2017年1月アーカイブ

2017年1月24日

豆とくるみ。

創作の森に行く前に、若鶏たちとお昼を。
 
くるみ_7819.jpg
 
くるみ_7821.jpg
 
久しぶりに行った、仁短近くの豆とくるみ。
 
以外とすいていた。やはりランチメニューが
蒸し野菜おこわしかないのが、じわじわ答えてるか。
 
メニューには餅系のメニューも増えてはいたが。
 
くるみ_7822.jpg
 
くるみ_7826.jpg
 
しかし初めて来る若鶏には感激モノなのは間違いない。
 
3人はお肉だったので、自分は魚のタラを。
 
くるみ_7875.jpg
 
くるみ_7876.jpg
 
くるみ_7878.jpg
 
このボケた感じは一眼レフカメラで撮ったもの。
 
くるみ_7879.jpg
 
くるみ_7828.jpg
 
くるみ_7833.jpg
 
くるみ_7873.jpg
 
箸置きも毎回とってもいいし、食後のお菓子も
水仙や梅をかたどった生菓子と抹茶。いい感じ。
 
くるみ_7886.jpg
 
iPhoneで撮ってるのを若鶏たちに撮られた。
 
くるみ_7869.jpg
 
くるみ_7882.jpg
 
川島小鳥展の帰りには、アトリエに少し寄って
写真集を見たり、昔はフィルムでこんな風に現像が上がって
初めて写真を見られたんや、とか勉強会。
 
フィルムには興味津々。
 
一応何でもとってあるけど、もう戻ることはないやろなぁ。
 
 
 
 

 

2017年1月22日

創作の森・川島小鳥展。

その名前と作品から、繊細な女性のイメージがあるが。
 
川島image.jpg
 
川島-mitsuami_y.jpg
 
実際はナイーブな、草食系イメージの青年。
 
川島SV2_L.jpg
 
この未来ちゃんシリーズの写真が圧巻。
 
創作_7883.jpg
 
創作_7880.jpg
 
創作_7834.jpg
 
展覧会の初日の土曜、前回の打ち上げにバイトで参加できなかった
若鶏たちを連れて金津創作の森に。
 
ところが講演会の開場30分前には長蛇の列が。先に慌てて並ぶ。
 
創作_7836.jpg
 
創作_7837.jpg
 
創作_7838.jpg
 
創作_7841.jpg
 
創作_7843.jpg
 
写真家の展覧会なのに、作品や会場の撮影は自由。
 
創作_7885.jpg

創作_7884.jpg

これは若鶏たちが撮った写真。
 
創作_7847.jpg
 
創作_7849.jpg
 
創作_7857.jpg
 
創作_7862.jpg
 
写真集を買ったらサインしてくれるというのでまた列が。
 
アイドルとか銀杏ボーイズってCDジャケットの撮影もしてるとかで
若者たちにはエライ人気、県外ナンバーも結構多かった。

いくら普段から若者と付き合ってるとはいえ、世代間ギャップは大きい。
 
創作_7865.jpg
 
この学生は、先日の福井新聞の写真コンクールで
女性部門の一等賞を受賞した、大のカメラ女子。
 
福井新聞の取材を受けてたが、今朝の新聞には載ってなかったな。
 
 
 


 
 
 

 

新作?くるり。

西洋菓子倶楽部の新作ロールケーキ。
 
くるり_7795.jpg
 
一時期はヒットしたロールケーキだが
今やどこでも美味しいロールケーキはたくさん。
 
くるり_7799.jpg
 
くるり_7800.jpg
 
お昼の後にさっそく食べたのだが、これまでとの違いはほとんどわからなかった。
 
もちろんプレーンな感じは、あれこれ奇をてらうより充分美味しい。
 
商品開発は大変や。
 
  

美術館の下見。

あたりまえなのだが、毎年恒例の卒業制作展も
当の学生たちにとっては、毎回が初めて。
 
下見_7801.jpg
 
下見_7802.jpg
 
だから毎年1月中旬に、美術館の会場下見に来るのも恒例。
 
作品をここでどう展示するかを具体的にイメージする。
 
マルキ_7804.jpg
 
仁短に戻る途中、外装を少しリニューアルしたマルキに。
 
マルキ_7805.jpg
 
ミルクパン、ブドーパン、クリームパン、こしあんパンなど
袋に入った定番品は、80過ぎた両親も大好物。
 
週一の福大の授業の後に必ず買って帰る。
 
何十年も変わらないロングセラーパン。
 
 
 

2017年1月21日

再開、江守商事。

久しぶりに江守商事から電話があって仕事の依頼が。
 
江守_7779.jpg
 
江守商事って倒産したんじゃ?と勘違いされてがちだが
親会社の江守グループホールディングスが、
中国江守の粉飾で、上場廃止、会社更生法の最中。
 
江守商事を含む傘下の優良8社を、キャベジンやコルゲンコーワで知られる
興和グループ他が買収して業務を継続している。
 
江守_7778.jpg
 
江守の駐車場からヨッコ姐さんちの方、足羽山。
 
江守_7780.jpg
 
役員さんは皆退いたので、初めての担当者と
初めての応接室で打ち合わせ。
 
きたじま_7777.jpg
 
帰り道、九十九橋南詰の不思議な店。
 
営業してるんかぁ...。
 
 
 

ハピリンイベントまで一週間。

いつものメンバーで最終打ち合わせ。
 
ハピリン_7784.jpg
 
この日はノリパパのラスクをたくさん買っていった。
 
ハピリン_7786.jpg
 
およそ100点くらいの福井の逸品を展示する予定。
 
ノリパパ_7783.jpg
 
ノリパパといえば、いろんなドッグフェアをやってて。
 
海老カツ、ハムカツ、ナポリタン。

ノリパパ_7888.jpg
 
定番のハムエッグや焼きそばドッグもあった。
 
常に何か新作、もしくは復刻品で商品を入れ替える努力をしている。

 
 
 
 
 
 

鯖江の大阪たこ焼き。

去年テレビ朝日の『人生の楽園』って番組で、
全国放送され有名になった鯖江のたこ焼き。
 
お好み_7789.jpg
 
大阪で先生をやってた鯖江出身のおんちゃんが
定年で故郷に帰ってたこ焼きやを始めたという話題。
 
もうほとぼりが冷めたと思いきや、
写ってないが、手前に車6台が先客でいる。
 
お好み_7791.jpg
 
お好み_7792.jpg
 
焼き上がったらクルマまで持ってきてくれる。
 
お好み_7794.jpg
 
甘辛ソースが大阪風らしい。
 
皆さんはできてすぐ車の中で食べていた様子。
 
持ち帰ってからではちょっとベタっとしてしまう。
 
今度はもらったらその場ですぐ食べてみよう。
 
いしかわ_7787.jpg
 
その足でフルーツのいしかわに行ったが空いてなかった。
 
あの紅まどんなを扱ってるか見に行ったのに。残念。
 
すき家_7788.jpg
 
もう一つ残念。武生のリベンジで鯖江のすき家に行ったのだが。
 
1,080円の黒毛和牛弁当は16日で販売終了とのこと。
 
くら寿司の牛丼を超えた牛丼と比べて話題になっていたという。
 
 
 


 

2017年1月20日

ハピリンクと街なかの賑わい。

駅前にスケートリンクが臨時開業という。
 
なかなかいいんではないか。
 
ハピリン_7806.jpg
 
ちょうど前日、19日夜に夢アートの会合が駅前であったので
チラッと視察に。
 
ハピリン_7807.jpg
 
ハピリン_7808.jpg
 
仮設なので、なんとも言えないチャチな感じはしょうがないか。
 
ハピリン_7810.jpg
 
周りも看板広告だらけで。まぁこれもしょうがないか。
でもスケートリンクは高校生たちは喜ぶだろうし。
これまでにない駅前の試みとして、いいのではないか。
 
ハピリン_7817.jpg

解散_7818.jpg

こういう街なかが賑わってきたことを受けて
この日の会議で、夢アート実行委員会、運営委員会は解散となった。
 
今後行政としては関わらないので、これまでのメンバーが
完全ボランティアで、果たして今後続けていけるかが大きな岐路。
 
 
 

2017年1月18日

寒波と晴れ間。

最近はすぐ被害が大きくなるので、予報もかなりビビらす。
 
雪_7766.jpg
 
雪_7769.jpg
 
センター試験どうなるんやろ!と思た
土曜夜は確かに冷え込んだ。
 
プジョーの外気温は+2度くらいなのでマイナス5度か。
 
道路も気持ちいいほどツルツル。
 
雪_7772.jpg
 
雪_7773.jpg
 
週間予報はずっと雪マークだったのに晴れ間も多い。
 
雪_7782.jpg
 
かと思うと日中こんなにでっかいアラレが降ったり。
 
北陸は大雪!と言いながらも、もう福井は雪国とは言えんなぁ。
 
 
 

2017年1月15日

価格設定とサービス。

金曜に武生に行く用事があって、
価格設定の話題の一つにすき屋の1,000円弁当買ってこうとしたら
なんと!武生のすき家では本日完売!ええっ?
 
一日20食限定とはいえ、すき家の客層がそれを選択するんか?
 
モス_7753.jpg
 
モス2_7753.jpg
 
そこで次に行ったのがモスバーガーで、やはりプレミアムなとびきりバーガーを。
 
モス_7751.jpg

昔から素材にはこだわってるが、1個540円かぁ。
 
確かにマクドナルドとは違う戦略が必要だけど。
 
グラ_7756.jpg
 
もひとつついでに、また例のスィートポテトを。
量り売りで4つで1,700円くらい。
 
パン屋なのにケーキの箱も用意してる。
 
モス_7755.jpg
 
グラ_7758.jpg
 
仰々しくスポットライトで撮ってみました。
これもiPhone。うまく撮れるわ。
 
どちらもオレボのお弁当並み。
 
前に行った粟田部の飯田も、週末は2ヶ月先くらいまで
ほぼ予約で埋まるという。お昼は最低でも4,000円なのに。
 
価格よりも、選ばれていい固定客が長続きする。
 
みんなそれを目指してるだろうけど、そう簡単ではないな。
 
仕事の打ち合わせで、いい例えが地元にも幾つか。
 
 
 

 

 

2017年1月14日

オレボのランチ弁当。

先日、ビジネス系のメルマガでも紹介されてると案内した
地元コンビニとして異彩のオレボ。
 
オレボ_7639.jpg
 
先週水曜やったかな、新聞社行ったついでに
スタッフが買ってきてくれた、オレボのセルフで詰める弁当。
 
これはカンブリア宮殿でも紹介されていたらしい。
 
ランチb506b.jpg
 
ランチバイキングタイムは何を詰めても1g/1円!
 
だから上のエビチリなんかは赤字で、毎日なくなるという。
見えにくいが、真ん中にはナスと大根の漬物。
左下はエビとイカのクリームサラダ。
 
で。これで税込620円くらいなんだと。
 
ディナー315ffc.jpg
 
夜は1.2円にちょっと値上がり。その分内容も変わるんだろう。
 
いろんなモノと比較すると面白いわ。
 
 
 

新年の会議菓子。

森八は年末に紅白の予想券を配布。
 
森八_7743.jpg
 
森八_7744.jpg
 
年末も正月早々も人が入ってた。
 
森八_7740.jpg
 
紅組勝利粗品進呈券が、3枚もあったので引き換えに。
 
森八_7745.jpg
 
森八_7750.jpg
 
粗品といえどもやはり和菓子。
 
酉型の白あんもなか。
 
森八_7746.jpg
 
森八_7748.jpg
 
粗品を貰いに行っても、結局は色々買ってしまう。なるほど。作戦通りや。
 
ちょうど新年早々の身内の会議用にあれこれ。
 
森八_7749.jpg
 
年末に広告や看板が出ていた、干支の菓子。
 
くるみが入ってこれも美味。
 
若い頃とは確実に趣向が変わってきている。
 
 
 

2017年1月11日

これぞフルーツ、紅まどんな。

お歳暮で愛媛の聞いたことないみかんをもらった。
 
紅_7716.jpg
 
開発品種は愛果28号で商品名は紅まどんなという、
掛け合わせの新種らしいが、これが素晴らしく美味しい。 
 
紅_7725.jpg
 
外の皮も袋の皮もとにかく薄い。
 
ジューシーでオレンジとデコポンを合わせたかのような味わい。
 
紅_7715.jpg
 
贈答用は1個280円くらいするのだが、
家庭用のキズありを箱ごとネットで購入。
 
紅_7738.jpg
 
中身は同じ、これはブレイクするかも。
 
柑橘好きにはたまらない。
 
 
 

2017年1月10日

理数科の消滅。

高志高野球部OB会から毎年新聞が届く。
 
OB会_7710.jpg
 
現役野球部の成績やエピソード、OB会の活動がメインなのだが
高志高のトピックスも掲載されている。
 
OB会_7708.jpg
 
高志中生がいよいよ入学してくる年に向けて
理数科がなくなってしまうとのこと。
 
出身者はちょっと寂しいだろうね。
 
OB会_7709.jpg
 
黒龍会長の訃報も。
 
野球部とは関係なかったらしいが、関係が深かったらしい。
 
そういえば元気な頃、ほぅアンタも高志かい。
と嬉しそうに聞かれたことがあった。
 
 

広報誌の書類審査。

県内の広報誌の写真審査を毎年依頼される。
 
広報誌_7700.jpg
 
各市町村の表紙をメインにいろんな写真が送られてくる。
 
広報誌_7701.jpg
 
広報誌_7702.jpg
 
いろんな催事や地域独自の写真がいろいろ。
 
ポイントは市の職員が撮っていること。
プロに依頼するのはなしということ。
 
広報誌_7703.jpg
 
広報誌_7704.jpg
 
お祭りとか子供がらみのものは、もはや素人写真とは言い難い。
 
いろんな状況で経験を重ねているので、かなりいい写真が多い。
 
風景とかは趣味でもいいものはたくさんあるが、
やはり人物撮影は、タイミングを待つ根気と
チャンスを予測できる経験値がモノを言う。
 
40点近くを何度も比べては、全部にコメントをつける。
 
休みの日の1日仕事。
 
 
 

2017年1月 9日

公共機関へ配布資料。

三連休中日の日曜は、月末のイベント資料を各公共機関に配布。
 
まず近所のハートピアに。成人式で駐車場がいっぱい。
 
次に県立美術館〜福井市美術館。
 
公共_7678.jpg
 
市美館には県外の輸入車が並んでた。ツーリング仲間か。
 
公共_7679.jpg
 
県立図書館。旧いプジョーの後ろ姿はシャープでカッコいい。
 
公共_7682.jpg
 
公共_7683.jpg
 
公共_7684.jpg
 
次に鯖江の真鍋の館まで。
 
ちょうど案内をもらっていた前衛の書道展。
 
公共_7685.jpg
 
公共_7686.jpg
 
公共_7687.jpg
 
酉をテーマにした書道というより絵に近い。
 
これはけっこう面白かった。
 
そこから新しいデザインセンターのあるサンドームまで。
 
偶然なつかしい友人たちと久しぶりに遭遇した。
 
公共_7693.jpg
 
エスポワールの食パンを買った。
 
ケーキ職人のエスポワールに、知事の要望で食パンも置いて欲しいと
かなり試作を重ねてやっと出来たという話。
 
公共_7690.jpg
 
公共_7691.jpg
 
この日は、正月に何年ぶりかに帰ってきた次女と二人でツーリング。
 
帰り道武生のビッグベリーのスィートポテトを。
 
高校出てからほとんど福井にいないので、いちいち感激する。
 
公共_7692.jpg
 
もうあと3個しかない!と思いきや

奥の方に焼きたてのが残っていた。
 
街中にはあちこちに、成人式の若鶏たちがいっぱいやった。

 
 

 

2017年1月 8日

卒業制作の撮影会。

今年もまたこの季節がやってきた。
 
卒展撮影_7644.jpg
 
卒展撮影_7645.jpg
 
昨日は1日中卒業制作の撮影会。
今はモニターで確認しながら進めるので
逆に余計時間がかかるかもしれない。
 
卒展撮影_7649.jpg
 
卒展撮影_7650.jpg
 
しかも年々エスカレートして、さらに時間がかかる。
 
この撮影会自体がイベントみたいになってきた。
 
まぁ仁短らしくていいことだけど。
 
卒展撮影_7652.jpg
 
卒展撮影_7655.jpg
 
卒展撮影_7656.jpg
 
お昼はちょっとフンパツして凸凹屋の弁当。
 
焼肉屋ならではの、ゴージャスな肉三昧。
 
卒展撮影_7657.jpg
 
卒展撮影_7658.jpg
 
卒展撮影_7659.jpg
 
午後からは延々作品撮りをして、後片付けが終わったのが9時過ぎ。
 
朝から12時間近く、もう大したことしてないのにクタクタ。
 
翌日若鶏たちは成人式で、まだまだ元気いっぱい。
 
行事で季節を感じるのも、またいい。
 
 
 

2017年1月 7日

伝説の?シュトーレン。

本家の高山のトランブルーでは早期完売だったという
レサンシエルのシュトーレン。
 
シュトーレン_7633.jpg
 
とは言ってもクリスマス前には手に入らず、
28日にやっと予約ができた。
 
はちの子で400円なのが、3,500円!もする。どんなんや!
 
シュトーレン_7632.jpg
 
去年も西洋菓子やオカフェのを食べたけど、
こ、これは...これまで食べたことがない濃密な味わい。
 
堅くて、重くて、パンではなくて、なんやろ。お菓子。
 
確かに冷蔵庫で2か月もつとは、本場ドイツではクリスマス前の1ヶ月の間、
少しづつパンにフルーツの風味が移っていくのを
楽しみながら食べるのだという。
 
漬物みたいなモンやろか。
 
レサンシエルは大晦日から10日間休む。
 
 
 
 
 

2017年1月 5日

文春の恒例特集。

センテンススプリングなどと、世間を騒がせた週刊文春だが
長年続いている新春号の特集が面白い。
 
文春001.jpg
 
文春002.jpg
 
毎年話題になった人の顔面相似形。
 
文春003.jpg
 
文春004.jpg
 
これまでのを編集した書籍が出てないか検索するが

単行本化はされていない。旬のものだけ。
 
文春005.jpg
 
文春006.jpg
 
文春007.jpg
 
文春008.jpg
 
自分はあまりテレビを観ないので、知らない人が多いが

それでも十分面白いと思うのだが。
 
文春009.jpg
 
文春010.jpg
 
文春011.jpg
 
文春012.jpg
 
それでも識者によると、最近のはツマラン!

昔のはもっと面白かった!ということらしい。
 
文春013.jpg
 
文春014.jpg
 
文春015.jpg
 
そう思うと、何年か前に過去の名作特集があった時のを
ちゃんととっておけばよかったなぁ。
 
ネットで何でも手に入る時代だから、手に入らないと欲しくなる。
 
 
 
 

 

2017年1月 4日

平和な正月。

ほのぼのとした写真。癒されると評判らしい。
 
Cxhrs3KXUAQABEP.jpg
 
またこういうヒマなこと、でも楽しめるスマホ画像も。
 
CxifAIrUQAAuIgC.jpg
 
いずれもいつものビジネス系のメルマガより。
 
いい正月。
 
 
 
 

2017年1月 3日

賞金50万円。

アートやデザインの公募でも、なかなかこれだけの賞金はない。
 
ネーミング.jpg
 
ネーミングだから誰でも簡単に応募できる。
 
意外とありそうな名前になりそう。
でもかなり慎重に商標登録も確認するはず。
 
相当集まるだろう。どうやって審査するのやら。
 
もちろん仁短にも参加要請が来てるので
年明け早々の授業で取り組む予定。
 
掲載漏れした年末ネタをいくつか。
 
キンモクセイ_7431.jpg
 
ちょっとショック。
仁短の工事中でも、ずっと残っていたキンモクセイの大木が伐採された。
 
まさか切られるとは。何十年も経ってるやろに。残念。
 
やす竹_7483.jpg
 
やす竹_7484.jpg
 
毎年大晦日に、注文してあった生蕎麦を取りに行く。
福大にいた大の蕎麦好きの横浜の知人にも送っている。
 
ここ何年かは、お店では食べられないほどの大混雑。
 
やす竹_7485.jpg
 
やす竹_7486.jpg

もともとは食堂っぽい店だったのを、息子の代になって
天ぷらと蕎麦の専門店にしたいと。
蕎麦も店内で粉を挽くとこから始めて、地酒も大事にして
息長く続けているいいお店。
 
やす竹5段_5315.jpg
 
前にも載せたが、30年前に手掛けた新装開店の広告。
 
当時作った箸袋もどっかにあるはずなんだけど。

やす竹記事2015-01-15 .jpg

先日仁短生に薦めたソース玉子カツ丼のエピソードの記事。
 
 
 

 

2017年1月 2日

クリスマスの約束。

お盆よりも正月は時間がゆっくりしている。
 
いつものように溜まった本や映画を見る時間もある。
 
約束_7513.jpg
 
年に一度だけの番組も録画しといたのを観る。
 
明治安田生命単独スポンサー。
 
約束_7514.jpg
 
約束_7510.jpg
 
約束_7509.jpg
 
もう15年も続けているらしい。
小田和正のあのCMも名作で、同じ企画でずっと続いている。
 
約束_7511.jpg
 
小田和正は、自分の子ども以下の若者の能力にちゃんと敬意を持って
一緒に巻き込みながら、なおかつ自分も同じ立場で参加して。
 
この時だけ集まって一緒に部活のように何かしようと。
 
この感じがいい。自分たちの活動もこうありたいと思う。
 
若者に慕われながらも、組織にあるような上下関係ではなくて
対等で互いに認め合いながら、一緒に仕事で楽しむ。
 
約束_7512.jpg
 
小田和正も次の世代にバトンを渡すと言いながら
負けてはいられない、時代についていくのではなく
自分のスタイルをさらに高めていきたいのだ、と感じる。
 
 
 

あけましておめでとうございます。今年もよろしく。 ひろさわ

2017年1月 1日

2017年、あけましておめでとう。

みなさん、今年もよろしくお願いします。
 
正月_7499.jpg
 
今年も正月は時折晴れ間がのぞく。
 
正月_7489.jpg
 
正月_7490.jpg
 
森八の正月菓子広告と、玄関のしめ飾り。

正月_7502.jpg
 
正月_7501.jpg
 
毎年朝からアトリエに来るのは、年賀状チェックもあるけれど
小川印刷の県民福井版を、コンビニで買って確認。
 
今年の福井新聞の印刷は暗い、アカンなぁ。
 
県民福井のはキレイに出てるのに。
 
県民福井は名古屋の大きな工場で印刷している。

正月_7503.jpg

つきあい広告を利用して、しなっとイベント告知もしています。
 
 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。