2017年3月アーカイブ

2017年3月31日

水仙ランドのガレットカフェ。

おとといの新聞、水仙ランドにカフェ。
 
HAZE記事*.jpg
 
ここは三国の「ラル」をやってるとこ。
おそらく県からの要望もあって準備を進めてたのではないか。
 
水仙_3126.jpg
 
この記事が出る前日に、偶然水仙ランド周辺に行ってた。 
 
水仙_3127.jpg

水仙_3182.jpg
 
海に近づくにつれて陽が出て、映り込みがキレイやった。
 
水仙_9109.jpg
 
水仙_3188.jpg
 
見に行ったのはこれ。水仙畑のライトアップ。
 
よく見ると一つ一つに電池が入った自動点灯だという。
 
水仙_3212.jpg
 
水仙_9112.jpg
 
その時に準備中のHAZE(ハゼかと思ったらヘイズやった)を見つけた。
 
水仙_9111.jpg
 
水仙_3191.jpg
 
水仙_3205.jpg
 
水仙_3211.jpg
 
夕日が沈んで灯台にも明かりが点いた。
 
水仙_3219.jpg
 
オープンはまだなのに、なんで人が動いてるかと思ったら
日中にイベントがあったということか。
 
水仙_3221.jpg
 
水仙_9114.jpg
 
暗くなったら一斉に灯っていい風景。
 
ここも惜しいかな電柱と電線をなんとかしないと。
 
果たして越前海岸の名スポットになれるか。
 
 
 

2017年3月30日

若者と現代アート。

もともと勝山や大野では美術活動が盛んだったが
鯖江や武生の丹南方面も和紙の造形を中心に
世界中の作家と繋がっている活動が多い。
 
美術_9117.jpg
 
美術_9118.jpg
 
鯖江高校の美術の先生が、去年秋の高校文化祭で
自分が講演をした時の、生徒の感想をまとめてくれた。
 
城野優里さん .jpg

その中の一人で、城野さんという生徒が高校生でありながら
鯖江の現代美術センターで個展をやっている。
これも昨日の新聞記事。
 
美術_9121.jpg
 
美術_9120.jpg
 
ちょうど記事が出る前日に鯖江に行ってきた。
 
美術_9123.jpg

美術_9122.jpg

高校生なのに、としょっちゅう言われてるだろうけど。
 
独自の青と紫の世界を表現している。
 
福大の美術に進学というから、いずれすぐ会うことになる。楽しみ。
 
美術_9126.jpg
 
美術_9124.jpg
 
美術_9125.jpg
 
関連のヤングアート展をやってるというので
そのまま武生のシピィまで向かった。
 
2階のテナントがガラ空きで。ちょっとビックリした。
 
 
 
 

20年の進化?

プジョーも19年目で走行240,000kmを越えたが。
 
プジョ_9128.jpg
 
ハンドルについてるライオンのエンブレムは
口のところの細かい造作がシールになってる。
 
昔の欧米車は、細かい部分は適当なところが多い。
日本車ではありえない。

その分車体構造やスタイリングには、主義主張がハッキリしてる。

プジョ_9091.jpg
 
7人乗りで時々貸してもらう弟のプジョー。
 
口の部分どころか眼までできている。


ちゃんとしていて当たり前、の日本スタイルが今は世界標準。
 
 
 

 

2017年3月29日

表彰式とまちづくり講演。

先日審査した写真コンクールの表彰が福井新聞社で。
 
写真_9095.jpg
 
写真_9094.jpg

福井県広告業協会の理事長は、田中病院の元院長さん。
 
目の前に座られて、ついつい頭部を凝視してしまう。
 
写真_9099.jpg
 
学生の部で受賞した仁短生。
 
写真_9093.jpg
 
中高年が圧倒的に風景が多い中、若者の元気な写真は目立っていた。
 
写真_9116.jpg
 
審査員長だったので、入賞作品の解説を頼まれた。
 
福井テレビのおかえりなさいに出たらしく、学生からメールが来た。
 
山出保講演記事.jpg
 
昨日の新聞。実は表彰式の後、この山出さんの講演会。
 
金沢写真_2114.jpg
 
これも何度も載せているが、前金沢市長。
 
20年かけて今の金沢の街づくりを、連綿と続けてきた人。
 
写真_9106.jpg
 
写真_9108.jpg
 
今年で86歳のヨレヨレの歩く姿からは考えられない
熱意と信念に基づいた金沢への愛着が感じられた。
 
本は何冊か読んだが、ご本人が語る思いは実に感動的。
 
これを学生たちに予告できなかったのは惜しかったなぁ。
 
 
 

 

春のオープンキャンパス。

こないだ卒業生を出したばっかなのに、もう次の入試広報活動。
 
オープン_9047.jpg
 
次の学年の若鶏スタッフたち。結構前向きで楽しい連中。
 
オープン_9062.jpg
 
しかしミーティング中も、花粉症でティッシュ突っ込んだままで。
 
可愛い顔してても、乙女の恥じらいとはほぼ縁遠い。
 
色鉛筆_8727.jpg
 
オープン_9048.jpg
 
オープン_9049.jpg
 
オープン_9050.jpg
 
色彩の体験コーナー。

同じ色鉛筆で塗ってるのに、左右まったく違う色に見える。
 
面白い。
 
オープン_9054.jpg
 
鯖江のメガネをかけて撮影するコーナー。
 
卒業生たちがやってきて、同じポーズやらされた。
 
オープン_9063.jpg
 
オープン_9065.jpg
 
このオープンキャンパスに向けて、仁短50周年の大改修工事も完了。
 
4月から新しいキャンパスでの学生生活が始まる。
 
 
 

和ガラスのポスターも。

なんと!先日の伊藤さんの作品でした。
 
和ガラス_9078.jpg
 
ホラ、一番左上のポスターですね。

オリーブ_9090.jpg
 
ケーブルテレビの情報誌に載ってたあのオリーブ専門店。
 
てっぺい_9127.jpg
 
ウララのランチ特集に載ってたあの「てっぺい」。
そんな、この本見て店に行ったらビックリするんでないか。
 
チャンスあらば、高志高近くに行った時に二件回ろう。
 
 
 

愛宕坂と旬菜。

昨日、愛宕坂茶道美術館へ。
アルフィーの坂崎さんの和ガラスコレクション展を見てきました。
和ガラス.JPG
前期だけでも、個人所有とは思えないくらいの数。
昭和初期のものや、懐かしい形の器、繊細な絵付けがされたものなど。
一緒に行った西山の母も懐かしんでました。

坂崎さん.JPG
駐車場から、館内にもすべてエレベーターが設置されていて、
高齢の母でも、足元を気にせず観覧できました。

お昼を膳野菜に併設されてる「旬菜」のバイキングへ。
旬菜.JPG
全体に薄味で、年配者向きのメニュー。
がっつり食べたい人には物足りないかもしれない。

膳野菜.JPG
午前中は天気もよく、野菜や香草などを購入して帰りました。
昨晩は、今の時期しか出ない越前産生ワカメを、しゃぶしゃぶで。
春先のワカメのいい香りが楽しめました。

2017年3月28日

春江のグラフィック展、無事終了。

昨日月曜が搬出日で、キレイに片付いた。
 
いろいろとまとめ。
 
春江_3100.jpg
 
広沢の記帳。

春江_9005.jpg
 
春江_9070.jpg
 
春江_9072.jpg
 
先述の中出さんのいとこの伊藤さんは
福商のジェッツやえち鉄のロゴを作ったり。
 
春江_9071.jpg
 
県庁の会議では必ず出てくる越前茶のハイピースも。
 
春江_9069.jpg
 
県立美術館のポスターも20年以上作っているという。
 
春江_9073.jpg
 
花垣のリニューアルもそやった。
 
春江_9078.jpg
 
春江_9076.jpg
 
春江ドットコム.jpg
 
あわらの橋本さんは浅野耕月堂のリニューアルや
県のふくいドットコムのデザイン。
 
春江_9074.jpg
 
鈴木さんはハーモニーホールや恐竜博物館などを。
 
春江_9068.jpg
 
高校時代の恩師の坂東先生。
 
春江_9083.jpg
 
7年くらい前の仁短の卒業生。
 
春江_9079.jpg
 
丸岡高校の美術の先生は、なぜか作品よりプロフィールパネルを撮っていた。
 
春江_3186.jpg
 
まぁ大変だったが、みなさん喜んでいただいた。
 
長くて短い9日間の展覧会も無事終了。 
 
 


 

まじめな会社。

何度も登場する日華化学だが。
 
日華研究_9041.jpg
 
現場の化学研究者の発表会を毎年に4回開いてて。
 
50年続けてもう200回目で、記念の発表会に参加。
 
ゴルフ焼け?した江守社長が誇らしく挨拶。
 
日華研究_9034.jpg
 
日華研究_9038.jpg
 
この日は会社案内ムービーのために、
会場をドローンで撮影。盛り上がったわ。
 
この後の発表会はまるで化学の授業で全く理解不能。
 
皆は頷きながらノートをとってるので理解してるんやろなぁ。
 
日華研究_9043.jpg
 
新社屋は着々と進行中。だんだんプレッシャー。
 
日華研究_9044.jpg
 
毎週研究者たちと打ち合わせ。
 
これは熱をかけると印字できる、
つまりスーパーやコンビニのレシートや
電車の切符は国内の半分は日華の製品を使用してるらしい。
 
日華研究_9045.jpg
 
こちらは唯一わかりやすいデミの商品。
 
あまりケミカルな話よりも使い心地や効能の説明。
 
なんだかんだと一部上場岳あって、根本的にまじめな会社。
 
 
 

2017年3月27日

ひとりの卒業式。

卒業式の当日に熱出して来れなかった学生が
卒業証書や他の書類を取りに来て。
 
卒業_9009.jpg
 
会議室でひとりだけの学位記授与。

2017卒業.jpg

当日袴も借りて、美容室も予約してたそうだが。
 
新校舎_9023.jpg
 
卒業してから新しい渡り廊下も完成していよいよ新年度。

 
 
 

2017年3月23日

漬物のサラダパン?

ずいぶん前にフムフム遠足の途中、
賎ヶ岳SAで食べたサラダパンを覚えているだろうか。

サラダ_1056.jpg

サラダ_1060.jpg

サラダ_1061.jpg

そや、たくあんにマヨネーズをまぶした
なんとも微妙な話題のパン。
 
サラダパン_9021.jpg
 
サラダパン_9022.jpg
 
スタッフが二宮のパンジィで見つけてきた新作。
 
漬物にゆでタマゴにマヨネーズ味。
 
しかし結構上品な味わい。
 
う〜む、ヒットするんやろか。
 
 
 

2017年3月22日

フジタホテル2F・三玄。

おう、早速花堂方面に行ってきたね。
 
住宅街のシャレたパン屋やったろ。最近いいパン屋が多い。
 
三玄_8865.jpg
 
さて、アシスタントの子が入れ替わり、
歓送迎会をフジタの2階にある三玄(みげん)で。
 
三玄_8863.jpg
 
前に蜂やがあった場所で、創作フレンチのビストロ。
 
これまでになかなか行く機会がなく、初めて。
 
カルパッチョ、山芋の炙り。
 
三玄_8867.jpg
 
この時期にカニが出てきた。グレープフルーツで。
 
カニ味噌の茶碗蒸し、菜の花のおひたし。
 
和食に近い。
 
三玄_8870.jpg
 
せっかくの機会なので、若い子たちにも大人の食事を楽しんでもらう。
 
三玄_8871.jpg
 
三玄_8879.jpg
 
個室で落ち着いて、先生たちもワインが進む。
 
三玄_8874.jpg
 
アオリイカとクスクスのスープ。
 
三玄_8877.jpg
 
アマダイに春キャベツ。これも美味しかった。
 
三玄_8880.jpg
 
三玄_8882.jpg
 
ローストビーフに筍と筍ご飯。
 
三玄_8885.jpg
 
さらにシメにフキノトウの天ぷらがのったペペロンチーノ。
 
三玄_8888.jpg
 
デザートはラムレーズンにサツマイモのプリン。
 
三玄_8890.jpg
 
選別の記念品をプレゼントして。
 
三玄_8895.jpg
 
久々に大人のゆっくりした食事の時間。 
 
 

グリンベーカリー。

今日の新聞に川崎和男さんの講演の記事が載ってたね。
高志高校の名簿で見ると、昭和42年卒で14組に名前がある。
新聞の写真を見る限り、私たちより10も上なんて見えず、若々しいね。

今日、グリンベーカリーへ行ってきました。
ブランカの近くなので、すぐかわったよ。
店の前と後ろにも駐車場があります。
グリンベーカリー.JPG

お昼時だったので、結構お客さんも来てて、パンも沢山ありました。
こじんまりとした清潔感あるお店で、ポピュラーなものから、
ハード系、野菜を使ったお惣菜系など。
今日、購入したふわふわの食パンでサンドイッチ作ろうと思います。

先週はレサンシエルにも行きまいた。
こちらもお昼時だったけど、お客さんは以前より少な目だった。
カスタードクリームとチョコクリームのコルネは、サクサクで絶品。
サンドイッチも具がぱんぱんに詰まってて美味しそうだった。

美味しいパン屋さんが沢山あって、つい食べ過ぎてしまう。。。


再復活、シクラメン。

もう冬の花の季節は終わりに近いのだが。
 
シクラメン_8989.jpg
 
ここんとこアトリエにいる時間が少なくて
つい水を切らせてしまった。もうアカンか。
 
シクラメン_9019.jpg
 
いやいや、なかなかの回復力を見せて
一日かけて見事に復活。
 
前にも一度枯れかけて復活した。よかった。
 
 
 

2017年3月19日

6我6中。好天の日曜日。

坂井支社の記者が、1時間以上取材しにきたのに新聞に載ってなかった。
 
福井新聞も主催の春祭りが始まって大忙しかも。
 
春江_8951.jpg
 
春江_8968.jpg
 
春江_8966.jpg
 
あちこちでイベントも多いのだろう、客足は鈍いのだが
それでも知り合いは次々と。
 
御大の松山先生もご来場。
 
かつてのだるまやの販促部長だった、斎藤さんという方と再会し
ここでもちょっとした同窓会。
 
伊藤さんというデザイナーさんが、昨日の中出さんの従兄弟。
 
そして松山先生の最後のお弟子さんになる。
 
春江_8984.jpg
 
福商出身三世代の仁短生が来場。
 
伊藤さんは今話題のジェッツのロゴを作成したらしい。
 
この子たちはジェッツではないが一緒に記念撮影。
 
春江_8974.jpg
 
他にもこの展覧会でわかったことが幾つか。
 
池田のもちカフェ母(まま)屋のデザインが
山本さんという春江のデザイナーさん。
 
春江_8978.jpg
 
しかも武生のうおとめも。遠い親戚という。
 
春江_8981.jpg
 
永平寺の道の駅では、必ず買う漬物のパッケージもそやった。
 
春江5201.jpg
 
日華化学の営業さんも普段着で最初分からなかったが。
 
春江_8976.jpg
 
春江_8980.jpg
 
夕方にはもうみんなくたびれて、座ってぐったり。
 
今日は4,000歩くらいしか歩いてないけど。
 
二日連続お昼はノリパパ。
 
 
 
 

展覧会訪問

たくさん写真撮ったか、と西畑に聞かれ、うん、と答えたが、実はあんまり撮ってなかった。 

写真撮っていいかどうかわからなかったので。

自分のブログに、西畑の写真を1枚拝借した。 ポスターのやつ。

西畑resize29606.jpg

写してもらった西畑と自分のツーショット写真はボケていた。

ちゃんと設定してカメラを渡さなかった自分が悪い。

せっかく写してもらったのに申し訳ない。  へろさわ

世界の川崎和男。

日時が前後するが、卒業式の前に
ハピリンで仁短主催で川崎和男さんという
世界的な工業デザイナーのセミナーがあった。
 
川崎_8732.jpg
 
川崎_8737.jpg
 
川崎_8735.jpg
 
高志高の先輩。交通事故で下半身不随になって
車椅子で生活をしているが、その車椅子や人工心臓のデザイン?で
医学博士でもあり、大阪大学の大学院教授もしている。
 
車椅子.jpg
 
タケフナイフビレッジと越前打刃物との関係も深く
職人さんたちもたくさん来場してくれた。
 
ペイリン03.gif
 
オバマ大統領の選挙の時、対立候補の副大統領候補だった
サラ・ペイリンとい女性知事が川崎和男さんデザインの
メガネを愛用していて鯖江では話題になった。

そや、あの「おしょりん」の増永眼鏡のメガネ。
 
川崎和男_5711.jpg

自分も川崎さんのサングラスを一つ持ってるが
あまり使わないので、普通のメガネにしようかと思てる。
 
川崎_8738.jpg
 
川崎_8740.jpg
 
川崎_8743.jpg
 
講演が始まる。松岡出身で武生に住んでいたとの生い立ち。
 
175人くらいの人たちが集まった。
福井キャノンの玉木さんと同級生で親友。
 
玉木さんが川崎さんにアップルのマッキントッシュを
何千万も出して提供し、福井はアップルコンピュータの普及が
かなり早い方だった。 
 
川崎_8734.jpg
 
ハピリンの楽屋。能舞台用に和室の楽屋やリハーサル室もある。
 
 
 

 

2017年3月18日

6我6中。ご来場ありがとうございました。

早々に広沢がご来場。ありがとう。
 
春江_8955.jpg
 
今日は意外とすいていて写真もゆっくり撮れただろう。
 
春江_8957.jpg
 
広沢が帰ってしばらくして、驚いたことに
43年ぶり?に高志高1年の同級生の中出さんに遭遇!
 
なんと一緒に参加している伊藤さんってデザイナーの従姉妹だという。
 
チラシもらってびっくりしたって。
 
中出016.jpg

しかも初めての遠足の時、粟田部の姐さんと隣に座ってたし。
 
懐かしかったわぁ〜。
 
春江_8942.jpg
 
春江_8944.jpg
 
春江_8947.jpg
 
卒業生も来てくれたし。
 
春江_8937.jpg
 
2年前の3人展のメンバーもそのまま。
 
今日は会場内で6,000歩歩いた。
 
 
 

2017年3月17日

ハートピアで展覧会。

卒業式の余韻もつかの間、卒業生たちに手伝ってもらって
18日土曜日から始まる「さかいのグラフィックデザイナー展」の搬入。
 
展示_8897.jpg
 
展示_8907.jpg
 
坂井市の文化振興事業団の依頼で、地元の6人が参加。

タイトルの「6我6中」も坂井町のコピーライターが考えてくれた。
 
tenji_8904.jpg
 
時間があったら手伝いに来て、というてたら8人も集まって。
 
お昼は近所のすか〜いで洋食ランチ。
 
展示_8909.jpg
 
展示_8910.jpg
 
展示_8914.jpg
 
展示_8915.jpg
 
なかなかいいチームワークで展示を終えて、
ご褒美にリンツのカラフルチョコレートを。 
 
展示_8923.jpg
 
展示_8924.jpg
 
展示_8925.jpg
 
展示_8913.jpg
 
大体こんな感じで。
 
さかいA.jpg

さかいB.jpg

ハートピア春江で、26日(日)の17時までやってます。
 
土日祝はほぼ会場にいます。お時間があればお越しください。
 
tenji_8919.jpg
 
卒業式の翌日でも来てくれた若鶏たち。

せっかく育ったのにまたいなくなる寂しさ。
 
 
 
 

今年も無事卒業式。

ちょっと雨になったが、15日にフェニックスで卒業式。
 
卒業_8858.jpg
 
卒業_8773.jpg
 
フェニックスのホールがとっても賑やかに。 
 
卒業_8774.jpg
 
しかしこの華やかさが女子大のいいとこでもある。
 
卒業_8777.jpg
 
卒業制作展でもグランプリを取ったデザインの学生は
成績でもトップクラスで学科表彰。
 
卒業_8854.jpg
 
西畑研究室の若鶏たち。誰?ってのが何名か。
 
また一世代が過ぎてゆく。

 
 
 

2017年3月16日

ホワイトデーのリンツチョコ。

これもまた恒例のチョコレートだが、今年は新作。
 
リンツ_8767.jpg
 
なんと12種類ものリンツが勢ぞろいのシリーズ。
 
リンツ_8768.jpg
 
これは自分でも欲しくなるシリーズですね。
 
 
 

 

2017年3月12日

休日ランチ。

授業が終わって春休みなので
本来ゆっくりできる期間のはずなのに。
 
休日ランチ_8707.jpg
 
通常の仕事も、学校の用事も、公共の頼まれごとも
なんか大量にすることに追われてて。

土日がそれをできるだけ消化する習慣になっている。
 
で、お昼はまるで学生時代のように、近所のスーパーで好きなのを
嬉しがって買ってくるのだが、当時のようには食べられず
冷蔵庫に半分以上残って、月曜にスタッフにあれこれ責められる。
 
しかしうまいわ。
 
広沢が自分のブログで顔隠してた
孫②の家族写真はこっちに載せればいいのに。
 
 
 
 

 
 

上場企業・日華化学。

何度か書いているが、日華化学が街中に新しい社屋を建設中。
 
日華_7950.jpg
 
ちょっと前にそこのオフィス家具や什器を納入する
メーカーのプレゼンテーションに参加した。
 
日華_8580.jpg
 
日華_7952.jpg
 
本社7階のホール。よく入社式などでニュースに出るとこ。
 
日華_7953.jpg
 
日華_7954.jpg
 
何しろ採用になったら、億を超える家具や
収納ロッカーの納品になるということで
コクヨ、オカムラ、イトーキなど大手メーカーが揃う。

大阪や北陸支社から役員さんもやってきて
ゆうに3cm以上の厚みの資料で自社商品の提案。
 
残念ながら資料は持ち出し禁止であかんかったけど。
 
日華_8696.jpg
 
日華_8729.jpg
 
日華_8730.jpg
 
この一ヶ月くらい毎週のように日華化学へ行って
いろんな部署の化学者から、商品や研究の説明を受けている。
 
それを新しいショールームでわかりやすく解説するという仕事。
 
日華_7955.jpg
 
今のこのワヤクサのエントランスがどう変わるか。
 
ちょと重責の依頼に取り組んでいる。
 
 
 

 

2017年3月11日

グリルあまから。

今では少なくなった定番の洋食屋。
 
あまから_8558.jpg
 
ところが久しぶりに行ったら、外観も変わって
アマカラホールと変身していた。
 
あまから_8561.jpg
 
カラオケ屋にでもなった?かとおそるおそる入ったが。
 
あまから_8563.jpg
 
あまから_8562.jpg
 
メニューは昔ながらのままやった。ひと安心。
 
で、オムライスと悩んだ末、選んだのがこの玉卵ハヤシ。
 
あまから_8565.jpg
 
この日の相方はガッツリ系だったので
同じくローストビーフのブリテン丼?と悩んで
焼きしゃぶ丼に。
 
あまから_8569.jpg
 
ゴージャス。ちょっと普通の1.2倍くらいのボリューム。
 
ふわとろ卵の中にご飯がある。
 
あまから_8572.jpg
 
こちらもデリシャス!しっかり味がついた牛丼。
 
あまから_8564.jpg
 
セットメニューでも変わらないお手頃価格。
 
店舗をキレイにしても中身は変わらないのがいい。
 
たまに食べると大満足の洋食。
 
あまから、なんていいネーミング。
 
 
 


 

90歳、現役。

大学が春休みの期間中、研修や委員会などが次々とあるのだが。
 
90歳_8723.jpg
 
先日は92歳直前の学園長の、仁愛の根元についての特別研修があった。
 
一般の会社でいうとことの企業理念と同じ。
 
日本の女子教育にまでさかのぼり、なかなか感動した。
 
足腰はヨレヨレで、認知症が始まってますわ、と笑いを取りながらも
こと仏教に関しては現役さながら、熱く人間教育を語っていた。 
 
NHKの『72時間』という番組で、別の分野の現役90歳が話題になっているらしいが。
 
それにしても尊敬できる、素晴らしい年寄りだと思う。
 
愛山荘記事.jpg
 
今朝3.11の新聞。
 
先述の愛山荘が文化財に指定されるとのこと。
 
もう一つの西野家という建築も見てみたい。

 
 
 

2017年3月 9日

弥生の八日餅。

昨日アトリエに戻ったら、森八の八日餅が。
 
八日餅_8725.jpg
 
八日餅_8726.jpg
 
今月は全く忘れていたが、スタッフが買いに行ったらしい。
 
午後にはすでにあと2箱しか残ってなかったという。
 
なんだかんだとファンがいるんやな。
 
 
 
 

オリーブオイル専門店。

高志高のすぐ近くに、オリーブオイル専門店があると聞いて夜に行ってきた。
 
中辻_8575.jpg
 
なんと、話には聞いてはいたが、中辻松栄堂という餅屋で
ジュエリー中辻という宝石屋も兼ねている「deww」というお店。
 
中辻外観.jpg
 
グーグルマップで見ると日中はこんな感じみたい。
 
親が餅屋でニイちゃんが宝石屋で、娘がオリーブオイルのソムリエだとか。
 
中辻_8576.jpg 
 
熱心な娘さんがいろいろ説明してくれた。
 
中辻_8724.jpg
 
バジルとレモン風味?の2本を購入。
 
隣で大福でも貰おうと思ったが、
こしあんは冷凍しかないというので断念。 
 
福井の逸品に出したい、オモシロイお店がまた一軒。
 
 
 

2017年3月 8日

新規パン屋3件、一気めぐり。

しかし福井はパン屋が多すぎる。
蕎麦屋より目立つ。しかも次々とできる。
 
仕事の隙間をぬって、福井市より南のパン屋を一気に3件回った。
 
時間を短縮するために、事前にグーグルマップで場所とルートを確認して。
 
ブレッディア_8539.jpg
 
そして大抵ウララやfuで紹介される。
だから最初は結構人が訪れる。
 
鯖江の水落の住宅街にできたブレッディア。
しかもどこもそこそこ洒落てていい雰囲気。
 
ブレッディア_8540.jpg
 
ブレッディア_8541.jpg
 
ちゃんと建築家が入って店づくりをしてるのを感じる。
 
一番右端にあったパンドミーを入手。そうオーカワパンのベストセラー。
 
ブレッディア_8577.jpg
 
これはノリパパの業務用の高千穂バター。塩分が少なく風味が豊か。
 
ブレディア_8581.jpg
 
ブレディア_8578.jpg
 
メチャおいしいけどカロリー高いんやろなぁ。
 
ベーカリウム_8542.jpg

種池にできたベイカリウム。
やよい軒の看板がキツすぎてわからん。
 
ベーカリウム_8550.jpg
 
ベーカリウム_8543.jpg
 
一見住宅をちょっと改装?のように見えるけど。
 
ベーカリウム_8546.jpg
 
ベーカリウム_8544.jpg
 
ここもケーキのように、ショーケースで対面販売。
サンドイッチ系はもう品数が少ない。
 
ベーカリウム.jpg
 
誰かのブログによると、朝はこれくらい並んでいるらしい。
 
ベーカリウム_8547.jpg
 
ベーカリウム_8549.jpg
 
内装も看板もかなりオシャレ。ハイレベルなイメージ。
 
いかんせん立地が...。ここでは周囲の環境に負ける。
 
緑いっぱいの静かなとこか、もっと街中のビルの一階とか。
 
この福井でどこまで続くか。とはいえ他の店もなんだかんだと続いてるし。
 
グリン_8553.jpg
 
次は花堂の住宅街にできたグリンベーカリー。
 
グリン_8551.jpg
 
グリン_8554.jpg
 
元は喫茶店やった?ちょっとパン屋とは違う感じの雰囲気。
 
グリン_8555.jpg
 
グリン_8557.jpg
 
お店の雰囲気は結構いい感じ。
 
どの店もしっかり手作りで。それぞれいいパン屋。
 
こんなに美味しいパン屋があちこちにあって、いろいろ楽しめる。
 
これもまた幸福度日本一や。
 
 
 

春の雪。

先週すでに除雪用具を片付けて、3か月ぶりにホコリかぶった
スポーツカーのバッテリーつないで動かして。
 
父親も今年最初のゴルフにも出かけてもう春!という時期に。
 
春雪_8713.jpg
 
昨日火曜日の様子、何やら12月のような冷たい吹雪。
 
春雪_8714.jpg
 
今朝のアトリエの庭。この時期にまだ積もるんか。

春雪_8719.jpg

春一番が吹いた後とは思えない景色。
 
もうタイヤ交換した人もいるだろうに。
 
卒展サクラ_8528.jpg
 
卒展の時の桜はアツコ作の花器に。
 
葉桜_8716.jpg
 
見事な萌芽力で、3週間で葉桜に。やはり春を感じてるのだろう。
 
 
 

2017年3月 7日

世代交代。

すでに何度か報告しているように、仁短では
明美姐さんや粟田部姐さん時代の校舎も取り壊され
新しい玄関が急ピッチで進んでいる。
 
仁短広告_8718.jpg
 
土曜日に掲載された広告。
 
幼稚園は完成して式典が行われたのだが。
 
仁短広告_8705.jpg
 
この広告はまるで先走りで、現在はこんな状況。
 
多分予定より遅れてるのだろう。土日も重機が動いている。
 
ワックス_8673.jpg

学内も机を移動してワックス掛けして、教室や廊下も一新している。
 
3月25日のオープンキャンパスまでには絶対引き渡し完了らしい。
 
ままらん_8692.jpg
 
ままらん_8693.jpg
 
もう卒業式を待つばかりだが、次のオープンキャンパス用に
出てきて遅くまで手伝ってくれた2年生を、夜近所のままらんに。
 
若鶏真竜_8708.jpg
 
これは次の新2年生たち。やはり就職説明会に来てたところ
別の用事で手伝ってくれて、近所の真竜ラーメンに。
 
前向きな、楽しい連中がまた次の世代にも。
 
また次の若鶏たちとの1年が始まる。
 
 
 
 

 
 
 

写真コンクール。

広告業協会が主催する写真コンクールの審査会。
 
広告写真_8531.jpg
 
広告写真_8532.jpg
 
高機能のデジタルカメラが普及してきて
最近はプロとアマチュアの境目がない。
 
広告写真_8533.jpg
 
広告写真_8534.jpg
 
ほぉ〜と目を見張るような福井の風景がいっぱい。
 
広告写真_8535.jpg
 
広告写真_8536.jpg
 
今回はテーマが「感動」なので、人物写真もいくつか。
 
写真でAO入試で入った仁短生も入賞した。

趣味で撮ってる中高年の応募が多い中、
若者らしい元気な写真が好評だったみたい。
 
ネットスープ_8538.jpg
 
全く関係ないが、じっくりコトコト煮込んだスープを
ネットで注文したら、5種類セットを頼んだつもりが
5箱づつ届いてしまった。
 
デジタル注文の簡易さで、ミスもおかしやすいもんや。
 
まぁこれは笑い話程度で済んだけど。
 
 
 

 

年度末の宴席シーズン。

福大で同期だった工芸の宮崎先生の退職の宴席。
 
柳月_8608.jpg
 
すでに部外者なのだが、ずっと付き合いが続いているので
呼んでいただいた。体育や音楽の先生も一緒なので
初めての先生たちも何人か。
 
柳月_8607.jpg
 
片町の柳月亭。
 
柳月_8609.jpg
 
3月いっぱいは附属小学校の校長先生の任期でもある。
 
柳月_8611.jpg
 
柳月_8614.jpg
 
宮崎先生は、もう1年特任教授で美術科に残るらしい。
 
E&Cギャラリーや文化創造会議やフクイ夢アートや。
福岡出身なんだけど、福井県の文化振興のために
尽力を尽くす希少な美術界の御大。
 
柳月_8620.jpg
   
一緒に福大に赴任したのは16年前になる。
 
自分は7年間在籍してたんだから、仁短でもう9年かぁ。
 
 
打ち上げ_8585.jpg
 
別の日には、ハピリンで開催したふくいの逸品展の打ち上げ。
 
打ち上げ_8584.jpg
 
打ち上げ_8588.jpg
 
打ち上げ_8591.jpg
 
三国のラルの建築家や、工大の先生や仁短の卒業生や。
 
このメンツの集まりはいつも楽しい。
 
打ち上げ_8594.jpg 
 
柴田神社隣のイタリアン、アルフレードで。
 
三国のサルヴァトーレと姉妹店。
 
両方とも映画音楽で有名な『ニューシネマパラダイス』の登場人物の名前。
 
送別会や歓送迎会が、まだいくつか続く。
 
  

2017年3月 5日

図録の展覧会。

E&Cギャラリーで、アートなブック展を開催しているが
本日5日までなので、ちょっと案内が遅かったか。
 
ギャラリー本_8605.jpg
 
ギャラリー本_8604.jpg
 
ギャラリー本_8606.jpg
 
いろんな展覧会の図録を展示してあって
ゆっくり見るとこれがなかなか楽しい。
 
実際の作品ではないが、解説があって一度に色々楽しめる。
 
卒展ユリ_8694.jpg
 
卒展ユリ_8598.jpg
 
アトリエでは3週間前の卒展の百合がまだ盛り。
 
あとは福大美術科の卒展だけ。
 
もう春はそこまでか。
 
 
 

金沢帰りに、高乃倉。

人出の多さに学生たちも辟易しながら帰路。
 
写真は撮れなかったが、西茶屋街のかわむらの甘納豆によって。
 
金沢-高倉_8670.jpg
 
金沢-高倉_8672.jpg
 
高速を途中で降りて、山中温泉の高乃倉へ。
 
ここはなかなか連れては来れないのでいい機会だった。
 
もちろん5人の若鶏たちが狂喜したのは、言うまでもないが。
 
チョコ_8688.jpg
 
大量の作品と人の多さでくたびれた1日だった。
 
美味しいチョコレートで癒される。
 
でも普通のチョコレートの方が安らぐかな。
 
夜霧_8322.jpg
 
夜霧_8323.jpg
 
夜霧_8326.jpg
 
日中は天気が良くて、夜は冷え込んで。
 
夜霧で見通しがきかない夜になった。
 
 
 
 

 
 
 

トーマス・ルフという写真展。

金沢美大の卒展と一緒に開催していたのが
『トーマス・ルフ』という写真家の展覧会。
 
ここも撮影はオッケー。
 
金沢-21_8640.jpg
 
金沢-21_8642.jpg
 
とにかく写真が大きい。2m50くらいの作品は迫力がすごい。 
 
金沢-21_8641.jpg
 
火星の表面の写真。右側のは立体メガネをかけて観る。飛び出してくる。
 
金沢-21_8645.jpg
 
モンタージュで作った存在しない人物写真。
 
金沢-21_8664.jpg
 
これはちょっと有名なポートレイトシリーズ。 

もう巨大。圧巻のスケール感。普段は大型のパソコンでも見てるが
実物を目の前にした時には、普段感じられない印象に襲われる。
 
金沢-21_8647.jpg
 
金沢-21_8652.jpg
 
金沢-21_8654.jpg
 
金沢-21_8656.jpg
 
あらゆるテーマやジャンルの巨大写真が、白い美術館を埋め尽くす。
 
金沢-21_8651.jpg
 
チケット売り場はもうワヤクサ状態。
 
金沢-21_8657.jpg
 
10年以上経つフランスの植物学者の作品。
 
金沢-21_8665.jpg
 
金沢-21_8666.jpg
 
会場出てからもまだ切れない人の波。しかも若者が多い。
 
金沢-21_8668.jpg
 
子ども向けのアートワークショップのエリアも。
 
金沢の子どもたちの将来が末恐ろしい。
 
金沢-21_8669.jpg
 
会場で別れた若鶏たちとの時間待ちで併設の図書館に。
 
このカラフルな椅子も、デンマークのホテルのために作られた名作椅子。
 
1脚36万円もするのを普通に使っている。
 
県民とか市民だけではなくて、世界を対象にした美術館らしく。
 
そしてその美術館が人でごった返しているんだから。
 
金沢はどうなってゆくのだろう。ちょっと大変かも。
 

  


 

盛況すぎる、金沢。

先週の日曜日に、仁短の若鶏たちを連れて
金沢美大の卒展に、21世紀美術館へ連れて行った。

卒展令状_8530.jpg

木曜に遅くまで残って、卒展のお礼状を手作りでやってた5人に、
ご褒美に日曜に金美の卒展いくか?と言うたら大喜びで。
 
金沢-金美_8622.jpg
 
もう10時前で、市役所と一体化した大きな地下駐車場のB1は満車。
 
金沢-金美_8624.jpg
 
金沢-金美_8625.jpg
 
有料の展覧会のチケット売り場にはなんと100人近くが並んでる。
 
今はそんなにメジャーなアーティストでもないと思うのだが...。
 
金沢-21_8639.jpg
 
このプールの作品に人だかりということは、初めて来た人たちか。
 
新幹線が出来た頃ならまだしも、未だに週末はこうなのか。
 
金沢-金美_8628.jpg
 
金沢-金美_8630.jpg
 
金沢-金美_8631.jpg
 
撮影可のエリアだけ幾つか。
 
あたりまえだが美大の学生作品は、かかってる時間も密度も
桁違いに圧倒的な質感。
 
金沢-金美_8632.jpg
 
陶芸の作品で広沢みたいなのがあった。ツバメをイメージ。
 
金沢-金美_8633.jpg
 
シジュウカラ。
 
金沢-金美_8634.jpg
 
スズメ。
 
金沢-金美_8635.jpg
 
ハシボソガラス。
 
金沢-金美_8636.jpg
 
カイツブリやって。
 
金沢-21_8658.jpg
 
お昼くらいには大変な人出。
 
ここは美術館でデパートの催事場ではないのに。
 
金沢自体も少し戸惑ってるのではないか。こんなはずではと。
 
金沢-金美_8626.jpg
 
どこもかしこも、なんか東京っぽい人出で、ちょっとげんなり。
 
 
 

和食ランチ。季寄。

飯田は別格として、新田塚自動車学校前の季寄も
お昼は中高年で混んでいる。
 
季寄_8679.jpg
 
アシスタントの子が2月いっぱいで交代するので
最終日のお昼に軽く食事をしに行った。

歓送迎会は今度別にする予定。
 
季寄_8599.jpg
  
季寄_8600.jpg
 
季寄_8601.jpg
 
お昼は、軽い小鉢と、基本的に天ぷらとお刺身だけ。
 
季寄_8602.jpg
 
天重というのもあるが。
 
季寄_8683.jpg
 
自分は記録写真を撮るために、全セット揃うまで待機。
 
季寄_8684.jpg
 
なるほど客のほとんどが中高年(高齢者)で
目の前の自動車学校の学生はまずいない。
 
季寄_8685.jpg
 
デザートは水ようかん。もちろん自前だろう。
 
決して立地も外観もいいとは言えないのだが。
 
板前さんたちはキビキビして気持ちがいい。
 
 
 

飯田、日本航空へ。

越前市の話題が続く。
 
飯田記事.jpg
 
先日の記事。日本航空が福井の丹南地域を紹介するプロジェクト。

あの飯田が機内食を監修するという。
 
中なk予約取れなくて有名になってきた。
 
飯田_8689.jpg
 
飯田_8690.jpg
 
夜にはNHKのニュースでも。

会見会場はサンドームのものづくりキャンパス。
 
エスポワールが映っている。
 
蕎麦の森六といい、粟田部ブランドが幅を利かせてきたなぁ。

 
  

武生の新たな名所・愛山荘。

個人(法人)所有なのであまり知られていないが。
 
愛山_2821.jpg
 
武生の旧い街並みの住宅街に『愛山荘』という
一般に公開されている別荘がある。
 
愛山_2822.jpg
 
愛山_2828.jpg
 
愛山_2872.jpg
 
歴史的な建造物というよりも、昭和初期の資産家が蔵から庭園まで
資金に糸目をつけずに、和の職人の技術や選び抜いた素材に価値があるらしい。
 
愛山_2837.jpg
 
愛山_2839.jpg
 
愛山_2846.jpg
 
贅沢さや豪華さをこれ見よがしに見せる感じではない。
 
愛山_2882.jpg
 
愛山_2848.jpg
 
愛山_2884.jpg
 
今でも本格的に使用出来る茶室があったり。
 
愛山_8224.jpg
 
火事になっても資産が燃えないくらいの石造りの蔵とか。
 
愛山_2887.jpg
 
日野山を借景とした梅の庭園とか。
 
富山の樂翠亭美術館なども、そういう格式ある和の遺産を開示している。
 
愛山_2898.jpg
 
愛山_2903.jpg
 
実際にここで暮らしていたという、本宅と離れもまた見所がたくさん。
 
愛山_2912.jpg
 
廊下がいわさきちひろのギャラリーになっていたり。
 
愛山_2926.jpg
 
愛山_2927.jpg
 
旅館などとも違い、柱や縁板や天井など建築としても
今では希少な素材が随所に使用されているという。
 
愛山_2935.jpg
 
愛山_2920.jpg

愛山_2936.jpg
 
本来なら市が買い取って整備せなかんようなことを
地元のオノダニさんが(社主は90過ぎても現役)億単位の出資をして
改築整備して一般にも公開している。これは立派や。
 
愛山_2952.jpg
 
先ほど外から見た池の鯉も悠々と。
 
愛山_8225.jpg
 
愛山_8226.jpg
 
各部屋ごとの欄間や木工職人の造作が、工芸品のように手が込んでいる。
 
愛山_2953.jpg
 
ちゃんと人が配置されて、手入れが行き届いている。
 
愛山_2976.jpg
 
愛山_2977.jpg
 
日野山を望む本宅の二階。
 
お寺とも旅館とも違う、少しだけ生活感のある和の空間。
 
愛山_2982.jpg
 
愛山_2985.jpg
 
愛山_8230.jpg
 
愛山_8231.jpg
 
1,000円の入館料には、一階の広間でいただく珈琲とケーキも含まれる。
 
愛山_8233.jpg
 
愛山_8234.jpg

学生の頃に模写をした伊東深水という大正期の浮世絵が。
 
朝丘雪路(旧っ!)の父親でもある。
 
愛山_3022.jpg
 
愛山_3017.jpg
 
観光名所っぽい養浩館よりもじっくり楽しめる。
 
今度仁短の先生たちを連れてこよう。
 
ものすごくわかりにくい街中にあるのがまたいいわ。
 
 
 

2017年3月 3日

超人気の春江病院。

母親の調子がここんとこあまり良くなくて、新しい春江病院によく行く。
 
春江病院_8463.jpg
 
8朝時半の時点で駐車場はかなりいっぱい。
 
春江病院_7932.jpg
 
春江病院_7931.jpg
 
春江病院_7933.jpg
 
どこも新しくて明るくて気持ちが良い。
 
春江病院_7934.jpg
 
春江病院_7935.jpg
 
配色で行き先がわかりやすい工夫もしてある。
 
春江病院_8003.jpg
 
病室のフロアは白く清潔な感じ。
 
春江病院_8462.jpg
 
たいてい高齢者で混んでる。よほど緊急でない限り
いつも1時間以上は待っている。
 
流行ってるというか、これも豊かな日本の象徴かもしれない。
 
 
  

いつものパン話題。

やっと少し落ち着いた週末が久々にきた。
 
授業も卒展も終わったので、本来ゆとりのある2〜3月のはずが。
 
オーカワ_8127.jpg
 
オーカワ_8128.jpg
 
オーカワパンの打ち合わせの部屋は、パンの袋と同じ柄。
 
オーカワ_8129.jpg
 
時計も食パン。
 
キムラヤ_8238.jpg
 
キムラヤ_8237.jpg
 
キムラヤ_8236.jpg
 
キムラヤのヨーロッパンはケースの中で
ケーキのようにパンを扱っている。
 
トモ_8221.jpg
 
看板が新しくなったトモパン。
 
三元豚カツ_7930.jpg
 
ノリパパのドッグシリーズ。三元豚カツドッグ。
 
厚焼き_8699.jpg
 
今日はエビカツにまた新作厚焼き玉子ドッグが。
 
塩あん_8320.jpg
 
大好評のアボロンテの塩パン。
 
塩あん_8321.jpg
 
一つはこしあん入りの塩パン。絶妙。
 
どっさり溜まったフムフムネタからまずはパンネタ。
 
実はまた新しいパン屋巡りの情報も後日。
 
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。