2013年8月アーカイブ

2013年8月31日

瀬戸内その6〜小豆島。

2日目の夕方には小豆島に渡る。
 
瀬戸内_5770.jpg
港での集合写真。添乗員さんに撮ってもらったのだが。
 
申し訳ないけど象徴的なケースなので、写真の授業で使った。
 
一般の人はついつい被写体が真ん中あたりにきてしまう。
水平線や地平線も。なんとも不安定な構図。
 
瀬戸内_5820.jpg
一泊目は庶民的な民宿だったので、二日目はリゾートホテル。
 
最終日をゴージャスにするのは旅行会社のセオリーらしい。
 
瀬戸内_5799.jpg
三人部屋のファミリールーム。民宿の4倍はあるかな。
 
瀬戸内_5800.jpg
夕食も先生たちでさえ盛り上がってる。
 
瀬戸内_5816.jpg
 
瀬戸内_5817.jpg
連日よく歩くので、10時半には眠ってしまった。
9時のニュースでは福井の大雨が出ていた。
 
翌朝は雨。瀬戸内でもかなり久しぶりの恵みの雨だったらしい。
 
研修旅行でまともに雨にあうのは初めてかもしれない。
 
 
 
 

瀬戸内その5〜豊島(てしま)。

瀬戸内のアートツアーは4回目だが、今回初めての豊島(てしま)へ。
 
瀬戸内_5632.jpg
 
瀬戸内_5638.jpg
バスごとは行けないので、高速フェリーで。
船内ではみな死んだかのように爆睡。
 
瀬戸内_5660.jpg
島のカタチのバスケットボード。これも作品。
 
瀬戸内_5701.jpg
21世紀美術館の建築家の作品、豊島美術館。これはスゴい。
 
瀬戸内_5738.jpg
島独特の石垣。
 
瀬戸内_5739.jpg
これは面白かったが作品ではない。
 
瀬戸内_5754.jpg
 
瀬戸内_5755.jpg
当たり前だが、海の風景が日本海とはまるで違う。
 
瀬戸内_5732.jpg
島の奥深いところにも作品。
これは青木野枝さんという作家。かつて創作の森でも展覧会があった。
 
瀬戸内_5762.jpg
バスがないので、この島でも相当歩いた。
 
 
 
 
 

瀬戸内その4〜直島。

引率といえども大学生なので、基本は現地解散で自由行動。
 
瀬戸内_5584.jpg
でも狭いエリアなのであちこちで遭遇する。それも楽しい。
 
瀬戸内_5552.jpg
今の若鶏たちはカメラに気づくとすぐポーズ。カワイイもんや。
 
瀬戸内_5530.jpg
アホみたいなこともすぐやるし。
 
瀬戸内_5446.jpg
新潟のとき同様、あちこちに案内表示がある。
 
瀬戸内_5603.jpg
地元の手作り感いっぱいのいろんなもてなしも。
こういうのも研修旅行の目的の一つ。
 
  
 
 

2013年8月30日

瀬戸内その3〜直島つづき。

直島には二つの顔がある。
 
瀬戸内_5470.jpg
安藤忠雄のベネッセミュージアムとこの地中美術館。
撮影禁止のエリアで、カメラを見ないでこそっと撮影。
 
瀬戸内_5473.jpg
 
瀬戸内_5494.jpg
圧倒的な費用をかけて自然と同調するアート空間と。
 
瀬戸内_5595.jpg
 
瀬戸内_5596.jpg
 
瀬戸内_5598.jpg
 
瀬戸内_5609.jpg
前述の銭湯のように昔ながらの集落や町並みに
とけ込んで存在を放つアート空間と。
 
瀬戸内_5613.jpg
 
いずれも海外からもふくめて若者たちでいっぱい。
普通の観光客とはちょっと違う。
 
 
 
 
 

2013年8月29日

三国は楽し。

しょっちゅう三国には出かけてるのだが、飽きない。
  
Yshop_6069.jpg
 
Yshop_6081.jpg
デイリーヤマザキは福井にはなくなったと聞いていたが
Yショップという小さなコンビニは、坂井町と三国にあった。
けど、荘川のヤマザキみたいに充実はしてなかったが。
 
ココペリ_6070.jpg
また小さなフリーペーパーで見つけた放し飼い玉子のカフェ。
 
ココペリ_6071.jpg
 
ココペリ_6078.jpg
夜は予約だけなんだと。ビックリ。
 
三国_6095.jpg
このあたりのひまわりは終わっていたが。
 
三国_6096.jpg
まだ燦々と咲いている畑も健在。
 
三国_6120.jpg
部長に、三国行くんならよって来たら?オモシロイよ、と教えてもらった『波屋』。
たしかにマニアックな地元土産がわんさかと。
 
三国_6121.jpg
昨日は天気もよかった。夕陽もキレイで。
 
ミルク_6122.jpg
 
ミルク_6125.jpg
 
ミルク_6123.jpg
日が暮れてから丸岡のミルクハウスでソフトクリーム。
 
中学生が帰り道によってアイスと牛乳だけの店だったのに。
すごく流行って立派になった。
 
 
 
 
 

2013年8月27日

瀬戸内その2〜直島。

研修旅行2日目も快晴。
 
瀬戸内_5420.jpg
 
瀬戸内_5397.jpg
 
瀬戸内_5415.jpg
ベネッセハウスという現代アートではかなり有名な美術館。
その名の通りベネッセの文化貢献事業のひとつなのだが
ここを起点にして、去年の新潟や今年の瀬戸内の芸術祭全体のビッグスポンサー。
 
瀬戸内_5395.jpg
そしてここはVIP用のホテルも併設。
 
瀬戸内_5394.jpg
 
瀬戸内_5419.jpg
 
瀬戸内_5396.jpg
安藤忠雄建築で、あちこちにVIP専用スペースがある。
 
瀬戸内_5417.jpg
 
瀬戸内_5421.jpg
この瀬戸内の小島に世界から人々が訪れる。
 
瀬戸内_5445.jpg
そして次は、これも世界に誇る地中美術館。平日でもこの行列。
たった3人の作家、数点の作品を入場制限して見せる。それでも2,000円。
 
瀬戸内_5465.jpg
その名の通り、瀬戸内の景観を損ねぬようほとんどが地面の中にある美術館。
 
瀬戸内_5450.jpg
たった数点の作品のために導入がものすごく長い。
これはモネの睡蓮を模してつくられたハスの池。
 
これ以降カメラはビニールバックに入れられ撮影不可。
日常から離れた別世界を、若鶏たちは驚きながらも楽しんでいた。
 
 
 
 

勝山〜昭和〜その2。

そして夕暮れ時をすぎてもう一軒『まえだ』。
 
たこせん_5062.jpg
勝山にはこういう昔ながらの路面店の名店があちこちに。
 
たこせん_5064.jpg
小さい大判焼きを『焼きまんじゅう』と称して。
 
たこせん_5063.jpg
 
たこせん_5065.jpg
たこ焼きやお好み焼きの店でもあるのだが、
メニューを掲げていない逸品が『たこせん』。
 
たこせん_5069.jpg
 
たこせん_5074.jpg
エビせんのようにタコを素材にしたせんべいだとずっと思っていたが。
 
たこせん_5075.jpg
エビせんべいにタコ焼をはさんでるだけやった。
 
しかし!美味いっ!これぞおやつ。
 
他にも以前紹介した勝山高校生ご用達のコロッケ『はまや』や
キャベツだけの80円お好み焼き『南茂』や。 
 
勝山には昭和のふくいが息づいている。
 
 
 
 
 

 

勝山〜昭和がただよう店。

六呂師からの勝山にぬけて、
以前から地元の仕事仲間に勧められていた店へ。
 
サバラン_5061.jpg
勝山にはゆめおーれのエグエグくらいしかない、と言うたら
ずっと昔からパーラーがあって、しかも1Fは食パンが人気のパン屋だと!
 
サバラン_5029.jpg
何度も通っている大通り沿いなのに気づかなかった『サバラン』。
 
サバラン_5032.jpg
 
サバラン_5033.jpg
2階へ上がる雰囲気は、昔の木下んちの『ムント』のよう。
 
サバラン_5034.jpg
 
サバラン_5035.jpg
 
サバラン_5043.jpg
まさしく昭和のまんま。
ナポリタンはもちろんあるし、テレビゲームのテーブルも。
 
サバラン_5045.jpg
 
サバラン_5051.jpg
赤いウインナー入りのナポリタンと
焼きそば風スパゲティはウスターソースで炒めてる!美味い!
 
サバラン_5053.jpg
このシュガーポットも30年は使ってるんやろなぁ。
 
サバラン_5056.jpg
 
サバラン_5054.jpg
1階のパン屋ではケーキのケースがあったり
珈琲豆を売ってた?形跡があったり。
出来た頃はハイカラやったんだろうな。
 
サバラン_5057.jpg
 
サバラン_5058.jpg
トレーのとこにも商品広告が!思わず追加購入。
 
サバラン_5077.jpg
ウワサの食パンももちろん入手。 
 
ちなみに『サバラン』とはフランスの焼き菓子のことらしい。
 
 
 
 

大野〜七間通り。

大野の七間通りで新しいパン屋ができていた。
 
パナ_4861.jpg
 
パナ_4867.jpg
ちゃんと町屋の建物を活かした通りに合った店構え。
 
パナ_4865.jpg
 
パナ_4866.jpg
イートインにテレビがあったり、ドリンクは自販機で。
パンもとりたてて、お!と見張るものはなかったけど。
 
まぁ観光客が立ち寄るお店だから、あまり専門店すぎてもアカンのかな。
 
笑人_4868.jpg
本来の目的はすぐ近くの地元素材をアレコレやってる『笑人堂』。
 
残念ながら4時で店じまいやった。
越のルビーのコロッケ食べ損ねた。
 
 
 
 

2013年8月26日

瀬戸内その1。

先週22日(木)の早朝から仁短生30名を連れて
瀬戸内に研修旅行に出かけた。
 
瀬戸内_5134.jpg
まずは倉敷の大原美術館。

瀬戸内_5126.jpg
ランチは繊維工場(クラボウ)を改装したシャレたレストラン。
 
瀬戸内_5164.jpg
 
瀬戸内_5190.jpg
まちづくりの先駆的な事例としてよく紹介される倉敷の町並み。
 
瀬戸内_5252.jpg
フェリーに乗って前回も行った直島へ。
有名な女性アーティスト、草間彌生の赤いカボチャ。
 
瀬戸内_5300.jpg
元気にハシャぐ若鶏たち。
 
瀬戸内_5273.jpg
来るたびにピンキリでいろんなお店が増えている。
これも活性化の証か。
 
瀬戸内_5345.jpg
今回の宿泊は民宿。6帖で先生3人が宿泊。
 
瀬戸内_5349.jpg
すぐ近所の直島銭湯は作品のひとつでもあり行列。
大竹伸朗というものすごくパワフルな作家が装飾してる。
外国人も何人かが銭湯に来ていた。
 
瀬戸内_5358.jpg
そしてこういう地元の人がやってるカフェがあちこちに。
 
瀬戸内_5362.jpg
 
瀬戸内_5360.jpg
夕食まで待てん!と同僚のせんせが湯上がりの地元ビールを。
ワタシは地元のサイダーを。
 
瀬戸内_5371.jpg
初日の夜はスーパームーンで、月もクッキリとよく見えた。
 
 
 

2013年8月21日

閑静な六呂師高原。

土曜日に大野に仕事に行った帰りに、六呂師を回って帰った。
 
六呂師_4869.jpg
 
六呂師_4892.jpg
かなり観光地化しているひるがの高原より、よほどいいと思うのだが。 
 
六呂師_4891.jpg
相変わらず閑散、というよりほとんど人はいない。
夏休みの土曜日だというのに。
 
六呂師_4896.jpg
夏バージョンの白桃のソフト。
 
六呂師_4908.jpg
なんておおらかな風景。
新聞によると、リフトも撤去してスキー場として再生は断念したとのこと。
 
六呂師_4909.jpg
 
六呂師_4937.jpg
別に遊ぶ施設がなくても充分いい空間だと思うけどなぁ。 
 
六呂師_4966.jpg
 
なんとかリゾート高原として復活してほしいねぇ。
 
瀬戸内_5087.jpg
さぁて、明日からは修学旅行(研修旅行)の引率で瀬戸内へ!再び。
 
 
 
 

 
 
 

恵みの雨ならず。

昨日から今日にかけて北陸地方は降る予報だったのに。
 
害虫_5082.jpg
暑さのせいか庭に毛虫が大量発生。
 
害虫_5086.jpg
 
害虫_5085.jpg
特にハナミズキなんかが美味しいらしく悲惨な状況。
 
急遽造園屋さんに連絡して駆除してもらった。
 
異様な暑さがつづく。
 
 
 
 

 

2013年8月19日

暑すぎる日々。

そうかぁ、粟田部の姐さんは福滋大会知ってたかぁ。
ショックや、当事者のワタシが知らんかった(全く忘れてた)のに。
 
しかし野口五郎と演歌やムード歌謡が、今でも大好きなのは最近知ったが。
 
甲子園にまで触手を伸ばしてたとは...。
しかも伝説の太田幸司ときたか。
 
当時の角原には、のど自慢と高校野球しか他に楽しみなかったんやろなぁ。
 
よぉそんなこと覚えてるわ。
 
さて、甲子園は今日もどの試合も熱かったが
ここんとこ毎日はもっと暑い。
 
日々草_4860.jpg
毎日水をやってるのに、庭のニチニチソウはもはや風前の灯。
 
熱射病にでもなったかのように。
 
 
 

覚えてるよ、福滋大会。

ワタシは高校野球大好き少女だったからね。

甲子園の魅力にはまったのは十歳の夏。

松山商業対三沢高校の決勝戦を観て。

みんな覚えてるか?太田幸司!
ワタシの青春時代の金字塔!

今も高校野球は大好き。
 
毎晩、熱闘甲子園楽しみやもん。
 
ちづよ
 
 
 
 

2013年8月18日

福井県代表と滋賀県代表。

今日はちょっとショックな事実が判明した。
 
残念ながら福商はベスト16で破れたのだが。
その話題を、例のなんでも知ってる部長さんと打ち合わせ中にしていて。
 
何気なく、滋賀県勢ってずっと弱くて、なかなか甲子園でも勝てなかった...と言うと、
そやな、だから両県で代表を争ってた時はいつも福井やったもんな、と。

え?甲子園の予選代表を福井と滋賀で争ってた?
キョトンとしていたら部長が、
 
え?高校野球やってたんじゃないんか?知らんのか?と責められ。
 
そんな敦賀県とか足羽県とかの戦前の話かい!と思いきや。
 
調べたら4年間だけ、福滋大会として両県の勝者が甲子園出場してたらしい。
しかも!74年から77年まで!ワタシの高校3年間丸々かぶってる!

みんな知ってたかぁ?福滋大会。
 
ショックや。まるで覚えてない。
いかに本気で甲子園を目指してなかったかがわかる。
 
高志_5079.jpg
高志高野球部50年誌に過去の記録が残っている。
 
1年生春に、8番3塁手でデビューした時の鯖江戦の記録。2安打してる。
 
他の大会も見ると、たしかにほとんど1回戦か2回戦で敗退している。
 
自分たちの学年がクジ運に恵まれ、2回勝ってベスト8まで残ったのが
久々の快挙だったみたい。当時は春工も鳴かず飛ばずだったけどなぁ。
 
 
 

 

2013年8月17日

あわら二景。

加賀の帰り、北潟から芦原方面を走る。
 
あわら_4826.jpg
たくさんの風車が林立しているのはある種異様だが
アングルによってはダイナミックな自然と一体化して見える。
 
あわら_4854.jpg
フルーツラインの造園屋、サルスベリが満開。
 
いま町のあちこちで、いろんな色のサルスベリが咲いている。
 
 
 
 

夏の加賀-06/竹の浦。

加賀から吉崎御坊へ戻る途中に、小学校の跡地を活用した施設があった。
 
竹の浦_4787.jpg
 
竹の浦_4761.jpg
お盆なので手打ちそばあります?とは?
 
竹の浦_4784.jpg
初めて見る地域の特産が、キチンとていねいに置かれている。
 
竹の浦_4767.jpg
いちご酢がとってもおいしい。
筍酢や梨酢だって。
 
竹の浦_4782.jpg
もう閉まっていたけど、食堂?でも出してるみたい。
 
竹の浦_4778.jpg
 
竹の浦_4780.jpg
 
竹の浦_4779.jpg
 
竹の浦_4781.jpg
驚いた。学校をイメージはそのままに見事にリフォームして。
 
オープンテラスまで。なんてセンスのいい。
田舎の片隅でも侮れない。
 
 
 
 

夏の加賀-05/加佐の岬。

遠足で行った加佐の岬倶楽部の近くに
海の見える『かもめカフェ』というのが出来たというので探しに。
 
加佐の_4727.jpg
しかし実際に行ってみると、前からあった喫茶店が
リニューアルしただけと判明しガッカリ。
 
ガラス_4743.jpg
しかしロケーションのいい周辺を歩くと
ガラス作家のアトリエ雑貨店を発見。土日祝だけやってるらしい。
 
鮮魚_4754.jpg
 
鮮魚_4755.jpg
すぐ近くの鮮魚店...?
 
鮮魚_4738.jpg
奥は設計事務所があって、子どもの基地みたいなツリーハウスがある樹とか
映画のセットのような空間が。
 
お金だけではない、リッチな環境が人知れず拡がっている加佐の岬。
 
 
 
 

夏の加賀-04/ハレルヤ。

ファーボ情報のもうひとつの店、ハレルヤ。
 
ハレルヤ_4697.jpg
尼御前SA近くの橋立海水浴場の前に出来たタルトスィーツの店。
若いオーナーが自宅前の駐車スペースに作ったという感じの小さな店。
 
ハレルヤ_4695.jpg
この黄色に白はちょっと見にくいかな。色彩の授業ではNG。
 
ハレルヤ_4693.jpg
一番右下のカフェクラッシュというコーヒーゼリーを買ったのだが。
 
これが実にイケる。あとでFacebookで確認したら
この『飲めちゃうゼリー』シリーズはなかなかの力作らしい。
 
ハレルヤ_4701.jpg
ここの包装は黄色とオレンジ。なかなかいい。
 
ハレルヤ_4694.jpg
若いうちに自分の好きなお店を持てるってのはいいことや。
 
応援してやらな。
 
 
 

 
 

夏の加賀-03/ブラン ア ポワ ルージュ。

まぁなんとも覚えにくいパン屋。
 
ブラン_4685.jpg
 
ブラン_4684.jpg
赤い水玉がちょっとカワイイ小さなパン屋。
加賀温泉駅近くに出来たとファーボの記事で。
 
ブラン_4682.jpg
 
ブラン_4683.jpg
ブランってたしか『白』のことなのに、なんで?
と帰ってから調べたら、『ブラン ア ポワ ルージュ』って
あの自転車レースのツールドフランスで山岳賞がもらう
白地に赤い水玉模様のジャージのことなんだそうな。

ブラン_4856.jpg
袋もおシャレで実にいい感じ。 
オーナーがきっと自転車好きに違いない。
 
ブラン_4686.jpg
お!外壁に『ぐず焼まつり』のポスターが!
『ぐず焼』ってあのたい焼きもどきのことではなかったのを再認識。
 
 
 
 

夏の加賀-02/モーモーまきば館。

前にも書いたと思うが、ぶどう園の近くにある
平松牧場が運営するなかなかいいお店がある。
 
ミルク_4639.jpg
入り口や周辺のガーデニングが、とっても馴染んでいる。
 
ミルク_4645.jpg
 
ミルク_4651.jpg
今回は牛乳ソフトではなくて、加賀棒茶のジェラートにした。
 
ミルク_4653.jpg
ぶどうがなっていて、動物を飼っていて、
あの瑞香園とよく似てるんだけど世界が全く違う。
 
ミルク_4661.jpg
 
ミルク_4677.jpg
8号線からほんの100mくらいのとこなのに
まるで高原のように駐車場までよく整備してある。 
 
もっといろいろ食べてみたいが、後の行程があるので控え目に。
 
 
 
 

2013年8月16日

夏の加賀-01。

ファーボ情報の加賀の新しいパン屋を探しに。 
 
ぶどう_4631.jpg
その前に、旬真っ盛りの西村ぶどう園に。
 
ぶどう_4633.jpg
自信満々の100%ぶどうジュースをいろいろすすめられる。
 
ぶどう_4632.jpg
驚いた、酸味のあるスッキリしたぶどうのジュース。
 
普段飲んでいる濃縮100%とはまるで違う。
 
ぶどう_4858.jpg
おススメの1本を購入。冷やして飲もう。
 
ぶどう_4634.jpg
このぶどう園は石窯ピザやバーベキューもやってるらしい。
 
 
 

こてこてに暑苦しい。

森田に夢本舗という小さな大判焼きがあって、
いつか行こうと思てたのに。 
 
大阪_0311.jpg
 
大阪_0310.jpg
知らぬ間に本場大阪!たこ焼き!になっていた。
 
ただでさえ暑いのに、暑苦しい。
 
寒くなって来たらいいかも。
 
 
 
 
 
 

2013年8月15日

完璧なアイス。

ミルキーもカントリーマアムも不二家の最強のブランド。
 
しかもそれのアイスとは!いつもよく見つけて来るなぁ。
 
魚正_4622.jpg
さて、おとといの新聞やったかな。
大野の魚屋さんが始めたというカフェ『魚正』。
 
河原酢に行った時に場所だけチェックして来た。
 
ソレイユ_4624.jpg
 
ソレイユ_4625.jpg
そしてまだ行ったことのない『ソレイユ』も
営業してるのを初めて見た。
 
しかし残念ながらそういう時に限って時間がない!
 
次回に期待しよう。
 
でもいいなぁ。ミルキーのアイス。

五十半ばのおんさんが、けなるがることでもないと思うが。
 
 
 

 
 
 
 

お盆。

今日、明日は休日。

あまりに暑くて、エアコンのきいた部屋でごろごろしてます。
夏の定番おやつ、アイス。

ミルキーアイス .jpg
製造は、埼玉県の赤城乳業って書いてある。
サイズは少し小さめで、ミルキーの味がする満足のアイス。

新しいラベルのついたお酢が店頭に並ぶのはまだ先やろね。
作ってみたいお酢の料理があるので、河原の『老梅』買ってみようかな。


よっこ

2013年8月14日

河原(こうばら)酢造のその後。

お盆だというのに大野の河原酢造で打ち合せ。
 
河原_4612.jpg
 
河原_4614.jpg
全国の同じカテゴリーのボトルが並べられていた。
それぞれが450円〜600円くらいの商品らしい。
 
河原_4618.jpg 
 
河原_4619.jpg
紺色の純米酢と『す』だけのが最終候補になっているのだが
こうして並べてみると、確かにラベルだけ見ると紺色は他と違い
高級品のように目立つのだが!河原酢造の酢の色が淡く
透明感の高い印象なので合わない、薄まったように感じるという意見が多数。
 
『す』に絞ってあとは細かい文字の配置や
越前和紙のバリエーションで最終案に進めることになった。
 
河原_4620.jpg
この有機純米酢は週刊朝日の増刊号の酢特集ページに、堂々と取り上げられている。
 
河原_4626.jpg
帰り道、奥越太鼓保存会の車が、ドンドコドンドコとにぎやかだった。
 
 
 
 
 
 

仁短ファミマのコラボ。

去年から仁短の食物栄養専攻とファミマがタッグを組んで
福井オリジナルの商品を展開している。
ファミマ_0301.jpg
 
今年はさらにパッケージも仁短生が手がけることになり
学生たちが健闘している。19日にデザイン案をチェック予定。
 
ファミマ_0302.jpg
カルボナーラうどん。長いこと冷蔵庫に入っているので変色。
このあと処分したらしい。
 
ファミマ_0304.jpg
ボルガライスおにぎり。イマイチらしい。
 
ファミマ_0303.jpg
富津のスィートデニッシュ。
 
ファミマ_0305.jpg
フルーツ水ようかん。福井らしさがちょっと...。
 
実際に作ってるのは愛知の業者さんらしいが。
 
乞うご期待。
 
 
 
 

 

きのうは、またノリパパ。

夏のパンメニューもアイデアがいっぱい。
 
ナポリタン_4605.jpg
ナポリタンスパゲティとチーズと玉子。
 
メロンクリーム_4609.jpg
メロンパンにメロンクリームが。
 
夏の食欲。足指にくるかなぁ。
 
 
 

 
 

オーカワパン視察02。

オーカワ_4586.jpg
取材をするコピーライターのスタッフ。
当然カメラを持っているワタシもこの格好。暑かった。
 
オーカワ_4590.jpg
町工場の鉄工所のようなスライス工程。
 
オーカワ_4594.jpg
 
オーカワ_4595.jpg
業務用のイチゴとコーヒークリームのシートがあるらしい。
 
オーカワ_4599.jpg
包装の順番表やったかな。細かい。
 
オーカワ_4601.jpg
コーヒークリームサンドの包装パッケージがかかっていた。
 
オーカワ_4604.jpg
取材の帰り道。世界のヤマザキの集配所が丸岡にある。
ヤマザキみたいな大手は出来上がるまで完全にオートらしい。
そりゃそやろな。
 
 
 

オーカワパン視察01。

月曜日のオーカワパンの取材があって工場見学もした。
 
オーカワ_4560.jpg
 
オーカワ_4563.jpg
見学した4時頃では、ほぼ一日の作業が終了して機械も掃除されていた。
 
オーカワ_4568.jpg
取材中にも話があったが、かなりの部分が手作業。
工場内のあちこちに、手描きの工程表やメモが貼ってある。
 
オーカワ_4569.jpg
 
オーカワ_4572.jpg
パンドミーの型。多い日は一日に2,000個を焼くらしい。
 
オーカワ_4575.jpg
新しいクロワッサンの試作中らしい。
 
オーカワ_4582.jpg
オーカワパンオリジナルの14mの焼成機。
 
オーカワ_4578.jpg
焼きの工程も条件によっていろいろ変わるらしい。
 
 
 

クリエイターのガイドブック。

去年7月号のウララに出た時に、同時に掲載されたんだけど
6年ぶりにガイドブックの発行を計画している。

ガイド_4629.jpg
ボランティアの仲間が仕事の合間をみて
毎週夜に集まって進行している。11月に発行の予定。
 
勝木書店にも並ぶはず。 
 
マンゴー_0309.jpg
6年前の取り組みについて、沖縄から講演を頼まれたことがあって。
それ以来先方の担当者から毎年のようにマンゴーを贈ってくれる。
 
おとといの月曜のミーティング時にみなでわけた。


cru_nishibata02.jpg
 
去年、同じメンバーでえきまえ図書室のイベントをやったことから
次回のガイドブックのテーマは『本』で、ページの見本はこんな感じ。
 
お楽しみに。
 
 
 
 
 

 
 
 

2013年8月12日

ひさしぶりのノリパパ。

3日間ほとんどハートピア春江にいて
土曜日だったか、ひさしぶりにノリパパに。
 
ラタトゥイユ_4529.jpg
しばらく見ぬ間に相変わらず新作がいろいろ。
 
ここにもラタトゥイユがありました。
上は夏野菜のオリーブ焼。うまそうやろ?
 
ココナッツマンゴー_4530.jpg
アスパラとベーコンのチーズ焼とココナッツマンゴー。

ヤマザキやオーカワパンもいいが、
やっぱパン屋はひと味もふた味も違うね。
 
 
 
 

2013年8月11日

部分塗装。

全塗装は何軒か見積りしたけど、結局どこも40万円弱かかりそうで断念。
痛んでいた天井とボンネットだけ塗装してもらった。13万5千円。
 
ボンネット_1807.jpg
 
ボンネット_4535.jpg
なかなかキレイになった。
 
ルーフ_1808.jpg 
 
ルーフ_4536.jpg
ホントは紺色とかに一新したかったけどなぁ。
 
広沢が観にこれないのは残念やな。
出品者にまた門下生が見つかるかも。
 
 
 
 


 
 
 
 

2013年8月10日

全塗装

仁短生がいっぱい受賞してたなぁ。 

今日の新聞にも載ってた。  

西畑はセンセイとしても優秀なんやろなぁ。

ハートピアに見に行きたいけど、ちょっと行けそうにないわ。

明日は京都行くし。


ところで西畑が言ってた全塗装ってピンからキリまであるらしい。

パーツを全部ばらして隅々まで塗装するのが本来の全塗装らしいが、

それはかなりの金額になる。

でもばらさんとやって、かなり安いところもあるらしい。

「自分で塗んね」と冗談で言ったけど、自分最近、毎日5分ぐらい髪の毛を切ってる。

なんかそれがヘンな息抜きになってるんや。 アホやろ。

へろさわ

白山スーパー林道経由。

遠足で行った白川郷から白山スーパー林道経由でもどる。
 
林道_4123.jpg
 
澄み切った晴れだったのに登ると雲が増えてきた。
 
白山_4128.jpg
 
白山_4132.jpg
本来なら白山連邦が見渡せる展望台も残念。
 
ヤマザキ_4234.jpg
山で食べてしまったランチパックが、
ネクターの完熟バナナだったことにあとで気がついた。
 
 
 
 

2013年8月 9日

デザインコンクール。

今朝の福井新聞にも大きな記事で出てたけど、今年も仁短生が受賞した。
 
グランプリ濱崎里菜.jpg
 
こないだの広告賞と同じ。去年から審査委員長になって、
またグランプリを受賞して。
 
審査_4448.jpg
もちろん一切のコネもなく、私は進行役で
審査投票もしていないのだが...。
 
ともあれ喜ばしいことではある。
 
ハートピア春江で日曜までやってます。
土曜の午後は表彰式でアオッサなので会場にはいませんが
あとはほとんどいます。
 
最終日の日曜は16:00までです。
 
 
 

 
 
 
 
 
 

デイリーヤマザキストア。

ヤマザキの商品をチェックするようになって
ずっと丸岡にあったデイリーヤマザキのコンビニが
セブンイレブンに替わってたのに気がついた。
  
そういえばヤマザキの店って軒並み消えている。
 
九頭龍_4050.jpg
ひるがので発見したデイリーヤマザキ。
 
九頭龍_4051.jpg
 
九頭龍_4052.jpg
当たり前だがヤマザキ製品がびっしり。
 
九頭龍_4115.jpg
初めて見たタラモサラダパン。
調べたらギリシャ料理の魚卵のサラダのことらしい。
 
九頭龍_4116.jpg
郡上八幡にもあった地元のハム。プリプリとした食感、うまい。
 
九頭龍_4053.jpg
近所の春江のもずいぶん前になくなった。
ヤマザキのサイトによると福井にはもうないらしいが、どっかにないかなぁ。
 
九頭龍_4080.jpg
 
荘川_9559**.jpg
春に来た荘川桜の御母衣ダム。
水位が違うから風景もまるで違う。
 
 
  

 
 

2013年8月 8日

ひるがの高原のソフト。

先述のベーコンおじさんとこのすぐ隣の公園にある
ソフトクリーム屋。
 
九頭龍_4048.jpg
 
九頭龍_4046.jpg
 
九頭龍_4034.jpg
濃厚なソフト。
 
九頭龍_4035.jpg
この公園の川は日本海と太平洋に分かれて流れる。
 
 
 
 

奥越の九頭竜湖。

先週末のひるがの経由のつづき。
 
仏御前_3942.jpg
刈込池に登った勝原から少し和泉村の方に行くと仏御前の滝がある。
暑くて登らなかったが。
 
九頭龍_3955.jpg
 
九頭龍_4019.jpg
先週の時点ではほぼ樹木のとこまで水位が上がっていたが。
 
九頭龍_3957.jpg
道の駅のマップ。かなり広いエリア。
 
九頭龍_3958.jpg
 
九頭龍_3960.jpg
動く恐竜に子どもたちは大喜び。見てる大人も大喜び。
 
九頭龍_3964.jpg
 
九頭龍_3965.jpg
 
九頭龍_4018.jpg
澄み切った空、ダムの水も白く輝いている。
 
いつもと違う九頭龍ダムの風景。

 
 

2013年8月 7日

河野Tシャツ。

こないだの新聞記事で見たかもしれないが。
 
河野Tシャツ記事.jpg
たのまれて授業で制作したデザインが採用になった。
 
河野Tシャツ_4299.jpg
昨日お礼に仁短を訪ねてきた商工会の人と採用なった学生。
 
サザエ_4301.jpg
お礼は朝穫れたというサザエがいっぱい。
痛風持ちとしては断腸の思いで遠慮して
学生たちはオーブントースターで醤油たらして美味そうに完食。
 
 
 
 

文殊山めぐり。

六条の厚生病院の30周年企画で
地域の象徴のひとつとして文殊山をロケハンに。
 
文殊山_4304.jpg
調べたら福井市側からでもいくつかの登り口があるようで。
 
文殊山_4307.jpg
東側の難しい字を書くお寺からの登山口『大村コース』。
 
文殊山_4318.jpg
北側の一番整備されていた登山口『二上コース』。
 
文殊山_4340.jpg
 
文殊山_4397.jpg
六条の集落から見た文殊山。
 
文殊山_4414.jpg
 
文殊山_4420.jpg
西側の角原からの文殊山。一番山らしい。
粟田部の姐さんの実家はこの集落らしい。
 
小麦や_4387.jpg
地元の人に教えてもらった集落の中のパン屋『小麦屋』。
 
小麦や_4395.jpg
自宅と玄関兼用?壁を抜いた棚に商品が並ぶ。
 
小麦や_4394.jpg
品数は多い、聞くと70種類ほど焼いているそう、お見事。
 
小麦や_4389.jpg
次々おススメしてくる、よぉしゃべるおばちゃん。
 
小麦屋_0299.jpg
チョコ、クリーム、ジャムの定番3種。
 
小麦屋_0300.jpg
けっこう油はギトギト、あっさりあんこのあんドーナツ。
 
近所の老人ホームにも納品してるとのことで
とっても柔らかい日本のパン!って感じ。
紹介されたとおり地域に愛されてるパン屋や。 
 
 
 

2013年8月 6日

ひるがののベーコンおじさん。

週末にひるがの高原方面に出かけて。
 
ひさびさに高原のベーコン屋さんを訪ねた。(5月6日掲載)
 
ベーコン_4024.jpg
 
ベーコン_4022.jpg
 
ベーコン_4023.jpg
いま冷凍品が切れてるから、と干してあるのをその場で切って
生でベーコンを食べさせてくれた。塩味がうまい。
 
ベーコン_4020.jpg
 
ベーコン_4021.jpg
ハムも大ぶりのを切ってくれて、はじっこをオマケでくれた。
 
ベーコン_4026.jpg
 
ベーコン_4027.jpg
すぐ真空パックしてくれて。
 
ベーコン_4028.jpg
森の中の公園の隣にあるベーコン工房。また来たくなる。
 
ベーコン_0297.jpg
一緒に買って帰ったスタッフが、週明けにベーコンの
洋風肉じゃが?(本人はポトフというてたが)を作ってきてくれて。
 
これがもうバツグンに美味しくて。ベーコンが極上だから!とのこと。
 
ベーコン_4283.jpg
アトリエではぶ厚いハムにとろけるチーズをのせてレンジして。
 
地元の大きなハム会社の常務を引退して、山小屋でひとりで
もくもくとこだわってスモークしてる日々らしい。
 
 
 
 

スピーカのランチ。

この前のレポート載ってたけど、以前はケーキ屋だった味真野のスピーカ。
近所なのでたまにお友だちとお茶とケーキはするんだけど。
 
週末初めてランチに。最初は入れないくらい満席でビックリ。
 
スピーカ580000.jpg
 
しかもずっとケーキ屋さんだったのに、こんなにおシャレなカフェランチで880円!
ちょっと愛想はよくないんだけど、これなら流行るのわかるわ。
 
作ってるのが私よりずっと歳上のお母さん。
 
ワタシも負けてられないわ!
 
 
 
ちづよ
 
 
 
 

2013年8月 5日

うるかふぇ、蔵のカフェ。

冬野町の先生がおススメで、前に明美姐さんも紹介してた
足羽高校近くの『うるかふぇ』に、先週の雨の日にやっと行けた。
 
うる_3907.jpg
 
うる_3906.jpg
 
うる_3908.jpg
看板もロゴもいい感じ。
 
うる_3911.jpg
庭も楽しめる『座敷蔵』というのを改装したらしい。
 
うる_3914.jpg
ランチも美味しいと聞いてはいるが、お昼に来ることはないなぁ。
 
 
 
 

対極的なカフェ2軒-その2『おうちカフェMUC』。

創作の森の帰り道、坂井町にあるカフェを探した。
 
ムク_3873.jpg
学校近くのホントの住宅街で、土日祝は営業せず、
平日の3時半頃まで(たぶん子どもが帰ってくるまで)しかやってない。
 
立地条件も販促もない、まったく自宅兼用のカフェ。
でもカフェの本にはしょっちゅう紹介されている。
 
ムク_3863.jpg
着いたのが3時頃だったので、入るなり
『スイマセン、3時半までなんですけど...』と
感じの良い奥さんが心配そうに。
 
ムク_3857.jpg
 
ムク_3861.jpg
 
ムク_3862.jpg
他にお客がいたので、店内はあまり撮れなかったが
黒板メニューも小物やディスプレイもとってもいい。

ムク_3856.jpg
瑞香園で気分が悪くなったというスタッフも
とっても気に入って『よくなったぁ〜』とご満悦。
 
ともに営業の常識をくつがえしながら
まったく対極的なカフェを半日で体験。
 
 
 
 
 
 
 

2013年8月 4日

対極的なカフェ2軒-その1『瑞香園』。

載せたいネタはアレコレたまっているのに
なかなか余裕がない。
 
水曜が例年のデザインコンクールの締切りで
仁短生30人と福大生10人の作品を毎日メールでやりとり。 
 
で、今日は仁短のオープンキャンパスで朝からずっと高校生の相手。
 
瑞香_3704.jpg
こないだ、金津いった時によった瑞香園。
カフェの本ではフルーツを栽培していて
高台のデッキから丘陵地帯を見渡せるナチュラルな印象。
 
瑞香_3727.jpg
 
瑞香_3728.jpg
な、なんか違うな...。カブト虫...?
 
瑞香_3706.jpg
玄関入ったらいきなりモンペが積んである。
 
瑞香_3726.jpg
フルーツカフェになんでハキレのカラオケ衣装がある?
 
瑞香_3725.jpg
フルーツカフェに天然カブトムシ...?入り口間違えたか?
 
瑞香_3709.jpg
しかし平日なのに店内は活気があふれてる。
 
瑞香_3710.jpg
 
瑞香_3712.jpg
たしかにオープンテラスでぶどうもなっている。
が...クサイ。そや!動物園の小屋の匂いや!
 
瑞香_3717.jpg
いわゆるカフェ...ではないな。キティちゃんの蕎麦がある。
 
瑞香_3707.jpg
 
瑞香_3718.jpg
 
瑞香_3719.jpg
 
瑞香_3721.jpg
土産品も民芸品も売ってる。なんでもありや。
自称カフェメニューもちゃんとあるし。
 
瑞香_3722.jpg
ここで穫れたブルーベリーや木いちごのスイーツ。
しかし同行したスタッフはこのあと気分が悪くなったらしい。
 
瑞香_3723.jpg
鯉のぼりの染物みたいなのが一面に貼ってある中で
高齢者たちがにぎやかに集う。
 
瑞香_3724.jpg
 
瑞香_3713.jpg
デザインも販促もセオリーも市場調査も、
まったくどうでもいい気にさせる、繁盛店『瑞香園』。
 
しかも土曜日が休み、意味わからん。
 
見事なもんや、感服。
 
  
 
 

2013年8月 1日

ライズの日野あられ。

ライズが米を提供している
日野あられのおかきを箱でドサッともらった。
おかき_0277.jpg
仕事仲間の会合に持って行ったがけっこう好評。
 
ヤマザキ_0276.jpg
昨日、丸岡高校での進学説明会の帰り道。
 
偶然オーカワパン前の信号待ちで、世界のヤマザキのトラックが停まった。
 
ヤマザキは相手にもしてないだろうけど、オーカワパンはライバル視。

 
 
 

 
 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。