコーナーで。
 
田中さん_9228.jpg
 
以前ヒュッテナナナの出張フレンチでお世話になった人。
 
今は竹田のラ・クルテで大忙しなんだろう。
 
田中さん000.jpg
 
フェイスブックの写真からは、だいぶ美味しいものばかりを食べられたようだ。

田中さん003.jpg

収録時の様子を、そのフェイスブックにアップしていました。
 
今月のウララには、オーエドプラスも竹田のラ・クルテも
 
大々的に紹介されていたので、また流行るだろうな。

ラクルテ_0618.jpg

オーエド_0617.jpg
 
土日はムリだろうから、平日にいつ行けるかな。
 
 
 

松岡・追記。

載せるのを忘れた。

松岡の越前茶房和楽に行った時に、
すぐ近所にもカフェができたとの情報が。
 
松岡和楽_0256.jpg
 
ちゃまのおもてなし...?酒屋の一角。
 
さすがにここは入らんかった。

ウララやfuやフリーペーパーなど、
最近の情報誌はよく取材して色々載ってるが。
 
写真が結構いいので、行ってみてアリャ?も数多く。
 
同じカフェでもオーエドプラスとは相当傾向が違う。
 
どっちがいいかは、行く人の好みだけど。
 
 

若鶏たちと地域活動。

また坂井市の小谷経由で地域のキャラクター作成を
仁短生たちとお願いしたいとの依頼。
 
春江_7079.jpg
 
地域の人たちとのキックオフの会場が
アトリエ近くの、元春江役場のコミュニティセンターだったので
先に近所のバラ園に先に連れて行く。
 
春江_7074.jpg
 
春江_7075.jpg
 
メンバーは黒龍の田植えの時の若鶏たち+α。
 
たいていこういう面倒なことを手伝って、参加する学生は決まってくる。
 
春江_7076.jpg
 
何をやっても、どこへ行ってもノリのいいヤツら。
 
春江_0454.jpg
 
春江_0452.jpg
 
できたばっかのコミュニティセンター。

いわゆる公民館だが、かなり立派で驚いた。
 
春江_0453.jpg
 
春江_0457.jpg
 
春江_0458.jpg
 
中学生が卓球してたり、高齢者の方々の集いがあったり。
 
いろんな活動スペースが充実。
 
春江_0461.jpg
 
春江_0463.jpg
 
春江_0464.jpg
 
1階のカフェラウンジ。営業してるわけではない。
 
ちょっと使いこなせないのでは?って感じ。
 
春江_0460.jpg
 
大ホールもかなりの空間。最初にここで簡単な講演を頼まれた。
 
春江_7080.jpg
 
春江_7082.jpg
 
若鶏たちは概略を聞いてるだけで、ほぼぶっつけ本番。
 
春江_7093.jpg
 
キャラクターについて、授業での内容を少しだけ講演。
 
春江_7113.jpg
 
春江_7114.jpg
 
そのあと各公民館ごとに分かれて、若鶏たちとミーティング。
 
春江_7123.jpg
 
環境デザインの授業で、普段から森田地区のオンちゃんらと
何かと関わっているので、物怖じせず意見を交わす。
 
春江「_7140.jpg
 
もちろんそういうメンバーを中心に選んだんだけど。
 
春江_7092.jpg
 
春江_7156.jpg
 
ジンタンの学生さん、いいですね。と、
いつもホメられる。先生の役得。
 
ハピリュウ01.jpg

ハピリュウ02.jpg

ヒミツの資料。
 
福井国体のキャラクター選考会で1位だったハピリュウだが
まさかあの知事がこれをオッケー出すとは予想しなかった。
 
多分普通のカワイイ恐竜になると委員会も予想してたのに。
 
ヤンキーなジャージ着たハピリュウは、
地元では定着してなかなかいいんでないかと思う。
 
 
 
 


 

2017年5月29日

松岡・越前茶房和楽。

ここもウララやったか、fuのネタから。
 
和楽_5134.jpg
 
松岡の旧い街中に、越前茶房和楽というカフェ?の情報が。
 
和楽_0250.jpg
 
和楽_5135.jpg
 
和楽_0251.jpg
 
カフェとかではなく、昔呉服屋を営んでいた旧家に
そこに残されていた数々の骨董?を展示してある。
 
和楽_5137.jpg
 
和楽_5141.jpg
 
旧い日本家屋はやはり趣がある。
 
お茶とお菓子がついて見学、って武生の愛山荘みたいだけど
あそこほど建物自体や庭が壮観ではない。
 
和楽_5159.jpg
 
こじんまりした中に、静かな歴史が感じられるのがいい。
 
和楽_0253.jpg
 
和楽_0254.jpg
 
和楽_0255.jpg
 
抹茶と生菓子。これはいい。
 
愛山荘も生ケーキではなく地元の和菓子を出せばいいのに。
 
しかしここの説明は、やや個人的見解の主張が強すぎて、ちょっと引くかな。
 
愛山荘の解説は、美術館のように
丁寧で客観的に、淡々とした説明がわかりやすいと誰かがブログで書いていた。
 
和楽_5182.jpg
 
和楽_5190.jpg
 
帰り道のグリーンセンターのケヤキ並木。
 
相変わらず美しい。だんだん陽が長くなってきた。
 
 
 
 

春江のあおほし食堂。

fuに載っていた近所のあおほし食堂。
 
あおほし_0588 2.jpg
 
最近多い、自宅の一部を改修してお店を始めたみたい。
 
『食堂』とあえてつけるのも、やはり親しみやすさか。
 
あおほし_0156.jpg
 
あおほし_0157.jpg
 
料理が好きな母娘でやってるみたい。ホントに人の家みたい。
 
ランチ一品だけ。メニューは盛り沢山だったが
盛り付けた食材を全部細かく書いてあっただけやった。

あおほし_0155.jpg
 
夜もやってるんか。黒龍、梵、花垣とラインナップ。
 
ただのディスプレイかもしれんけど。
 
 
 

ナナナお祝いバーベキュー。

ちょっと前の新聞記事。
 
ナナナ記事-04-18.jpg
 
三国のラルや、明美姐さんち近くのガラス貼りの家で
建築の賞をいろいろとってる環境デザインの丸山先生が
こないだのヒュッテナナナでも受賞。
 
ナナナ_0359.jpg
 
身内でお祝いを、となってその庭でバーベキューになった。
 
お酒やお肉、オードブルの買い出し。
 
ナナナ_0360.jpg
 
ナナナ_0363.jpg
 
大人だけのバーベキューは豪勢。
 
あまりに美味かったこのでかいステーキ和牛は
後で聞いたら1枚4,000円もしたんだと。ワケナシや。
 
ナナナ_0364.jpg
 
ワイン用に美味しいチーズを用意して。
 
ナナナ_0366.jpg
 
建物の両側に100坪近い畑や敷地がある余裕の空間。
 
ナナナ_0367.jpg
 
ビールも普段飲まないようなプレミアムなのを揃えたという。乾杯。
 
ナナナ_0368.jpg
 
先ほどの高級和牛はもとより、イノシシや
へしこの麹味噌?でつけたローストポークとか。
 
ナナナ_0371.jpg
 
勤め先がキャンプ大好きなんです!という卒業生は
奥に見えるコピー用紙のダンボール箱で、うずらとチーズをスモーク。
 
ナナナ_0373.jpg
 
これがまたうまい。酒飲みにはたまらんらしい。
 
ナナナ_0374.jpg
 
暗くなってきたら、照明はiPhoneで点ける。さすがITの先生。
 
ナナナ_0376.jpg
 
ナナナ_0377.jpg
 
今時、庭で焚き火ができる家なんてそうはない。
 
幸福度日本一や。
 
 

進化するサービスエリア。

美味しいコーヒーを飲もうと、武生から南条に走る。
 
南条_0437.jpg
 
南条SAにはスターバックスがあるのだが。
 
南条_0433.jpg
 
越前中華やトリノのジェラートまで進出してた。
 
南条_0436.jpg
 
これは驚いた。ロフティとグラトンのパン!
 
地元色が濃すぎ。福井県民でも知らないのに。
あのスィートポテトをここで売ったら衝撃のはず。
 
最近は南条だけではなく、どこのSAも
ありきたりではなくかなり考えて工夫した店舗づくりをしている。
 
進化してるなぁ。
 
餃子_4588 2.jpg
 
福井市南部、深見町?のフードやまぐち。
 
堂々と前言する国産肉野菜餃子を、いっぺん買いたいのに。
 
いつ何時に通っても、時間はこのまま止まったまま。ずっと進化せず。
 
足羽の莇生田餅と、いつか開いてるのを見てみたい。
 
もちろん入ってなんかは買うけど。
 
 
 

奥深い、味真野地区。

亡くなった仁愛大学の金田先生は、この周辺をよく研究していたらしい。
 
味真野_5090.jpg
 
味真野_5089.jpg
 
坂井市にも多くの集落があるが、この辺りの森や林の規模が違う。
 
オーエドプラスはその集落の中に忽然と現れるのだが。
 
いくつも荘厳なお寺が見られるが、毫摂寺は特に大きなお寺らしい。
 
味真野_5088.jpg
 
味真野_5087.jpg
 
味真野小学校があまりにも有名だが、改めてエリアを回ると
昔はこのあたりが相当の一大集落だったに違いない。
 
味真野_0188.jpg
 
しだれサクラでよく報道される城福寺。

庭園は味真野らしい茶畑。
 
味真野_0185.jpg
 
こないだザウルスで紹介されてた堀江製菓所。
瓦せんべいの店についに小さな看板がついたという。
 
味真野_0186.jpg
 
これだけしか売ってない。毎日手焼きした分だけ。
 
味真野_0284.jpg
 
五月ヶ瀬などより素朴で単純な味わい。
 
きらく_0190.jpg
 
喜楽屋という老舗の?餅屋があると探し訊ねた。
 
きらく_0189.jpg
 
いいなぁ。こういう案内サイン。
 
きらく_0191.jpg
 
きらく_0192.jpg
 
ベル押して、中に入ったけど...。
 
やはり時間が止まってたかのよう。
 
ここも堀江製菓所も、毫摂寺もオーエドプラスも
 
味真野には歴史の流れが脈々と続く。
 
奥が深いわぁ。
 
 
 


2017年5月26日

やっと到達、オーエドプラス。

なかなかたどり着けなかったオーエドプラス、三度目の正直。
 
オーエド_0425.jpg
 
ラストオーダーが5時なので、それまでに行かないと。
 
オーエド_0402.jpg
 
若いカップルがふた組ほど。ガラス張りなので
インテリアはほぼイメージしていたが。
 
オーエド_0395.jpg
 
オーエド_0397.jpg
 
自社商品?の小物や雑貨がいっぱい。
 
オーエド_0400.jpg
 
ここを教えてもらったコージーコーヒーの豆と器も。
 
オーエド_0401.jpg
 
オーエド_0407.jpg
 
シティホテルのようなクールさでもなく、
かといって古いものを再生したリノベーションでもなく。
 
新しいリゾートイメージのカフェスタイルやなぁ。
 
オーエド_0412.jpg
 
ランチタイム以外でも出てきたセットメニュー。
 
オーエド_0413.jpg
 
日華化学で探していた、フラスコ型の食器にドレッシング。
 
オーエド_0404.jpg
 
アボガドジュースは想像してたほど濃厚ではなかった。
 
オーエド_0403.jpg
 
カフェオレは美味しい。コージーコーヒーか。
 
オーエド_0398.jpg
 
オーエド_0399.jpg
 
ドリンクのキッチンは外に向いてオープン。シャレてるわ。 
 
パンは武生のロフティのを入れてるらしい。
 
オーエド_0394.jpg
 
オーエド_0419.jpg
 
椅子もアトリエにあるイームズという、デザインの教科書にも出てくる逸品。
 
ついに今月号のウララで紹介された。
 
ここはわざわざ探し訊ねていかないと、たどり着けない地域。
 
結構流行るんじゃないかなぁ。
 
  
 
 

2017年5月25日

広沢イベントの写真載せれば。

広沢の公開のブログで載せられない

百日や卯京の集合写真とかを

こっちに載せてくれれば見られるで。
 
 
 
 

福大生と創作の森。

先週末は福大生の補講で創作の森に。
 
福大創作_0298.jpg
 
福大創作_0299.jpg
 
6人の予定が、体調不良やいろいろ用事があって
結局参加は二人だけ。
 
写真撮影の実習も兼ねてるので、あちこちを撮りまくってる。
 
福大創作_0287.jpg
 
福大創作_0291.jpg

福大創作_0296.jpg
 
福大創作_0297.jpg

今は大宮エリーという自由奔放な女性アーティスト。
 
屋外の森にも作品が展示。
 
福大創作_0305.jpg
 
福大創作_0306.jpg
 
帰り道、春江のバラ園に。
 
福大創作_0309.jpg
 
福大創作_0308.jpg
 
福大創作_0310.jpg
 
ランチは近所のすかーいに。
 
驚いたことに一週間ほど前からカレー専門店になったという。
 
30年以上通ってるいい洋食屋さんが、突然のリニューアル。
 
福大創作_0311.jpg
 
この日の二人とも県外生。岐阜と金沢。
 
3年生なのに、クルマ乗ってないし休みも学校ばっかで
ほとんど福井のことを知らないという。
 
そこで午後からは恒例の福井ツアーに連れてった。
 
まずは平泉寺の日本の道百選の参道。
 
福大創作_0317.jpg
 
福大創作_0314.jpg
 
もちろん平泉寺も知らない。御手洗池。
 
福大創作_0318.jpg
 
福大創作_0312.jpg
 
ラブリー牧場のアイス。そりゃ喜ぶ。
 
福大創作_0319.jpg
 
福大創作_0324.jpg
 
六呂師高原では牛と遭遇してパニック。
 
福大創作_0330.jpg
 
土曜なのになんて静かな大野の七間通り。 
 
福大創作_0333.jpg
 
福大創作_0331.jpg
 
福大創作_0339.jpg
 
エジソンカフェでお茶飲んでケーキ食べて。
 
福大創作_0341.jpg
 
福大までの帰り道に、授業で紹介した一乗谷へ。
 
もう、いっぺんに福井が大好きになりました!と。
 
地元の若者でさえ、故郷のいいとこを知らないのに。
 
この子たちも将来自分の故郷を、客観的にきっと見直すことができるだろう。
 
 
 

武生の楽市。

ちょっと前にも書いたが、武生の楽市は
一般的なショッピングセンターとはちょっとちがう雰囲気。
 
楽市_0176.jpg

外観はワイプラのロゴとかあって、惜しい!ってとこやけど。
 
楽市_0177.jpg
 
楽市_0178.jpg
 
内装はブラウン系を基調に、シックないい感じ。
 
楽市_0179.jpg
 

楽市_0382.jpg
 
ツタヤが特に良くて、主導権があるのか
他がならっているのかも。
 
楽市_0381.jpg
 
これはオモシロイね。県のよりも。
 
仁愛大_0247.jpg
 
仁愛大_0248.jpg
 
仁愛大学の教室。緑に囲まれて爽やかです。

仁愛大_0249.jpg
 
学内の緑が一層爽やかになってきた。


 

 
 
 

 

森田のカピターノ。

けっこう辺鄙なとこにあるイタリアンだが。

カピタ_0267.jpg
 
カピタ_0257.jpg
 
若いニイちゃんらが一生懸命やってる。
 
カピタ_0262.jpg
 
カピタ_0260.jpg
 
彩りいっぱいのいろんな野菜がいっぱい。
 
カピタ_0266.jpg
 
パスタのバリエーションがいろいろあって
クルーム系もトマトソースもオイル系も
なかなか味わいがあって美味しい。
 
お昼時にはいつも女性客でいっぱいのようだ。
 
がんばれ。

 
  

2017年5月23日

村国山〜夕焼け。

仁愛大学の帰りに西の空の雲がキレイだったので
久しぶりに村国山に向かう。
 
パンテス_0193.jpg
 
お!途中もう閉めたかと思ったパンテスが
食パン専門店!?最近東京とかで流行りの生食パンを
先駆けて始めたんか!
 
パンテス_0196.jpg
 
パンテス_0195.jpg
 
あら......リニューアルして売り場を縮小しただけ?
 
食パン専門って?

かつて高木のパンテスは、壁面にずらっと焼きあがった食パンが並び
○○様とほとんどが予約だったのだが。
 
村国_0224.jpg
 
村国山からの町並みはやはり夕陽が素晴らしかった。
 
やけは何度も見たが夕暮れ時は初めて。
 
プレジュ_0225.jpg
 
プレジュ_0227.jpg
 
山を降りてプレジュールに。おやおや、ここも店内の様子が違う。
 
プレジュ_0229.jpg
 
昔のヤスブンみたいに、いろんな食材を
国内外からセレクトして販売するようになったみたい。
 
工場を建てて業務拡大は結構だが、本業は大丈夫か。
 
プレジュ_0226.jpg
 
村国_0231.jpg
 
このところ連日のように好天が続く。
 
行動エリアもいろいろと広がって忙しくなる。
 
 
 

本家・大江戸。

一週間前に、前回ラストオーダーで入れなかったオーエドプラスに。
 
大江戸_0184.jpg
 
ショック。ちゃんと定休日は月曜と確認しての火曜日だったのに。
 
味真野_0180.jpg
 
味真野茶を買いに近くの万葉菊花園に行ったが、新茶はまだのよう。
 
味真野_0181.jpg
 
味真野_0182.jpg
 
池上遼一のポスターが。これはいいわ。
県ももっと活用すればいいのに。
 
味真野_0183.jpg
 
いつものバラ屋敷。だいぶ咲いてきた。
 
JUN_0200.jpg
 
JUN_0199.jpg
 
駅前のJUNにパフェを!と向かったが。
 
ここは火曜が定休日。ことごとくタイミングが悪い。
 
旧店舗もそのまま残ってて昭和の雰囲気が漂う。
 
大江戸_0221.jpg
 
そしてホントの武生駅前。これぞ大江戸。あのおシャレなカフェの本家。
 
大江戸_0201.jpg
 
ちゃんと駐車場もある。
 
大江戸_0202.jpg
 
大江戸_0203.jpg
 
大江戸_0206.jpg
 
駅前の一丁目1番地、ここも昭和のまま。
 
大江戸_0208.jpg
 
これはもう迷うことなく、観光客向けの越前名品を。
 
大江戸_0212.jpg
 
おろし蕎麦、器は定番の九谷か。
蕎麦屋ではないので、手打ちではなかった。武生製麺かな。
 
大江戸_0213.jpg
 
出ました、久しぶりのボルガライス。味はともかく、いいんでない。
 
大江戸_0215.jpg
 
相方は武生駅前名物の越前中華。
 
いわゆる昔ながらの定番醤油ラーメン。
SBのコショーが一緒についてくるのがシブいね。
 
大江戸_0209.jpg
 
大江戸_0210.jpg
 
大江戸_0222.jpg
 
いやぁ〜何から何まで、あの森の中のカフェの本家とのギャップ。
 
むしろ創業の名称をちゃんと継承しているところを評価したい。

大江戸.jpg

この和モダンを超越したwebサイトも素晴らしい。
 
近頃の若者のセンスには脱帽。次こそ、オーエドプラスへ。
 
 
 


 

2017年5月22日

初夏に満開、エゴノキ。

今街中でもあちこちで桜のように咲いている。
 
エゴノキ_0174.jpg
 
アトリエのエゴノキ。名前はイマイチだけどいい花木。
 
エゴ_0245.jpg
 
夕暮れ時にはけっこう黄色く見える。
 
エゴP_0379.jpg
 
アトリエにはちょっと珍しいピンクのエゴノキも。
 
爽やかな季節は短い。
 
 


日本縦断こころ旅。

ちょうど先週、火野正平が自転車で日本各地を訪ねるNHKの番組で、
福井篇が放送されていた。
 
心旅_0077.jpg
 
心旅_0078.jpg
 
福井放送局の番宣を何度も見たので
毎日録画して楽しんだ。
 
心旅__0232.jpg
 
心旅__0233.jpg
 
南から小浜に入って、お昼はなんと三方五湖の『淡水』!
 
基本はご当地の名品ではなく、カレーやスパゲティやラーメンと聞いてたのに
なんや!4,000円のうなぎを食べるんかい!って。
 
心旅__0234.jpg
 
心旅_0235.jpg
 
淡水の親父さんとも再会らしかった。
 
この後は越前海岸でカレーで、勝山で冷やし中華で。
 
相変わらずNHKは制作費をかけずに、面白いロングセラーの番組を作るわ。
 
皮剥け_0082.jpg
 
ずいぶん前だが、黒龍の田植えで日に焼けて
久しぶりに思いっきり皮が剥けた。
 
 
  

2017年5月21日

日没までのカフェ・ヘイズ。

土日は何組も待ち客が出てるという越前町のヘイズ。
 
ヘイズ_5049 2.jpg
 
ヘイズ_4976.jpg
 
ヘイズ_4996.jpg
 
ヘイズ_4993.jpg
 
平日の夕方はガラガラ、というか貸切状態。
 
一緒に行った3人だけ。
 
ここしばらくは毎日のように好天で、夕陽の日本海は絶好調のようだ。
 
ヘイズ_4997.jpg
 
ヘイズ_4980.jpg
 
なるほど店内からの風景はちょっと違うし、
もともとあったという遊歩道も新鮮な感じ。
 
ヘイズ_0161.jpg
 
ヘイズ_0163.jpg
 
ヘイズ_0165.jpg
 
イタリアンやフレンチでもなく
確かに特色はあるが、ここでガレットって...思うけど。
 
ヘイズ_5016 2.jpg
 
ヘイズ_5017 2.jpg
 
ヘイズ_0167.jpg
 
レモネードもジンジャエールも手作りで
それぞれ600円くらい。大津屋のランチや。
 
ヘイズ_5018 2.jpg
 
ヘイズ_5047 2.jpg
 
ヘイズ_5048 2.jpg
 
ヘイズ_5012 2.jpg
 
ただまぁロケーションは圧巻だけに、
県外客には価格なんて問題ではないかもしれない。
 
このまま名所となれるか、HAZE。
 
 
 
 


名古屋02-豊田市美術館。

移動中、東山動物園周辺で渋滞。
 
名古屋_0131.jpg

名古屋_0133.jpg
 
この遠足では4つ目の美術館。
 
トヨタのお膝元。豊田市美術館。
 
名古屋_0135.jpg
 
超人気の東山魁夷店も開催中で、一般の人も大勢。
 
名古屋_0137.jpg
 
名古屋_0139.jpg
 
名古屋_0141.jpg
 
名古屋_0142.jpg
 
この美術館自体の建築空間も圧巻。
 
金沢の鈴木大拙館や片山津の総湯の建築と同じ、谷口吉生という巨匠。
 
名古屋_0143.jpg
 
名古屋_0145.jpg
 
名古屋_0146.jpg
 
外構もトイレも休憩スペースに至るまで、細部まで行き届いた設計。
 
名古屋_0148.jpg
 
名古屋_0149.jpg
 
もちろん相応の大きな費用もかかっているのだが、
それを地域で維持できるのは、やはり大企業の高い文化貢献度だと思う。
 
名古屋_0151.jpg
 
名古屋_0152.jpg
 
帰路、養老でスタッフに頼まれてた赤福は完売。 
代わりにはんぺんの揚げ物を買って帰った。
 
名古屋_0153.jpg
 
ここんとこいつも夕陽が美しい。
 
海辺のカフェは大盛況やろな。
 
名古屋_0154.jpg
 
久しぶりに寄った南条SAでは、天皇の料理番がらみの土産物が
いくつも並んでいた。武生の萬谷か。今度じっくり確認しなくては。
 
ともあれ日帰りの、名古屋緑化体感遠足は無事終了。
 
 
 

2017年5月20日

緑いっぱいの名古屋遠足01。

なかなか掲載できなくて、もう一週間前のネタになる。
 
朝6時半に福大出発で、美術科の遠足研修。
 
名古屋_0089.jpg
 
名古屋_0090.jpg
 
名古屋_0092.jpg
 
名古屋_0094.jpg
 
7時半過ぎに神田で朝飯。
 
ほかほかおにぎりと玉子焼きだけで猛烈にうまい。
 
名古屋_0095.jpg
 
福井産ではない焼き鯖の巻き寿司まで買ってバスで食べる。
 
旅先でのパーキングでは何食べてもうまいわ。

名古屋N4027.jpg
 
名古屋N4028.jpg
 
名古屋N4029.jpg
 
都会ならではのこの緑。街中の公園にある名古屋市美術館へ。
 
名古屋_0098.jpg
 
公園に美術館が埋もれてる。

そして公園内にあちこちにも屋外作品が。
 
名古屋_0099.jpg
 
こんもりと茂ったツルニチニチソウの植栽。
 
名古屋N4031.jpg
 
名古屋N4034.jpg
 
名古屋N4036.jpg
 
名古屋N4037.jpg
 
原宿の表参道などもそうだが、植栽というより
もはや林や森になっている。素晴らしいわ。
 
名古屋N4042.jpg
 
名古屋N4043.jpg
 
次は愛知県立美術館。大きなビルの10階にある。
 
そうこれが10階の吹き抜けホールにある見事な植栽。
 
名古屋_0100.jpg
 
ムーミンが見えるが、フィンランドのデザイン展をやってたが
これは7月に福井市美術館で巡回展でやってくる。
 
名古屋_0101.jpg
 
名古屋_0103.jpg
 
撮影オッケーの映像作品。オモシロイ。
 
名古屋_0106.jpg
 
名古屋_0107.jpg
 
名古屋_0110.jpg
 
今回はゆっくりウナギなど食べてる時間もなく、
デリバリーもやってる中華でお弁当を買って車中で。
 
今季初の冷やし中華を。
 
名古屋N4048.jpg
 
名古屋_0112.jpg
 
名古屋N4055.jpg
 
せわしなく次の徳川美術館へ。
 
名古屋_0122.jpg
 
名古屋_0128.jpg
 
名古屋N4051.jpg
 
名古屋N4052.jpg
 
名古屋N4054.jpg
 
ここの刀剣や工芸品の展示には、あまり興味がわかないのだが
隣接する庭園が街中にあるとは思えないくらい素晴らしい。
 
名古屋_0129.jpg
 
名古屋_0117.jpg
 
団体行動からちょっと外れて、単ひとりでミュージアムカフェに。
 
名古屋_0115.jpg
 
名古屋_0114.jpg
 
名古屋_0116.jpg
 
葵の御紋付きの五月ヶ瀬みたいなせんべい。
 
名古屋N4039.jpg
 
名古屋N4046.jpg
 
どこもかしこも街中の緑はケタはずれ。
 
福井や大野で提案してるのが虚しくなってくるくらい。
 
これは5年や10年ではマネすることすらできない。
 
まちづくりは景観だけでも相当ハードルが高い。
 
 
 

仁愛高校の先生たちと学食。

例年のことながら、仁愛高校の先生たちと学食で懇親会。
 
学食_0072.jpg
 
学食_0073.jpg
 
外の緑を見ながらのお一人様席。
 
学食_0074.jpg
 
まさに今、5月と10月くらいしか使えないオープンテラス席。
 
学食_0075.jpg
 
学食_0076.jpg
 
普段学生が食べてる450円のランチを一緒に食べながら
親睦と交流を深める。
 
この成果があってか、最近仁愛高校から
あまり見当はずれの学生が来なくなった。
 
仁愛高校はかなりいいTVCMを続けている。
 
今度の広告賞でも入賞している。
 
 
 

山形たいへんや。

新聞にも小さいけど記事が。

山形_0246.jpg

もしかして山形のコメントが出るかとも思うたが。
 
山形_0285.jpg
 
山形にメールしたら、それよりも人員の補充がないので
仕事が忙しくてどもならんらしい。
 
たいへんや。

 
 

2017年5月19日

着々と新幹線。

今日は新幹線の敦賀駅がニュースだったが。
 
新幹線_0060.jpg
 
新幹線_0061.jpg
 
森田あたりでは、ほんのちょっとの間に新幹線の高架が
次々と出来始めている。隣のトラックと比較すると巨大さがわかる。
 
まぁ瀬戸大橋の時はもっと5倍くらいでかい橋脚だったけど。
 
ホントにできるんかぁと実感。
 
 
 

 

珈琲よりお茶。

最近は朝のコーヒーではなくお茶が多い。
 
静岡茶_0080.jpg
 
痛風になって、毎日水分をたっぷりとらなかん!というのもキッカケだが
 
どうせ飲むなら、とスタッフがネットで静岡・掛川のお茶を中心に
頂き物もお茶をよくもらうようになった。
 
静岡茶_0055.jpg
 
湯冷しを作って毎日サーバーにどんと淹れて
すぐ冷やすので、黄色くならずに一日中美味しい。
 
栗_0054.jpg

前日JUNで買った黒豆のあんみつで、仕事前の朝のティータイム。
 
プリン_0079.jpg
 
この丼プリンの時は、さすがに食べきれん買った。
 
珈琲も好きなんだけど、最近は和菓子とお茶がもっと美味しい。

八日餅_0008.jpg

今月の八日餅も今頃載せてるんだから、
だいぶフムフム掲載ペースが遅くなってる。

 
 
 

 
  

2017年5月18日

それぞれ個性的な武生の店舗。

いまだに行けていないウワサのオーエドプラス。
 
マルカワ_0015.jpg
 
マルカワ_0016.jpg
 
高速降りて、仁愛大学までの途中にあるマルカワ味噌。
 
えらく立派な蔵で観光客用の撮影ボード?
 
マルカワ_0017.jpg
 
鎌倉002.jpg
 
鎌倉001.jpg
 
実は蔵付きの麹があるのはここだけらしく、
鎌倉の有名パン屋に卸しているとのこと。
 
聞いたら福井では野っ歩野っ穂だけらしい。
 
甲来_0036.jpg
 
街中の中華甲来。地元密着の風格。
 
甲来_0028.jpg
 
甲来_0029.jpg
 
野菜炒めに青椒肉絲。意外とノーマル。
 
甲来_0033.jpg
 
甲来_0030.jpg
 
チャーハンに卵スープ。もうちょっと濃いキャラで
楽しめると期待して入ったが、店もおばちゃんも
ごくごくノーマルで、そつがなく。
 
甲来_0034.jpg
 
甲来_0037.jpg
 
今時、料理のサンプル飾ってどんなんかな!と思ったけど。
 
すぐ近所の信越化学に支えられてるんやろか。
 
JUN_0044.jpg
 
JUN_0045.jpg
 
ここも武生の名店。大人気のパフェを食べようと思ったら
6時でオーダーストップやった。残念。
 
JUN_0046.jpg
 
代わりにやはり定番のソフト。
 
最近牧場系のミルク風味が多いので、懐かしく美味。
 
JUN_0048.jpg
 
ウワサに聞いたJUNの旧店舗。右端の。
 
喫茶を持ったケーキ屋の先駆けだという。
 
JUN_0042.jpg
 
そして圧巻はこの古びた長屋のような民家で
JUNのケーキは今でも日々作られてるという。
 
ホントや、中で若い子たちがキビキビと仕事している。
 
武生は昭和のまま、時間が止まっているところがあちこちに。
 
 
 
 

2017年5月13日

越前の里、味真野苑。

現在の天皇の祖先としてほぼ確証されているのが
継体天皇までだという研究者の雑誌記事にちょっと感銘。
 
味真野_4589 2.jpg
 
味真野_4592 2.jpg
 
粟田部の花筐公園もこの味真野苑もその継体天皇がゆかりの地。
 
味真野_4603 2.jpg
 
味真野_4622 2.jpg
 
ここも仁愛短大からすぐ近く。
 
四季折々の花が咲くが、今は藤も終わって牡丹も盛りを超えたくらい。
 
味真野_4638 2.jpg
 
味真野_4656.jpg
 
味真野_4659.jpg
 
これまで気づかなかったが、意外とツツジも見事。
 
ちゃんと人の手が入って世話をしている美しさ。
 
味真野_4673.jpg
 
味真野_4674.jpg
 
静かな、福井らしいいい公園。
 
あさき_0050.jpg
 
武生の楽市に、あさきゆめみしのポスターが目立っていた。

 
 
 

五分市のオーエドプラス。

毎週仁愛大学に通うようになって、武生周辺に行くことが多くなった。
 
大江戸_0792.jpg
 
仁愛大学から1分ほど、昔ながらの集落に突如現れたカフェ。
 
先日のコージーコーヒーが豆を納入していて
ぜひ行ってみてくださいと勧められた。
 
大江戸_0018.jpg
 
大江戸_0020.jpg
 
大江戸_0022.jpg
 
以前武生インター近くにあって、すぐ閉めてしまった
オーエドプラスが、4月末に移転オープン。
 
大江戸_4691.jpg
 
大江戸_4707.jpg

それが、ちょっとオシャレどころではない。
 
大江戸_4712.jpg
 
リゾート会社のコンサルが開発したような、周辺の集落の林を
そのままいいところを残して、大胆に、かつ丁寧に配慮した外観。
 
残念ながら立ち寄った日は、5時半くらいで
なんと6時までで、5時ラストオーダーなのだという。
 
大江戸_0024.jpg
 
大江戸_0025.jpg
 
また驚きなのだが、このオーエドって不思議な名称は
隣の給食センターや駅前の大衆食堂が本店。
 
多分?娘さんが始めた、まるで違う形態の店舗なのだが
ちゃんと母体を意識して残してるセンスが玄人っぽい。
 
普通なら横文字のシャレたネーミングにしたいとこだろうに。
 
片山津のイヴェールボスケにも似た、かなりグレードの高い店。
 
次は入って内容をチェックしてこよう。
 
 
 


 

2017年5月10日

行き当たりばったりのヒット・ランチ。

粟津でフランス人がオーナーの、ちょっと話題のパン屋を探した。
 
メティサージュ_9944.jpg
 
やっと見つけたメティサージュ。残念、日曜休みやった。
GWなのに、休むんかぁ。

小松で名物の塩焼きそばでも食べるか、くらいのつもりだったが。
 
男飯_9959.jpg
 
住宅街を走っていて、この『男飯』!の看板に吸い寄せられた。
 
男飯_9951.jpg
 
男飯_9950.jpg
 
近頃てっぺいの豪放磊落なメシが恋しかっただけに。
 
張り紙メニューでテンションが上がるが、選びにくっ!
 
男飯_9954.jpg
 
男飯_9956.jpg
 
焼きスパゲッティ専門というので、ナポリバタ野郎と牛ステーキ150g。
 
しかもこいつを割り箸で食べる。強烈にうまかった。
 
男飯_9958.jpg
 
もっともっと試したいメニューがいっぱいあったが
もう2度と来ることはないかもなぁ。
 
ベルネ_9960.jpg
 
濃厚な後味を中和するのに、何かデザートを、と思いきや
すぐ近所に全く毛色の違う店構え。
 
ベルネ_9970.jpg
 
ベルネ_9969.jpg
 
見たことないくらいの、クリスマスローズのアプローチ。
 
ベルネ_9967.jpg
 
ベルネ_9963.jpg
 
素晴らしい!パン屋とケーキ屋が一緒になった店やった。
 
ベルネ_9973.jpg
 
ベルネ_9982.jpg
 
ナッツゴロゴロのパンはほぼスイーツ。
 
ベルネサンスか、ここも面白かったけどもう行くことはないやろ。
 
行き当たりばったりの、偶然の出会いもまた楽し。
 
黄砂_4581*.jpg
 
帰り道、黄砂で夕日が見事に真っ赤。
 
東尋坊_9972.jpg
 
夜のザウルスでは、GWに東尋坊が賑わったとのニュースも。
 
好天が続いたいい連休も終わった。 
 
 
 


日本自動車博物館。

平成7年に建ったという自動車博物館は、小松なので
何時でも来れるという感覚から、ついに20年以上行ったことがなかった。
 
自動車_9983.jpg
 
自動車_4570.jpg
 
小松バイパスを通る時に、何度も見ていたが初めて行った。
 
自動車_4543.jpg
 
トヨタ2000GTは希少車ながら、いろんなイベントで見る。
 
自動車_4545.jpg
 
セリカは今見てもカッコいいわ。
知り合いが、昔担任の先生が乗ってたはずというてたな。
 
自動車_4548.jpg
 
コレクションは確かにすごいけど、ちょっと詰め込みすぎかも。
 
自動車_4550.jpg
 
これも名車、マツダのコスモスポーツ。
 
自動車_4547.jpg
 
こんなボルボのシリーズは見たこともない。
 
自動車_4556.jpg
 
自動車_4562.jpg
 
かなり昔のブルーバードから割と最近のRX-7やコスモ。
 
自動車_4557.jpg
 
小学生の頃、父親が乗っていた三菱のギャランGTO。懐かし〜。
 
自動車_4561.jpg
 
現車は初めて見たかも。マツダのルーチェ。 
当時から輸入車のようなデザイン。
 
自動車_9945.jpg
 
自動車_9946.jpg
 
もちろん自分の117クーペも、丸目も角目も。
 
学生時代に丸目に乗ってて、PRセンター時代に角目に乗り換えた。
 
自動車_9947.jpg
 
自動車_9948.jpg
 
トイレは世界の便器を実際に使用できる。オモシロイ。
 
自動車_4563.jpg
 
展示にもう少し余裕と企画があれば。惜しい。
 
このままでは一度行ったらもういいか、という感じ。
 
レストランも、ミュージアムショップも、もったいないなぁ。
 
 
 
 

 

2017年5月 9日

小松の苔の里。

まだGWネタ。最終日に小松方面に。
 
苔_4542.jpg
 
苔_4541.jpg
 
苔_4354.jpg
 
粟津温泉街のさらに東の方に日用町という、
再近苔を町おこしの特徴として話題になっている小さなエリア。
 
最終日なので県外ナンバーが多かったが、人出は少なめ。
 
苔_4355.jpg
 
苔_4368.jpg
 
苔_4526.jpg
 
苔_4491.jpg
 
苔_4488.jpg
 
ネット等でウワサには聞いていたが、昔の芝政のように
清掃協力金を徴収して、ちゃんと手入れをして公開している。
 
苔_4374.jpg
 
苔_4375.jpg
 
苔_4439.jpg
 
道路を挟んだ向かいの神社境内も、苔を育成しながら公開。
 
苔_4414.jpg
 
苔_4425.jpg
 
苔_4426.jpg
 
昔ながらの風景がそのままのいい手入れの仕方。
 
苔_4445.jpg
 
苔_4427.jpg
 
古民家を再生したゲストハウスのような施設も。
 
苔_4471.jpg
 
神社につながる裏庭。
 
あまり観光地化されないように、地元の人たちの志しだいで
これからもっと良くなるかもしれない。
 
池田なども同じような田舎の風景をウリにできるはず。
 

 
 
 


2017年5月 8日

初夏の爽やかなアトリエ・ガーデン。

連休中は植栽もいっぱいした。
 
庭_9942.jpg
 
庭_9943.jpg
 
このミヤコワスレの群生は、何年かかかってやっと理想のイメージに。
 
庭_9915.jpg
 
この一角はスズランも広がって、結構いい感じに出来上がりつつある。
 
庭_9914.jpg
 
このツルニチニチソウも、ほんの数株からいっぱいに増えて広がった。
 
庭_9939.jpg
 
みつわやムサシや、パワーコメリなどをハシゴして。
 
丹南アートに行った時に寄った武生の神山農園には
感動的なくらい探してた花が見つかって、いろいろ大人買い。
 
まだまだこれからひとシーズン楽しめそう。
 
庭_9988.jpg
 
新緑もピーク。GW明けの今朝も爽やかな青空が広がる。
 
庭_1154.jpg
 
成長の勢いがスゴくて、隣家にはみ出たエニシダの花。
 
庭_9994.jpg
 
庭_1155.jpg
 
造園屋さんにお願いして散髪してもらった。
 
庭_9995.jpg
 
庭_9996.jpg
 
庭_9992.jpg
 
一番高いケヤキにも登ってもらって、
枯れ枝や内側に伸びた枝を剪定してスッキリ。
 
いい季節や。
 
 
 

 

丹南アート巡回。

連休中にまた丹南方面に。
 
丹南_9987.jpg
 
丁寧な案内を頂いてるので、顔だして芳名帳に記帳してこないと。
 
丹南_9933.jpg
 
丹南_9934.jpg
 
会場はまたシピィの2階。広いスペースを使って大掛かりな開催。
 
結構著名な作家も出品していた。
 
丹南_9935.jpg
 
丹南_9936.jpg
 
ちょっとくたびれるくらい見応えがあった。
 
あさきゆめ_9931.jpg
 
あさきゆめ_9985.jpg
 
次は武生公会堂の源氏物語関連の展示。
 
顔がマンガでなかったら、着物や装飾など
結構日本美術として発信できそうなくらい、きめ細やかな彩画。
 
あさきゆめ_9932.jpg
 
こういう歴史的な建物は確実に残すべきだろう。
 
和紙_9984.jpg
 
最後はまた越前和紙の里。来年で1300年という企画。
 
和紙_9929.jpg
 
和紙_9930.jpg
 
会場の案内サインがなくて、他の来場者もなかなか場所がわからなかったみたい。
 
いずれもちゃんと記帳してきて、行ってきた証明。
 
しかしGWにイベントやってる人たちは大変や。
 
 
 

2017年5月 6日

逆回り

俺も3日に勝原のハナモモ行った。

ブログに書いたけど、ボケてて鮎街道から勝山素通りして大野の篠座神社へ。

そのあと勝原に着いたのは午後3時半ごろかな。


関係ないけど、ウチの母ちゃん、スナックやっててそれをやめて、

しばらく かき恭に勤めてた。

自分が結婚するちょっと前ぐらいで、いつも塾が終わってから迎えに行ってたな。

へろさわ

六呂師〜平泉寺〜帰路。

勝原でハナモモを堪能した後は、丘を越えて六呂師高原へ。
 
六呂師_4093.jpg
 
六呂師_4097.jpg
 
5月は絶好の気候。家族連れで賑わっていた。
 
六呂師_4092.jpg
 
六呂師_4102*.jpg
 
ここでも定番のミルクソフト。結構ミルクが濃厚。
 
六呂師_4119.jpg
 
六呂師_4133.jpg
 
六呂師_4186.jpg
 
上の牧場の方へ。一般の車両が入らない牧場内の小高い丘に。
 
六呂師_4236*.jpg
 
六呂師_4196*.jpg
 
ちょっと福井とは思えない高原のロケーションに
若鶏たちのテンションは最高潮に。
 
平泉寺_4249.jpg
 
平泉寺_4269.jpg
 
地元の社会勉強はまだ続く。案の定平泉寺も知らない。
 
平泉寺_4290.jpg
 
平泉寺_4277*.jpg
 
こうして沢山の観光客が訪れているのに
地元の若者自身が知らないケースが多い。
 
平泉寺_4295*.jpg
 
写真はないが、この後ゆめおーれによって
たこせんをまた車中で大騒ぎしながら食べて。
 
コージ_9864.jpg
 
コージ_9867.jpg
 
コージ_9868.jpg
 
帰り道、ちょっと大人の寄り道。
 
知り合いにあそこはいいと勧められた、鮎街道のコージーコーヒー。
 
珈琲しかない専門店。まだちゃんと珈琲をたしなむ若鶏はいなくて
申し訳ないが、お水と牛乳を出してもらった。
「こんなお店でブラックコーヒーが飲める大人のオンナになりたい!』と。
 
コージ_9890.jpg
 
話好きなマスターで、オススメの豆を200g買って帰った。
 
マージ_9871.jpg
 
社会学習の最後は春江のデザインショップのマージナル。
 
家具や日用品、雑貨など結構いい商品をセレクトしてるお店。
 
マージ_9891.jpg
 
水色のインコのクリップを購入。
 
5月3日、若鶏たちとの長い1日だった。くたびれた。
 
 
 


2017年5月 5日

勝原のハナモモ。

田植えが済んだ若鶏たちを連れて、勝原へ。
 
ハナモモ_4023.jpg
 
ハナモモ_4080.jpg
 
GWなので大混雑かと思いきや、以外と車も停められた。
 
そしたら入り口近くのハナモモは、もうだいぶ葉っぱが出て終わりがけ。
 
ハナモモ_4021.jpg
 
ハナモモ_4028.jpg
 
ハナモモ_4033*.jpg
 
ハナモモ_4047.jpg
 
でも奥の方の新しいエリアは十分満開。
 
若鶏たちは田植えの疲れも見せず大喜び。
 
ハナモモ_4022.jpg
 
昔の素朴で知られざる桃源郷の雰囲気は、さすがにもうなくなって残念だけど
 
たくさんの人たちに親しまれ、喜ばれるのはやはりいいこと。
 
 
 

 

真名川の麻那姫湖のハナモモ。

大野の真名川にあるのは、真名姫湖ではなくて麻那姫湖。
 
ハナモモ_3575.jpg
 
これが冬支度でいつもニュースになる麻那姫。
 
昔あった集落の干ばつの危機を、自ら龍神の犠牲になって救ったという伝説の姫とのこと。
 
ハナモモ_3576.jpg
 
大野に行ったついでに天気が良かったので、真名川のハナモモを見に走る。
 
ハナモモ_9839.jpg
 
ハナモモ_9838.jpg

キャンプ村公園入り口に一面のハナモモ。
 
麻那姫像から思ったより距離があって、ほぼ日陰に。
 
5時半くらいからでは少し遅かったか。
 
でも素朴な手つかずの感じは、昔の勝原みたいでいい感じ。
 
 
 
 

 

2017年5月 4日

GWに黒龍の田植え。

また今年も黒龍の酒造りに仁短生たちが参加する。
 
大野_3616*.jpg
 
大野_3619.jpg
 
朝は8時前に出発して、田んぼ近くの黒谷観音による。
 
大野_3622.jpg
 
大野_3653.jpg
 
長靴は専用のを貸してくれる。まずは水野社長の挨拶から始まる。
 
大野_3675.jpg
 
大野は今、あたり一面シバザクラ。田んぼに向かう。
 
大野_3688.jpg
 
大野_3721*.jpg
 
大野_3738*.jpg
 
まだ雪が残る銀杏峰あたりの雄大な風景をバックに。
 
一名は肩の脱臼の手術後で写真係。
 
大野_3966.jpg
 
大野_3954.jpg
 
とても天気が良かったので、そのまま道端でお昼。
 
大野_3961.jpg
 
大野_3960.jpg
 
地元の農家さんが作ってくれたおにぎり。
 
葉っぱに包んであるのはきな粉のおにぎり。
 
少し持って帰ったら、年寄りがおおなつかしいと二つも食べた。
 
日焼け_9916.jpg

半袖だったので、一日で真っ赤に焼けた。

 

 
 

 

2017年5月 2日

久々の馬場ランチ。

冬場はランチを休んでいた馬場。
 
馬場_9842.jpg
 
馬場_9844.jpg
 
2月に一度、学生たちと行こうとしたが、まだランチやってなくて。

今年初めて。相変わらず細々と、お弁当のようないいランチ。
 
久しぶりに愛想のいいおばちゃんとも再会。
 
 
 
 

身近なアートツアー。

また日時は前後するが、好天の土曜日に案内をもらった展覧会をハシゴ。
 
まなべ_9739.jpg

鯖江のまなべの館で、福大の卒業生たち三人展。
 
まなべ_9736.jpg 
 
まなべ_9737.jpg
 
まなべ_9738.jpg
 
卒業してからもそれぞれ独自のスタイルで
変わらず創作活動しているのはとてもいい。
 
いまだて_9747.jpg
 
その足で粟田部姐さんち近所のいまだて芸術館。
 
いまだて_9744.jpg
 
いまだて_9743.jpg
 
いまだて_9742.jpg
 
同い年で早くに亡くなった角さんという地元の作家の回顧展。
 
いまだて_9746.jpg
 
巨大な和紙の作品が入り口に展示してあった。
 
レンゲ_9764.jpg
 
レンゲ_9765.jpg
 
帰りは混みそうだったので高速に乗ったのだが
降りた福井北近くの県大のそばの田んぼでレンゲソウを発見。
 
レンゲ_9766.jpg
 
近くにいたニイちゃんが、このままこのレンゲをすき込んで
この田んぼで例の『いちほまれ』を作付けするというてた。
 
全米史上最高!と謳った新しい品種も楽しみである。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。